慶應スポーツ新聞会

【野球】髙橋佑・津留﨑の好投が光り、見事勝利 法大①

10月14日(月)東京六大学野球秋季リーグ戦 法大1回戦 @神宮球場

攻守に活躍を見せた小原

台風19号の影響で、2日間の順延があった東京六大学野球秋季リーグ戦第5週。ここまで慶大と、同じく全勝の法大との試合は、秋の肌寒い神宮球場で行われた。2回表、慶大先発のエース・髙橋佑樹(環4・川越東)の暴投により先制を許すが、その裏に瀬戸西純(政3・慶應)が右前適時打を放ち、すぐに同点に追いつく。その後試合は投手戦の様相を呈するが、8回裏にルーキー・下山悠介(商1・慶應)の中前安打から好機を作ると、6番・小原和樹(環4・盛岡三)の左翼への2点適時二塁打で勝ち越しに成功。8回表からマウンドに上がった津留﨑大成(商4・慶應)が9回表も無失点に抑え、大事なカード初戦を勝利で飾った。

 123456789
法大0100000001
慶大01000002X3

法大バッテリー:朝山、鈴木、●内沢-伊藤

慶大バッテリー:髙橋佑、○津留﨑-郡司

◆慶大出場選手

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)
1[8]7柳町達(商4・慶應)
2[5]下山悠介(商1・慶應)
3[7]正木智也(政2・慶應)
H8渡部遼人(環2・桐光学園)
4[2]郡司裕也(環4・仙台育英)
5[9]中村健人(環4・中京大中京)
6[4]小原和樹(環4・盛岡三)
7[3]嶋田翔(環3・樹徳)
8[6]瀬戸西純(政3・慶應)
9[1]髙橋佑樹(環4・川越東)
水久保佳幸(総3・慶應)
1津留﨑大成(商4・慶應)

小雨がぱらつく神宮球場で、優勝を狙う慶大にとって負けられない戦いが始まった。慶大の先発はエース・髙橋佑。1回表、自己最速を1キロ更新する最速144キロの直球が冴え、法大打線を三者連続三振に抑える圧巻の投球を披露し、課題の立ち上がりを無失点に抑える。2回表、1死から左翼手と遊撃手の間に落ちる不運な安打を許し、この試合初めての走者を背負う。次の打者を二ゴロに抑え、2死一塁とするが、法大に華麗なヒットエンドランを決められ、2死一、三塁となってしまう。絶対に先制点を与えたくなかった慶大であったが、次の打者の4球目、髙橋佑の暴投により先制点を奪われてしまう。

 

その裏、先頭の4番・郡司裕也(環4・仙台育英)が一度もバットを振らずに四球を選ぶと、5番・中村健人(環4・中京大中京)がきっちりと犠打を決め、走者を進める。その後、中飛、四球で2死一、二塁となり、迎えるはこの試合が始まるまで打率.100と不振に苦しむ瀬戸西純(政3・慶應)。「(相手の)流れを止めるヒットを打ててよかった」と3球目を見事に右翼に運び、試合を振り出しに戻す。

今季苦しんでいた瀬戸西。ここからの活躍に期待だ。

同点に追いついた後の髙橋佑は「ずっと攻めの姿勢でボールを投げられた」と、とても安定していた。3回表、この試合二度目となる三者連続三振で法大打線を完璧に抑えると、瀬戸西の好守備や郡司の盗塁刺などもあり、7回をわずか95球、9奪三振で1失点にまとめる。

髙橋佑は気迫溢れる投球で強力法大打線を1失点に抑えた。

8回表、先発・髙橋佑からマウンドを引き継いだ津留﨑大成(商4・慶應)は、先頭打者に振り逃げで出塁を許し、その後犠打、四球で被安打0ながら1死一、二塁のピンチを迎える。しかし、後続を左飛、中飛で断ち、慶大に流れを引き寄せる。その裏、先頭のルーキー・下山が初球を中前に弾き返し出塁すると、その後2死二、三塁と好機は広がり打席には、6番・小原和樹(環4・盛岡三)。「最後に打てたのがよかった」と左翼に適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功する。9回表にもマウンドには津留﨑が立ち続け、法大のクリーンアップを空三振、二ゴロ、一ゴロで危なげなく打ち取り、大事なカード初戦を勝利で飾った。

抜群の安定感を誇る津留﨑

完全優勝を目標とする慶大にとって絶対に負けられなかった法大1回戦。振り返ってみると、エース・髙橋佑、好リリーフを見せた津留﨑、決勝点となる2点適時二塁打を放った小原の3人を始めとした ラストシーズンとなる4年生の活躍が光った。明日の試合も、勢いに乗る4年生の力とチーム唯一の複数安打を記録したルーキー・下山を始めとする下級生の力が噛み合えば、必ず慶大は勝利を掴めるはずだ。明日以降も慶大の躍進に期待だ。

(記事:隅田一、写真:左近美月、菊池輝、澤田夏美)

◆打撃成績

   12345678
1[8] 7柳町左飛捕邪飛二ゴロ空三振
2[5]下山一ゴロ二飛右安中安
3[7]正木中飛空三振四球
H8渡部遼遊飛
4[2]郡司四球左飛中飛四球
5[9]中村健一犠打左2見三振三ゴロ
6[4]小原中飛二飛死球左2②
7[3]嶋田四球見三振遊ゴロ空三振
8[6]瀬戸西右安①遊ゴロ遊ゴロ
9[1]髙橋佑左飛空三振
水久保中飛
1津留﨑

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
髙橋佑7249559011
津留﨑282802100

◆監督・選手コメント

大久保秀昭監督

――今日の試合を振り返って

6戦全勝の法政さんに(首位を)走らせるわけにはいかないので、まず今日1つ土をつけたというのと、大事な1戦目を取れたので、今日は良かったかなと思います。

 

――台風の影響で試合が2日間順延しました

うちにとってはいい準備ができて、特に髙橋(佑)にとってはいい時間だったかなと思います。

 

――先発の髙橋佑投手が7回1失点と好投しました

調子が上がっていないというか、思うようにいっていない感じの中で、取り組んでいることがあって、たまたまかもしれないけど、結果につながったので本人の自信にもなったんじゃないかなと思います。

 

――小原選手が決勝点となる2点適時打を放ちました

嬉しかったな、はい、嬉しかった。

 

――チームとして安打がなかなか出ない中、ルーキー・下山選手がチーム唯一となる複数安打を放ちました、今後に期待することは

持っているものを一生懸命出してくれたらいい、ヒットを打つのは簡単ではないのでね。

 

――明日に向けて

(今日の試合も)お互い様でヒット5本ずつくらいだし、明日も出てきたピッチャーがベストピッチをしたら、2桁(ヒットを)打つのは簡単じゃないし、1本打つのは大変だし、1個のフォアボールや相手のミスをモノにするような野球ができたらいいかなと思います。今日も雨の中来て頂いたし、明日は平日になるけど、それでも応援に来てくださる人もいるし、学生はなかなか厳しいかもしれないですけど、なんとか次につなげられるように頑張ります。

 

 

郡司裕也主将(環4・仙台育英)

――試合を振り返って

ピンチもいっぱいあって、苦しい試合だったんですけど、終盤巻き返して慶應らしい野球ができたかなと思います。

 

――髙橋佑選手の投球は

1点は相手にやってしまいましたが、あまり言うことはないです。ピンチをつくっても粘ってくれたので、良かったと思います。

 

――津留﨑選手の投球は

僕のミスでランナーを出してしまったんですけど、最後本当に粘ってくれたので、ナイスピッチングです。

 

――5回表に盗塁を刺しました

送球は最近手応えがいいというか、調子がいいので、どんどん走ってこいと思ってます(笑)

 

――6回裏に満塁のチャンスとなりましたが、無得点と終わりました

法政のピッチャー陣にはかなり対策して臨んだんですけど、今日は5安打になってしまいました。なかなか点を取るのは明日も難しいと思うんですけど、もう一回対策し直して、準備だけは万端にしていきたいです。

 

――ご自身の打撃の調子はいかがですか

普通だと思います(笑)

 

――明日に向けて一言

今日勝てたんですけど、明日勝ち点を取らないと意味がないと思っていて、しかも台風で日程もかなりきつくなっているので、明大戦のことを考えるわけではないんですけど、二連勝でパッと勝って、ピッチャーに少しでも楽してもらえるように、ガンガン打っていきたいと思います。

 

髙橋佑樹(環4・川越東)

――今日の試合を振り返って

やっと良いピッチングができて良かったなと思います。

 

――2日間ずれて雨で寒い中の試合でしたが気をつけたことはありますか

もう4年間やっていて順延も経験しているのでバタバタすることもなかったです。あと全然寒くなかったです(笑)。

 

――今日良かったことはどのようなことですか

ずっと攻めの姿勢でボールを投げられたことが良かったと思います。

 

――スピードも出ていましたがどのようなことを意識されていましたか

そんなにスピードを出そうと思って投げていなかったので、その割にスピードが出ていてびっくりしました。

 

――ここまで全勝の法大との初戦でした

法大に負けたら優勝は厳しいので、絶対に勝たなきゃいけないなと思いながら準備しました。

 

――次の試合に向けての意気込みをお願いします

まだ勝ち点をとっていないので、勝ち点をとりきれるように、明日明後日、明後日にならない方がいいですけど、気を引き締めて頑張ろうと思います。

 

小原和樹(環4・盛岡三)

――最後の打席、見事な勝ち越しとなる適時二塁打でした

打ったら当たったのでよかったなと思いました

前半僕に結構チャンスが回ってきましたがモノに出来てなかったので、最後打てたのがよかったなと思います。

 

――打った時の気持ちは

よかった、という安心感でした。

 

――全勝同士の法政との一戦でした

本当に厳しい試合になるなとは思っていたので、ものにできたのはとてもよかったと思います、

 

――台風で2日間ずれましたが調整などは

リーグ戦の中で調整というのはないと思っていて、とにかく自分がリーグ戦の中で成長しようという気持ちでいます。なので昨日も練習しましたし、一昨日もウエイトもしました。そういう気持ちでいた結果、勝利を掴めたのは明日からの試合にもつながると思います。

 

――雨の中での試合でした

かなりやりにくかったです。ただそういう時に向けての準備はできていたのでよかったです。最後も守備が少し危なかったのですが、下山がしっかりフォローに来てくれていたので助かりました。

 

 

――明日に向けて

まだ一個勝っただけで、勝ち点は取れていないので、明日勝って次につなげられるように頑張ります。

 

 

 

瀬戸西純(政3・慶應)

――今日の試合を振り返って

相手の防御率も低かったですし簡単に点が取れないことはわかっていたので、絶対にロースコアの接戦になると想定していたなかで、想定通りの試合運びで前半が終わって、後半に入る時も「想定内、想定内」っていう声もありましたし、最後の粘りには自信があったので、イメージ通りの展開のなか最後に和樹さんが打ってくれて、いい試合だったと思います。

 

――同点適時打を放ちました

こっちのミスで点を取られてしまって、あのまま次の回に点を取らなかったらずるずる相手ペースでいかれてしまいそうな流れだったんですけど、その流れを止めるヒットを打てたのでよかったと思います。

 

――台風で2日延期となりましたが

どれだけずれてもやることは変わらないので、台風のずれによって入りに出遅れるとかいうことはなく気持ちを入れ替えて試合に臨めたと思います。

 

――明日に向けての意気込みを

今日はいい形で勝てたので、この流れのまま明日に行きたいですし、今日勝った試合も勝ち点を取らないと意味がないので、もう一回気を引き締め直して、相手も初めて今シーズン負けて死に物狂いで明日やってくると思うので、気持ちで負けないようにしっかり準備して明日に臨みたいと思います。

Tagged as: , , , , ,

Comments are closed.