慶應スポーツ新聞会

【卓球】勝負どころでの一本が決まらず 早慶戦

第69回早慶卓球定期戦 6月10日 @早大卓球道場

早慶戦は男女合わせてダブルス4試合、シングルス12試合の計16試合が行われ、慶大は男子1-8、女子0-7という結果に終わった。

<男子の部>

慶大 1-8 早大
野村・阿部 0ー3 篠原・宮澤
白井・古関 0ー3 大島・山本
野村 2ー3 篠原
高杉 0ー3 藤原
白井 0ー3 大島
古関 3ー0 平山
1ー3 坂口
阿部 0ー3 山本
古西 0ー3 宮澤
 
<女子の部>

女子で唯一のセットを奪った池田主将

 
慶大 0-7 早大
二株 0ー3 中尾
武田 0ー3 小室
池田・二株 0ー3 飛永・保科
秋月 0ー3 中島
武田・内田 0ー3 高橋・森
内田 0ー3 小道野
池田 1ー3 加藤


 
慶大は古関啓(環4)がフォア、バック共に好調で、両サイドを上手く使いわけ、早大の平山を圧倒しストレートで下した。その他に、野村夏樹(環1)や伴和樹(総1)が互角の戦いを見せたが、2-3で惜しくも敗れた。

古関は慶大唯一の勝利を挙げた

慶大にとって、強敵早大に対し積極的な攻めをみせ、セットポイントぎりぎりまで粘れたことは大きな意味を持つに違いない。一方、どの選手も序盤はリードを奪い、引き合いに持ち込むことも多かったが、「早大は主力が欠けていたのでもっといけるかと思ったが、あと一本が取れなかった」(白井佑樹主将(環4)力負けをしてしまっていた。そのため次戦では、大事な1点をいかに取るかが早大攻略の鍵になりそうだ。

(取材 並松 康弘、鈴木 智也)

 

 

♦コメント

白井 佑樹主将(環4・静岡学園)

(今日の試合を振り返って)早稲田は一部リーグでも上位校なんですけど、主力が抜けていたのでいけるかと思ったんですが、押しきられあと一本が取れなかったです。(ダブルスの試合は)(相手の)大島、山本は関東でも有名、タイミングが早くついていくのがやっとで、試合になるまで時間がかかりました。(シングルスではどうか)大島とやれたことは嬉しかったです。レベル差を感じたので、差を埋められるように頑張りたいです。(インカレ本戦に向けて)メンバー層が少ない慶應にとって、有利なので全国ベスト16を狙いたいです。

 

 

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.