慶應スポーツ新聞会

【男子ラクロス】開幕特集第三弾・安藤圭祐春期間主将

昨年の12月16日、駒澤陸上競技場でFALCONSに敗れてからおよそ3か月。男子ラクロスのシーズンがいよいよ始まった。今年度のスローガンは、”beyond”。今までの自分たちを、そして先輩たちが成しえなかった日本一という壁を超えていくという意味だ。

 シーズン開幕に当たって岡本遼也主将、中村大樹副将、安藤圭祐春期間主将、河村剛士の4人に取材を行った。その模様を4回に別けて掲載していく。

 第三弾となる今回は安藤春期間主将。(商3)U-22の日本代表にも選出されている慶應の頼れる守護神だ。

安藤圭祐(商3)

慶大の頼れる守護神安藤。小畑、末広といった昨年の4年生守護神の意思を引き継ぐ。

慶大の頼れる守護神安藤。小畑、末広といった昨年の4年生守護神の意思を引き継ぐ。

―今年の目標は何でしょうか。

「全日本選手権優勝、日本一です。」

―昨季の結果を受けていかがでしょうか。

「負けた、目標が達成できなかった、という悔しさしかありません。」

―昨季主力だった4年の先輩が引退しました。

「不安がないと言ったら嘘になりますが、練習を重ねていく中で勝てるチームということは認識しているので、しっかり精進していけば日本一になれると思っています。」

―プレッシャーは何かありますか。

「ありません。日本一になれなかったことに変わりはないので、常に挑戦する気持ちを忘れずに目の前の相手ひとつひとつをしっかり倒していきます。」

―今季のチームについていかがでしょう。

「まだそんなに掴めていないので、これから色々強みを見つけていきたいです。」

―対抗戦が始まりますが、ライバル校たちの印象はいかがでしょう。

「特に意識する点はありません。目の前の試合の勝ちにこだわるということだけで大丈夫だと思います。」

―チームをどのようにまとめたいですか。

「慶應を代表して試合に出ている」ということを自覚させて、試合に出られない人たちの励みになるような試合をして勝つことを当たり前にしていけば、チーム全体のレベルも上がっていくと思います。」

―練習で意識している点は何かありますか。

「ボールを丁寧に相手が構えていることろにしっかり投げることを最大の柱として焦点を当てています。」

―新入生の印象はいかがでしょうか。

「人数が多いのでとにかく元気があります。その元気を上手くラクロスプレーに活かしてもらいたいです。」

―新体制チームのポイントをあげるとすればどうでしょう。

「抜本的な改革をしたので、スタッフ陣の仕事量や負担が増えてしまう分、選手である自分たちがしっかりラクロスに集中することができると思います。」

―女子ラクロス部の存在は何か刺激になりますか。

「競技性も違うので特に意識することはありませんが、去年日本一になった体育会のひとつとして尊敬しているので、良い刺激をもらえればと思っています。」

―今年注目して欲しいポイントは何でしょう。

「去年の花形の選手が抜けてしまったので、今年は泥臭くひたすら勝ちにこだわる、ひたむきに頑張る姿勢を見てもらいたいです。」

―ズバリ日本一への自信の程はいかがですか。

「はい、なれます!」

(取材・河合美紀)

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.