慶應スポーツ新聞会

【ラグビー】帝京大に敗れるも、気迫のこもったラグビーを見せる/Jr.選手権 帝京大戦

積極的な球出しで攻めるSH渡辺諒

積極的な球出しで攻めるSH渡辺諒

筑波大に勝利し、決勝トーナメント進出を果たした慶大、決勝戦出場を懸けて帝京大とぶつかった。開幕戦で大敗を喫した帝京大に対し、果敢に食らいついた慶大は、前半を14-24と、逆転可能な点数で折り返す。しかし期待された後半は終始帝京大のペースに呑まれ無得点、14-60でノーサイドを告げられた。一度戦ったゆえに手の内を知り尽くしている両者だが、帝京大との力の差を見せつけられた結果となった。

Jr.選手権VS帝京大

2013/11/10(日)13:30K.O.@帝京大G

 
得点
慶大
 
帝京大
前半
後半
 
前半
後半


T




G




PG




DG


14

小計
24
36
14
合計
60

 

得点者(慶大のみ)

T=佐藤耀 関東

G=慶田2

 

1,PR

眞鍋泰明(経3・慶應)

2.HO

佐藤 耀(総2・本郷)

→17 神谷哲平(総3・桐蔭)

3.PR

吉田 貴宏(総3・本郷)

→18 秋田智樹(総4・川越)

4.LO

本行拓実(商4・慶應)

 

5.LO

西出 翼(経2・慶應NY)

→19牧田 将和(環3・甲南)

6.FL

山城慎平(商4・慶應志木)

 

7.FL

古岡是道(法3・慶應)

→20鈴木達哉(1・茗溪学園)

8.No.8

佐々木 大也(環4・国学院久我山)

 

9.SH

渡辺 諒介(経4・慶應)

→21猪狩有智(経4・慶應志木)

10.SO

慶田 兼紹(商4・慶應NY)

→22矢川 智基(環2・清真学園)

11.WTB

関東申峻(総3・宮古)

 

12.CTB

佐藤 龍羽(環4・茗溪学園)

 

13.CTB

名頭薗泰輝(商3・慶應)

14.WTB

佐野 航太(政2・慶應)

→23中村敬介(経2・慶應)

15.FB

新甫 拡(法3・慶應)

 

果敢にゲインを試みるFL古岡

果敢にゲインを試みるFL古岡

決勝戦進出をかけて挑む一戦は、ジュニアリーグ開幕戦で大敗を喫した帝京大とぶつかった。雪辱を晴らすべく立ち向かった慶大だが、試合開始直後からセットプレーのミスが目立ち、帝京大に先制点を許す。しかし、開始9分にWTB関東が相手の隙をついて大きくゲインしチャンスを作ると、HO佐藤耀がトライ、SO慶田が強風の中確実にコンバージョンキックを決め7-5と逆転に成功した。18分に、ゴールライン際のスクラムで帝京大強力Fwd陣に押され負け得点を許した慶大だが続く21分、素早いパス回しによって繋がれたボールをWTB関東が得るとゴールライン左端にトライを決める。再びSO慶田がコンバージョンキックを決め点差は14-10に広がった。流れに乗った慶大は、27分、敵陣に深く入り込んだSO慶田がドロップゴールを試みるも強風に流され惜しくも決まらなかった。最後の10分間は苦しい時間が続く。32分、35分と、一気に攻め込まれてトライを決められ逆転を許し、前半は14-24で終了した。

 

つらい状況でも攻めることはあきらめない

つらい状況でも攻めることはあきらめない

前半終盤からの悪い流れを断ち切りたい後半だったが、帝京大に開始直後に立て続けに2本トライを決められたことで、試合展開の主導権を握られてしまう。10分、相手のペナルティーで攻撃のチャンスを得るもハンドリングミスやオフサイドが目立ち、チャンスを生かしきれない。慶大は自らチャンスを棒に振り、流れを完全に帝京大に渡してしまった。18分にはキックオフ直後にインサイドブレイクをあっさりと許し、あっという間のトライを決められる。その後も27分、ゴールライン際のモール。慶大が必死の粘りを見せるも最後は力尽き、ここでもトライを許してしまった。37分には慶大が反撃を見せ敵陣に果敢に入り込むも大事な場面で痛恨のパスミス、得点につながらない。そして39分、意地を見せたい慶大は、FL山城(商4)を中心とした気迫あふれるタックルで応戦。しかしこれぞ大学トップレベルといわんばかりの帝京大の技の前では歯が立たなかった。一方的な展開についに集中力が切れてしまった慶大フィフティーン。立て続けにトライを決められ、ここでノーサイド。完敗だった。後半の6トライが響き、14-60。前半の内容が良かっただけに悔しい結果となってしまった。

 

開幕戦は、帝京大に19-64で敗戦した慶大。今回はその得点差を縮めたいところだったが力及ばず苦しい試合となってしまった。「後半疲れが出てきたときに一気にやられてしまった」(関東)とあるように、後半は大量得点を許してしまった慶大だが、前半は好戦が見られた。タックルに関しては「100点、120点あげられるほどみんな頑張ってくれた」(山城)と語るように、低く刺さる慶大らしいタックルが前半では随所で見られた。今回の敗戦で慶大のジュニア選手権は終わりを迎える。だが来年こそは輝かしい成績を残してくれるはずだろう。若きタイガーたちの今後の活躍に期待だ。

 

【ケイスポ的MOM】圧倒的なスピードで敵陣を貫く WTB関東 申峻

対抗戦でも出場が期待されるWTB関東

対抗戦でも出場が期待されるWTB関東

WTB関東申峻、対抗戦でも活躍する彼の持ち味は、50メートル6.0秒の圧倒的なスピード。素早く敵陣に食い込みトライを決める関東は幾度となくチームに勝利を呼び込んできた。この試合でも1トライ、1アシストを決め得点に貢献。またタックルをかわすだけでなく、まともに受けても倒れないフィジカルの強さも見せつけた。「WTBとして、出場できる試合は確実に点を決めていきたい」と語る関東。慶大勝利のキーマンとして対抗戦でも期待がかかる。

(記事・長尾里穂)

 

 

 

 

 

 

FL山城慎平

(今日の試合を振り返って)前半あれだけいいゲームしたのに後半大量失点して、非常にもったいないゲームだったなと思います。(後半大量失点の原因としては)前半で消耗していたかなというのはあるんですけど、後半の入り方も間違えてしまったのかなと思います。風上だということで陣地をとろうと話していたんですけど、やっぱり一番気を使わなければいけなかったのがディフェンスだったので一番最初の失点を気持ち入れて止めなければいけなかったなとおもいます。(自身のタックルの出来は)60点くらいですね。(チーム全体としては)前半は100点、120点あげられるほどみんな頑張ってくれたと思います。後半のようなゲームになってしまうと気持ちも切れてしまって一方的にやられてしまいますね。(帝京大のFwdの印象は)個々のフィジカルが本当に強いですね。それでいて個人だけでなくチーム全体で意思統一されたアタックをしてくるのでそこはやっかいな相手だと思いました。(力の差は)一人一人のフィジカルの強さですね。フィットネスだったりタックルだとか。相手は前に前にプレッシャーをかけてくるので。前半はそれにうまく対応できていたんですけど後半はそれを受けてしまったのかなと思います。(今後に向けて)負けてしまったばかりで気持ちの整理はついてないんですけどチームとしてはまだまだシーズンは続いていくので、僕だけでなくみんなが気持ちを切らさずに前向きにトライしていきたいと思います。

 

WTB関東申峻

(今日の試合を振り返って)ジュニア選手権初戦で帝京大に負けてしまったのでリベンジという気持ちで臨んで、前半は結構よかったのですが、後半突き放されてしまって、帝京大の強さを実感しました。(今日の試合に向けて取り組んできたことは)帝京大はブレイクダウンが強いので、そこをAチームに台になってもらって重点的に取り組みました。(前半の手応えは)いけるなという感覚があり、手応えが大きかったです。しかし後半疲れが出てきたときに一気にやられてしまったのが今日の敗因につながってしまったと思います。(トライシーンを振り返って)しっかり皆がつないでくれたボールがタイミングよく回ってきたので向かって行っただけです。(好アシストも見られたが)ただ、前が空いていたので行っただけで、自分ひとりの力ではないです。(二戦連続でトライを決めているが、今後に向けて)自分はWTBで、トライをとることが仕事なので、試合に出させてもらったときは必ずトライをとってチームを勝利へ勢いづけられるようにこれからも頑張りたいです。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.