慶應スポーツ新聞会

【バレーボール】秋季リーグ開幕特集!② 丸谷×黒田対談 ~エースは俺たちだ!~

DSC_1343_R

 

秋季リーグ開幕特集、第2弾は丸谷将大(環4)と黒田彪斗(環1)。今後の慶大にとって課題となるのは柳田(環4)が抜けたことによる得点力の補強であるが、丸谷・黒田の両エースの力が絶対的に必要だ。自在性を持った丸谷と力強いスパイクの黒田。この二人が双璧となった攻撃は相手に的を絞らせない。夏を乗り越えた2人からは秋に向ける強い意志が感じられた。

 

―まず前半戦を振り返りまして

丸谷 春リーグは思ったような結果が得られなかったんですけれど、東日本インカレに入って自分たちの形が見えてきたというのが一つの収穫かなと、それをもっとうまくつなげていけば後半戦もいい結果が出ると思いますが、今は柳田(環4)がいないんで、その穴をチーム全体でカバーして、一つずつ勝っていこうという気持ちでみんなやっています。

黒田 春リーグのときは自分はあまり出番がなくて、試合に入っても自分の思うような結果が出せず、すごい悔しい思いをしたのですが、東日本インカレにはレギュラーとして試合に出れて、自分でも成長しているなと実感できるくらい結果が出せたので、自分に自信がついたというのは少しあります。

 

DSC_0095_1

 

―夏合宿の成果はありますか

丸谷 東日本インカレが終わってから柳田が抜けるということは僕らも知っていたので、今までは大事なところは柳田ということだったのですが、それをなくすために新しい方法として、速い攻撃を全体で取り入れるというもっと緻密なバレーをしようということになりまして、それが遠征とか合宿とかで少し結果が出てきて、自分たちの速い攻撃が通用するんだなとわかってきたので、それが得られた成果かなと思います。

黒田 柳田さんがいなくなったことは攻撃力が落ちるということと、それ以外にも柳田さん以外のメンバーが打力を上げなくてはいけないのですが、実業団などのチームとゲームをするうちに個々のレベルが上がってきたと思うので、今のところいいコンディションだと思います。

丸谷 今は、以前だったらある程度崩れても柳田にあげれば決まるというのがチームの中であったんで、柳田が今いないというのをチーム全体で自覚して、チャンスボールを着実に返して、自分たちの思ったような攻撃が組めるようなチームにしようというチームの意思が高くなってきていて、この部分は前よりもよくなったかなと思います。

 

―個人として特に意識して取り組んだことはありますか

丸谷 意識した部分といえば、やっぱり決定力をもっと高めるということと、前半戦はレセプションの面ではあまり入ってはいなかったのですが、柳田が抜けるということで、攻撃力が落ちるので、そこのところに自分が入って固くして、自分たちの思ったような攻撃につなげることができるようにすることを僕は個人として意識してやりました。

黒田 先ほどの話のようにレシーブをきっちり返す意識でやっていると言ったんですけど、やっぱりどうしても崩れるときはあるので、そういう時の二段トスを打ち切れるのが柳田さんだったので、二段トスをどう決めるかというのをこの夏自分は考えてやってきました。

 

DSC_0182_1

 

―今のチームの状態はいかがですか

丸谷 合宿を通して、自分たちのバレーがある程度通じるということが分かったので、そこはもっと高めていこうという意識と、あとは何回も言うんですけど柳田がいないということで、チームとしては不利な状況ではあるので、そこを相手に思わせないようにやろうという意識はあります。

黒田 柳田さんが抜けるのは本当に大きいことなのですが、それがあったからこそ逆にチームは団結しているという感じがあるので、すごいいい雰囲気で秋リーグに臨もうという感じです。

 

―秋季リーグで注目して欲しいところはありますか

丸谷 個人としては自分の速くなってる攻撃を見てほしいというのと、チームとしてはエースがいなくなったのでそれを埋めるためにセンター線とか全部攻撃陣は使っていくと思うので、その展開の速さを見てほしいです。

黒田 この夏で成長できたところは自分たちの粘り強さということだと思うので、そこを注目して見ていただきたいです。

 

―最後に秋に向けた意気込みをお願いします

丸谷 目の前の一戦一戦常に勝つ気持ちで、勝ちをとりにいきます!

黒田 勝ちを取りにいきます!!

 

―――お忙しい中ありがとうございました!

(取材 岩井邦夫)

 

※当インタビューを特別編集した号外を、リーグ戦でお配りしております。是非ご覧ください!

 

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.