【バレーボール】春季リーグ開幕直前!主将・副将 三者対談~前編~

バレー企画

(左から)新チームを率いる大槻、高倉、降

昨年の秋季リーグ戦で悲願の1部昇格を決めた慶大バレー部。今季からは強豪ぞろいの関東1部での戦いが始まる。今回は高倉真古都主将(商4・慶應)、降小雨副将(商4・慶應)、大槻晟己副将(総3・清風)らによる対談を前編と後編でお届けします。前編では昨季のお話を中心にお聞きしました。ぜひご覧ください!

 

__まずは三者対談ということでお互いの印象を教えてください。

 

大槻 言いやすいので僕からいいですか?(笑)高倉キャプテンは真面目で、練習メニューもしっかり考えて組んでいるなと感じています。気を付けるポイントを部員にうまく意識させるためにわざと他の人に発言させたりだとか、そういうところすごいと思います。降副将は1年生の時から試合に出ている分、ゲームの中での思考力や対応力の面ですごく頼りになるなと思っています。この前の練習試合でも助けられる場面が何度もありました。

 (真古都)気持ちよさそうにするなよ。

高倉 いやいや(笑)。晟己はとてもよく後輩をまとめてくれているなと思っています。(新)3年生で副将を務めてもらっているのはありがたいですし、僕のこと真面目って言ってくれたんですけど、それ以上に彼は真面目だと思います。

 なんかかゆいなあ、今日。(笑)

高倉 1回聞いてよ、1回ね。(晟己の)練習に対する姿勢というのは僕よりいいものをもっていると思っていますし、プレーの安定感は部内一といっても過言ではないと思います。そういうところで部員からの信頼も厚いのかなと感じています。とても頼りになる存在ですね。

で、降はやっぱり1年生から試合に出ていて僕より試合経験があるので、昨年秋のリーグ戦でも頼りになりましたし、これからの対1部でも頼りにする場面は増えると思っています。まあ高校からずっとやってきている仲なのでお互いのことはだいたい分かっていますし、その辺は心配する必要ないのかなと思っています。

 2人とも真面目に答えるなあ、そういう枠いる?(笑)まあ晟己に関しては、最初に会ったのは体験練習きたときだっけ?

大槻 そうですね。僕はインターハイで降さんのこと見かけていますけど。

 

__その時何かお話はされたんですか?

 

大槻 いや、僕がまだ慶應に行きたいと思っていなかったので、会場で一緒だったなとぼんやり覚えているくらいです。

 そうだったんだ。晟己はストイックですね。入部してから体は目に見えて大きくなっていますし、バレーボールに対する姿勢というのもさすが清風だな、と。真古都が言った通りだなと思いますね。ただもう少し大学生らしくてもいいんじゃないかな。僕ちょっと危惧してて(笑)。

一同 (笑)。

 ストイックすぎるあまりバレーボール一筋なので。余計な心配かもしれないですけど人生の先輩としてね、ストイックが玉に瑕にならないようにしてもらいたいです。もっと私生活も充実させたらいいと思います。

 

__大槻さんは自覚ありですか?

 

大槻 最近僕は私生活楽しめているな、と思っているんですよね。外から見るとそんな感じなんですね(笑)。

高倉 それだけ真面目ってことよ。

 真古都も同じような感じで真面目なんですけど、晟己とは違うタイプの真面目っていうか。言葉にすると難しいんですけど。高校時代も今大学でも主将を務めていて、プレッシャーに耐えながらしっかり結果を残していかなきゃいけないというのは大変だろうなと思います。当時も今も横から見ていて、プロ意識や覚悟を感じて素直に尊敬しています。

 

__初対面から印象が変わった人はいますか?

 

大槻 真古都さんがお笑い好きっていうのがギャップを感じましたね。普段真面目なのにって(笑)。そういうの興味あったんだって感じです。僕もお笑い好きなので嬉しかったです。

 僕はなんかないの?

大槻 降さんは、降さんはそうですね…。僕の高校の先輩と少しお話されていたみたいで、けっこう降さんのことは聞いていました。なので良い意味で想像通りでしたね。すごく頼りがいがある先輩です。

 真古都とは中学生の時に初めて会いました。同じ地区だったので。真古都の中学校はすごく強くて、試合するたびにボコボコにされましたね。だからバレーボールに対してものすごい意識で取り組んでいるんだろうなと思っていたんですけど、最近ラーメンとかよく食べているのを見て、実は体育館をでたら普通の大学生なんだなって感じです。ゲームしたり、お笑い見たり、ギトギトのラーメン食べたり(笑)。そういうのばっかりなので意外と人間なんだなって思います。長い付き合いですけど。

一同 (笑)。

 

__高倉さんは降さんと会った中学時代のこと覚えていますか?

 

高倉 そうですね。僕らの地区に一人大きいやつがいるっていう認識で。

 (笑)。当時187センチくらいあったかな。

高倉 で、高校どこ行くってなったときに同じ慶應だってなって、そこから今まで印象は特に変わってないですね。バレーに対してストイックだし、持っている身長を活かしてプレーしているなって思います。

 良くも悪くもね(笑)。

 

__場も温まったところで、昨シーズンのお話に移らせていただきます。1部復帰を果たした昨シーズンだったと思いますが、振り返ってみて率直にいかがですか。

 

大槻 僕はリーグの1試合目に急遽出ることになって。ちょっとトラブルがあって。

 懐かしい(笑)。

 

__焦ったりしませんでしたか?

大槻 なんか急すぎて焦る間もなくって感じでした(笑)。ある程度はできたんですけど、自分が思っている理想とはまだまだ程遠いプレーだったので、もし今季でる機会があればこの冬を経て成長した姿を見せられたらいいなと思っています。

 

 4年生が主体性を持ってチームを引っ張ってくれて、下級生はそれに全力でついていったという感じです。自分たちの判断で舵を切って物事を進めたというよりは、4年生についていったら良い結果だったと僕は捉えています。結果だけをみたら全勝で1部昇格って良く見えるんですけど、自分たちで何かできたのかと言われるとまだまだ改善する余地がたくさんあったと思うので、そういう面では少し悔いが残っていますね。

高倉 今聞いていて僕もそう感じています。4年生が頑張るのは当たり前として、下級生をどう頑張らせるかというところのチームマネジメントがうまかったなと思います。そのマネジメントがうまくいった結果として順当に全試合勝てて1部に上がることができたと捉えています。もちろん僕たちも試合に出ているいないに関わらず、みんなそれぞれ自分の役割を果たした結果であるとは思っていますけど、4年生がいなかったらなしえなかったなと思いますね。僕らはただ4年生についていったという感じです。

 

__昨シーズンで1番印象に残っている試合を教えてください。

 

高倉 僕がパッと出てくるのはリーグ戦の国士館大戦ですね。

大槻 僕もです。

高倉 あの時慶應も国士館も全勝同士で当たって、下馬評というか得点だけで見たら国士館の方が強いんじゃないかっていう状況で、勝ったら1位、負けたら2位が決まる試合でした。僕らはもちろんめちゃくちゃ対策をして、そこに向けての1週間は今までにないくらいバレーに集中した1週間でした。ふたを開けてみるとセットカウント3-0のストレート勝ちで、良い準備をして臨んだ結果、1番強いと言われているチームに勝つことができたというのは自分の中ですごく自信になりました。

大槻 僕ももちろん国士館大戦はそうなんですけど、それと対比して翌週の試合で苦戦したというのも印象に残っていますね。国士館に勝った心のゆるみからきたものなのか分からないんですけど、1部と戦っていくとなると毎試合自分たちの全力を出さないと太刀打ちできないと思うので、そこは課題だなと思います。

高倉 あ~分かる。負けなきゃいいっていう状況だったのもあるけどね。最終週の2試合とも1セット取られたよね。

 国士館大戦っていうのは安直かな?(笑)質問の答えになっているか分からないんですけど、僕的には特に印象に残った試合というのはあまりなくて。ただただ自分たちができる最善の準備をして毎試合挑んでいったところに結果がついてきたので、印象に残っている試合というよりシーンが多いって感じですかね。場面場面で慶應バレーが体現できた瞬間は印象に残っています。

 

__そのシーンで1番を選ぶとすると何ですか。

 

 ん~ってなるとやっぱり国士館大戦なんですけど(笑)。

一同 (笑)。

 加藤靖丈さんっていうめっちゃゴツい4年生の先輩がけっこうギリギリの展開のところでピンチブロッカーとして出てきたんですよ。明らかにノーアップで入ってきたのに永田さん(4年)が二段トスをあげて、それを相手ブロックの上から、後ろにいるレシーバーを吹き飛ばすくらいのパワープレーで得点したあの瞬間はめちゃくちゃ覚えています。コートの中にいる僕らも「まじか」って感じでお祭り騒ぎになりました。

 

__それで勢いづいたという感じですか?

 いやもうあれは勝ちを確信しましたね(笑)。

 

__楽しかったなとか、逆に辛かったなというのはありますか?

 

高倉 うーん、僕は楽しかったというのはあまりないかもしれないです。僕はちゃんと通して出るっていうのが秋リーグが初めてだったので、毎週コンディションを保つのってこんなに大変なんだと思いました。火曜日のオフの使い方というのも週末の試合を想定した動きをしないといけないので、あっという間に過ぎた分、終わった時にどっと疲れがきました。やっているときはそこまで辛さは感じなかったんですけど、あとあと振り返ってみるとあの期間は相当しんどいことやってたんだなと思いましたね。それを辛いと捉えるかはあれなんですけど、強いて言えばって感じで(笑)。

 慣れだよね。晟己はなんかないの?僕今あんまり思いついてないんだよね。

大槻 そうですね。辛かったことと言えば、同期でちょっとコンディション崩している子がいて、気持ちが切れちゃってて。それを頑張ってこっち側に戻すっていうのがけっこう難しかったです。同期ミーティングとかして元気づけてあげたりとかしましたね。苦戦しました。

高倉 大変だったよね。僕も大変だった(笑)。

 

__楽しかった思い出はどうですか?

 

 あ、じゃあ僕いいですか?リーグ戦のときAチーム全員がひとつの古民家に貸し切りで泊まっていて、上の部屋が下級生で、下の部屋が上級生だったんですよ。先輩がお風呂入っている間とかに先輩が買ってきたご飯を下級生と一緒に勝手に食べたりしたの楽しかったですね。可愛いイタズラですよ。これはまだ言えるイタズラです…(笑)。

高倉 言えないイタズラもあるからね。

 

貴重なエピソードありがとうございます。続きは後編で!

 

(取材:田中瑠莉佳)

◇プロフィール◇

 

高倉真古都(たかくら・まこと)

2000年5月8日生まれ/商学部4年/慶應義塾出身/身長180センチ/S

 

降小雨(じゃん・こさめ)

2000年10月19日生まれ/商学部4年/慶應義塾出身/身長192センチ/MB

 

大槻晟己(おおつき・まさき)

2001年4月17日生まれ/総合政策学部4年/清風出身/身長177センチ/S

タイトルとURLをコピーしました