慶應スポーツ新聞会

【野球】終盤までもつれるも後一歩及ばず初戦を落とす 立大①

先制本塁打を放った伊場

10月15日(土) 慶大―立大 一回戦

法大、明大と続けて勝ち点を落としAクラス入りに向けても、もう後がなくなってしまった慶大。絶対に勝ち星が欲しい大事な初戦だったが、守備の乱れもあり先発竹内大(環3)が4回5失点で早々と降板してしまう。慶大は2回に伊場(政4)が4回には山崎錬(商3)がそれぞれ本塁打を放つなど同点まで追い上げたが、最後は山形(政2)が立大山田に適時打を許し万事休す。初戦を飾ることはできなかった。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  
慶大 0 1 0 1 0 2 1 0 0 5
立大 0 1 2 2 0 0 0 1 × 6
慶大:竹内大、白村、●山形―阿加多、西野立大:小室、川端大翔、○斎藤隼―山田

慶大出場選手

  ポジション 選手名(学部学年・出身高校)
1 [8] 辰巳(文3・郡山)
  H[8] 荒川(商2・慶應)
  H 田中聡(商4・慶應)
  [8] 松本大(環2・桐光学園)
2 [4] 金田(政4・土佐)
  [4] 大川武(環3・済々黌)
3 [5] 山﨑錬(商3・慶應)
4 [9] 伊藤(環4・中京大中京)
5 [3] 伊場(政4・慶應)
  [3] 神田(経4・慶應志木)
6 [2] 阿加多(法3・慶應)
  [1] 白村(商2・慶應)
  H 鈴木裕(商3・慶應)
  [1] 山形(政2・土佐)
7 [7] 宮本(政4・慶應)
  H[7] 影山(総3・鎌倉学園)
8 [6] 福富(商3・慶應)
  H 藤本(環1・慶應)
9 [1] 竹内大(環3・中京大中京)
  H[2] 西野(文4・伊東)
上位進出のためには絶対に負けられない慶大だが、迎えるは立大。春季に優勝を争った一筋縄ではいかない相手である。雨の影響で試合開始が45分遅れるも、初回は慶大・竹内大、立大・小室の両投手ともに無難な立ち上がりを見せる。

リーグ2位となる7打点目を挙げた山﨑錬

静かに始まった初回とは裏腹に試合は早速動きを見せる。2回表1死から今季好調を維持し続けている5番伊場の放った打球はレフトスタンドへ吸い込まれるホームラン。頼れる男の一振りで慶大が先制に成功する。しかし、その裏2死から山田、舟川に連打を許し1,3塁とされると竹内大がキャッチャーの頭を超えるワイルドピッチ。試合を振り出しに戻されてしまい、早い段階での先制で慶大に行きかけた流れを不意にしてしまう。

その後も慶大は我慢の展開が続く。3回裏には2死1,3塁から6番加藤に適時2塁打を浴びると、中継プレーのミスでボールが3塁側のファールゾーンを転がる間にファーストランナーの生還をも許してしまい、2点を勝ち越されてしまう。4回表には山崎錬が打った瞬間にそれとわかるライトへのソロホームランで1点差に迫るも、その裏1死1塁から1番長谷川にツーランホームランを浴び再びその差を広げられてしまう。先発の竹内大は味方エラーなどもあり、本来の力を発揮できず4回までで交代。マウンドを白村(商2)に譲ることとなる。

左中間真っ二つの2点タイムリー

白村が5回裏をきっちり抑えると、打線は6回表、2死から山崎錬が四球選び、4番伊藤(環4)、5番伊場の連続ヒットで2死満塁と待望のチャンスを作り出す。ここで代打の鈴木裕(商3)が放った打球は左中間を真っ二つに割るタイムリーツーベース。慶大が待望の1打で1点差まで詰め寄る。続く7回表、先頭の西野(文4)がライトオーバーのスリーベースを放ち6回表に続いてチャンスを作ると、1死後途中から2番に入った大川武(環3)がスクイズを決め同点、土壇場で試合を振り出しに戻した。

このまま延長に入るかと思われた8回裏、悪夢が待っていた。白村の後を継ぎここまで好投を続けてきた山形(政2)が立大・山田に1死三塁からレフト前に運ばれ勝ち越しを許してしまう。慶大は猛追撃も報われずここでゲームセット。初戦を白星で飾ることはできなかった。

好救援を見せた山形だったが、、、

今日はベンチ入り25人のうち20人が出場するなど全員野球で試合に臨んだものの勝利を手にすることはできなかった。しかし、ここにきてようやく打線が噛み合ってきた感がある。Aクラス入りへ、今こそ慶大の底力を見せる時だ。

By Shun Kimura

選手のコメント

伊場

(今日の試合を振り返って)負けなんでもう何も言うことはない。(ホームランの感触は)先っぽだったが入るなとは思った。勝たなきゃ意味ないですけど。(明日にむけて)もう負けられないんで、勝つだけ。勝つために準備するだけです。

鈴木裕

(今日の試合を振り返って)序盤は悪かったが中盤から終盤にかけてみんなの気持ちがプレーに出ていて反撃することができた。負けてしまったが明日の試合につながる負け方だったと思う。(6回、満塁の場面での代打二点適時二塁打について)満塁になったら代打で出ることになっていたがまわってくることはないだろうと思っていた。でも山崎錬が出て伊藤さんが出て自分の打席がまわってきた。準備はしていたので打席に立った時は初球を思いっきり打ってやろうと思っていた。

山崎錬

(今日の試合を振り返って)今日は完全にミスで負けたんで情けないですね。(山崎さん自身は本塁打を放ったが調子は)調子はよくて、打ち方を長打が打てるような打ち方に変えて、それでコンパクトにいったんですけど、その結果ヒットがホームランになったんでよかったですね。(チームとしては厳しいシーズンとなったが)そうですね。本当に何て言うんですかね、噛み合わないですし、ミスも多いですし、これは反省しないといけないというか、今後、来季もそうですけど、少しでも早くこの雰囲気を変えて試合に臨みたいです。(明日への意気込みは)明日は勝つしかないんで、とにかく頑張って、応援しに来てくださってる方のためにもしっかりと勝って、内容も含めていい野球がしたいです。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.