慶應スポーツ新聞会

【女子ラクロス】FINAL4直前特集③~経験豊富な仲良しコンビ・鈴木早紀×川村真央~

FINAL4をあと1日と大一番を目前に控えている女子ラクロス部。開幕戦の明大戦ではまさかの敗戦を喫してしまったが、その後の4戦を大差で勝利し、また海外遠征も敢行し一段と強くなって大一番に挑む。

今回は全3回にわたり「3連覇・3冠」を目指す彼女たちの素顔と日本一に対する熱い想いに迫る。最終回となる今回は中等部時代からお互いを知る川村真央(文4=東京・慶應女子)と鈴木早紀(政4=東京・慶應女子)のお2人にお話を伺った。

 

「(明大戦では)みんながここにプレーしていた」(川村)

「今はチームとしてひとつになった」(鈴木)

 

積極的に前線へ飛び出す鈴木

積極的に前線へ飛び出す鈴木

――今シーズンこれまでを振り返っていかがでしたか

鈴木 最初に明大に負けてからよりチームで1つになることに焦点を当ててこれました。チーム内でミーティングや試合のビデオを見る回数が増えて、今はチームが一つになって勝ちに向かっているって感じです。

川村 最初の負けがきっかけでチームにスイッチが入って、そこからお互いに高め合うことができました。その後アメリカ遠征もして今はいい雰囲気です。

――明大に敗れてしまった要因とはなんでしょうか

鈴木 ピッチ上でもっとお互いにコミュニケーションを取り合いながらプレーをするってことがいつの間にか抜け落ちていて、チームとして今どういう局面でどういう気持ちでプレーすべきなのかということの統一性がなかったことです。

 川村 みんなが個々に勝負をしていて、チーム力が足りなかったように思います。

――ご自身のプレーをこれまで振り返っていかがですか

川村 弱かったです。予想外の出来事が起こった時の対応力が低くて焦ってミスが多くなってしまったり、周りも見えていなかったです。

 鈴木 私も自分の弱さは感じていて、その弱さを克服するためにはみんなの気持ちを理解することが必要だと思うんですけど、そこの部分が抜け落ちていたように思います。

――ATは今季下級生が多くなり平均年齢が下がりました

川村 すごいフレッシュですよね。下級生が新鮮な雰囲気を作り出してくれて、それでいて1人1人がすごく強いので4年生としてもいい刺激をもらっていますし、お互いにいいプレーとかを褒め合って良いATチームになっていると思います。

――MDの方は昨年とメンバーがほぼ一緒ですね

鈴木 最初のドローからクリア、ライドの部分までお互いに学年関係なく言い合える感じになっています。

――アメリカ遠征で得たことはありますか

川村 細かい技術がアメリカ人はしっかりしていました。

鈴木 総じて言えるのはすごい高いレベルのラクロスをする機会があんまりなくて、日本では同じくらいのレベルか頑張れば勝てるレベルのチームとしか対戦しないので、自分たちの強み弱みがはっきりしました。日本では結構欲張ったプレーをしてしまいますが、アメリカではそんなに欲張っても何もできなくなるので、より自分たちの強みに向き合うことができました。

 

「早紀はすごく努力家」(川村)、「真央はすごくにぎやか」(鈴木)

 

果敢に得点を狙う川村

果敢に得点を狙う川村

――お互いの第一印象は覚えていらっしゃいますか

川村 中等部からずっと一緒なんですけど、早紀はとにかくニコニコしていてスポーツ万能って感じです

 鈴木 絶対覚えてないでしょ(笑)

 川村 えーひどい(笑)覚えてるよ!!

鈴木 真央はすっごく元気でうるさいくらいの子だったんですけど、いつもクラスの輪の中心にいましたね。あと目が大きい(笑)

――お互いのここがすごいというところはありますか

川村 部活って週5であってすごく大変じゃないですか。でも早紀は部活とは別にインターンのプログラムもやっていて、部活への注ぎ込みもインターンへの注ぎ込みもすごくて、とっても努力家だと思うし、尊敬しています。

 鈴木 恥ずかしいですね(笑)。真央は気配りが上手くて、ローテやサブチームと一緒に練習するときも後輩とかの悩みとかを一番近くで聞いているし、ATは下級生が多いのに上手くいってるのはそういう強みがあるからだと思います。

――逆にここを直して欲しいというところはありますか

川村 ここはいつも朝起こし合いをしていて、「何時何分に起きるから起こして」とか言ってるんですけど、早紀はたまにそこが抜けていて私が電話して「起きた??」とか電話してます

 鈴木 あとはイレギュラーなミーティングや練習の時に起きる時間を間違えたりとか最近ありました

 川村 でもそのくらいですかね

鈴木 真央の悪いところは…ちょっと待って、想像する

 川村 想像とかじゃなくて言って(笑)

 鈴木 真央は分からないところがあってもあんまり人に聞かないので、もう少し人に頼ってもいいと思います

 川村 えー何それ涙出てくる(笑)

――期待している後輩とかいらっしゃいますか

鈴木 私はれいこ(浅野玲子、環2=東京・国際基督教大学高)かな。いつも周りを見ながら少し遠慮してプレーをしていたんですけど、この海外遠征とかを経て自分で考えてプレー出来るようになっていて、その分すごい強いプレーができているし、凄く成長しているなと思います。

川村 私はかおる(竹村薫、環1=神奈川・桐蔭学園)で、かおるは1年でトップチームで出ていて目立ってると思うんですけど、ラクロス歴が長くて基礎技術のレベルが高いので、4年から見ても安心してパスを出せますし、薫も初めてのリーグ戦だと思うんですけど臆することなく積極的に仕掛けていてそれがチームにとって凄くプラスになっていると思います。今後も期待ですね

 ――もしも自分が男性だとして付き合いたい同期や後輩は

川村 これよく話すんですけど結論出ないんですよね

鈴木 わたしもか(鈴木智子、政3=東京・慶應女子)かな。私もかすごい推しメン

 川村 かわいい

 鈴木 性格もいい

 川村 間違いない

鈴木 同期だとあすか(古市明日香、経4=Greenwich High School)がいい。落ち着いてるし、私たちよか大人だし

 川村 私は…もね(伊藤桃子、経4=東京・頌栄女子)

 鈴木 なんで??

川村 少し抜けてるんですけどそこがかわいい、以上!!

 

「今はラクロス最優先」(鈴木)、「当たり前のことがすごく幸せ」(川村)

 

――ラクロス部に入って良かったことはありますか

鈴木 4年になってラクロスしかやることがなくなって本当にラクロスに打ち込むようになりました。今までは授業や他のこともあって、ラクロスしている時しかラクロスのことを考えていなくてラクロスをしていないときは他のことに集中していたんですけど、今はラクロスにより集中するようになって新たな発見もあるしみんなといる時間もすごく楽しいので大切にしていきたいと思います。

 川村 今までずっとスポーツばっかりやっていたので大学でサークルに入っている自分とか想像がつかなくて、同期で集まったりミーティングしたり練習している時って当たり前のことに思いがちなんですけど幸せなことなので、そういう風に思えることがすごい良かったです。

 鈴木 今はラクロス最優先っていうのは確固たる事実なんですけど、そのことをふとした瞬間にああ幸せだなって感じますし、それって大学時代でしか味わえないことなので大切にしていきたいです。

――最後に、FINAL4へ向けての意気込みをお願いします

鈴木 もういつ引退してもおかしくないですし、このチームでいられるのもどんなに長くても2ヶ月ですが、悔いのないように頑張って勝ちに行きます

川村 これからは強敵揃いなんですけど、自分たちの力を信じて日本一を取りたいです!!

――お忙しい中、ありがとうございました!!

 

 (取材 住田 孝介)

けがから復帰し調子は上向きだ

 

鈴木 早紀(すずき さき・写真左)

私立慶應義塾女子高校を経て現在法学部政治学科4年。愛称は「さき」。大の中盤では珍しくアタックよりむしろディフェンス力の高さに定評がある。身長は170cm

 

 川村 真央(かわむら まお・写真右)

私立慶應義女子高校を経て現在文学部4年。専攻は国文学。愛称は「まお」。下級生が多いATにおいて唯一昨年からレギュラーとその豊富な経験でAT陣を引っ張るポジションリーダー。身長は167cm

 

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.