慶應スポーツ新聞会

【バレーボール】宿敵相手に完敗。9位で春を終える 早大戦

柳田フライング

 

 

ここまで慶大にとってなかなか思うような結果を残せなかった春季リーグ。最終戦での早慶対決を制し、勝利でリーグ戦を締めくくりたいところであったが、思わぬ結果となってしまった。

得点
慶大 セット 早大
13 25
18 25
21 25


春季リーグ最終戦を勝利で飾ることはできなかった

春季リーグ最終戦を勝利で飾ることはできなかった

慶大、早大にとって絶対に負けられない戦いである早慶戦。「是が非でも勝ちたかった」(益田副将・政4)と言うように、成績が振るわなかった慶大にとって、このホームでの試合がリーグ最後の見せ場になるはずであった。しかし、慶大の前には早大が大きな壁となって立ちはだかった。第1セット、慶大はいきなり流れを失ってしまう。立ち上がりにエース岡田(商4)が立て続けにブロックを食らうと、そのままずるずると失点を重ねる。早大のエース七里・吉村の気迫あふれる攻撃を前に、7連続失点を犯すなど、このセットは13-25と手も足も出なかった。

続く第2セットも慶大は波に乗れない。前日に引き続いてスタメン出場を果たしたセッター池田(環1)を中心に星谷(理4)や稲田(環3)のクイックでなんとか食らいつこうとするも、セット序盤でのサーブミスなど自ら相手に流れを渡してしまう。また、「慣れるまで2セットかかってしまった」(宗雲監督)という早大の速い攻撃の前に、ブロックが置きざりにされてしまい、相手に気持ち良くスパイクを打たせてしまった。このセットも圧倒され、18-25と大差で落とす。

活躍をみせた丸谷

活躍をみせた丸谷

第3セットは、前セット途中出場でサービスエースを奪うなど気を吐いていた丸谷(環3)がスタートから出場。「声を出すこととミスをしないプレーをすること」を心がけたという丸谷は角度のあるスパイクを放つなど活躍。柳田(環3)もこのセットはブロック、スパイクと大車輪の活躍でようやく早大と競り合う展開に。そして終盤、慶大はピンチサーバー吉田(環2)の投入で21-20と勝ち越し、相手をタイムアウトへと追い込む。ようやく一矢報いることができる――。しかし、現実は厳しいものだった。ここから早大が怒涛の5連続得点。一気に21-25と寄り切られてしまい、慶大は為す術なく春季リーグ戦を、9位という結果で終えることとなってしまった。

「完敗だった」(星谷)、「どのプレーをとっても向こうの方が上」(岡田)というように、大きなショックを与えられてしまった今回の一戦。この敗戦は必ず次に活かさなければならないものであろう。今リーグ通じて目立ったのは、やはり攻守における「サーブ」についての差であった。元来の課題であるサーブレシーブの正確性に加えて、ジャンプサーブを得意とする選手が他大に比べて慶大には少ないことも、課題の一つとしてはっきりと浮き彫りになった。

しかし、その中で明るい兆しも見ることができた。佐藤(環2)や池田など、新たに試合に出た選手がフレッシュな活躍でチームに刺激を与えてくれた。特に佐藤は「もうちゃんとやってくれないといけないレベル」(宗雲監督)というように、今や慶大の重要な戦力へと成長した。これらの若い戦力の台頭は、今季のみならず、その先の慶大バレー部の未来にとっても明るい材料である。

良い面もあれば、悪い面もあった今春。目標である全日本インカレでの日本一に向け、課題は山積しているが、シーズンはまだ序盤である。先ずは6月16日に行われる早慶定期戦、そして東日本インカレが喫緊の目標となるであろう。選手たちには焦らず着実に、最終目標の「日本一」への頂を目指し、歩みを進めてもらいたい。

(記事・古尾谷拓真、写真・水島涼太)

監督・選手コメント

宗雲監督

(今日の試合を振り返って)完敗ですね。すべてのプレーで早稲田に劣っていたし、今日の時点での力の差は点数に出た通りです。(早稲田のサーブに苦しめられましたか)早稲田はサーブ思いっきり打ってましたもんね。ジャンプサーブもロングサーブも効果的で、ウチがサーブレシーブであたふたしてトスが岡田に集まり、その岡田が3枚ブロックでスパイクアウトをするという一番まずいパターンで、自滅です。あとは早稲田の攻撃が思っていたよりも速く、ブロックがそれに慣れるまで2セットかかってしまったので、それが予想外というか、力のなさでしょうね。(その中でも今日は丸谷選手が活躍されたと思いますが)そうですね、本来は彼をスタメンで使おうと去年から考えていたのですが、丸谷にはもうちょっとメンタル面で頑張って欲しいのと、あとはチームのサーブレシーブ力を考えると、任せるのが厳しいという判断をしたので、ずっと出ていなかったのですけど。でも、彼が出てくれないと、いろんな意味で層が薄くなってしまうので、もうちょっと彼には「自分がスタメンで頑張るんだ」という思いを強くしてもらいたいと思っています。(今春を振り返って)予想していたって言うと選手に悪いんですけど、大体想定していたような、波の大きなリーグ戦でしたね。(見つかった課題は)守備をどうするのか、メンバーを入れ替えるのか。サーブレシーブ力を上げなければならないですね。あとは攻撃の引き出しがあまりにも少なすぎる。個々のスキル、例えばネット際での攻防なんかで足らないので、それを改善していかないと。パワーバレーでは勝てないのでね。(逆に佐藤選手や池田選手といった新鋭も出てきたシーズンでしたね)そうですね、佐藤はもうちゃんとやってくれないといけないレベルになってきたというか、スタメン取るのは厳しいかもしれないけど、途中からチームを鼓舞してくれるというのはありがたいです。そこに責任も生じてきて、チーム内での発言も含めてさらに成長していってほしいです。池田選手に関してはこの春に使うという想定はしていなかったので、嬉しい誤算ではあります。(この後、早慶戦や東日本インカレ等がありますが、それに向けて)客観的にチームをもう一回整理し直して、技術面を見直したいと思います。

岡田拓巳 主将

完敗でした。どのプレーをとっても向こうの方が上でしたし、気持ち的にも向こうが上手で、手も足も出ないで終わってしまった試合でした。(敗因について)サーブですね。僕らのサーブは全く通用しませんでした。逆に向こうのサーブが強かったせいで、僕らがやりたいことが何もできなかったので、サーブがすごく大事になるんだなと思いました。(早大の印象について)セッター以外ほとんど何も変わっていないので、対応すべき相手、そしてどうやって僕らが相手に対応していかなければいけないのかというのはわかっていたんですけど、あんな風に離されてしまいました。時間は無いですけど、僕らが負けた理由はわかっていますし、それを次の早慶戦までに詰めて、早慶戦は少なくとも今日よりはいい試合にしたいです。(リーグ戦の総括について)僕らは1部のチームとほとんど練習試合をせず、どういうチームと戦うのか、どういう相手を見据えて練習であったり試合であったり、どういうチームを作るのかというのを全くわからない状態からスタートしました。そういう意味では春リーグで実際に当たって、6勝5敗という結果ではありましたが、確実に勝ちは拾えるところもありましたし、負けた試合であっても何が原因で負けたのかというのが、実際にプレーしたからこそ身に染みてわかるところもありました。春リーグは相手を知るという意味でいいリーグになったんじゃないかなと思います。(早慶戦、東日本インカレに向けて)リーグ戦は自分たちの悪いところばかりという試合が多かったんですけど、それはそれでリーグの一つの収穫として、早慶戦、東日本インカレではもっと成長したチームを見せられるようにがんばりたいと思います。

益田万太郎 副将

(今日の試合を振り返って)ホームということで、是が非でも勝ちたかったのですが、応援に来て下さった人たちに申し訳なく、不甲斐ない試合をしてしまいました。次の早慶戦に向けて切り替えて頑張りたいと思います。(今日のプレーについては)今日は序盤は粘ってレシーブを構えたりしていたのですが、やはり向こうが一枚上手で、うまい流れに乗れずに最後まで自分のプレーができなかったということに繋がってしまいました。(次の早慶戦に向けての目標は)とにかく勝つしかないです。自分が1年生の時に23年ぶりに早慶戦で慶應が勝ったのですが、そこから一回も負けてないので、先輩たちが築いてくれた3連勝というのを途絶えさせないように4連勝を目指したいと思います。

星谷健太朗

(今日の試合を振り返って)最終戦だったので、有終の美を狙って取り組んだのですが、相手の方が実力が上だということを感じました。それでもいい感じに終わりたいなと思い、楽しんでいこうということを心掛けていたのですが、少し心残りな部分があります。(自身のプレーについては)スパイクがあまり良くなく、ブロックもたまにワンタッチが取れるくらいで、あまりこれといった良いプレーができませんでした。(次戦の早慶戦に向けて)今日は完敗だったのですが、次は早稲田に完勝できるように練習で1個1個詰めていきたいと思います。

丸谷将大

(今日の試合を振り返って)序盤1セット目、2セット目は向こうが完全に乗っていてどうしようもなかったので、自分が出たときはなんとかその流れを切ろうと思っていましたが、結果はダメだったので残念でした。(今日の試合は早慶戦だったが)早慶戦といって特にみんな意識しているとかいうわけではなく、毎試合毎試合頑張ろうと思っていてそれが今日早慶戦という形で勝てたらよかったのですが、勝てなくて残念でした。3セット目からの出番だったが)よく監督が僕を途中から起用するので慣れてはいて、1・2セット目の流れが悪い中で自分ができることは何かなと考えて、声を出すこととミスをしないプレーをすることが自分の頑張らなくてはいけないことなので、そこを注意して頑張っていこうと思っていました。(秋季リーグに向けて)秋季リーグの前に東日本インカレや早慶戦があるのでそれらもまず視野に入れて、春季リーグでできた課題をもっとつめていけば、秋季リーグや全日本インカレでも勝てるチームになると思うので、頑張っていきたいと思います。

サイド 柳田将洋(環3・東洋高)
セッター 池田裕哉(環1・北嵯峨高)
センター 星谷健太朗(理4・渋谷幕張高)
サイド 岡田拓巳(商4・熊谷高)
サイド 益田万太郎(政4・慶應高)
センター 稲田聡典(環3・日向学院高)
リベロ 野瀬将平(環2・東福岡高)
途中出場 
野口剛志郎(環3・東福岡高)
丸谷将大(環3・東筑高)
佐藤凜太郎(環2・東北高)
吉田純(環2・東亜学園高)

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.