慶應スポーツ新聞会

【ホッケー(女子)】ディフェンス実り、王者相手に善戦/山梨学院大戦

試合前に士気を高める選手たち

試合前に士気を高める選手たち

前節で東大を1-0で退け、勝ち点3を獲得した慶大は絶対女王の山梨学院大との一戦に臨んだ。全員が守備を徹底し、強い気持ちで臨んだ結果善戦し、前半わずか1失点に留めた。後半は3失点を許し、0-4で敗戦となったが、春には見られなかった攻めの場面も見られ、確かな手ごたえをつかんだ試合となった。

 

 

関東学生ホッケーリーグ春季 グループリーグA

2015.10/24(土) 14:15@慶應日吉グラウンド 

慶應義塾大学  山梨学院大学

(前半0-1、後半0-3)  

【得点者】

 ―

 

<スタメン>

GK大野結花(商2)、FB林田明子(理4)、芦川真祐子(商4)、深澤裕理子(経4)石垣七海(法3)、MF武山直歩子(経4)、岩﨑絢香(総3)福田薫(経3)、FW國友萌果(経4)、岩本早紀子(文4)、宮本舞(経3)

 

前節今季から1部昇格を果たした東大を相手に、1-0と辛くも勝利し秋季リーグ初白星を手にした慶大は絶対女王の山梨学院大と対戦となった。

 

試合開始から攻められる展開が続く。それでも武山直歩子(経4)のバックプレスで相手の攻め気を削ぎ、サークル内でも林田明子(理4)を中心に必死に守っていく。しかし6分左サイドから打ち込みに合わされ先制を許す。その後も攻め続けられる展開が続くも、GK大野結花(商2)、林田を中心とした守備陣が体を張り、ぎりぎりのところで得点を許さない。するとカウンターから國友萌果(経4)、宮本舞(経3)が攻め上がりチャンスを演出。さらに福田薫(経3)や岩﨑絢香(総3)との連携で攻めあがるなど、春は見られなかった山梨学院への攻めが見られた。得点までは結び付かなかったものの、リズムを生んだ慶大はその後PCやピンチを迎えるが、大野のセービングなどで防ぎ切り、わずか1失点にとどめた。

 

身体を張った守備が何度も見られた

身体を張った守備が何度も見られた

前半同様食らいつきたい後半だったが38分、ハーフライン付近から鋭いヒットを放たれ、それを合わされて失点を許してしまう。41分にはPCの混戦から失点を許し0-3とされる。それでも守備陣は粘り、48分にはPCを奪われるが大野が相手のヒットシュートをスーパーセーブ。追加点を許さない。前半奮闘した攻撃陣は好機を作ることができなかったが、58分には國友と岩﨑の連携でチャンスを作るものの、サークル内には侵入できない。直後のPCでは石垣七海(法3)が見事なブロックを見せ、相手にシュートを放たせないと、大野もファインセーブを見せ、失点を許さない。守備陣が粘った慶大は0-4で試合を終えた。

 

 上位進出を逃したが、確かな手ごたえを感じる試合であった。相手はメンバーを落としていたとはいえ、強豪校出身の精鋭部隊。春以上に失点を抑えたことは誇っていい結果だ。10月末に行われたインカレでは駿河台大相手に0-4と初戦敗退となったが、リーグ戦はまだ続く。まずは昨年リーグ戦で引き分けた武蔵大との対戦だ。攻撃陣の奮起に期待しつつ、残された少ない時間で林田組の最終章へ向かう。

(記事:荒川智史 写真:岩本弘之・河合佳祐

 

☆グループA 

 

山梨学院

早稲田

慶應義塾

東京

勝ち点

得失差

山梨学院

○4-1

○4-0

○25-0

32

早稲田

●1-4

○3-1

○7-0

慶應義塾

●0-4

●1-3

○1-0

-5

東京

●0-25

●0-7

●0-1

-33

 

 以下、選手コメント

 

DF林田明子(理4=成城学園)

(今日の試合を振り返って)チームとしては5失点以下、1得点以上を目指していたので、失点に関しては目標をクリアできたのですが、得点面の壁はやはり厚かったです。でもみんなで助け合ってディフェンスできたし、みんなが繋いだボールがしっかりと前線が繋いでくれたところもあったので、チームとしての成長も感じられる試合でした(ディフェンス面が機能した要因)練習中から1vs1の時には抜かれないというようなフォーカスした練習を多く取り入れました。また気持ち面でもみんながしっかり試合に臨むメンタルを作れたのが良かったのかなと思います。(春にはなかった攻める場面も見られました)春よりは攻める場面があって、しっかりFW陣が仕事をしてくれたなと思いますが、あとはサークルインまでしていきたいですね。(次戦以降への意気込み)今回の試合と同じようにディフェンス面では徹底して、次こそは点も取れるように頑張ります。

 

GK大野結花(商2=田園調布学園)

(今日の試合を振り返って)個人的には無失点を掲げていたんですが、春と同様に10人のフィールダーの方が体を張って守ってくださったので、助けられました。(どのような練習をして臨んだか)キーパートレーナーの松永さんにテニスボールを使って強いボールを打ってもらったり、男子部の方に手伝ってくださったりいろいろな方の協力を得て今日の試合に臨みました。(DF陣との連携について)連携ミスで何点か失点してしまったので、もう少し詰めて練習したいです。DF陣で最年少なんですけど、いつも林田さんに助けられているので、自分でももっと頑張りたいです。(次戦に向けて)無失点にこだわって、頑張りたいと思います。

 

Comments are closed.