慶應スポーツ新聞会

【野球】4番の一振りで大一番を制す 立大②


5月16日(日)東京六大学野球春季リーグ戦 立大2回戦 @明治神宮野球場

ここぞの場面で試合を決めた正木

天王山となる今カード初戦を勝利し迎えた立大2回戦。3回裏1死三塁、遊ゴロの間に先制を許した慶大は、二桁安打の昨日と打って変わって5回終了まで打線が沈黙する。淡々と試合が進む中、6回に廣瀬隆太(商2・慶應)の右本塁打で同点に追いつくと、8回には連続四球でチャンスを作り4番に座る正木智也(政4・慶應)の3点本塁打で勝ち越しに成功。投げては先発・増居翔太(総3・彦根東)が味方の守備に助けられながら7回1失点と今日も安定感抜群の投球を見せ、大一番で連勝を収めた慶大は優勝へと大きく近づいた。

 
慶大
立大

慶大バッテリー:○増居、橋本達-福井

立大バッテリー:池田陽、栗尾、●宮、野口、石元-黒岩

 

慶大本塁打:廣瀬1号ソロ(6回)、正木3号3ラン(8回)

 

慶大出場選手

打順守備位置名前(学部学年・出身校)
[4]廣瀬隆太(商2・慶應)
[8] 渡部遼人(環4・桐光学園)
[7]福井章吾(環4・大阪桐蔭)
[3]正木智也(政4・慶應)
[5]下山悠介(商3・慶應)
[6]萩尾匡也(環3・文徳)
北村謙介(総3・東筑)
新美貫太(政4・慶應)
[9]橋本典之(環4・出雲)
[2]朝日晴人(環3・彦根東)
[1]増居翔太(総3・彦根東)
若林将平(環4・履正社)
橋本達弥(環3・長田)

優勝の行方を占う大切な戦い。試合前から雨が降る悪天候の中、その様子を見守るために明治神宮球場には今日も多くの観客が足を運んでいた。昨日、終始主導権を握り勝利を飾った慶大は、リーグ制覇へとさらに駒を進めるためここまで安定した投球でチームを支える増居が先発。対する立大は昨日のリベンジに燃える池田陽佑(コミュ2・智弁和歌山)が先発マウンドに上がった。

初回、先頭打者の廣瀬が二塁打を放つと、続く渡部遼人(環4・桐光学園)がしっかりと犠打を決めチャンスを作る。しかし後続が打ち取られこの回無得点。その裏、2死一、二塁で強打者・東怜央(社4・福岡大大濠)を迎えた増居は、渡部遼の守備に助けられ無失点でこの回を終える。

両校の投手が好投を続ける中、雨足が弱まってきた3回。先発・池田の代打で登場した寺島優磨(コミュ4・東農大二)が安打で出塁。増居の暴投により1死三塁のピンチを背負うと遊ゴロの間に先制点を奪われてしまう。すぐに点を返したい慶大であったが、打線が振るわずチャンスを生かすことができない。

流れに乗ることができないまま淡々と時間が流れ、このまま試合が終わりに近づくと思われた6回。この日慶大で唯一安打を放っている廣瀬が右本塁打を放ち同点に追いつく。
先制点こそ奪われたものの、増居もその後は安定した投球と冷静な判断で立大に本塁を踏ませず、7回1失点と好投した。

8回、廣瀬、渡部遼の連続四球で1死一、二塁と勝ち越しのチャンスを迎えると、昨日本塁打を放った主将・福井章吾(環4・大阪桐蔭)が打席に入るが見逃し三振に倒れる。2死一、二塁となり迎えた4番・正木の打席。主砲が放った打球はフェンスを越える値千金の3点本塁打。4番の一振りで慶大は勝ち越しに成功する。

その裏、増居に代わってマウンドに上がった橋本達弥(環3・長田)は制球が乱れ連続四球を与え無死一、二塁の危機を背負う。次の打者の右翼線への大きな当たりを放たれるも、橋本典之(環4・出雲)がフェンスぎりぎりで捕るスーパープレーを見せて1死をもぎ取るが、暴投で走者二、三塁とさらにピンチが広がってしまう。それでも、落ち着きを取り戻した橋本達は空振り三振、邪飛でこの回を乗り切った。9回も続投した橋本達が試合をしっかりと締め、慶大は天王山を連勝で終えた。

勝敗によって優勝の行方が左右される立大とのカードで連勝した慶大。昨年掴み取ることができなかったリーグ制覇へ大きく近づいたことは確かだ。3季ぶりの優勝のため、そして昨秋の雪辱を果たすため次戦の早慶戦も慶大ナインの活躍から目が離せない。

(記事:船田 萌恵)

 

打撃成績

   
[4]廣瀬右中2三ゴロ右本①四球空三振
[8] 渡部遼投犠打四球二ゴロ四球
[2]福井一ゴロ投犠打左飛見三振
[3]正木右飛四球遊ゴロ左本③
[5]下山二ゴロ捕ゴロ三飛空三振
[7]萩尾
北村左飛
新美左飛中飛四球
[9]橋本典一ゴロ遊ゴロ中安投犠打
[6]朝日一ゴロ遊ゴロ左飛右安
[1]増居空三振三飛
若林一飛
橋本達空三振

 

投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
増居7259233211
橋本達293913200

 

◆選手コメント

正木 智也(政4・慶應)

あの打席前に監督と福井から任せたぞと言われ、打席に集中して入ることができました。粘り強く投げていた増居に勝利をプレゼントすることができて良かったです。次の慶早戦もチーム全員で向かっていきます。

 

※当記事は緊急事態宣言発令を受け、オンライン中継を見て執筆しました。

Tagged as: , , , , , ,

Comments are closed.