慶應スポーツ新聞会

【野球】エース投入で逃げ切りを図るも、痛い引き分け 立大②

10月18日(月)東京六大学野球秋季リーグ戦 立大2回戦 @明治神宮野球場

橋本典がノリノリだ

雨天順延により平日開催となった立大2回戦。慶大・増居翔太(総3・彦根東)、立大・荘司康誠(社3・新潟明訓)の両先発が初回から好投を披露する。試合が動いたのは3回、道原慧(法3・駒大苫小牧)の適時打で立大が先制。追いつきたい慶大は四死球からチャンスを作ると、橋本典之(環4・出雲)、萩尾匡也(環3・文徳)の連続適時打で逆転に成功した。逃げ切りを図った慶大はエース森田晃介(商4・慶應)を2番手で投入。しかし7回、宮﨑仁斗(コミュ3・大阪桐蔭)に痛恨の一発を浴び同点に。慶大にとって痛い引き分けとなった。

 
慶大
立大

慶大バッテリー:森田、渡部淳、笠井、生井-福井

立大バッテリー:池田陽、栗尾、島田、宮-黒岩

 

立大本塁打:宮﨑1号ソロ(7回)

 

◆慶大出場選手

打順守備位置名前(学部学年・出身校)
[8]渡部遼人(環4・桐光学園)
[2] 廣瀬隆太(商2・慶應)
[3]下山悠介(商3・慶應)
[9]正木智也(政4・慶應)
[5]橋本典之(環4・出雲)
[7]若林将平(環4・履正社)
萩尾匡也(環3・文徳)
[4]朝日晴人(環3・彦根東)
[6]福井章吾(環4・大阪桐蔭)
[1]増居翔太(総3・彦根東)
H新美貫太(政4・慶應)
森田晃介(商4・慶應)
H古川智也(環3・広島新庄)
R宮尾将(商3・慶應)
渡部淳一(政3・慶應)

昨日の試合が雨天で順延となり、中1日空けて迎えたこの試合。慶大先発の増居は最初の2イニングで4三振を奪う素晴らしい立ち上がりを見せる。しかし3回、この試合初めて出塁を許すと2死二塁から道原に中堅への適時打を放たれ、先制点を許してしまう。

増居が5回1失点と試合を作った

一方、打つ方では前の試合で復調を印象付けた廣瀬隆太(商2・慶應)がスタメンに復帰するなど打線を組み替えて臨むも、立大先発・荘司の前に沈黙。5回までで散発2安打とチャンスを作ることさえできない苦しい展開が続く。

こう着状態の試合が動いたのは6回、この回から登板した栗尾勇摩(コミュ4・山梨学院)が制球を乱し、四死球で1死一、二塁のチャンスを迎える。ここで今日5番に打順を上げた橋本典が左翼線への適時二塁打を放ち同点。逆転を許したくない立大は、1回戦で先発した池田陽佑(コミュ2・智辯和歌山)をマウンドへ送る。打席には途中出場の萩尾。2ストライクから甘く入った直球を振り抜くと打球は三遊間を抜け、逆転に成功した。

逆転の適時打を放ちガッツポーズを見せる萩尾

その裏、慶大はエースの森田を中継ぎに起用し、虎の子の1点を守り切ろうとする。森田は期待に応え6回を三者凡退に打ち取るも続く7回、2死走者無しから宮崎にど真ん中のカットボールを左翼席へ運ばれてしまい同点。痛恨の被弾となってしまった。

森田が中1日でリリーフ

8回以降は両救援陣が好投、お互いチャンスらしいチャンスを作れず。最後は渡部淳一(政3・慶應)が危なげなく抑え、試合終了。勝てば優勝戦線から一歩抜け出せた慶大だったが、痛い引き分けとなった。

3カードを終え未だ負けなしの慶大だが、立大、明大、早大との優勝争いは激化の様相を呈している。変則日程の影響で今日から3連戦となる慶大。投手陣の運用が優勝への課題となる。三浦銀二(キャ4・福岡大大濠)、山下輝(キャ4・木更津総合)の二枚看板擁する法大戦は試練の試合となるだろう。

(記事:國本葉月、写真:林亮佑)

 

◆打撃成績

   
[8]渡部遼中飛中安左飛一ゴロ捕犠打
[4] 廣瀬空三振四球三ゴロ遊ゴロ空三振
[5]下山中安中飛四球死球二ゴロ
[3]正木空三振中飛死球死球
[9]橋本典三ゴロ二飛左2①見三振
[7]若林中飛空三振
萩尾左安①見三振
[6]朝日遊飛四球一ゴロ二ゴロ
[2]福井二ゴロ投ゴロ申告敬遠一ゴロ
[1]増居空三振捕犠打
H新美見三振
森田
H古川四球
R宮尾
渡部淳

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
増居5187545011
森田3104411011
渡部淳131201000

◆選手コメント

橋本典之(環4・出雲)

今週の立大戦、連勝とはなりませんでしたが、なんとか引き分けで優勝へ望みを繋ぎました。
甘い球ではありませんでしたが、パンチショットが出来たため、なんとかフェアゾーンに入ってくれました。今日の事は切り替えて明日からの法大戦も試合の中で成長し続け、繋いで勝てるよう頑張ります。

Tagged as: , , , , , ,

Comments are closed.