慶應スポーツ新聞会

【野球】明大投手陣の前に打線が沈黙 勝ち点の行方は第3戦へ 明大②

10月14日(日)慶大-明大2回戦

 

辰巳の犠牲フライで1点を返すも及ばず

辰巳の犠牲フライで1点を返すも及ばず

 

 前日の勝利で勢いに乗り、連勝で勝ち点を3に伸ばすべく挑んだ明大2回戦。先発を任された竹内大(環4)だったが、4回に集中打を浴び、3回2/3を5安打3失点と誤算。反撃を試みる慶大打線だったが、明大先発・上原に抑え込まれ、5回に辰巳(文4)の犠飛で1点を返すのがやっとだった。これで1勝1敗のタイとなったこのカード、勝ち点の行方は3戦目に持ち越された。

 

   
慶大
明大 ×
慶大:●竹内大、仲井、只野、福谷-阿加多、黒須

明大:○上原、関谷、山﨑-坂本

 

 

慶大出場選手

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[]

佐藤旭(商2・慶應)

[]

福富(商4・慶應)

[]

山﨑錬(商4・慶應)

[]

阿加多(法4・慶應)

 

黒須(理4・宇都宮)

[]

鈴木裕(商4・慶應)

[]

藤本(環2・慶應)

[]

大川武(環4・済々黌)

 

只野(商4・慶應)

 

福谷(理4・横須賀)

 

倉橋(総4・済々黌)

[]

竹内大(環4・中京大中京)

 

仲井(文4・時習館)

 

H5

横尾(総1・日大三)

 

R5

山本泰(環1・慶應)

[]

辰巳(文4・郡山)

 

荒川(商3・慶應)

 

松本大(環3・桐光学園)

 

 

悔しい登板となった先発の竹内大

悔しい登板となった先発の竹内大

 明大先発はこのカード初戦に2番手として登板した上原。慶大の初回の攻撃は、先頭の佐藤旭(商2)が四球で出塁すると続く福富(商4)がバントを決め、得点圏に走者を置いてクリーンナップへ。先制点を奪い主導権を握りたい所だったが、山﨑錬(商4)はショートフライ、続く阿加多(法4)はファーストゴロに打ち取られ無得点に終わる。

 対する慶大マウンドには、連勝で勝ち点を奪取すべく、リーグ戦通算22勝を誇る左腕・竹内大が送り込まれた。

 その竹内は初回、上本のレフトオーバーの二塁打から、大塚健に送りバントを決められると続く髙山には死球を与えてしまい、いきなり1死一、三塁のピンチを招く。迎えた4番の岡大に対する5球目、投球はボールとなるも、阿加多が中途半端なスタートを切った一塁走者を見逃さずすかさず二塁へ送球。最後は一、二塁間に挟み込み、相手のミスから2つ目のアウトを取る。しかし岡大、中嶋に連続四死球を与え2死満塁とピンチは拡大する。いきなり勝負所を迎えた竹内大だったが、6番菅野をセカンドゴロに打ち取り、苦しんだ初回をなんとか0点に抑える。

 その後両チームとも2、3回は三者凡退に倒れ、慶明2回戦は投手戦の様相を呈する。しかし一時は立ち直ったかと思われた竹内大だったが、4回、明大打線に捕まる。先頭の岡大に、あわやスタンドインかというフェンス最上部直撃の二塁打を打たれると、続く中嶋にレフト線への痛烈な適時二塁打を浴び先制点を許してしまう。その後走者を三塁に進められると、7番坂本はスクイズ。三塁走者に2点目のホームを踏まれると、打者走者も一塁セーフとなり適時内野安打とされる。ここで相手の攻撃を切りたい慶大バッテリーだったが、阿加多のパスボールで二塁進塁を許すと、2死とした後ラストバッターの宮内にレフト線への適時二塁打を許しこの回3失点目を喫する。江藤監督はここで2番手仲井(文4)にスイッチ。竹内大は4回途中3失点で無念の降板となってしまった。その仲井は続く上本を中飛に打ち取り、後の反撃に望みを託す。

 

藤本のチーム初安打でチャンスメーク

藤本のチーム初安打でチャンスメーク

 反撃の機会はすぐに訪れた。5回、先頭の藤本(環2)がライトへの二塁打で出塁すると、1死後、代打でこのカード初出場となった横尾(総1)がライト前へしぶとく落とし1死一、三塁のチャンスを演出する。この場面で、こちらもラストバッターの辰巳がレフトへの犠飛を放ち1点を返す。続くは打撃好調の佐藤旭だったが、良い当たりを放つもファースト正面のライナーとなりこの回は1点止まり。しかし次回以降の攻撃に期待がかかった。

 5回裏、慶大の3番手マウンドに只野(商4)が送り出されると、テンポの良いピッチングでこの回の明大打線を三者凡退に仕留める。その後も只野は要所を締めるピッチングで、7回までを無失点と好投し、味方の反撃を待つ。

 6、7回とチャンスを作れずにいた慶大打線だったが、2点を追う8回、只野の好投に打線が意地で応える。先頭の横尾が四球で出塁すると、打順が4順目に入った所で佐藤旭がライト前へ運び1死一、二塁とする。ここで明大ベンチはついに上原を諦め関谷にスイッチ。2死までこぎつけられるも、山﨑錬が粘った末に四球を選び、2死満塁と一打同点、長打が出れば逆転も可能という決定的な逆転のチャンスを迎える。この勝負を大きく左右する場面、明大は3番手として前の試合で黒星を喫している山﨑をマウンドへ送り、勝利への執念を見せる。対するはこのカード未だ無安打で、そろそろ1本をと期待がかかる4番阿加多。この勝負の行方に、スタンド全体から熱い視線が送られる。勝負は2ボールからの3球目、阿加多は積極的に打ちにいくも、詰まった当たりは平凡なショートフライに終わった。勝負の軍配は明大山﨑に上がり、慶大は最大の決定機を逃す結果となった。

 

8回2死満塁のチャンスで阿加多は凡退

8回2死満塁のチャンスで阿加多は凡退

9回も三者凡退に倒れ、終わってみれば慶大が放った安打は3本。チャンスは作るものの、その後の1本が出ず1得点と、歯がゆい試合展開から致命的な1敗をくらった。これで対明大の対戦成績は1勝1敗のタイとなり、勝ち点奪取へもう負けは許されない状況となった。しかしまだ優勝の可能性が消えたわけではない。何としても第3戦をものにし、微かな希望を胸に大舞台・早慶戦に臨みたいところだ。

 まだ秋の戦いを終わらせるわけにはいかない。

 

 

(記事  福井崇之)

 


 
山﨑 錬主将(商4)

(今日は接戦を落として負けてしまったが)追い詰めることはできたんですけれども、勝負所で一本出なかっただけなので、明日からはもう負けられないんで何とか勝ちます。(チームとして3安打に抑えられたが上原投手の印象は)真っ直ぐが結構キレていて、あとは相手のピッチャーの思い切りがよかった印象があります。(明日勝つためには何が必要か)そうですね。明日はクリーンヒットとかはいらないので、どんなに汚い当たりでもつないでつないで1点でも多く取りたいなと思います。(明日にむけて)負けられないんで絶対に勝ちます。

 

只野 尚彦(商4)

(今日の試合を振り返って)今日は勝たないといけなかった試合だったので勝てなかったのが一番残念です。(ご自身のピッチングを振り返って)0点で何とか3イニングいけたのは評価していいかなとは思います。(好リリーフが続いているが今の調子は)毎日同じことやっているだけなので、それが勝ちにつながってくれたらいいなと思って毎日投げています。(明日への抱負は)もう本当に勝つしかないので明日勝てるように準備してまた神宮に来たいと思います。

 

辰巳 智大(文4)

(今日の試合を振り返って)今日は完璧に抑えられて負けたので、完敗かなと思います。(5回表は犠牲フライで打点を挙げたが、あれも惜しい打球だった)最低限の仕事はできたので。抜けていれば一番よかったんですけど。(バッティングの調子が上がっているのか)はい。ずっといい感じなので、この感じでいければいいかなと思います。(4回裏の明大・岡選手のセンターオーバーの打球は)打った瞬間からどんどん伸びていったんですけど、ギリギリのところでフェンスに当たったのでよかったです。(明日に向けて)明日はもう勝つしかないので、また頑張ります。

 


佐藤 旭(商2)
 

(今日の試合を振り返って)なかなかチャンスが作れなくて、ヒット3本では勝てないかなと思います。すごく悔しいです。(明大先発・上原投手の印象は)立ち上がりはそんなに良くなかったですけど、尻上がりに良くなっていって、中盤はコントロールも良くなってきて、それでちょっと打ちあぐねたかなと思います。(自身の調子は)調子自体は悪くないので、明日も自分ができることをやっていきたいです。



藤本 知輝(環2)

(今日の試合について)チームが負けたら仕方ないので次に切り替えてやっていきたいです。(5回表にはチーム初ヒット、得点につながったが)打席に入る前に主審の方に「らしくないな」と言われたので、とりあえずスイングしていこうと打席に入りました。(明日への意気込みを)負けられないので、自分のことよりチームが勝つことだけを考えてプレーしたいです。

 

横尾 俊建(総1)

  (今日を振り返って)負けてしまったので、悔しいです。(代打での打席だった)今まで試合出てなかったので、楽な気持ちで打てました。(つまりながらもライト前と結果は出たが)結果的には打てたので良かったのですが、あんまボール見えていませんでした。(上原投手の印象は)初球見た時に、打てないなとは思わなかったんで、追い込まれても自信持って対応できました。(明日に向けて)試合出たら頑張って、打っていきたいと思います。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.