慶應スポーツ新聞会

【野球】秋季リーグ戦開幕前インタビュー 第3弾 小原和樹選手×瀬戸西純選手 〜鉄壁の二遊間の極意〜

9月14日から開幕している東京六大学野球秋季リーグ戦。慶大は第2週より開幕のため9月21日が初戦となる。
それに先立ち、慶應スポーツでは秋季開幕前インタビューを実施しました。第3弾となる今回は春季リーグ戦でも数々のピンチを救った慶大
鉄壁の二遊間・小原和樹選手(環4・盛岡三)と瀬戸西純選手(政3・慶應)にお話を伺った。

――まずは他己紹介をお願いします

瀬戸西:小原和樹さんは優しくて、気が遣えて、誰とでもすぐ仲良くなって、誰からも愛されて、癒し系でみんなを笑顔にしてくれる優しい優しい先輩です。

 

小原:そんなに褒めても何も出ないからね!(笑)

純は、後輩ですけど本当に同学年のように友達感覚で、いい意味で何でも言える仲というか、後輩だけど上にも何でも言ってくれるし、後輩たちの面倒見もいいので、先輩たちから愛されていますね。寮では部屋が一緒でベッドも上下なので、寝る直前まで会話しています。(笑)

 

――お互いの好きなところを5つ教えてください

瀬戸西:なんですかそのカップル企画みたいな質問!(笑)

 

小原:じゃあ…まず、顔!顔でしょ、それと性格!あと、純の守備はもう大好きだね。(笑)それに、賢いところも頼りになります。あと一つは…彼はめちゃめちゃ気遣いができますね。いろんな変化に気づくというか、「あ、これ足りないな、なんか欲しいな」って時にパパっと行動してくれるところが好きです。

 

瀬戸西:和樹さんの好きなところは、まずは、本当にお兄ちゃんのように、僕だけじゃなくてチームの後輩たちを弟みたいに思ってくれているところですね。あとは、チームが暗くなっているときでも一人だけ元気で、明るくチームを盛り上げる力があるところと…この2つで言いすぎちゃったな…あとは…まあ、顔(笑)

 

小原:まあ、じゃないよ!(笑)

 

瀬戸西:あとは、たくさん美味しいご飯に連れて行ってくれるところと、めちゃめちゃ道具を大切にするところですね。グラブの磨き方とかにすごくこだわりがあって、もともと自分もかなり道具を大事にしている方だと思っていたんですけど、和樹さんはそれを大きく超えていました。

 

小原:もうカップルだね。(笑)

 

――直してほしいところはありますか

瀬戸西:これはありますね。朝一、寝起きでしんどいのに、和樹さんはすごいテンションが高いんですよ…あれまじで直してください。(笑)

 

小原:えー、でも笑顔になるじゃん!(笑)

 

瀬戸西:そうだけどさ…

 

小原:純の直してほしいところは、部屋の電気を消すのが早すぎるんですよね。23時くらいに消されちゃうので…足元危ないから!(笑)

仲の良さがみられる場面も

――この夏はいろんなところに遠征に行かれたと思いますが、まず北海道キャンプはいかがでしたか

小原:キャンプというのは自主トレがすごく大事になると思うんですけど、その中で自分の明確な課題に対して、僕の場合はバッティングだったんですけど、誰よりもバットを振るという意識でこの北海道キャンプは取り組めたと思います。

 

瀬戸西:気候がやっぱりこっちとは違って、気温はそこまで下がらなかったですけど、湿度も低かったので過ごしやすくて、グラウンドも、広い球場を少ない人数で使うことができたので、日吉にいる時よりも濃い練習ができたと思います。今回の合宿は自主練習というのを大切にしていて、一人一人が自分の課題に取り組めるキャンプだったと思います。

 

――カナダにも行かれていました

小原:カナダは本当に過ごしやすくて、一日中涼しくて、この環境で野球ができるのはすごく幸せだなと感じましたし、試合にも本当に優勝する気持ちで行ったので、少ない練習時間の中で集中して取り組むことができて、その結果が交流大会の優勝につながったと思います。

 

瀬戸西:野球面以外のことを言うと、東京大学とカリフォルニア大学サクラメント校とUBCとうちの4校で総当たりの大会だったんですけど、日本の野球と海外の野球の違いも感じましたし、今回は国際交流というのが重点的に行われて、英語が話せる選手もそこまで多くない中で、外国の選手と仲良くなった人もいればうまく溶け込めなかった人もいたりして、でも何となく日常会話ができるようになって、他の大学の人とも仲良くなれて、人生経験としてはものすごく大きな経験になったと思います。

 

――瀬戸西選手はオールスターゲームにも出場されました

瀬戸西:六大学の選手たちのレベルの高さを一緒にプレーする中で改めて認識することができて、負けないようにしないとなという気持ちと、怖いな、とも思ったオールスターでした。

 

――小原選手は名古屋のオール早慶でお兄さんと共演されました

小原:やっぱり兄弟で試合に出られるというのは、高校や大学まで行くとなかなか難しいことで、その中でできたというのは本当に幸せなことでした。兄がピッチャーで僕が後ろにいるというのは自分が1年生で兄が4年生だった時以来なんですけど、その時の結果が良くなくて、少しトラウマがあって、大丈夫かな?って思っていたんですけど、兄も社会人チームに入って成長していましたし、僕自身も大学4年間を通して成長した姿を見せられたので、本当にいい機会でした。

 

――ナゴヤドームはいかがでしたか

瀬戸西:良かったですね。

 

小原:やばかったね。プロの人たちはやっぱりうらやましいです。

 

瀬戸西:演出がすごくて…プロ野球選手気分でしたね。鳥肌立ちました。

 

小原:これも本当に貴重な経験だったよね。

 

――この夏の他大学との交流を通して仲良くなった選手はいましたか

瀬戸西:東大の選手ともたくさん仲良くなりましたし、早稲田の福岡さん、檜村さんにも仲良くしていただいたり、早川(早大)とか瀧澤(早大)とも仲良くなりましたね。東大でいうと武隈とか岡とか、3年生がまず仲良くなりましたね。

 

小原:僕はもともと早稲田の福岡とかとは前々から仲が良かったので今回のオール早慶でも話しましたし、カナダでは、昨年UBCが日本に来てくれた時にグローブを交換した選手がいて、その選手が今UBCのキャプテンで、再会できたり、サクラメント校の19歳の子たちと仲良くなって今でもSnapchat(スマートフォン向け写真共有サービス)を毎日送り合っていたりとかして…あとは東大の辻居とか青山君とか、あとは早川君が僕に守備のことを聞いてくれたりして、仲良くなれましたね。

 

――この夏を通して意識して取り組んだことは

瀬戸西:僕は、ショートゴロの併殺のスローの精度をもっと上げたいなと思って、キャンプ中もずっとそれに取り組んでいたので、小さいステップをして強い制球を和樹さんに投げるっていうことを目標に練習しました。

 

小原:僕はもともとバッティングが課題だとわかって、振る量も増やしてきて、ここからどう結果に結びつくかは分からないですけど、我慢強くこれからもそれは続けていきたいと思っていますし、僕は守備での貢献というのがセンターラインで大事になってくるので、自分の思った通りに捕球することや、純と同じように併殺というのは絶対に絡んでくるプレーなのでそれは僕も0コンマ何秒でも速さにこだわりながら正確さも求めているという感じです。

瀬戸西の安定感抜群の守備は慶大の優勝に必須だ

――この夏自分が成長したと感じるところは

瀬戸西:僕はバッティングがあまりよくないんですけど、それでも気持ちの波が小さくなったなと思っていて、前までは打てないと落ち込んでしまったりしていたんですけど、今は打てなくても暗くならずに一定のメンタルを保てるようになってきたので、そこは成長したかなと思っています。

 

小原:僕もバッティングが課題なんですけど、ある程度はこう打ったらここに落ちる、というようなイメージの中でヒットが打てるようになってきたのかなとは思います。

 

――春季リーグ戦を振り返っていかがでしたか

小原:チームの数字的には良かったと思うんですけど、僕個人としては数値で足を引っ張ってしまったという心残りがあって、どれだけずっと同じ状態を保てるかというのがリーグ戦では大事だと思うので、いろんなチャンスの場面もあった中で今振り返るともっとやれたんじゃないかなという後悔があります。

 

瀬戸西:僕は明治に完敗したなっていう印象が強くて、明治の投手力はもちろんですけど、明治はこの春めちゃめちゃ勝負強かったなと思っていて、得点の取り方も効率的だったし、僅差で勝つという強いチームの典型みたいなことをされてしまって、僕たちがやりたかったのはそういう野球だったので、明治に負けたことがすごく悔しかったです。

 

――春季リーグ戦で印象的だったプレーはありますか

小原:僕は最後にボンバー(髙橋佑樹=環4・川越東)が早慶第3戦で投げ切った姿にすごく感動して、ボンバーが僕らがいるところに打たせてくれましたし、昨秋負けた悔しさとかがすごくその試合に表れていて、優勝がなくなった中でそれでも早稲田に勝つことが大学としてのプライドだったので、それが本当に嬉しかったですね。

 

瀬戸西:それ言われちゃったので、その一個前の試合でいうと、早慶第1戦で負けてしまって最悪な雰囲気の中、第2戦で登板した木澤(尚文=商3・慶應)のピッチングが鳥肌ものでしたね。ボンバーさんもすごかったですし木澤もすごかったし早慶戦のあの2人が印象強かったですね。

 

小原:154キロとか出してたもんね。本当に敵じゃなくてよかった(笑)

 

――普段二遊間を守るお二人ですが二人で意識していることはありますか

瀬戸西:会話かな?

 

小原:あんまり意識してないけど自然と会話が生まれるよね。ポジショニングとか、会話はすごいします。ゲッツーとかで僕がすごい前にいた時にベースのどっちかに投げたいときに内側に行ってくれたり外側に行ってくれたりとかっていうのを練習からやっているので、自然と息が合いますね。

試合中、内野陣をまとめ上げている小原

――お互いのプレーの特徴を教えてください

小原:純は動きが速いですね。一歩目が打球に対して速いのでそこはびっくりします。詰まるかな?と思った打球も難なくさばいたりとか、あと守備をやる上で一番大変な球際が一番強くて…

 

瀬戸西:いや球際に強いのは和樹さんですよ!(笑) もうめっちゃ捕る!これ捕る?っていう打球を捕ってアウトにします。捕るのが上手い。

 

小原:いやでも本当に純は球際に強いし、スピードも群を抜いているなと思います。

 

瀬戸西:今言いましたけど、和樹さんはどんな打球でも捕る。もちろんちゃんと形をとった時は綺麗な形で捕りますけど、不格好でも、どんなに難しい打球でも捕るんですよ。だからそれがすごいと思います。

 

――ルーティンはありますか

小原:結構あるよね?

 

瀬戸西:僕は和樹さんを真似して守備につくときのルーティンを作りました。

 

小原:え、なになに?

 

瀬戸西:和樹さんは守備につくときに絶対にお辞儀するんですよ。それいいなって思って、守備に入る前にポジションに立って深呼吸して帽子を触ってスコアボードを見るっていう…

 

小原:ああ、やってるね!(笑)

 

瀬戸西:でもそれをやり始めてから気持ちの波が小さくなったかもしれないです。

 

小原:でしょ!(笑) 僕はみんなの代表として出させてもらっている身としてセカンドというポジションに対してお願いしますっていうのと、あとは捕らせて下さいっていう神頼みでやっています。

 

――小原選手は最後のリーグ戦を迎えることになりますがいかがですか

小原:これが大学生活最後にもなりますし、僕の野球人生も最後になるので、悔いなく終わるというよりも、とにかく今の自分を出し切って、チームとして勝ちたいっていう思いが強いです。そのためだったら僕はチームのために自分ができることを探して精いっぱい頑張って、声を出したり場を盛り上げたりすることが僕の仕事だと思っているので、それを貫いて最後までやり通したいと思っています。

 

――瀬戸西選手にとっては今の4年生とプレーできる最後のリーグ戦になりますが、いかがですか

瀬戸西:今の4年生には、1年生で初めてこの第1寮に入った時からずっと私生活でも野球生活でもお世話になっていて、この4年生がいなくなることが本当に想像できなくて、どんな生活になるんだろうと思いながら今は毎日生活しているんですけど、これまでの感謝を気持ちでもプレーでも示して、この4年生とこの秋優勝して、神宮大会で優勝して、気持ちよく送り出せたらいいなと思っています。

 

――尊敬している4年生は誰ですか

瀬戸西:小原和樹さんです。

 

小原:オッケーイ!!飯行くぞ!(笑)

 

――今のチームの雰囲気はいかがですか

小原:そうですね。本当にみんなが自分の練習以外でもグラウンドに降りてサポートしてくれたりするので、一つの目標に向かって家族として戦えているなっていうのは実感しています。

 

瀬戸西:投手陣が本当に安定しているので、それがオープン戦でもずっと軸になっていて、それをもとに野手がもっと奮起すれば試合でも勝てると思っています。

 

――この秋カギとなりそうな選手はいますか

小原:4年生ですかね。スタンドにいる4年生も含めて、4年間一緒にやってきた仲間が最後力を出してくれると信じていますし、あとは個人的には嶋田(翔=環3・樹徳)と瀬戸西にすごく期待しています。

 

瀬戸西:冗談とかじゃなくて、小原さんだと思います。バッティングもこの夏ずっと練習してきているので、何かきっかけを掴んでくれれば秋はきっと爆発するんじゃないかなと思っています。

 

――秋季リーグ戦の個人の目標を教えてください

小原:ベストナインというのが自分の中では一番欲しい、優勝とか日本一の次に欲しいタイトルですね。監督に目標にするように与えられている数値があるので、そこを目標にしようと思います。

 

瀬戸西:僕はこの春に和樹さんが達成したノーエラーっていうのを目標にしたいと思っています。

 

――最後にケイスポの読者の皆さんに向けて意気込みをお願いします

小原:ラストシーズンになるので優勝して皆さんが喜んでくれたら幸せなのでみんなで勝って幸せを分かち合えたらなと思っています。応援よろしくお願いします。

 

瀬戸西:毎試合毎試合ハラハラドキドキしながら、飽きさせない試合をして最終的には優勝することを目標にするので、ぜひ皆さん最後まで応援よろしくお願いします。

 

――ありがとうございました!

(取材:澤田夏美 写真:小林歩)

(この取材は9月6日に実施しました。) 

Comments are closed.