慶應スポーツ新聞会

【野球】森田の好投、後半の粘りも勝利には一歩届かず 明大①

9月25日(土)東京六大学野球秋季リーグ戦 明大1回戦 @明治神宮野球場

好救援でチームのピンチを救った渡部淳

東大に2連勝し、現在リーグ首位を走る慶大が明大1回戦に臨んだ。1回、4番・正木智也(政4・慶應)のフェンス直撃の適時三塁打で幸先良く先制に成功。3回には相手のミスを足掛かりに得点圏に走者を進め、下山悠介(商3・慶應)の適時打で2点を追加し点差を広げた。投げては先発・森田晃介(商4・慶應)が、相手に安打を許しながらも好投を続けていたものの、7回に捉えられ連続で長打を浴び降板。代わった橋本達弥(環3・長田)が流れを止められずに同点とされ、8回には勝ち越しを許してしまう。その裏、2死球など相手のミスから生まれた無死満塁の場面も、補逸の間に三塁走者が生還した際の1点に留まり、チャンスを活かしきれず。明大との第1ラウンドは引き分けに終わった。

 
明大
慶大

明大バッテリー:竹田、髙橋、蒔田-蓑尾

慶大バッテリー:森田、橋本達、生井、渡部淳-福井

 

◆慶大出場選手

打順守備位置名前(学部学年・出身校)
[8]渡部遼人(環4・桐光学園)
[2] 福井章吾(環4・大阪桐蔭)
[3]廣瀬隆太(商2・慶應)
[9]正木智也(政4・慶應)
[5]下山悠介(商3・慶應)
[7]若林将平(環4・履正社)
新美貫太(政4・慶應)
[4]古川智也(環3・広島新庄)
[6]朝日晴人(環3・彦根東)
H北村謙介(総3・東筑)
斎藤快太(商1・前橋)
[1]森田晃介(商4・慶應)
橋本達弥(環3・長田)
H綿引達也(商4・商)
生井惇己(総3・慶應)
渡部淳一(政3・慶應)

曇天の空に小雨が降るような天気の中、明治神宮球場には朝から多くの観客の姿があった。東大に連勝し勢いに乗る慶大は、春秋連覇に向けて今後も負けられない戦いが続いていく。慶大、明大ともにプロ志望届を提出した投手が先発とあって投手戦が見込まれるも、序盤から両投手共に走者を許し、試合は動いていく展開となった。

初回、森田が明大の上位打線を三者凡退に仕留め流れを引き寄せると、その裏、1番・渡部遼人(環4・桐光学園)がセーフティバントを決めて出塁。犠打などで2死二塁の場面を作ると、4番・正木の適時三塁打で先制に成功した。しかし、3回には明大の先頭打者に出塁を許し、2死とするも2番・村松開人(情3・静岡)に左中間を破る三塁打を浴び、一塁走者が生還。1点を返されてしまう。だがその裏、先頭の渡部遼が高めの球をうまく捉え、再び出塁。初回と同様に主将・福井章吾(環4・大阪桐蔭)がしっかりと犠打を決め、1死二塁のチャンスを作る。その後1死一、三塁とし、初回に大きな当たりを放った正木が打席へ。しかしここは明大の竹田祐(政4・履正社)の低めの落ちる球に空振り三振。それでも続く5番・下山が適時打を放ち、2点をもぎ取った。

下山の勝負強さが光った

投げてはエース・森田が好投を続ける。しかし、慶大打線も明大エース・竹田を相手に安打や四球で得点圏に走者を進めるも、なかなか得点に結びつけられない。少しずつ落ち着き始めた試合を動かしたのは明大だった。7回、先頭のルーキー・杉崎成(総1・東海大菅生)に初球を捉えられ二塁打を許すと、1死から再び初球を狙われて適時二塁打で1点を返されてしまう。続く打者にも初球を捉えられ、1死一、三塁となったところで森田は降板。代わって橋本達がマウンドに上がった。先頭を空三振に打ち取り、2死まで漕ぎ着けたものの、1番・陶山勇軌(商4・常総学院)にも適時打を放たれ、同点とされてしまう。一気に流れが明大に傾いたかに思えたが、続く打者の痛烈な当たりを一塁手・廣瀬隆太(商2・慶應)が好捕。逆転は許さなかった。

4投手による継投で逃げ切りを図った

だが、8回にも2死から安打や四球などで走者満塁とされ、8番・簑尾海斗(文3・日南学園)に勝ち越し適時打を浴びてしまう。その裏、何としても点が欲しい慶大は、死球や相手の失策で満塁のチャンスを作るも、7番・古川智也(環3・広島新庄)、代打・北村謙介(総3・東筑)が浅い外野への飛球に倒れ、簡単に2死となってしまう。しかし、続く代打・綿引達也(商4・慶應)の打席で暴投の間に三塁走者が生還。同点とした。9回にもピンチを迎えるも、渡部淳一(政3・慶應)の好救援で勝ち越しを許さず。その裏、2死で打席には正木。集中力を高めて振り抜いた打球はサヨナラ本塁打を予感させる大飛球となるも、あとひと伸び足りず。第1戦は痛み分けに終わった。

あとひと伸び足りず、天を仰ぐ正木

天気に恵まれない中、両軍ともに塁上を賑わせることの多い、波乱に満ちた試合となった。慶大は相手のミスから作ったチャンスを生かし切れず、あと1本が出ない惜しい試合運びとなるも、終盤にかけて猛威を振るう明大打線の圧に苦しめられる展開を素晴らしい守備で持ち堪えるなど、粘り強く戦い抜いたと言える。明日はチャンスをものにし、守備面でもチームを盛り上げ、優勝を左右する後半戦へ繋げる。そんな一戦にしてもらいたい。

(記事:佐藤光、写真:國本葉月)

 

◆打撃成績

   
[8]渡部遼一安中安二ゴロ投ゴロ一直
[2] 福井投犠打投犠打二ゴロ失二ゴロ二邪飛
[3]廣瀬二ゴロ四球空三振空三振遊ゴロ
[9]正木中3①空三振四球死球中飛
[5]下山一ゴロ左安②見三振死球
[7]若林左安遊直空三振
新美四球
[4]古川空三振二安見三振右飛
[6]朝日投ゴロ一犠打中飛
H北村中飛
斎藤快
[1]森田中飛右飛遊ゴロ
橋本達
H綿引四球
生井
渡部淳

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
森田6 1/3267562233
橋本達1 2/3102832211
生井0 1/321100100
渡部淳0 2/331000100

◆選手コメント

渡部淳一(政3・慶應)

勝ちを呼び込むことはできませんでしたが、9回裏の攻撃を信じて粘り強く投げました。明日の試合は勝ちきれるよう頑張ります。

Tagged as: , , , , , ,

Comments are closed.