慶應スポーツ新聞会

【野球】主将の劇的サヨナラアーチ!慶大白星発進 立大①

9月8日(土) 慶大-立大 一回戦

 

サヨナラ本塁打を放ち山﨑錬はガッツポーズ

サヨナラ本塁打を放ち山﨑錬はガッツポーズ

開幕戦となった立大戦は序盤から点を取り合う展開。まず一回、福富(商4)の適時打で慶大が先制するが、立大も二回にすかさず同点に追いつく。その裏慶大は山﨑錬(商4)の2点適時二塁打で立大を突き放すも、六回に3点を奪われ、逆転を許してしまう。しかし慶大は八回に同点とすると、九回、山﨑錬がサヨナラ2点本塁打を放ち勝利。秋季リーグ戦、慶大は幸先の良いスタートを切った。

 

 

 

立大

慶大

2×

6×

 

 慶大:竹内大、仲井、福谷、○白村-阿加多、黒須

 立大:小室、川端大翔、●小林昌-山田

 

 慶大出場選手

 

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[8]

佐藤旭(商2・慶應)

 

白村(商3・慶應)

[6]

福富(商4・慶應)

[4]

山﨑錬(商4・慶應)

[9]

藤本(環2・慶應)

[5]

横尾(総1・日大三)

[2]

阿加多(法4・慶應)

 

R8

辰巳(文4・郡山)

[7]

谷田(商1・慶應)

[3]

植田(商3・慶應)

[1]

竹内大(環4・中京大中京)

 

H

松本大(環3・桐光学園)

 

仲井(文4・時習館)

 

福谷(理4・横須賀)

 

黒須(理4・宇都宮)

 

 

6季連続開幕投手を務めた竹内大

6季連続開幕投手を務めた竹内大

 残暑厳しい神宮球場で、東京六大学野球秋季リーグ戦が開幕した。慶大の開幕戦の相手は昨季2連敗した立大。さらに立大の先発投手は昨季3安打完封負けを喫したエース小室という、初戦から慶大にとって雪辱を果たすべき相手との戦いとなった。

 試合は、まず慶大先発・竹内大(環4)が立大打線を落ち着いて三者凡退に抑えてスタートした。その裏、早速試合は動いた。慶大の先頭打者・佐藤旭(商2)が右中間を割る三塁打を放つと、続く福富(商4)が初球をセンター前に弾き返す鮮やかな先制攻撃で、慶大が1点を先制する。

 しかし二回、この回先頭の加藤祥に安打を許すと、送りバントで一死二塁とされた後、六番大塚拓に適時打を打たれすぐさま同点に追いつかれてしまう。 

 三回、今日リーグ戦初スタメンとなった、八番植田(商3)が安打を放ち無死一塁とすると、九番竹内大は送りバントをきっちり決めて得点圏にランナーを進め、続く佐藤旭は四球でチャンス拡大。福富は凡退したもののなおも二死一、二塁のチャンスで迎えた三番山﨑錬(商4)の打球は風にも乗ってぐんぐん伸び、センターの頭上を超える2点適時打。序盤に慶大が2点のリードを奪う。

 中盤は両先発投手が本来の姿を見せ、三回から五回までは互いに譲らずスコアボードに0が並んだ。六回、立大は先発投手・小室の打順で代打寺田を送る。この采配が的中し寺田は左中間への二塁打を放ち、竹内大は無死二塁のピンチを背負う。さらに一番西藤、二番大城にも連打を浴び1点を返され、四番加藤祥の内野ゴロの間にもう一人ランナーが還り同点。また、六番大塚拓が本日2打点目となる適時打を放ち、ついに立大に逆転を許してしまう。

 七回、慶大は竹内大から仲井(文4)へ継投。仲井はテンポよく2アウトを取ったものの、一番、二番を連続四球により出塁させてしまう。ここで江藤監督は仲井にかわり慶大の右腕エース・福谷(理4)をマウンドに送る。福谷は三番松本幸を見逃し三振で切って取る見事な火消し。続く八回も三者凡退で抑え、反撃の流れを作る。

同点の足がかりとなる二塁打を放った谷田

同点の足がかりとなる二塁打を放った谷田

 福谷の作った流れに打線が応えたのはその直後の八回裏。六番阿加多(法4)が安打を放つと、七番谷田(商1)はレフトオーバーの二塁打で無死二、三塁という絶好のチャンスを作り出す。しかし八番植田(商3)は三振に倒れ、打席には投手福谷が向かう。福谷は内野ゴロを放ち、三塁ランナーを生還させ同点に追いついたものの、一塁を駆け抜ける際に足を負傷してしまう。さらに後続は続かず、この回は同点止まりで試合は九回の攻防へ向かった。

 

 負傷した福谷にかわり九回のマウンドに登るのは白村(商3)。久しぶりの登板となったが、ブランクを感じさせない見事なピッチングで立大打線を3人でピシャリと抑える。同点で迎えた九回裏、立大3人目の投手小林昌から先頭の福富が安打を放ち、サヨナラのランナーが出る。ここで迎えるのは、三番山﨑錬。1ボール1ストライクからの3球目、フルスイングしたバットから放たれた打球は、西日の差すライトスタンドに吸い込まれていく劇的なサヨナラ2点本塁打。山﨑錬は本日4打点。頼れる主将の活躍で慶大が先勝した。

 

白村はひさしぶりの登板で九回を三人で締める好投

白村はひさしぶりの登板で九回を三人で締める好投

 昨季の悔しい思いを晴らすかのような見事なサヨナラ勝ちで今季初勝利を手にした慶大ナイン。この最高の流れを明日以降の戦いにも引き継いでいくことができれば、優勝の栄冠は必ずや慶大にもたらされるであろう。

 

(記事 角谷明香)

 

 

 

選手のコメント

 

山﨑 錬主将(商4)

(やりましたね)はい、やりました。(サヨナラ本塁打は初めてか)初めてですね。(打った瞬間の感触は)打った瞬間に行ったと思いました。(スタンドに入ったときの気持ちは)やったあ、くらいですかね()。やったぞみたいな。(打った球種は)多分チェンジアップかフォークで、初球と同じ球でした。(どのような気持ちで九回の打席に入ったか)つなごうという気持ちだけです。(二回には2点タイムリー二塁打もあったが、苦手としている小室投手からの得点だったが)僕個人としては、小室と相性が悪くないので、チームとしてなかなか崩せない相手なんですけど、僕は勝負所で回ってきたら必ず打とうと思って打席に入りました。(一時は逆転を許す厳しい展開にもなったが)なかなか立教は簡単に勝たせてくれない相手ですし、厳しかったですけど、「まだある、まだある」と言い聞かせてみんなで声をかけてやっていました。(その中、八回に福谷選手の内野ゴロの間に1点をもぎ取ったが)福谷が頑張って投げていたんですが、あそこでケガしてしまって、僕たちも状況がまだわからないんですが、本当に福谷のためにとも思いましたし、チーム全員で取った1点だと思います。(リーグ戦最高のスタートをきれたと思うが明日の意気込みは)そうですね。明日も簡単な試合にならないと思いますし、目の前の1アウトだとか目の前の一球をしっかりとものにしていって、最後に1点でも多く取れるように頑張ります。(ラストシーズンへの意気込みは)最後なので、自分の個人成績とか抜きにして、ただただチームの勝利のために自分が動いてチームを引っ張っていきたいと思います。

 

阿加多 直樹(法4)

(今日の試合を振り返って)苦しい展開になったんですけど勝てばいいので、よかったです。結果オーライですね。(同点の足がかりとなるヒットを放ったが)あそこの場面は打てば代走っていうのは分かっていたので、何とか出て後ろにつなごうという一心でした。(狙い通りという感じか)ストレート中心というのは分かっていたので、それを待っていたんですけどしっかり振れていなくて、思ったところと違うところにいってしまいました。結果的にはヒットになったので良かったですね。(リード面については)大助の調子は悪くなかったんですが初球を狙われているのが多くて、ランナーが出てからは消極的なリードになってしまって、またそれを狙われていたかなという感じです。これからリーグ戦は長いのでしっかり修正していきたいですね。(明日の抱負を)まず明日勝って、立大戦は苦手としているので、波に乗って一敗もしないで優勝したいですね。

 

竹内 大助(環4)

(今日の試合を振り返って)良くないです、個人的には。チームは結果的に勝ったんで良かったかなとは思いますけど。(自分のピッチングを振り返って)途中までは良かったんですけど、六回に逆転されちゃって、初戦なんで自分たちで主導権握って試合を進めていきたかったんですけど、そういう面ではかなり反省しなきゃいけない点だと思います。(今シーズンからグローブの色が黒に変わったが)ちょっと気分転換です。それだけです。特に意味はないです。(今シーズンの意気込みは)最後なので思い残すことないように投げたいと思います。

 

福富 裕(商4)

(劇的な展開の末、まず一勝だが)本当に優勝しか考えていないので。立教はいつも苦手にしているんですけど、そこを取れたのは大きいと思います。(立大の小室投手に対して意識したことは)個人個人が意識しているので、特にチームで徹底というのはなかったですけど、初回から崩せてよかったです。(初回、いきなり先制点を挙げたが)とりあえず、勝ちに貢献できてよかったです。(最終回では、サヨナラのランナーで出塁したが、そのときを振り返って)あの回で決めないと、きついかなというのがあったので、とりあえず一本出そうと。僕が出ればどうにかなるんじゃないかなと思ったので。(今シーズンの抱負を)もう優勝だけです。優勝したいです。

 

植田 忠尚(商3)

(今日の試合を振り返って)最初は緊張していて、足が動かなかったけど、周りの人が声をかけてくれたり、友達が応援に来てくれて自分も頑張ろうと思いました。(神宮の初スタメンについて)最近はずっとスタメンだったから覚悟はしていて、出たからには思いきってやろうと思いました。(二本のヒットとフル出場については)役にたてたか分からないけど、最後まで出れてよかった。(明日への意気込みを)明日出るか分からないけど、出たら初球から思い切り振ってヒット打てるように頑張ります。(今季の目標は)上に定着したわけじゃないから、ずっと残れるような選手になって、チームとしては優勝に貢献できるように頑張ります。

 

白村 明弘(商3)

(久々の登板だったが)やっと戻ってきたなという感じです。投げる場面も場面だったので、普通に抑えるだけではなくて、いい形で押さえて味方に流れを持ってこようと思っていました。(結果的には三者凡退だった)そうですね。ただ、最後に三振を取っていい流れをつくりたかったのですが、結果的に勝てたので良かったです。(勝ち投手となったが)本当にラッキーでした。(福谷選手の故障でバタバタした場面での登板だったが)そうですね。でもあまり気にならなかったです。自信があって、真っすぐだけでも行けるというぐらいの気持ちでした。(春の間はどのような練習をしていたか)春の間は投げることができなかったので、肉体改造をして、秋にしっかりつなげようと思っていました。(ずっと神宮で投げることを楽しみにしていたか)楽しみというよりは、自分がふがいなくて、ここから頑張るしかないなとずっと思ってずっとやってきました。結果的にスピードも速くなりましたし、よかったです。(秋の個人的な目標を)自分のタイトルよりは、チームが優勝すれば何でもいいと思っています。とりあえず、先発ローテーションを守り抜きたいです。(明日に向けて意気込みを)明日また投げると思うのですが、これに一喜一憂せず気を引き締めて臨みたいと思います。

 

藤本 知輝(環2)

(試合を振り返って)相手もかなり自分のデータを取ってきているので、それを上回る練習をもっとしなければならないと思いました。(四番という打順は意識するか)意識はしますね。やっぱり慶應を背負っているというぐらいのものだと思うので。(個人としての今季の抱負は)春季よりは良い成績を残して、特に打点を挙げたいです。具体的な数字はないですけど、チームに貢献できれば良いかなと思います。

 

佐藤 旭(商2)

(試合を振り返って)開幕戦として雰囲気良く戦えた。サヨナラというかたちで接戦をものに出来たのは、これからの試合に向けての収穫になったと思う。(立大は春勝てなかった相手だが)立大には毎年苦しめられている印象があるが、そういったなかでこういう風に勝ちきれて良かった。(今日三度出塁し、一番打者として活躍した)初回にどんなかたちでもいいから出塁しようと思っていた。塁に出ることが自分の仕事だと思っているので、上手く役目を果たすことが出来た。(秋に向けて夏練習したことは)バットの振り込みと守備のスローイングの安定を自分の中で目標としてやってきた。スローイングに関してはまだまだ自分で納得出来るものではないので、これからの試合を通して少しずつ修正していきたい。(明日以降の試合に対する意気込み)負けられない試合が続く、四年生にとっては最後のシーズンなので僕達下級生も一緒に戦って、明日以降もしっかり勝っていきたい。

 

谷田 成吾(商1)

(今日の試合を振り返って)初戦ということで緊張していたんですけど、結果が出て良かったです。(キャンプで課題としていたことは出せたか)速い球に振り遅れないことを課題としていたので、今日は自分の間で打つことが出来たので、キャンプの成果が出ているなと実感しました。(九回裏、山﨑錬選手がサヨナラ本塁打を打った場面について)勝負強いなと感じました。やっぱりさすがだなと見ていて思いました。(八回ビハインドでの打席について)ノーアウト一塁で回ってきて、中途半端な当たりでゲッツーが一番悪いと思っていたので、自分のスイングをしっかりしようと思って打席に入りました。その結果、いい当たりが出て外野の頭を越えてくれたので、一番いい結果だったと思います。(明日に向けて)一戦勝って、監督も「勝って兜の尾を締めよ」と言っていたので、しっかり今日の自分の出来を反省して明日に望みたいと思います。

 

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.