慶應スポーツ新聞会

【女子ソッカー】第4節 今季初得点も一歩及ばず、大一番を落とす。 筑波大戦

決死の追い上げを見せたものの、惜敗。

開幕3連敗と苦しい状況の中、迎えた相手は筑波大。相手も同じく3連敗と崖っぷちの両チームの戦いは、一進一退の攻防が続いた。効率の良い攻撃で2点を先制した筑波大に対し、必死の攻撃で後半ロスタイムにFW中山(環3)が1点を返すが、反撃も届かず1―2で惜敗。慶大は今季初得点を記録するなど良い展開を見せたが、絶対に落とせない一戦を落とし、開幕4連敗と厳しい状況に立たされた。

開幕から3連敗。1部チームの高い組織力の前に、なかなか得点することが出来ず惜しい試合展開ながらもなかなか勝ち点を奪うことが出来ない試合が続いている。対戦相手は、昨年のインカレベスト4ながら、今年は同じく3連敗と後のない筑波大。慶大にとって絶対に落とせない試合だ。強い日差しが照りつける中、試合開始のホイッスルが鳴った。

序盤は両チームともに、相手の出方を伺うように細かくパスを回し、一進一退の攻防が続く。双方ともに、コーナーキックなどのチャンスを得るものの決めきることが出来ず、なかなか得点が入らない。試合が進むにつれ、段々と相手攻撃陣のパスが通り始める。幾度となく決定的な場面を迎えたが、DF陣の決死のディフェンスでなんとか前半を0―0で折り返す。

後半、慶大は前半の悪い流れを引きずってしまう。後半4分、相手のパスが右サイドに通り鋭いドリブルで切り込む。GKと一対一の状況を許してしまい、冷静にゴール左隅にシュート。これが決まり、ついに先制点を許してしまう。絶対に落とせない大一番で先制点を許してしまった慶大。しかしながら、失点後は目の覚めるようなプレーを見せる。後半開始時から途中出場したMF山本(政3)が中盤で良いリズムを生み出す。怪我からの復帰戦ながらそれを感じさせないキレのあるプレーで、慶大の攻撃に勢いが生まれる。後半13分、MF石原(環2)が巧みなドリブルで相手を翻弄し、右サイドの須藤(商2)へボールを渡す。そのまま須藤が駆け上がり、思い切りシュート。これは惜しくもゴール右上のポストにはじかれてしまうが、良い流れを作る。後半29分には佐野(環4)のパスに反応して抜け出した中山(環3)がGKと一対一のチャンスを迎える。しかし、惜しくもシュートはキーパー正面で止められてしまい、千載一遇のチャンスを逃してしまう。

怪我から復帰し、高いパフォーマンスを見せたMF山本

そして後半32分、攻撃に傾いていた隙を突かれカウンターを許す。左サイドからのシュートを一度はGK小牧(経4)がはじくもののこぼれ球を押し込まれ、痛恨の追加点を許す。これで完全に後がなくなってしまった慶大だが、諦めず果敢に攻め込む。後半43分、エリア内で相手に倒されPKを獲得。追加点のまたのないチャンスを得た慶大であったが、このPKを相手GKの好セーブに阻まれ決めきれない。しかし、試合終了かと思われた後半ロスタイム、相手陣内でボールを得た中山がそのままドリブル。右サイドからシュートを押し込み、待望の得点を奪う。リーグ4戦目にして初得点を記録した。しかしながら、この反撃はあまりにも遅すぎた。ゴール直後に試合終了を告げる笛が鳴る。スコアは1―2。惜しくも慶大の反撃は及ばなかった。

今季チーム初得点を記録したFW中山

幾度となくチャンスを演出した慶大であったが、得点をなかなかものにすることが出来なかった。逆に筑波大は、後半劣勢に立たされる場面が目立つ中でも、カウンターをしっかりと決め対照的な展開となった。この試合では、ワンチャンスをものにする難しさを痛感した。しかしながら、最後に得点を決め今後に向けて明るい材料も見せてくれた。開幕4連敗で背水の陣となってしまった慶大だが、これから迎える試合で突破口を見つけ、勝ち点を得ることに期待したい。

By Keita Okumura

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.