慶應スポーツ新聞会

【女子ラクロス】FINAL4直前特集②~慶大支える”攻撃的ディフェンス”・坂本佳子×高橋美帆~

FINAL4をあと2日と大一番を目前に控えている女子ラクロス部。開幕戦の明大戦ではまさかの敗戦を喫してしまったが、その後の4戦を大差で勝利し、また海外遠征も敢行し一段と強くなって大一番に挑む。

今回は全3回にわたり「3連覇・3冠」を目指す彼女たちの素顔と日本一に対する熱い想いに迫る。 第2回となる今回は昨季までリーグ戦出場がほとんどなかったものの今春日本代表候補にも選出され今季は絶対的守護神となった高橋美帆(経3=神奈川・慶應義塾湘南藤沢)と、今季からスタメンに定着しディフェンスらしからぬ攻撃力を見せている坂本佳子(政3=東京・都立戸山)のお2人にお話を伺った。

 

「逆に初戦でもう後がないって状態を作ったことが、良かったのかなって」(坂本)

自分らが勝手に自滅して相手の流れに飲み込まれてしまった」(高橋)

慶大の新守護神・高橋

慶大の新守護神・高橋

 

ーー今シーズンのここまでを振り返っていかがですか  

高橋 開幕初戦で黒星だったんですが、そこからチームが再スタートと割り切れて、グループリーグでまたいいプレーも増えてきたので、いい状態でFinal4に入れると思います。

坂本 私も同じで、初戦落としたことでかなりチームが自信を無くしてしまって、そのあとの練習試合でもうまくいかなかったことが多かったんですけど、そこから1試合1試合意識してグループリーグで勝てたことで、今まで以上に強い状態でFinal4とその先の全国でも試合に臨めると思います

ーー明大戦で負けたのはショッキングだったのでは

高橋・坂本 かなりだよね(笑)

坂本 余裕はないと思っていたんですが・・・

高橋 自分たちの力が発揮できれば勝てたんですけど、自分らが勝手に自滅して相手の流れに飲み込まれてしまったのが敗因でした。勝てる相手だったよね?

坂本 うん。勝てる相手だったんだけど、全然足が動かなくて敗退してしまったので。でも逆に初戦でもう後がないって状態を作ったことが、良かったのかなって思います

ーーまさかの敗戦後の雰囲気は

坂本 何回も話し合いしたよね

高橋 自分たちの弱みを明確にできたし、自分たちの強みの部分も確認できたのでそれは良かったと思います

ーーその後は4連勝。何が変わったんですか

坂本 一人一人が強いプレーをしないと勝てないという点と、足を動かす、とにかく動くというのを意識できたのが大きいかな

高橋 負けちゃいけないっていうマイナス思考になると悪い状況になるのでそこは変えなきゃなっていう。ゴーリーとしては・・・

坂本 たかしはすごい声が出るようになったよね。どんどん引っ張っていく意識が出てきたと思います!

高橋 ありがとう!(笑)

ーー個人としては何か目標をもって臨んだシーズンでしたか

坂本 4年生は引退がかかっているので、試合中になるとどうしても固くなってしまうことがあるので、私たちは3年生として、雰囲気を盛り上げていくとか、自由に動いてそういう固い雰囲気をいい意味で壊して引っ張ろうって思っているシーズンです

高橋 私は個人的にはゴーリーという立場なので、自分の1プレー、1セーブ、1クリアで試合の流れを作ったり変えられたりするようなプレーを心掛けて試合をするようにしています。上手くいっているかはわからないですけど、それはこれからも続けていきたいです

 

「日本一を取って最高の形で4年生を送り出してあげたい」(高橋)

「今から自分ができることをやらなきゃなって思っています」(坂本)

相手をマークする坂本

相手をマークする坂本

 

ーー話が変わって、グループリーグ後はアメリカ遠征がありました

高橋・坂本 楽しかった―!

ーーラクロス面ではどんなことを感じましたか

坂本 相手はスピードがあったり、グランドボールをとるのが上手かったりしたんですけど、意外と1on1とか対峙は体格で劣る私たちでも通用するなって感じました。切り替えを早くしたり、中をタイトにつついたり、そういう細かい部分をすればアメリカ人相手にも通用するなって自信になりました

高橋 チームによって違いましたが、シュートやグラボを取る精度、それからセカンドボールに対する対処の速さで日本との違いを学べました

坂本 シュート速かったね

高橋 そうそう。いろんな角度やタイミングで打ってきたので、かなり勉強になりましたね

ーーかなりの過密日程でしたね

坂本 意外と体力的には行けました。2日目はジェットラグでつらかったんですけど(笑)

高橋 海外遠征ってこともあって、いつもよりかなり集中して取り組めたので疲れは気にならなかったです。自由時間も取ってくれたので、オン・オフの切り替えができたのもよかったのかな  

ーー自由時間は観光とかに使えたんですか

坂本 ワシントンに行きました!リンカーン暗殺の地とか

高橋 あとホワイトハウスと、宇宙のミュージアム?

坂本 今年のラクロス部のスローガンが「BLAST OFF」(ロケット発射の意)なので(笑)

高橋 それに掛けてね。ストラップをお土産に買ってテンション上がってます(笑)

ーー再び話は戻りますが、アメリカ遠征の経験を日本に帰ってきた後の練習にどう反映させましたか

坂本 アメリカから帰ってきた後、頭では分かっていても体が上手く適応というか、ちょっと緩んじゃった部分があったんですけど、かなり鮮烈な経験だったので、まだこれから生かせていけるのかなという感じです

高橋 帰ってきてからは立大戦に向けて、立大対策を中心にやってきたので、今はアメリカの経験とは別にスイッチを入れている形ですね

ーーTEAM2014は長くても残り2か月で、4年生が引退となりますが、お二人にとって4年生の存在とは

高橋 かなり大きい存在ですね

坂本 一番長くいる学年なので、いなくなるっていうイメージがわかないというか、引退っていうのを考えるともっと私たちも頑張らなきゃって思います

高橋 やっぱりすぐ4年生と別れたくないし、日本一を取って最高の形で4年生を送り出してあげたいですね

坂本 みんなすごく優しい先輩です。私はディフェンスの先輩には特に優しくしていただいたので…プライベートで遊ぶってことは少なかったですけど、ミーティングでも厳しい中にも優しさもあって、逆にこっちから聞いたら全部答えて受け止めてくれるので、本当に素晴らしい先輩です

高橋 私もディフェンスの先輩を中心に、ゴーリーのななかさん(山本奈々佳、商4=山梨・甲府西)には優しくしてもらいました。ななかさんの知っている知識を教えていただいて、自分でもたくさん学ぶこともあったので、すごく感謝しています。

ーー逆に4年生が抜けたら、最高学年になります。まだ意識はないですか

高橋 4年生が抜けたら私たちが一番上なので、自分たちが今まで4年生がやってきたみたいに、しっかりプレーでも見せれるように、今のうちからそういうのはやっていきたいと思います

坂本 引っ張らなきゃっていうのは思っています。4年生がいなくなってからしっかりするんじゃなくて、今から自分ができることをやらなきゃなって思っています

 ーー立大戦に向けて残りもうわずかですが、何を詰めていきたいか

高橋 自分たちのやるべきことをぶらさずに、結果どうこうというのを考えるんじゃなくて、今何をしたかったのか、やりたいことができたのかというのを考えてやりたいと思います

坂本 私も一緒で、やりたいことをできていれば勝てる相手だと思うので、いつも通り平常心で練習しています

ーーinal4、そして日本一へ向けて意気込みを

高橋 まずは立教戦にしっかり勝つ!一戦必勝で頑張ります!

坂本 全力を出し切って、絶対日本一になります!

ーーお忙しい中ありがとうございました

(取材 荒川智史)

DSC_8579

 坂本 佳子(さかもと よしこ・写真左)

都立戸山高校を経て現在法学部政治学科3年。愛称は「じー」。持ち味である積極的な攻撃参加を武器にレギュラーに定着した。DFらしからぬ攻撃力を持つ「じー」はまさに「慶大ラクロスの申し子」だ。身長は165cm

高橋 美帆(たかはし みほ・写真右)

私立慶應義塾湘南藤沢高校を経て現在経済学部3年。愛称は「たかし」。昨季までほとんどリーグ戦出場はなかったが、今季彗星のように突如日本ラクロス界に現れた期待の星。身長は166cm

 

 

 

 

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.