慶應スポーツ新聞会

【少林寺拳法】早慶定期戦50周年記念企画第3弾 田中雅人×李遊

和やかな雰囲気の中、対談は進められた。

和やかな雰囲気の中、対談は進められた。

今年で50年の歴史を数える少林寺拳法早慶定期戦。年に一度、両校の意地とプライドをかけて行われる特別な一戦だ。試合は新人戦に1年生が5人、本戦に2・3年生から5人が出場する。この節目の大会を前に、ケイスポは事前にインタビューを行った。3回目の今日は、本戦に出場する田中雅人選手、李遊選手に様々なお話を伺った。その模様をお送りする。

――少林寺拳法を始めたきっかけ

田中 高校時代に剣道をやっていて、大学でも武道をやろうと思っていたんですが、体育会の剣道部は強者ぞろいで敷居が高いという感じで、少林寺の説明に来た時に大学から始めても活躍できる場があるに魅力を感じて大学で新しいことをやろうかなという動機で始めました。

 

高校では剣道に打ち込んでいたという田中

高校では剣道に打ち込んでいたという田中

 僕は少林寺拳法を始める前は水泳をやっていたんですけど、呼吸が苦しくていやいややっていて、ちょうどその時期にテレビで少林サッカーを放送していて、少林拳かっこいいなと思ってやろうと思い立ったって少林寺拳法の道場に行ってみたのですが、少林拳と少林寺拳法は発祥が違っていて全然自分の想像しているのとは違ったんですが、なんだかんだで楽しいなと思いつつ、ここまで来ました。

練習で力強い蹴りを見せる李

練習で力強い蹴りを見せる李

 

――どういうところに少林寺拳法の魅力があると思いますか

李 少林サッカーでもあったように、武術かっこいいなーというのがあって、また、自分は中国人でもあるのでカンフーに興味があって、武道カンフー格闘技それぞれつながりがある要素なので、戦うこと自体がやっぱり面白いと思うので、それが楽しみです。

 

田中 仮入部の時に5月の関東大会で先輩たちが飛び受け身をやっていて、片方が技をかけて投げて、もう片方が回転して受け身をとるというものなのですが、画期的というか新鮮味があって迫力を感じて自分もできたらいいなと思っていました。その思いで今まで続けていろんな技を教わってきて技のレパートリーが増えていくのが楽しいところで、また、技の豊富さというところにも魅力を感じますね。昇段昇級で上がっていくごとに試合で使える技が増えていくので、ゲームみたいで面白いなと感じますね。

 

 

――話は変わって、一つ気になる点についてお聞きしたいのですが、HPで李選手は餃子隊隊長とありましたが、なんでそういった経緯になったのですか?また、餃子を焼くコツなど教えていただけたら…

 本場の中国でいうと焼餃子より水餃子なのですが、日本人受けするのは焼餃子なので、先輩にふるまえるように練習したんですけど、コツは水加減ですね。多く入れすぎるとぐちゃぐちゃになるし、少なくするとからっとなり過ぎるので、一番いいところを攻めるという感じですね。包み方は小さいころから父親に教わっていて、僕自身はこの部の誰よりもうまく包める自信はあります(笑)。

 

餃子の包み方を実演してくれた李

餃子の包み方を実演してくれた李

――実際に食べたことは

田中 ありますね。今年の正月三が日の3日目から行われる寒稽古で、そこで先輩方が鍋とか作ってくれる中でつまみとして彼が冷凍で袋3つ分くらい大量に作ってくれておいしかったです。量が多すぎてみんな1日で食べきれませんでしたが…。今年も作ってきてほしいですね。

 

 

 

 

 

――ありがとうございます!では、本題に戻りまして、早慶戦に向け、今はどういった練習をしていますか

田中 大会でやるのは演武と早慶戦で行う運用法の2つがあって、演武は仲間内で示し合わせてもとから決まっている動きを行い、それこそ空手でいう型みたいなものを2人や単独でやるものと、防具をつけて初見の相手とのポイント制の戦いをやるのが運用法です。2つは共通するところもありつつ、全く別物でもあるので、実戦に近い格闘は運用法に当たりますね。

 早慶戦も近いので、運用法の実戦メインの形になっているんですけど、僕は自分の得意なパンチやキックのコンビネーションを意識して、それを実戦で出せるように頭の中でイメージトレーニングをした上で、練習の方で生かせるようにしたいですね。自分の得意な型に持ち込んでポイントを取るというのを目指していきたいです。

 

――先ほど試合のビデオをご覧になっていましたが、そういった映像は自らの課題を見つけるためによく見られるのですか

李 できるだけ強い人の動画をピックアップして自分のスマホとかにダウンロードして、この人の使っているコンビネーション実際に試合でも使えそうだなというのがあったら、ひたすら自分で鏡の前で練習して、慣れてきたらサンドバックを使って打ったり、さらにそれが慣れたら2人で組んで実際に使ってみたりして、段階踏んでレベルアップしながら人の技を盗むようにはしています。

 

――お2人とも早慶戦は2回目となりますが、意気込みをお願いします

田中 僕は本戦で出場する選手の中で唯一有段者ではないので、僕にできることは何かなと考えたときに、場を盛り立てるプレーだとか周りを触発させるような気迫あふれるプレーをしていきたいなと思います。

 

 僕の場合は去年新人戦として5人の中に選ばれて出たのですが、その時の試合は0-3と完敗してしまって、すごい悔しい思いをして、その後の飲み会でもうなだれて最悪の気分で、絶対次こそはリベンジしてやると誓ったので、今回はその屈辱の結果を踏まえた上で、しっかりとリベンジできるような結果を出していきたいです。

 

――ありがとうございました!

 

第50回少林寺拳法早慶定期戦は11月29日(日)会場は慶應義塾高校地下体育館にて行われます!

DSC_4654

Comments are closed.