慶應スポーツ新聞会

【ホッケー(女子)】早慶ホッケー定期戦直前企画“BREAK THE HISTORY”第1弾 女子FW対談 雑賀副将×山崎×内藤

左から山崎、内藤、雑賀副将

早慶定期戦において、ここ11年勝利がない慶大ホッケー部女子。しかし、今年は春季リーグでの対戦で引き分けるなど確実に距離は縮まってきており、歴史を塗り替えるその瞬間はすぐそこまで迫ってきている。今回は、12年ぶりの勝利を目指すホッケー部女子のFWの中心選手、雑賀水紀副将(経4・慶應女子)、山崎ほのか(商4・慶應女子)、内藤梓(政3・立川)の3人にお話を伺った

 

(取材日 11月5日)

――まずはお互いに他己紹介をお願いします

山崎内藤

山崎:内藤梓です。ホッケー部のアイドルです(笑)。私と梓は、一番長くFWとして一緒に試合に出ているのですけど、一緒に試合に出ていると私がやりたいことを分かってくれていて、本当に信頼している後輩の一人です。

 

内藤雑賀

内藤:恥ずかしいですね(笑)。やんさん(雑賀)は、すごくかわいらしい先輩で、だけどすごく練習後とかにも練習していたりとかして、本当に憧れる先輩です。ドリブルとかも上手だし、見習いたいところがいっぱいあります。普段は本当に優しくて、とても頼りになります。

 

雑賀山崎

雑賀:ほのか(山崎)は、本当にうちのチームを支えてくれるキーマンになる選手です。ただその分今年はマークとかも厳しくつかれてしまうのですけど、その中でも点を決めてくれたり、大事なところで点を決めてくれて、本当にメンタルも強いなと思います。

 

山崎:ありがとうございます(笑)。

 

「今まではできなかったこともできてきている」(雑賀副将)

 

――まずは春季リーグを振り返っていただきます。6位という結果でしたが、振り返っていかがでしょうか

山崎:結果から見ると6位という結果は、先輩方が築いてきた歴史に泥を塗るようなものになってしまったと思いましたし、すごく悔しい結果だったと思います。

 

内藤:3年生が強いチームは強いと言われているのですけど、4年生の先輩に上手い選手がいる中で勝てなかったのは、やはり3年生が支えきれなかったのが大きかったかなと思います。

 

雑賀:3年生がとかそういうのは全然ないのですけど。6位になったのは最後の立教戦に負けてしまったからで、あの試合も終盤に点を決められました。2Q目までいい試合をできていても、やっぱり後半で失点してしまうというのは、集中力とかそういった部分を詰めていかないと、どこと戦ってもそういう結果にはなってしまうのかなと思いました。

 

内藤は豊富な運動量が武器

――6位で春季リーグを終えて、夏にFW陣で取り組んだことはありましたか

雑賀:プレスは常に意識はしてきたと思います。試合を追うごとにプレスについては、自分たちがやりたいようにできてきているかなとは思います。あとは、FWが思い切って前に出る場面と、DFからのボールを受けに行く場面といったところは徐々にできるようになってきているのかなと思います。

 

山崎:守りではプレスがすごく成長したと思います。あとは、敵陣でどう攻めるかというのが大きな課題だと感じていて、自分たちも少しずつは成長していると思います。ただ、他の学校も同じように伸びていて、私たちが勝ちたい格上の相手とはスタートラインが違うので、「頭で考えてそれを表現するホッケーをしなさい」と言われて、常に意識して練習してきました。

 

内藤:前よりはポジション間で顔を合わせて、流動的に停滞せずに動くことはできるようになってきたと思います。

 

山崎:夏を経て成長できたとは思いますけど、まだまだ成長したいなと思います。

 

――今季は秋季リーグ4試合とインカレがありましたが、印象に残っている試合は

雑賀:いっぱいあるのですけど、私は学習院戦ですかね。本当はもっと大量得点で勝つつもりだったのですけど、結果は2-1でしかも先制されてからで。試合の序盤で「これは大量得点とか言ってる場合じゃない」とは気づいていたのですけど、失点した時に本当にチーム全体が青ざめていました。「入れ替え戦行くのかも」と思ってしまった中から、落ち着いて攻めて、美紅(三宅)のPCのストレートが入って同点になったのを見て、心が震えていままで感じたことのないくらい1点の大きさを感じました。

 

山崎:私は今季の農大(東京農業)戦が心に残っています。絶対に勝ちたい試合でしたし、目標としていた関東リーグ上位に行くためにも勝たなければいけない試合で、照準を合わせてやってきて一つになって試合に入れた印象がすごくあります。私自身も今までで一番走って4年間の試合の中で一番つらい試合だったかもしれないですけど、これだけ気持ちを一つにしてホッケーをできていると感じた試合でした。やっていてすごく楽しくて、でも結果として負けたのはすごく悔しくて、慶應にとっても自分にとっても成長につながる試合だったなと思います。

 

内藤:私も農大戦が一番印象に残っています。結果は良くなかったですけど、攻めも守りもしっかりとみんなでやろうとしたことができた場面も多かったのかなと思います。農大も特徴的でしたけど、そこに対応しようとみんなが臨めたと思います。

 

――インカレまで終わりましたが、現時点でチームの完成度は何点くらいだと感じていますか

雑賀:結構高いと思うんですけど・・・(笑)。80点くらい?(笑)もちろんダメなこともあるのですけど、今までではできなかったこともできてきていますし、見に来てくれている方からも「今年は強い」みたいに言われることも多いので、完成度は高いのではないかなと思います。ただ、それを結果でどこまで示せているかというと全然なので、そこがまだまだだと思います。

 

山崎:私も80点くらいかなと。今何が私たちにできていないかというと、やはり結果を残すことだと思います。体育会で何かスポーツをやっている以上、周りから見える結果という形で示せないと意味がないとは思います。ですが、ホッケーを11人でやっているという感覚があるのは、私として今年が一番あって、少し高めの80点です(笑)。

 

内藤:私も80点・・

 

山崎:「私も・・・」しか、さっきから言ってないよ(笑)。

 

内藤:こういうの難しいじゃないですかー(笑)。けど本当に、技術面でもできることが多いチームだと思いますし、以前よりも余裕を持ってプレーできて、連係も上手くいっていることも多いと思います。ただ残りの20点は、やはり結果を残すというところと、もっと連携を深められれば互いの良さを出せるかなと思っています。

 

――FW陣での手応えはいかがでしょうか

雑賀:最近は右のエンドラインからのえぐりが急に決まるようになって、なぜか(笑)。けど、それは残りの2試合で絶対に決まると思っています。

 

山崎:今季から留学生のリバちゃん(リーヴ)が来てくれて、FWに活気がつきました。ボールが持てる選手が増えることで、FWの連携がここ1か月で急激に成長したなと感じています。もちろん留学生に頼ってしまっているのは少し悔しいですけど、FWは得点を取るのが仕事なので、ずっと組んできてやりやすいやんやん(雑賀)と梓と点を決めたいなと思います。

 

内藤:個人的には全然結果を残せていないので、得点を決めてチームの勝利に貢献したい気持ちが強いです。今までよりもサークル内に入れることは多くなってきたので、PCを取るなり、シュートを決めるなりして、結果を残したいです。

 

山崎:大丈夫?まとまってる?(笑)

 

内藤:私本当にこういうの苦手なんですよ(笑)。

 

「笑顔で良さを語れるって本当にいい場所なんだろうと思った」(山崎)

 

早慶戦でも山崎のレバシュートに期待

――皆さんがホッケー部に入ったきっかけは

雑賀:私はこれまで部活でスポーツをやったことがなくて、でもサークルとかをいろいろ見てても雰囲気が合わないなと思っていて、体育会のマネージャーとかどうかなと思っていました。ホッケー部の説明会に行ったときに、「できるよ!」みたいに言われて、走る苦しみとかも知らなくて(笑)。その先輩が「できるよ!」って言ってくれたので入りました。

 

山崎:私は大学に入る前から体育会に入ることは決めていました。中学の時はゴルフをやっていて、高校はバスケをやって、チームスポーツと個人スポーツを経験して、自分で黙々と頑張るよりも誰かと一緒に苦しみを乗り越えてその喜びを共有できる良さを感じて、大学でもチームスポーツをやろうと思いました。ラクロス部と迷ったのですけど、たまたまお会いした中高の先輩がホッケーの楽しさを力説されて、こんなに笑顔で良さを語れるって本当にいい場所なんだろうなと思って、決めました。

 

内藤:私は小学校から高校まではずっとバスケをやっていて、高校で引退をした時にもう一生スポーツはしないと思いました。でも、大学に入ってサークルを探していて、若干合わないなみたいなことも多くて、もう一度スポーツをしっかりやろうと思って、ホッケー部のパンフレットをもらって、体験に行ったときにもすごく先輩方がすごく優しくて、みんな楽しそうにやっていて、この部活で頑張りたいなと思って選びました。

 

――内藤選手は今の4年生の代はどのような代だと感じていますか

内藤:ホッケーが上手い人が本当に多い代だと思います。一人ひとりが違った強みを持っていますし、来年いなくなってしまうのが本当に不安なくらい偉大な学年です。

 

山崎:絶対思ってないでしょ(笑)。

 

内藤:思ってますよ(笑)。来年やばいじゃないですかー(笑)。

 

――逆に4年生から見て、3年生の代はいかがでしょうか

山崎:心強いよね。

 

雑賀:そうだね。

 

山崎:今の3年生には支えられているとすごく感じるので、本当にいつもありがとうと思っています。

 

雑賀:一個下の代はすごく真面目な代ですね(笑)。落ち着いているし、大人っぽいし。来年もきっと大丈夫だなと思える代です。

 

――山崎選手と内藤選手は雑賀選手の副将としての姿は見ていていかがでしょうか

山崎:言われ慣れているかもしれないですけど、本当に努力家で、自分の目標を達成するために何が必要かを一番考えていますし、どういうふうにステップアップしていけばいいかを誰よりも考えているので、本当に尊敬しています。

 

雑賀:泣いちゃう(笑)。

 

内藤:やんさんは私が入ったときからいつもすごく練習しているイメージがあって、学年が上がって忙しくても、副将でチームのことを考えなければいけなくなってもその姿勢は変わらないなと感じます。その大変さとかも全然表に出さなくて、優しく背中で支えて引っ張っていく、すごい副将だなと思います。

 

雑賀:ありがとう、めっちゃ嬉しい(笑)。

 

――最近あった部内のホットニュースは

雑賀:そんなこと聞くんですか??(笑)じゃあ、名前は出さないですけど、コーチの方で最近恋人ができたという方がいて、すごく話題になりました(笑)。

 

一同:(笑)

 

仲の良さがうかがえる対談となった

――その他にはございますか

雑賀:恋愛話しか思いつかないんですよ(笑)。

 

山崎:(恋愛話)大好きなので(笑)。

 

雑賀:祝勝会とか行くと暴露大会になります(笑)。他のことだと、留学生の子が来て、ほのか(山崎)が、少し英語がしゃべれるようになりましたね(笑)。

 

山崎:私全然英語が出来なくて、部員に英語の成績を助けてもらってたのですけど、リバちゃんが来て、組むことが多くて、それである日「私は日本語を勉強したいし、ほのかは英語を勉強したいでしょ。これからは日本語で話す時間と英語で話す時間を作ろう」みたいな内容の連絡が来て、英語でコミュニケーション取れるように頑張っています(笑)。

 

内藤:3年生ってあんまりそういうのないんですよね(笑)。

 

山崎:教習所にみんな通ってないっけ?

 

内藤:あ、そうですね(笑)。私は4月から通っているのですけど、あんまり行きたくない気持ちが強くて行っていないのと、仮免の前のみきわめで右と左を間違えて落ちてしまって(笑)。

 

山崎:よくホッケーできてるよね(笑)。

 

雑賀:たしかに(笑)。

 

内藤:あとは逆走してしまったりとかして、永遠に進まないっていう感じです(笑)。同期とかは、効果測定とかで上手くいかない子とかも多いです(笑)。

 

「成長した姿を見せたい」(内藤)

 

――ホッケーに話を戻します。春季リーグでの早慶戦では引き分けましたが、あの試合を振り返っていかがでしょうか

山崎:あの試合は自分たちがやりたいことができていた試合だったなと思います。練習でやってきた成果がすごい試合で出て、点は入らなくて悔しかったですが、負けなかったというのは良かったのかなと思います。

 

雑賀:あの後に立教戦で負けてしまったので、幻の同点みたいにはなってるのですけど(笑)。結果から言うと去年とは変わらないのですが、今思えば去年は攻められまくった中ですごい頑張って守った試合だったのだと思うのですけど、今年は私たちも攻める時間があって、それで点が取られなかったというところはあると思います。

 

内藤:練習でできたことをしっかりと出せても、結果にはつながらないという結果ではあったと思います。ベストを尽くしても結果が出なかったというのは、良かったところでもあるし、足りていなくて反省するところも多い試合だったかなと思います。

 

FW、そして副将としてもチームを引っ張る雑賀

――昨年の定期戦は0-1での敗戦でしたが

内藤:めちゃくちゃ緊張していて、すごく迷惑をかけてしまった試合で、本当に悔しかったので、今年は本当に落ち着いてプレーして、チームに貢献したいと思っています。

 

山崎:早慶戦がどの公式戦よりも思い入れが強くて、昨年の試合は先輩方を勝たせてあげたかったと思う部分は大きいですし、勝てると思って臨んだ試合で負けてしまったのは本当に悔しかったです。

 

雑賀:去年0-1であそこまでやれて、来年は絶対に勝てるとすごく強く思った一日でした。あれから一年がたって、ついにここまで来たかという感じですね。そういえばちょうど去年の今日ですね(笑)。

 

山崎:今頃梓大泣きしてたね(笑)。

 

内藤:私試合中から泣いてました(笑)。

 

――改めて最後に早慶戦に向けて意気込みをお願いします

内藤:本当に去年は迷惑をかけてしまったので、見に来てくださる先輩方にも成長した姿を見せたいですし、今の4年生と試合ができるのも最後なので、自分ができることをしっかりと落ち着いてやって、みんなで点を取って絶対に早稲田に勝ちたいです!

 

山崎:早慶戦は一番気持ちが入る試合で、1年生の時から勝ったことが無いですし、早慶戦に勝てればどんなに悔しいことがあっても4年間報われたと思えると思います。そのために、自分が4年間かけてきた思いをぶつけて、足がもげるくらい走って、気持ちを込めたシュートで点を決めたいと思います!

 

雑賀:4年生で最後の試合で、思いが強いのはもちろんです。コーチの方とかには「上位校に勝てたら人生変わるよ」と言われていて、今まではしっくりきていなかったのですけど、最近はここまで何かに熱い思いを持って一生懸命できることってないなと思って、そうするとこの思い出だけで生きていけると言う意味なんだなと気づきました。大げさでなくて、この先の自分の人生のためにも、最後まで走って、点を決めます!

 

――お忙しい中、ありがとうございました!!

 

(取材:重川航太朗/写真:新池航平)

 

《早慶ホッケー定期戦》

11月24日(土) 現役女子戦 13時10分試合開始

          現役男子戦 14時50分試合開始

@駒沢オリンピック公園総合運動場第一球技場

 

 

雑賀水紀(さいが・みずき)副将:慶應女子高を経て、経済学部4年。最前線で体を張り続ける副将。大学までスポーツの経験はほとんどなかったが、努力を重ねてスタメンを掴むに至った。顔がパンダに似ていることから、あだ名は「やんやん」。

 

山崎ほのか(やまざき・ほのか):慶應女子高を経て、商学部4年。豊富な試合経験を持ち、レバシュートを得意とする。チーム一の得点力と土壇場での勝負強さも併せ持ち、早慶戦でも得点に期待がかかる。

 

内藤梓(ないとう・あずさ):立川高を経て、法学部政治学科3年。高校時代にバスケットボールで培った持久力を武器とする。2年次からスタメンに定着しており、試合経験も豊富。3年になったが、部内では永遠のアイドルキャラ。

こちらの記事もあわせてどうぞ!!

Comments are closed.