慶應スポーツ新聞会

【野球】エース・森田完封!投打で東大を圧倒 東大①

5月1日(土)東京六大学野球春季リーグ戦 東大1回戦 @明治神宮野球場

12奪三振完封で今季初白星を挙げた

3連勝と勢いに乗る慶大が東大1回戦に臨んだ。2回裏、二死満塁のチャンスを作ると2番・渡部遼人(環4・桐光学園)が四球を選び押し出しで1点を先制。4回裏、1番・廣瀬隆太(商2・慶應)の左適時二塁打と5番・下山悠介(商3・慶應)の右前への2点適時打で3点を加える。続く回にも2点を挙げ、5回までにリードを6点に広げる。6、7回は相手投手陣が粘るものの8回2死一、三塁の場面で代打・若林将平(環4・履正社)が中堅へ適時二塁打を放ち、ダメ押しとなる7点目を挙げた。投げては先発・森田晃介(商4・慶應)が9回6安打12奪三振で完封勝利。バックも無失策で森田の好投を支え、慶大が7ー0と快勝した。

 

 
東大
慶大

東大バッテリー:●井澤、小宗、柳川、鈴木健-松岡

慶大バッテリー:○森田-福井

慶大出場選手

打順守備位置名前(学部学年・出身校)
[4]廣瀬隆太(商2・慶應)
[8] 渡部遼人(環4・桐光学園)
[7]萩尾匡也(環3・文徳)
奥村拓馬(商3・慶應)
7、9新美貫太(政4・慶應)
[3]正木智也(政4・慶應)
[5]下山悠介(商3・慶應)
[6]朝日晴人(環3・彦根東)
[9]橋本典之(環4・出雲)
若林将平(環4・履正社)
上田寛太(商4・郡山)
[2]福井章吾(環4・大阪桐蔭)
[1]森田晃介(商4・慶應)

 

東京六大学野球春季リーグ戦は折り返し地点となる第4週を迎えた。先週に続いて無観客の明治神宮球場は一時悪天候に見舞われたが、選手たちは変わらず熱いプレーを見せた。

慶大は2回裏、相手投手・井澤駿介(農3・札幌南)の制球の乱れに乗じて1点の先制に成功する。投げては先発・森田が3回までに6つの三振を奪い、見事な立ち上がりを見せた。    

追加点が欲しい4回裏、先頭の福井章吾(環4・大阪桐蔭)が右二塁打で出塁。9番・森田が三振に倒れるものの、続く廣瀬が左適時打を放ち2点目を入れる。その後2つの死球を挟み、2死満塁の場面で3番・下山が右前2点適時打を放ちさらに得点を重ねた。

5回表、森田は2本の安打と犠打で1死二、三塁のピンチを迎えるが、後続を連続三振に切り相手に流れを渡さない。ピンチを切り抜けた慶大は5回裏に内野ゴロと失策の間に2点を加え、試合を優位に進める。

6回からはお互い走者を出すものの得点にはつながらず、試合は8回裏を迎える。2死一塁から朝日晴人(環3・彦根東)が左安打で繋ぎ2死一、三塁のチャンスを作ると打席には代打・若林。外よりの直球を適時二塁打とし試合を決定づける7点目を挙げ、見事起用に応えた。

最終回のマウンドにも森田があがった。走者を出したものの最後の打者を右飛に抑え、19年秋以来2度目の完封勝利を手にした。

4連勝で勝ち点を4とし、立大を抜かして単独首位となった。打っては2試合連続二桁安打、守っても3試合連続無失策と隙のない野球を続ける慶大ナイン。明日も投打で圧倒し、首位をがっちりキープしたい。

(記事:春日 亮汰)

 

打撃成績

   
[4]廣瀬中飛四球左中2①左2中安
[8] 渡部遼遊安四球①死球二ゴロ①左飛
[7]萩尾三ゴロ空三振見三振遊失
H奥村
7、9新美四球
[3]正木四球右飛死球遊ゴロ併殺打
[5]下山見三振二ゴロ右安②投ゴロ四球
[6]朝日二安四球四球二安左安
[9]橋本典四球遊飛見三振一ゴロ
H若林中2①
上田
[2]福井空三振右2四球一ゴロ二ゴロ
[1]森田二飛空三振バ三振捕邪飛

 

投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
森田933129612100

 

◆選手コメント

森田 晃介(商4・慶應)

野手の好プレーのおかげでなんとか最後まで投げ切ることができました。チームの勝利に貢献できて良かったです。明日も勝てるように頑張りたいです。ネット中継で応援してくださってみなさん、ありがとうございました。

 

※当記事は緊急事態宣言発令を受け、オンライン中継を見て執筆しました。

Tagged as: , , , , , ,

Comments are closed.