慶應スポーツ新聞会

【野球】新人戦まとめ 噛み合った攻守で立大を圧倒し優勝

 
 

9季ぶり12度目の新人戦優勝を決めた

11月4日(木)準決勝 慶大―法大 @神宮球場

 

優勝決定戦での激闘から一夜明け、新人戦準決勝に臨んだ慶大。初回に齊藤雄(政2)の適時2塁打、相手のバッテリーエラーで3点を先制すると、先発の菊池(環1)が公式戦初登板ながら8回1失点の好投。3-1で勝利した慶大が4季連続で決勝進出を決めた。

   123456789

法大0001000001

慶大30000000X3

慶大:○菊池、只野-阿加多、山中

慶大出場選手

1 [6] 福富(商2・慶應)

2 [9] 影山(総2・鎌倉学園)

3 [5] 山﨑錬(商2・慶應)

4 [3] 鈴木裕(商2・慶應)

5 [2] 阿加多(法2・慶應)

  [2] 山中(環2・土佐)

6 [4] 齊藤雄(政2・慶應)

7 [7] 川島(政2・岐阜)

  [7] 内藤(商2・慶應)

8 [1] 菊池(環1・盛岡一)

  [1] 只野(商2・慶應)

9 [8] 辰巳(文2・郡山)

 先発のマウンドには、公式戦初登板となる1年生投手・菊池。初回、1死から連打を許し1、2塁のピンチを迎えるも後続を空振り三振、一塁ゴロに打ち取ると、続く2回、3回はいずれも三者凡退に抑える。4回に内野ゴロの間に1点を失うも、2塁走者を牽制で刺すなど落ち着いたマウンドさばきを見せる。

 一方の打線は初回、先頭の福富(商2)が遊撃内野安打で出塁すると、すかさず二盗に成功。2番の影山(総2)が投ゴロに倒れるも山﨑錬(商2)の四球、鈴木裕(商2)の死球で満塁とすると、齊藤雄が左中間へ適時2塁打を放ち2点を先制する。さらに相手のバッテリーミスも加わり1点を追加。2回にも制球に苦しむ法大の先発・六信から、3四死球で再び満塁としたが、ここは阿加多(法2)が空振り三振。追加点のチャンスにあと一本が出ない。すると3回以降、打線が沈黙。リリーフ登板した法大の2投手に対して、出した走者は辰巳(文2)の四球と阿加多の2塁打のみ。初回に3点は奪ったものの、試合を通してわずか3安打と打撃陣には物足りなさが残る結果となった。

公式戦初登板となった菊池。高校野球、岩手決勝では菊池雄星と投げ合った

 対照的だったのは先発の菊池。中盤以降、走者を許すも要所を締め、粘りの投球を見せる。直球は130キロ台ながら、キレのある変化球で法大打線に的を絞らせず。7回には2塁打と犠打で1死3塁とされるも、2者連続三振で自らピンチを脱し得点を許さなかった。結局、8回102球を投げ1失点の力投。若き好投手ひしめく慶大投手陣に、また一人楽しみな選手が現れた。

 3-1と接戦をものにした慶大が4季連続で決勝に駒を進めた。だが、この4季を通して一度も優勝は出来ていない。嫌な流れを断ち切るためにも、明日の決勝では何としても勝って公式戦の最後を締めくくりたい。

11月5日(金) 慶大―立大 新人戦決勝 @神宮球場

 4季連続で新人戦決勝まで駒を進めた慶大。決勝の相手は、春の新人戦の決勝で敗れた立大となった。慶大は、初回から立大の投手陣を攻略し、3回までに7点を奪う。投げては、先発の金子(環1)が6回をパーフェクトに抑える好投。その後を任された投手が1点を失うものの、8-1で勝利。3季連続で新人戦準優勝だったが、ついに念願の優勝を果たした。

    123456789 計

立大 000000001 1

慶大 23200001X 8

慶大:○金子、竹林、山形-阿加多、黒須、山中

慶大出場選手

1 [6] 福富(商2・慶應)

  [H6] 大川(環2・済々黌)

2 [9] 影山(総2・鎌倉学園)

  [H7] 吉田彬(総2・日大鶴ヶ岡)

3 [5]  山﨑錬(商2・慶應)

  [H5] 牧野(商1・千葉東)

4 [3] 鈴木裕(商2・慶應)

5 [2] 阿加多(法2・慶應)

  [H] 武田(環2・土佐)

  [R] 川島(政2・岐阜)

  [1] 竹林(商1・慶應湘南藤沢)

  [H] 荒川(商1・慶應)

  [1] 山形(政1・土佐)

6 [4] 齊藤雄(政2・慶應)

7 [7] 内藤(商2・慶應)

  [H] 倉橋(総2・済々黌)

  [9] 松本(環1・桐光学園)

8 [1] 金子(環1・彦根東)

  [2] 黒須(理2・宇都宮)

  [2] 山中(環2・土佐)

9 [8] 辰巳(文2・郡山)

  [H] 渡邊(商1・慶應)

  [8] 溝口(政2・慶應)

 慶大の先発は先日の優勝決定戦にも登板した金子。序盤から抜群の制球力で立大打線に隙をあたえない。奪った三振は、6回を投げてわずか1個だったものの、打たせて取るピッチングで出塁すら許さない快投を見せた。野手も失策を重ねる立大に対して、堅い守りを見せ金子の好投を支えた。

6回を無安打無四球に抑えた金子

 金子の投球に打線も応える。初回、先頭の福富がいきなり右中間に2塁打を放つと2番影山がバント内野安打で無死1、3塁のチャンス。続く山﨑錬がきっちり犠牲フライを放ち、先制点を奪う。さらに死球をはさんで、5番の阿加多の中前打ですかさず追加点を挙げる。2回も慶大打線の勢いは止まらない。安打と死球で出たランナーを福富がきっちり送り、1死2、3塁のチャンスを作ると、影山にタイムリーがとびだし、3点目。さらに、山﨑錬、鈴木裕の長打で1点ずつ加え、序盤に立大を引き離す。3回には、ピッチャーの金子自らがタイムリー2塁打と相手のミスで追加点。3回までに7点をリードし、完全に試合の主導権を握った。

 金子に代わって7回からマウンドに上がったのは、竹林(商1)。いきなり内野安打と味方の失策でランナーを2塁に背負うも落ち着いた投球で後続を打ち取り、この試合初めてのピンチを切り抜ける。続く8回にもマウンドに上がり、この回は3者凡退に打ち取り、流れを渡さない。

 3回以降、チャンスは作るものの、追加点を奪えないでいた慶大打線。しかし、8回、先頭の鈴木裕の安打と相手のミスでチャンスを広げると内野ゴロの間に追加点。リードを8点に広げた。

新人戦で主将を務めた齊藤雄

 9回はリーグ戦でも活躍した山形(政1)が登板。直球は140キロ後半を計測したものの、2本の安打を許し、1死1、2塁のピンチを招くと、ダブルプレーを狙う間に味方に守備のミスがでて、1点を返されてしまう。しかし、最後の打者を三振に切って取り、8-1で試合終了。3季連続であと一歩届かなかった新人戦優勝をついに勝ち取った。慶大の新人戦優勝は9季ぶり12回目。

By Sho Yanagida, Ryo Hayashi

選手のコメント

齊藤雄新人戦主将

(新人戦優勝という結果について)春と同じ立教が相手だったので同じ相手に二回は負けられなかった。ずっとお世話になってきた平川監督、田代コーチ、柴原さん、前島部長を胴上げするんだという強い意気込みでやってきた。(最後はトロフィーを受け取って)最後の新人戦で主将としてトロフィーを持てて、最高の思いだった。(準決勝では先制の適時打を放ったが)一打席目で思いっきり打つたら当たっちゃった感じだったが、とりあえず先制打を打てて良かった。(来季から主力として期待されるが)まだまだ下手なのでこの冬で一回りも二回りも成長して少しでもチームに貢献出来るような選手になりたい。(具体的には)走攻守すべてにおいてまだまだ未熟なので、何かに絞らないで全部成長出来ればいいと思う。(来季に向けての抱負は)来季は絶対にレギュラーを取ってチームの勝利に貢献出来るように、今度はリーグ優勝出来るように頑張りたい。

福富

(新人戦優勝した感想を)春はリーグ戦で優勝して新人戦では準優勝だったので今回は優勝という形で終われていい気持ちです。(昨日、今日と初回の先頭打者で出塁して得点に結びついたが)チームとしても試合の入りを大切にしようという意識だったので、自分が最初に出塁できたことはよかった。(ショートとして守備のできは)結局1つエラーをしてしまったのでいいとは言えないが、他の守備機会はまぁまぁよかったと思う。(来年からは4年生が抜けるが、新チームとしての意気込みを)ショートはベストナインに選ばれた渕上さんが守っていたので少しでも穴を埋めていきたい。(プレッシャーは)ありますが、がんばります。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.