慶應スポーツ新聞会

【女子ラクロス】新シーズン開幕前特集③~攻撃的ラクロスを裏で支える守備の要・竹内さち×飯豊文香~

「攻撃的ラクロス」で全日本大学選手権連覇を達成した女子ラクロス部。常に攻めて得点を取りに行くことで勝利を手繰り寄せてきたが、それが可能なのもDF陣の堅守があってこそ。今回は相手の攻撃を食い止め攻撃へとつなげていく竹内さち(法4)、飯豊文香(経4)の2人にお話を伺った。「攻撃的ラクロス」を目指す中でディフェンス陣に求められることとは―

 

「負ける覚悟が足りなかった」(竹内)、「詰められたときに逃げるようなプレーをしてしまった」(飯豊)

 

常に攻撃のことまで考えてディフェンスをする竹内

常に攻撃のことまで考えてディフェンスをする竹内

 

―今のチーム状態についてはいかかですか。

竹内 今は春練習期間で、早慶戦に向けて基礎技術から徹底してレベルを上げる土台作りの時期です。

飯豊 今の時期は土台作りをやっているんですが、去年私たちは2連覇して今年3連覇を目指しているチームとして、「日本一になるべくしてなるチーム」というのを掲げているんですけど、そういうチームとして新たにいろいろなことに取り組んでいるという状況です。

―練習において重点を置いていることはなんですか。

竹内 「考える質を上げる」ことです。基礎技術をこなすだけでも時間は過ぎていきますが、その中でも「この練習は日本一につながっているのか」を考えて、自分で具体的にイメージしながら練習をするということに重点を置いています。

飯豊 去年までの戦術や積み重ねだけではなく、基礎的な技術などに重点を置いて、どうやって試合につなげていくかこだわって、去年の練習に上乗せすることを意識しながらやっています。

―昨季チームに足りなかったものは何ですか。

竹内 負ける覚悟が足りませんでした。特に先輩方は自分たちができることを全力でやって、失うものは何もないという状態で試合にぶつかっていたと思います。それは「やれることはすべてやった」という自信からくる覚悟なんですけど、自分にはそれが全然足りなくて負けることが怖かったし、絶対勝てると驕っていて、負ける覚悟ができないまま負けてしまったので、それが足りなかったのかなと思います。

飯豊 去年はクラブチームに敗退してしまいましたが、その前年にクラブチームに勝ったということもあって、社会人の方でも学生に対して本気で対等な立場で戦って下さるという感じを受けました。私たちも相手を社会人だと思わずに対等な立場で泥臭くやっていたんですが、詰められたときに逃げるようなプレーをしてしまったり、試合を通して全力でプレーできていたか考えてみると、必ずしも全員そうではなかったというのがあって、そういうところの積み重ねがあって負けにつながってしまったのだと思います。

―攻撃的なラクロスをする中でDFに求められるものは何ですか。

竹内 ポジション関係なく圧倒的な攻撃力です。上手いチームというのは攻撃陣だけではなく全員が攻撃的だと思うので、DFでも「自分が点を決めるために何をすれば良いか」がグラウンドのどこにいても求められると考えています。

飯豊 今年も攻撃的なDFが目標で、相手にボールがある時にいかに早く攻撃につなげるかを考えて戦力を組んでいるので、点を取る意識が常に全員にあることがチームの理想です。

―G渡辺選手が抜けて守備に影響はありますか。

竹内 渡辺選手の存在はすごく大きかったです。私たちは攻撃的なラクロスをしている分、やっぱりすごくリスクもあって、そういう場面でいつも渡辺選手がセーブをしてくれて救われた部分はありました。ただ同期や後輩にもGはいますしだからといって、攻撃的なラクロスができないわけではないので、心配はしていません。

飯豊 先輩が抜けてしまったからその穴を埋めるのではなく、また新しい戦力が出てくるのでその中でまた新しいラクロスを体現していくので、そういうところにもぜひ注目して下さい!

 

このメンバーで3連覇したい(竹内)、先輩から教わったことの集大成(飯豊)

 

スタメンに定着して3年。まさにディフェンスラインの大黒柱・飯豊

スタメンに定着して3年。まさにディフェンスラインの大黒柱・飯豊

―今年のスローガンについてはいかかですか。

竹内 ”Blast off”です。今年は私たちが学生2連覇を成し遂げた中で真価を問われる年だと思っていて、ロケットのように新しい世界に発射しようということでこのようなスローガンになりました。ロケットは打ち上げる瞬間だけが大事なわけではなくて、打ち上げられるまでの間に多くの挫折がありつつ発射台に登って、さらに発射後も色々な困難がある中で新しい世界に行くイメージがあって、私たちも同じように2連覇したという歴史だけではなく、その前には20年以上慶應女子ラクロス部の先輩方が積み上げてきて下さってきたものがあったからこそ、私たちは3連覇を目指すことができます。それを本当に大切にした上で自分たちが新たな高みを目指すという意味がこめられています。

飯豊 新しいことをして3連覇を成し遂げたいと思うので、そういうところを見て下さい!

―オフについては何をされていますか

竹内 今年は就活していました。同期で飲み会をしたり、遊園地に行ったり、自由に過ごしています。

飯豊 みんな旅行したりして楽しんでいます。

―今季への意気込みをお願いします。

竹内 このメンバーで3連覇したいという思いが強いです。私は去年からたくさん試合に出させてもらっていたんですが、先輩に頼っていた部分が多かったので、今年は心から「自分たちの手で日本一を取った」と言えるように、自他共に満足できるようなラクロスを体現していきたいので、応援宜しくお願いします!

飯豊 1年生の時から先輩方とプレーする機会が多くて、その中で教わったことの集大成という意味でも自分が最上級生になった今絶対3連覇したいと思います。ただ思いだけでは3連覇はできないし、今の自分たちの練習を見ていても3連覇するにはふさわしくない練習というか、もっとみんなが意識を高く持ってやらなければならないことがあると考えているので、それを3連覇につなげられるように今の時期からみんなでしっかり意識してできるような練習環境を私たちの代からしっかりやっていこうと思います!

 ーお忙しい中、ありがとうございました!

 (取材 河合美紀)

渡邊光里(政卒)が抜けた今季。この二人にさらなる期待がかかる

渡邊光里(政卒)が抜けた今季。この二人にさらなる期待がかかる

竹内さち(写真左)

私立成城学園高校を経て現在法学部法律学科4年。大学からラクロスを初め、昨年よりレギュラーに定着。粘り強い守備で攻撃の芽を摘んでいく

飯豊文香(写真右)

私立慶應義塾女子高校を経て現在経済学部4年。1年次よりレギュラーとして活躍。圧倒的な「個」の力で一人でも相手の攻撃を封じ込むことができる

 

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.