慶應スポーツ新聞会

【野球】秋季リーグ戦開幕前インタビュー 第2弾 髙橋佑樹選手×髙橋亮吾選手 〜ピッチャーの矜持〜

9月14日から開幕している東京六大学野球秋季リーグ戦。慶大は第2週より開幕のため9月21日が初戦となる。
それに先立ち、慶應スポーツでは秋季開幕前インタビューを実施しました。第2弾となる今回は慶大のW髙橋こと髙橋佑樹選手(環4・川越東)と髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)にお話を伺った。

――秋季リーグ戦を振り返って

髙橋佑:やっぱり明治ですよね。明治の試合で勝っていれば優勝でそこで2連敗してしまったっていうのが一番悔しかったです。勝ち点4のシーズンが続いていますけど、(勝ち点)5を取れない弱さを痛感したシーズンでした。

 

髙橋亮:個人的には抑えだったのでそのことを言うと、去年の秋からホームラン、長打が課題だったにも関わらず、失点した2点が両方ともソロホームランだったことです。法政戦は展開的に良かったんですけれども、早大1回戦で明治の優勝って決まった後で「じゃあ早稲田に勝とう」ってみんなで意気込んでいて、しかも髙橋佑樹がいいピッチングしていたのに打たれてしまったので、本当に反省しています。

 

――ご自身の成績に関してはどう評価していますか

髙橋佑:最低限先発として投げ切ると言うのは出来ました。けれども法政戦で4点取られて降りたりとか、明治戦も先制されてそのまま負けたり、立ち上がりに点を取られて、そこが自分の中で課題が出たシーズンだったなと思います。

 

髙橋亮:抑えとして勝っている展開、しかも僅差でいく場面が多くて、それはリーグ戦始まる前から言われていました。抑えだと投げる機会がそんなになく、勝っている試合をそのまま終わらせるのが仕事だと思っていた中で、早大1回戦の同点でしたけど、そのままていればもっといい風にシーズン終われたかなって思います。

 

――早大1回戦では瀧澤選手(早大)には本盗を決められ本塁打を放たれました

髙橋佑:ホームスチールに関しては僕の不注意なので反省しなきゃいけないんですけど、もうないのでどうって感じではないです。

 

――髙橋亮吾選手は法大1回戦で自己最速の153キロを記録しました。春季リーグ戦におけるご自身のストレートはどんなものでしたか

髙橋亮:去年までは先発するかもしれないし、抑えすることになるかもしれないって監督に言われていて、結局秋は先発しなかったですが、春は抑えで行くぞというのが分かっていました。あとは僕は球数を投げると球速が伸びるのでそういう意味では冬の奄美合宿とかでも球数を意識して投げていました。そういうのが積み重なって153キロにつながったかなと思います。

 

――髙橋佑樹選手は早大3回戦で3安打完封勝利を挙げました。振り返っていかがでしたか

あの試合は去年の秋から続く早稲田への悔しさを晴らすために絶対に勝たなきゃいけないと思っていました。初戦は僕が投げて負けて2戦目につないでくれて僕に出番が回ってきたので、ここでやり返すしかないという気持ちで試合に入りました。試合の内容としては投げている間はハラハラしながら投げましたけど、とにかくリベンジする思いだけで3回戦は投げました

 

――お二人が投手としてお互いに凄いと思っていることは何ですか

髙橋亮:まず先発としてストライクがしっかり入ることです。後は左バッターに対して三振が取れることです。ピンチって投げていたら絶対に来るので、その時に僕は速球と速い落ち球で三振取りに行くんですけれども、緩急使って三振を取れるというのはすごいなって思います。

 

髙橋佑:僕は結構ノリと勢いでいっちゃうところがあるのですが、ブルペンで体の力の入れ具合を変えながら次何キロぐらいの球を投げるよって言って、言った通りの球を投げていて体と頭の連動がすごく上手で、思ったことがすぐ出来る能力は本当に高いと思います。

取材の中での一場面

――ここは勝っているぞという部分はありますか

髙橋佑:ノリと勢いです。

 

髙橋亮:球速です。

 

――カナダでの遠征はいかがでしたか

髙橋佑:楽しかったです。涼しくて楽しくて貴重な経験ができました。僕はカナダ人の左ピッチャーと投げ方を教え合ったりして日本の野球と海を渡ったベースボールでちょっと違う点があったりして新しい発見があったのは良かったなって思います。

 

髙橋亮:マウンドがそもそも芝だったんですよ。踏み出すところそれが違くて、実際神宮がそうなることはないですけれども、いい意味で”対応する力”は学べたかなっていう風に思います。

 

――対応力で言いますと、お二人はオール早慶野球戦でナゴヤドームのマウンドに上がりました。ナゴヤドームのマウンドはいかがでしたか

髙橋佑:例えるなら陸上競技場のタータンみたいな感じで、土ですけど弾力がありました。

 

髙橋亮:下に層があって、硬いところの上に砂の・・・

 

髙橋佑:粘土を焼いたみたいな土がまぶされていて「硬い!」ってなるマウンドでした。

 

――そのオール早慶野球戦を振り返って

髙橋佑:普段のオール早慶も豪華なんですが、球場に圧倒されるというか、見るだけで口が開いてきちゃって・・・すごく広いんですよ、ナゴヤドーム。

 

髙橋亮:マウンド自体は投げにくくなかったです。前に投げた人と同じ左足の着地点だったので大丈夫でした。球場とかよりも時間が長くて、僕が登板したのが8回だったんですけど、グラウンド入りしてから時間があったので「暇だなぁ」と思いながら準備していました(笑)。

 

リーグ戦とオール早慶合わせて早稲田に5連勝ということを監督がずっと言っていて、僕のせいで春の1戦目落としてしまいましたけど。早大2回戦から合わせて3連勝出来ているので、秋につなげられたなと思います。

 

――オールスターでも髙橋亮吾選手は先発投手として登板されていました

髙橋佑:やっぱり富山は~暑くて初めて富山行ったんですけど、まぁ地元の方も歓迎してくれて本当にやりやすい中で投げさせてもらいました。

 

――髙橋佑樹選手はオールスター当日、何をされていましたか・・・?

髙橋佑:日吉で飲んでいました!

 

髙橋亮:先発というよりはピッチャーが最初の大学が投げて変えていくので、たまたま僕らが最初で、たまたま頭だっただけです、ただ1イニングで終わるので暇でした・・(笑)早稲田と同じチームになったことがなかったので話せましたね。

 

――具体的には誰と話されましたか

髙橋亮:カナダで東大と仲良くなっていたので、よく話していましたね。早稲田でいうと福岡とか早川とか徳山とかですかね。

 

――髙橋亮吾選手はこの夏身体を大きくされたりはしましたか

髙橋亮:あんまり変わってないです。

 

髙橋佑:カナダの飯がほとんどジャンクフードだったので

 

髙橋亮:いや2キロぐらい痩せたよ。合わなくて。

 

――髙橋佑樹選手はいかがでしたか

髙橋佑:僕はカナダで身体を大きくして帰ってきました!

 

――髙橋亮吾選手は今年で野球を辞めることを明言しています。最後の野球シーズンを迎える心境はいかがですか

髙橋亮:2年秋くらいに野球を続けないことを決めたんですけど、いざずっとやってきた野球が終わるとなると、最近ちょっと寂しい気持ちになる時もあれば、新たな世界というか野球がない自分がどうなるのかなっていうのを楽しみには思っています。

 

――髙橋佑樹選手は今後の方針についてどのように考えていますか

髙橋佑:プロ志望届は提出します。たとえ声がかからなくても、野球は続けたいと思っています。

※プロ志望届は9月10日公示済み

 

――4年生である今、お二人が恐れている打者は誰ですか

髙橋佑:福岡(早大)です。

 

髙橋亮:瀧澤(早大)です。

 

――髙橋佑樹選手は東京六大学にいる同じ川越東高出身の打者に対する苦手意識はありますか

髙橋佑:藤野(立大)はめちゃくちゃ打たれますけど、福岡にはほとんど打たれていなかったんですけど、春に1本ホームラン打たれました、

 

――藤野選手はやはり手強いですか

髙橋佑:ずるいですよね。3年間ボール受けていたら、打てないほうがおかしいです。

 

――この夏重点的に取り組んだことはありますか

髙橋佑:ジャンプ力です。身体のバネが恐ろしいほどなかったので、ちょっとでも人に近づけるようにバネをつけたら身体が全部良くなると思うので、真っ直ぐを速くしたいとか、コントロールを良くしたいとかよりも前の段階の身体のバネを作るという作業を夏は多めにやりました。

 

――具体的にはどのように鍛えましたか

髙橋佑:縄跳び飛んだり、段差に向かって飛び乗ったりみたいな練習です。最初よりは飛べるようになりました。

 

――その練習の効果みたいなものは実感してますか

髙橋佑:ちょっとずつ球が速くなってるのがそのおかげなのかなって思ったりします。

エース・髙橋佑の真価が問われる最後のシーズンが幕を開ける

――髙橋亮吾選手はこの夏何に重点的に取り組みましたか

髙橋亮:僕は一番に制球力です。瀧澤に打たれた本塁打は思ったように投げて打たれてしまったのですが、(法大1回戦で)安本に打たれたホームランは完全に右の外の真っ直ぐが抜けて、甘く入って打たれたので、ホームランをなくすという意味でも真っ直ぐの制球力はずっと練習してました。

 

――オープン戦のチームの調子はいかがですか

髙橋佑:投手陣でいうと新しい選手も出てきて、競争が激化しててベンチ入るのが大変な良い投手陣になってきてると思います。

 

――新しい選手とは

髙橋佑:去年から投げてはいたのですが森田(晃介=商2・慶應)が出てきました。全く新しい名前を出すのであれば1年生の小林(綾=環1・松本深志)が良いピッチングしてたりして、下からの突き上げが凄いので僕らも焦ってます。

 

――具体的にはどのようなところが良くなってますか

髙橋亮:そもそも球が速くなって、コントロールはもともと良いので、変化球とかのキレも増していますね。

 

髙橋佑:多分自信も持てるようになってきてます。

 

髙橋亮:福井(章吾=環2・大阪桐蔭)との相性も良いんです。森田が投げる時はだいたいキャッチャーが福井なんですけど、福井との息も合ってますね。

 

――ストレートの球速をアップするポイントはありますか

髙橋亮:あんまりないですね。試行錯誤しながらです。

 

――実際に効果のあったものとしてはどのようなものがありますか

髙橋亮:球数を投げることとあとは増量ですね。

 

髙橋佑:瞬発性とかになりますね。

 

――髙橋佑樹選手はスライダーという良い変化球を持っていますが

髙橋佑:あんまり変えようと思ったことはないですけど、回転数をできるだけ落とさないことを今も昔も気をつけてます。

 

――チームとしての秋季リーグ戦の目標を教えてください

髙橋亮:チームとしての目標は全員一致で早稲田に勝ってリーグ戦優勝することと日本一になることです。

今季も試合終盤での活躍が期待される髙橋亮

――個人としての目標はどのようなものがありますか

髙橋亮:一応155キロを出したいと思って練習はしています。あとは被本塁打0です。あとは野球を辞めるので良い風に終われたらなと思います。

 

髙橋佑:チームとしての目標は同じで、個人の目標は「みんなが選ぶMVP」です。

 

髙橋亮:投票しとくよ。

 

髙橋佑:ありがと。

 

――最後にラストシーズンへの意気込みをよろしくお願いします

髙橋亮:秋は1週遅れて開幕してキツくなると思うんですけど、やはり最後なので優勝して終われたらなと思います。

 

髙橋佑:1年春からずっと使ってくれた大久保監督に恩返しが出来るようなシーズンにするために投げた試合全部勝てるように頑張ります。

 

――ありがとうございました!

(取材:小林歩 写真:小嶋華)

(この取材は9月6日に実施しました。) 

Tagged as: , , , , ,

Comments are closed.