慶應スポーツ新聞会

【野球】加嶋がノーヒットノーラン達成! 優勝へ弾みをつける快勝 東大②

10月7日(月) 慶大-東大 2回戦

ノーヒットノーランを達成し、笑顔を見せる加嶋

東大との1回戦を僅差で逃げ切った慶大。今日の2回戦は勝ち点獲得とともに、打線の奮起も求められる試合であった。その打線は初回、谷田(商2)の3ランホームランで幸先よく先制すると、5回にも2つの犠飛で効率よく追加点を挙げた。投げては2年生の左腕エース・加嶋が圧巻のピッチングを披露。東大打線を全く寄せ付けず、リーグ史上23人目となるノーヒットノーランの快挙とともに今季初白星をマークした。チームは5−0で勝利、投打に明るい兆しが見え、優勝に向け弾みをつける結果となった。

東大
慶大 ×
慶大:○加嶋-小笠原

東大:●辰亥、関-笠原

慶大出場選手

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[7]

渡邊暁(商4・慶應)

[6]

山本泰(環2・慶應)

[3]

松本大(環4・桐光学園)

[8]

谷田(商2・慶應)

[5]

横尾(総2・日大三)

[9]

齋藤(商1・慶應)

[2]

小笠原(環2・智弁和歌山)

[1]

加嶋(商2・慶應志木)

[4]

堀野(理4・掛川西)

 

谷田は今季チーム初となる本塁打を放った

 東大との2回戦のマウンドには加嶋が先発した。2年生左腕は、ルーキーながら2勝を挙げている加藤(政1)の台頭に奮起し、「完全試合をやってやろうと思い、初回からエンジン全開で投げた」と試合前からパーフェクトピッチングを掲げる。その言葉通り、初回を三者三振に仕留める気合い十分の立ち上がりであった。

 その裏、慶大は東大先発・辰亥から渡邊暁、山本泰がそれぞれエラーと四球で出塁し無死一、二塁と先制のチャンスを迎える。続く松本大は左翼フライに倒れるも、打撃好調の4番・谷田の放った打球は右中間へと伸びていきスタンドイン。今季チーム第一号となる3ランホームランで、慶大が幸先よく3点を先制した。

 

守備から加嶋を盛り立てた山本泰

 加嶋は4回まで、東大打線を毎回の奪三振を含む三者凡退に封じ込める。追加点の欲しい慶大は4回、横尾、齋藤の連続安打と、小笠原の送りバントで一死二、三塁のチャンスを作る。しかし続く加嶋は空振り三振に倒れると、飛び出した三塁ランナーの横尾も三本間に挟まれタッチアウト。この回も追加点を奪えずに終わった。

 5回、先頭の堀野が四球を選び出塁すると、渡邊暁もヒットで続き無死二、三塁と再び追加点のチャンスを手にした慶大。ここでこの日、好守で加嶋を盛り立ててきた山本泰が右翼に犠牲フライを放ち、堀野が生還。4点目を挙げた。なお一死三塁の場面で松本大も中堅に犠牲フライを打ち上げる。渡邊暁も生還し、5ー0とリードを広げた。

 

加嶋は見事な投球で今季初白星を手にした

 援護をもらった加嶋は安定感抜群の投球で7回まで一人の出塁も許さないパーフェクトピッチングを見せる。8回に惜しくもフルカウントから四球を与えたが、決してリズムを乱すことはなかった。そのランナーも盗塁死に仕留めると、後続の打者からは2者連続で三振を奪い、東大打線につけ入る隙を与えなかった。

 完全試合こそ逃したものの、未だに東大に許したヒットはゼロ。球場全体が固唾を飲んでノーヒットノーランの達成を見守る中、いよいよ加嶋が最終回のマウンドに向かう。まず先頭を中堅フライに切って取ると、続く打者も右翼フライに打ち取り二死とする。ラストバッターを2球でツーストライクと追い込み、投じた99球目。相手のバットが空を切り、この日11個目となる三振を奪ったその瞬間、マウンド上のポーカーフェイスがほころんだ。“宣言通り”の完璧な投球で、加嶋はリーグ史上23人目のノーヒッターとして東京六大学野球の歴史に名を刻んでみせた。

 

 加嶋のノーヒットノーランという輝かしい記録とともに、5−0で勝利を飾った慶大。これで勝ち点は3となり、悲願の優勝に向けまた一歩前進した。「これまでは加藤におんぶに抱っこだったので、加嶋が調子よくなってくれると心強い」(堀野主将)というように、加藤に加え、加嶋という先発の柱がもう一人現れたことは大きな収穫だろう。一方の打線は、谷田が今季チーム初となる本塁打を放つなど、昨日のような悪循環を払拭する兆しが見えた。しかしこの試合、慶大は3つの併殺を記録したほか、依然としてランナーを得点圏に置きながらも得点できない場面も目立ち、つながりのある打線と呼べるにはまだ至っていないように思える。それでも、この2試合で無失点無失策であった守備など明るい話題も多く、優勝に向け弾みをつけた慶大。この勢いのまま、2011年春以来のリーグ制覇へ突き進んでいってほしい。

(記事・大貫心明)

コメント

 

堀野 真主将(理4)

(加嶋投手がやりましたね)守っている方としては、勝ってはいるんですけど感じたことのない緊張感があって、まあでも最後まで気持ちを切らさずに投げてくれたことは今後につながると思うので、よかったと思います。(ノーヒットノーランができた要因は堀野主将自身どのように考えているか)後ろから見ていてこれまでのリーグ戦はボールが高く浮いてしまったり、追い込んでからの大事な場面でボールが甘かったりということがあったんですけど、それを今日は要所でちゃんと締められていて、投げるべきところに投げていたと思います。(守っていた時の心境は)飛んできてほしくないとは思わなかったです。僕のところに来れば結果としてはセカンドゴロでアウトにできるので。でもやっぱり守っているときは緊張しました。(今日も守備からリズムを作っていけたのでは)そうですね。今日に限らず昨日もゼロで、ノーエラーで行けたということで、守備から流れを作ることができました。これは本当に続けていきたいです(今季チーム初本塁打も出るなど5得点を挙げた打撃面について)ホームランは結果的にホームランになったということで、僕らは単打とかつなぐ意識を持ってやっていきたいです。でも谷田にホームランが出たということは本人的に楽になったと思うので、これからもっと活躍していってくれればなと思います。期待しています。(これで勝ち点3となったが)これまで本当にいい形で来れているので、やっぱりここから折り返しで明治、早稲田と強敵が続くので、一戦一戦大事にとっていきます。(これからに向けて)これまでは加藤におんぶにだっこだったのでこれで加嶋が調子よくなってくれると守っている方としても心強いので、もっとチームの士気を挙げて明治戦に臨みたいと思います。

 

加嶋 宏毅(商2)

(ノーヒットノーラン達成おめでとうございます)ありがとうございます。(最後の打者を空振り三振に抑えた瞬間、ガッツポーズも見られたが)率直に嬉しかったです。(今日は初回から三者三振と気合い十分でした)先週の法大4回戦で、本来のローテーションとしては僕が先発する予定でしたが、調子が良かった加藤が先発になってしまって本当に悔しかったです。監督に見返してやろうという気持ちで、完全試合をやってやろうとそのときから思っていたので、初回からエンジン全開で投げていました。(完全試合は最初から意識していた)そうですね。初回からあとアウト26個、25個とずっと思っていました。球場が意識してくれたのはありがたいですが、僕の中では初回からずっと意識していました。(回が進むにつれ、ベンチや球場の雰囲気はどうでしたか)球場が僕に味方してくれているのは分かりました。ベンチでは僕に意識させないようにという感じがあったのかは分かりませんが、陰で言っているのが聞こえたりして、意識してくれているんだなというのはありました。(8回に惜しくもフルカウントから四球を与えてしまったが)その瞬間はストライクかなと思いましたがボールと言われたので仕方ない、自分のベストボールを投げてボールだったので仕方ないと。ヒットを打たれたわけじゃなかったので、切り替えて投げました。(その後はそのランナーも盗塁死、後続も二者連続三振と落ち着いていた)1番の飯田に回るのは恐かったので、盗塁を刺して、9番で終われるようしてくれたのは嬉しかったです。(その裏は自らのバットでヒットも打ちました)その打席はヒットを打たなくていい、気楽に行けと言われたので、あれは狙ったというよりはたまたまですね。(加嶋投手は今季初勝利、個人としてもチームとしても今日の勝利で弾みがついたのでは)ノーヒットノーランは切り替えて、明日から優勝に向けて練習していきたいと思います。

 

松本 大希(環4)

(今日の試合を振り返って)加嶋が良いピッチングをしてくれたので、すごく良い流れで勝つことができた試合だと思います。(初ストライクからの打撃が目立ったが)今日の試合だから、というわけではなく、もともと基本的にはファーストストライクから打っていくのが自分のスタイルだと思っているので、今日の試合でも心がけて試合に臨みました。(5回裏犠牲フライを放ち効果的な追加点を挙げる)内野が前に来ていたので、外野までいけば1点入るな、と思っていました。ちょっと浅かったのですが、暁眞が良いスタートをきってくれたので良かったです。(今日ノーヒットノーランを達成した加嶋投手)緊張とかもなくて、僕も楽しみながら守っていました。(ベンチの雰囲気は)7回ぐらいから、ノーノーがあるんじゃないかという感じでベンチで盛り上がっていて、その空気が緊張とかのマイナスな面に向いていなくて、みんながプラスの意識で攻めながら守ることができたんじゃないかなと思います。(次の明治戦に向けて)ここで勝たないと今まで積み重ねてきた勝ち点が意味のないものになってしまうと思うので、しっかり勝ち点を挙げることができるように、空き週もあるので、しっかり準備をして臨みたいと思います。

 

渡邊 暁眞(商4)

(5回の走塁について)走塁の意識は常に高く持っているので、積極的に行けたのはよかったと思います。足には自信があるので、浅いセンターフライでしたが、帰ってこられてよかったと思います。(守備について、5回の2死の左飛だけだった守備機会)あの時はまだノーヒット・ノーランなんか考えていなかったので無難に処理できたと思うんですけど、8回9回になってからは、飛んできたら緊張するな、と思っていました。(ノーヒット・ノーランについて)加嶋はいいピッチャーですが、まさかノーヒット・ノーランをするとは思わなかったです。いいピッチングの延長線上(にある結果)かな、と思います。(ゲーム後半のチームの雰囲気は?)守っていて、フォアボールが出て、正直ほっとした、というのが本音ですね。まあでも、ここまで来たら頑張ってくれ、と思ってました。

 

谷田 成吾(商2)

(試合を終えて)守備の時も心休まることがなく、緊張したので疲れました。(初回に本塁打を打ったが)ここのところずっと良い当たりが出ていたので、「いつかは出るだろう」と思っていました。この1本を機にどんどん打っていけたら良いなと思います。(ノーノーを達成した加嶋投手は同級生だが)3回くらいから「いけるんじゃないか」と思っていて、それは言わなかったんですが、普段から努力しているのでそれが実を結んだんじゃないかと思います。(守備に関わったのは9回の中飛だけだったが)ずっと「自分のところに飛んでくるな」と思っていました。ライトの齋藤も守備位置に入ってくれていたんですけど、自分がしっかり捕ろうと思って声を出しました。(明大戦に向けて)何が何でもあと4回勝って、優勝したいと思います。

 

小笠原 知弘(環2)

(今日の試合を振り返って)(加嶋が)やってくれたな、という感じです。(同期の加嶋投手がノーヒットノーランでしたが、改めて加嶋投手はどういう投手ですか)今日みたいに1つ1つのボールのコンビネーションで抑えるピッチャーなので、今日は真っ直ぐと変化球の組み合わせでしっかりストライクを取れて、コーナーをついて投げられたと思うので、やはり組み立てで勝てる投手だと思います。(正直何回くらいからいけると思いましたか?)僕は3回くらいですかね。(そんなに早くですか)いけるんちゃうかなと思ってましたよ。打たれる気配がなかったので。(ベンチのムードもそのくらいから)ムードは5回くらいじゃないですかね。今日は多分(加嶋は)そんなに投げる予定ではなかったと思うんですけど、ああいう結果になったので行けるところまで行くというようになって・・・という感じですね。(今日はライト前へしぶとくヒットで3試合連続安打ですね)僕はヒットも大事なんですけど、結果は最近ついてきてますけど、どちらかといえば守備で貢献したいと思っています。(勝ち点3で単独首位です、今後の意気込みを)とりあえず次の明治に対していい試合をして、しっかり勝ち点とって、早慶戦で4年生を最高の形で送り出せるように僕らも4年生に協力したいし、4年生も4年生で頑張って欲しいし、みんなで勝つことをだけを考えて、しっかり1人1人が自分でやるべきことを考えて勝ちたいと思います。

 

山本 泰寛(環2)

(今日の試合を振り返って)守備からいい流れを作って加嶋が良いテンポで投げられたのでそれが打線につながったと思います。(加嶋のノーヒットノーランについて)自分自身は9回まで気がつかなかったのですが、加嶋も良いテンポで投げられたので凄いなと思います。(バッティングについて)自分はヒットを打つことはできませんでしたが、得点圏で犠牲フライを打てたのが良かったです。(9回の守備は緊張したか)自分はやるべきことをやるだけなので緊張しませんでした。(明大戦に向けて)明大戦も守備から流れを作って打撃につなげたいです。

 

横尾 俊建(総2)

(今日の試合を振り返って)勝てて良かったです。(昨日今日と安打を放ち8試合連続安打となったが好調の理由は)わからないです。(今日加嶋投手がノーヒットノーランを達成したが守っててどんな雰囲気だったか)すごいいいピッチャーなんで信頼して、エラーだけはしないように守ってました。(次の明治戦に向けて一言)こういう試合展開にはならないと思うのでしっかり、次勝ったら本当に優勝が見えてくるので、次は絶対に勝ちにいきます。

 

齋藤 大輝(商1)

 (今日の試合を振り返って)加嶋さんがすごくいいピッチングをしてくれたので、守備もバッティングも良いリズムで出来たと思います。(加嶋がノーヒットノーランを達成。頼もしい先輩だと思うが)今日本当に守っていて打たれる気がしなかったというか、僕もしっかり守らなければいけないなと思いながらやっていました。(本日は1年生で唯一の出場だが)グラウンドに立ったらもう、学年は関係ないと思っているので、先輩たちに負けないように、必死でプレーしています。(猛打賞の活躍でスタメン起用にまたしても応えた)今日はしっかり昨日の反省を踏まえて打とうと思っていたので、それが結果に出たので良かったと思います。(1打席目、4打席目は初球打ちで安打を記録。積極的に振れているなという印象を受けたが)今日、監督から「積極的に打っていこう」という指示があったので、それに従って初球から積極的に打っていきました。(次戦は命運を分ける明大戦。抱負は)1週間空いて、調整など難しいとは思うんですが、しっかりこの1週間で一からやり直して、明大戦もしっかり勝てるように頑張りたいと思います。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.