【野球】5安打完封負けで明大に3年ぶりの敗戦、優勝遠のく結果に 明大②

2022年度 野球

5月15日(日)東京六大学野球春季リーグ戦 明大2回戦 @明治神宮野球場

チームで唯一の複数安打を放った萩尾

優勝をかけた、明大との大事なカードの初戦をものにした慶大。そのまま連勝し勝ち点獲得を狙ったものの、明大先発・村田賢一(商3・春日部共栄)に徹底的に打線を封じ込められた。対する慶大先発・外丸東眞(環1・前橋育英)は初回、2死から満塁のピンチを背負うも粘り強い投球を続け、5回を2失点とうまくまとめた。その後マウンドを託された森下祐樹(総3・米子東)、橋本達弥(環4・長田)も、打線の援護を待ちながら、得点力リーグトップを誇る強敵明大打線を無得点と完璧に抑えた。7回裏、先頭の萩尾匡也(環4・文徳)が中前安打で出塁し、続く5番・朝日晴人(環4・彦根東)の内野安打など、1死満塁とこの試合最大のチャンスを迎え、打席には代打の切り札・本間颯太朗(総2・慶應)。一打逆転という場面だったが、村田に併殺打に抑えられてしまい反撃も叶わず、慶大は痛い3敗目を喫した。

 
明大
慶大

明大バッテリー:○村田、髙山-蓑尾

慶大バッテリー:●外丸、森下、橋本達-善波、宮崎

 

明大本塁打:

慶大本塁打:

 

◆慶大出場選手

打順守備位置名前(学部学年・出身校)
[5]下山悠介(商4・慶應)
[7] 宮尾将(商4・慶應)
宮崎恭輔(環3・國學院久我山)
[4]廣瀬隆太(商3・慶應)
[8]萩尾匡也(環4・文徳)
[6]朝日晴人(環4・彦根東)
[3]古川智也(環4・広島新庄)
[9]山本晃大(総4・浦和学院)
H9北村謙介(総4・東筑)
[2]善波力(商3・慶應)
森下祐樹(総3・米子東)
本間颯太朗(総2・慶應)
橋本達弥(環3・長田)
[1]外丸東眞(環1・前橋育英)
栗林泰三(環3・桐蔭学園)
H7水鳥遥貴(商2・慶應)

昨日とは一変し、少し肌寒さを感じる中での第2試合だったが、たくさんの観客が訪れていた。慶大は1年生からリーグ戦の第2先発も任されている外丸、一方の明大は全カードで白星を重ね、ここまで3勝を挙げる村田の先発で試合は始まった。初回から外丸は、安打や2四球で2死満塁のピンチを招くも、続く打者を三振に切り先制を許さない。

先発・外丸は5回2失点で凌いだ

ピンチを切り抜けた後の初回の慶大の攻撃。1回戦では、今までとは大きく変えた打順が功を奏し、2桁安打7得点と打線が爆発した。初回に立ち上がりを攻め、流れを手繰り寄せたかったそんな慶大ナインだが、上位打線は村田にたったの7球で仕留められてしまう。一方の外丸は、2回にも明大に安打を許すも、7番・瀬千皓(経1・天理)との注目の1年生対決で三振を奪うなど、気迫の投球を見せる。また捕手・善波力(商3・慶應)が盗塁を刺すなど、走者を出しながらも慶大バッテリーは堅い守備でチームを支える。

 しかし3回表、昨日の試合では途中出場から2安打1得点と波に乗る1番・明新大地(政経4・明大中野)に左中間二塁打を打たれ出塁を許すと、現在リーグトップの打率と打点を誇る宗山塁(商2・広陵)に右前適時打を打たれ先制を許してしまう。その裏、ここまで完璧に抑えられてきた慶大打線の沈黙を廣瀬隆太(商3・慶應)が中前安打で破ったものの、打線のつながりが悪く牽制死も重なり、初安打を活かすことができない。

4回にチーム初安打を放った廣瀬

 その後も拮抗した激しい投手戦が繰り広げられる中、貴重な点を追加したのは明大であった。5回2死からまたも宗山に一塁線を抜ける打球を放たれ二塁打となってしまう。続く4番・上田希由翔(国日3・愛産大三河)に適時打を許し、点差を2点に広げられる。

 拮抗した試合展開の中、慶大に最大のチャンスが訪れたのは7回。萩尾が中安打を放つと、打撃絶好調の朝日が犠打を試みると、これが内野安打となり無死一、二塁となり、慶大側に一気に流れがやってくる。犠打で1死二、三塁と変わった場面で、代打には昨年秋季リーグ戦明大2回戦、2死から代打本塁打を放った北村謙介(総4・東筑)が四球を選ぶと、1死満塁と一発逆転のチャンスとなり、慶大側の期待が大きく膨らむ。続く打席には、代打起用最多の本間が入る。法大1回戦まで代打打率が10割だったこともあり、応援と緊張が最高潮に達する中、彼の打球は併殺打に終わり、無得点で終わってしまった。

3番手・橋本は2回1安打無失点と好救援した

 その後も慶大は1点も明大から奪うことができず、悔しい3敗目を喫した。今日は、明大投手陣の前に手も足も出すことができずに終わってしまった。昨日の明大1回戦では、打撃に火がつき快勝こそしたものの、残塁数では明大を大きく上回る13。リーグ初戦の東大戦から慶大にとって残塁数は課題であり、この日も満塁の好機で点が取れないことなど、チャンスを活かしきれていないことを諸に象徴している。優勝のためには、明日の3回戦の勝利は絶対条件だ。大事な場面で1本、1つ1つのチャンスをものにして勝利を呼び込み、優勝への道を切り拓いてほしい。

(記事:佐藤光、写真:長沢美伸、北村可奈、畠山里菜子)

◆選手コメント

森下祐樹選手(総3・米子東)

試合に勝つことはできませんでしたが、無失点で繋ぐことが出来てよかったです。
明日以降も自分の役割を果たせるように頑張ります。

久々の登板ながら2回無失点で繋いだ

下山悠介主将(商4・慶應)

今日は全員で粘りましたが、一歩及びませんでした。
切り替えて明日の一戦に向けて最高の準備をして臨みます。
ベストを尽くすだけです。明日も、応援よろしくお願いします!

 

◆打撃成績

   
[5]下山二ゴロ死球左安空三振
[7] 宮尾中飛投ゴロ
宮崎三ゴロ空三振
[4]廣瀬中飛中安遊ゴロ遊ゴロ
[8]萩尾空三振三ゴロ中安左安
[6]朝日見三振空三振投安中飛
[3]古川四球一ゴロ投犠打左飛
[9]山本一ゴロ中飛
H9北村四球
[2]善波三ゴロ中飛
森下
本間投併
橋本達
[1]外丸右飛
栗林空三振
H7水鳥一ゴロ

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
外丸5236575222
森下283210100
橋本達272111000

タイトルとURLをコピーしました