【野球】9回表に廣瀬の本塁打で逆転も、リードを守り切れず勝ち点獲得ならず 法大③

2022年度 野球

5月2日(月)東京六大学野球春季リーグ戦 法大3回戦 @明治神宮野球場

通算10本目の一発で試合をひっくり返した

慶大は3回裏、先発の増居翔太(総4・彦根東)が先制を許すと、さらに適時打と暴投で差を広げられる。6回裏には、朝日晴人(環4・彦根東)の失策の間に走者が生還し、0−4とされる。負けられない慶大は、8回表に相手の暴投で1点を返すと、山本晃大(総4・浦和学院)の本塁打で点差を1点まで縮める。そして9回表には、廣瀬隆太(商3・慶應)の特大弾で逆転に成功。しかし、5ー4で迎えたその裏、押し出し四球で同点とされると、最後は法大主将・斉藤大輝(人4・横浜)に左適時打を放たれ、悔しいサヨナラ負けを喫した。

 
慶大
法大2X

慶大バッテリー:増居、渡部淳、橋本達、●白木、外丸、生井、浮橋-善波、宮崎

法大バッテリー:篠木、○塙-村上

 

慶大本塁打:山本2号2ラン(8回)、廣瀬4号2ラン(9回)

法大本塁打:

 

◆慶大出場選手

打順守備位置名前(学部学年・出身校)
[8]萩尾匡也(環4・文徳)
[6] 朝日晴人(環4・彦根東)
H5本間颯太朗(総2・慶應)
白木英稔(商2・慶應)
外丸東眞(環1・前橋育英)
生井惇己(総4・慶應)
浮橋幸太(総2・富岡西)
[4]廣瀬隆太(商3・慶應)
[5]65下山悠介(商4・慶應)
[3]古川智也(環4・広島新庄)
[7]宮尾将(商4・慶應)
[9]山本晃大(総4・浦和学院)
[2]善波力(商3・慶應)
吉川海斗(法3・慶應)
宮崎恭輔(環2・國學院久我山)
[1]増居翔太(総4・彦根東)
北村謙介(総4・東筑)
渡部淳一(政4・慶應)
水鳥遥貴(商2・慶應)
橋本達弥(環3・長田)
奥村拓馬(商4・慶應)
R6斎藤快太(商2・前橋)

昨日の雨から一転、日差しが差し込む週明け。勝ち点奪取のための負けられない戦いは、先週の立教戦に続き3戦目までもつれ込んだ。中1日で慶大は増居、法大は篠木健太郎(営2・木更津総合)の両エースが先発のマウンドに上がった。慶大は初回から先頭の萩尾匡也(環4・文徳)が四球、続く朝日が内野安打で出塁し、チャンスを迎える。しかし、3番・廣瀬隆太(商3・慶應)の遊ゴロは併殺打となり、4番・下山悠介(商4・慶應)の打球は補邪飛に。慶大は先制点を奪うことができない。

試合が動いたのは3回裏。先頭に内野安打、続く打者に四死球を与え一死満塁とされると、3番・齋藤の犠飛で先制される。4番・浦和博(キャリア3・鳴門)の左中間への二塁適時打、さらに増居の暴投で点差を3に広げられる。その裏の攻撃では、廣瀬の左二塁打などで2死二、三塁の好機を迎えるも、山本の打球は中飛となり、追い上げは叶わなかった。

5回裏、継投で渡部淳一(政4・慶應)がマウンドに上がると、三者凡退に抑える。その直後の6回表、2死一、三塁の場面で迎えたのは宮尾将(商4・慶應)。渡部の好投に応えようと宮尾が放った打球は、左中間に抜けたようにも思えたが、左飛に倒れチャンスを生かせなかった。

8回表、1死の場面で下山は、内野安打と相手の失策で二塁に到達する。続く古川の左安打で一死一、三塁とする。相手の暴投の間に下山が生還し一点を返すと、山本が今季2本目の2点本塁打を放ち、点差を1点に縮める。さらに9回表、代打・奥村拓馬(商4・慶應)が二塁打を放ち、続く萩尾の犠飛で代走の斎藤快太(商2・前橋)が三塁へと進む。2死三塁の場面で、廣瀬がスタンドへ豪快な2点本塁打を放ち、逆転に成功する。投げては、3番手の橋本達弥(環4・長田)は2回を無失点で抑える好投を見せた。

6戦ぶりの一発で完全復活を印象づけた山本

リードを守りきりたい9回裏、リーグ戦初登板の4番手・白木英稔(商2・慶應)が無死一、二塁の場面を作るが、5番手・外丸東眞(環1・前橋育英)が続く打者を三振に抑える。続いて登板した6番手・生井惇己(総4・慶應)の暴投で1死二、三塁とされ降板。7番手・浮橋幸太(総3・富岡西)の連続四球で同点に追いつかれると、最後は法大主将・齋藤の左適時打で慶大はサヨナラ負けを喫した。9回裏は白木、外丸、生井、浮橋の4投手での継投だったが、実らず悔しい敗戦となった。

初登板は悔しいマウンドとなった

終盤こそ点を追いかけ合う熱戦となったが、思い返せば慶大打線は1回のチャンスでの併殺打、2回では犠打を試みるものの失敗するなど、序盤から攻撃が噛み合わないことが多く、また守備の乱れも見られた。次の相手は、今シーズン打率・防御率共に六大学トップの明大。勝ち点獲得、優勝圏内に食い込むには、攻撃・守備両面での隙のないプレーが必須条件だろう。

(記事:北村可奈、写真:長沢美伸、佐藤光)

◆選手コメント

廣瀬隆太選手(商4・慶應)

チームは惜しくも負けてしまいましたが、大事な場面でホームランを打てたことは自信になりました。

古川智也選手(環4・広島新庄)

勝ち点は落としてしまいましたが、最後まで粘りの野球ができたと思います。次の明治戦に向けてまたレベルアップして挑みたいと思います。

猛打賞の活躍で流れを呼び込んだ

◆打撃成績

   
[8]萩尾四球空三振右飛三邪飛左飛
[6] 朝日一安三ゴロ左飛
H5本間三ゴロ見三振
白木
外丸
生井
浮橋
[4]廣瀬遊併左2四球空三振中本②
[5]65下山捕邪飛一ゴロ一ゴロ三安左飛
[3]古川右安遊飛一安左安
[7]宮尾投飛四球左飛中飛
[9]山本空三振中飛中安右本➁
[2]善波遊飛空三振
吉川空三振
宮崎三ゴロ
[1]増居中安
北村見三振
渡部淳
水鳥四球
橋本達
奥村右2
R6斎藤快

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
増居4186243333
渡部淳282902110
橋本達262402100
白木0 0/32300222
外丸0 1/31701000
生井0 0/31400100
浮橋0 1/331311100

タイトルとURLをコピーしました