慶應スポーツ新聞会

【アメフト】早慶戦前インタビュー ④染矢優生主将

アメフトに懸ける思いを語った

いよいよ明日に迫った早慶戦。インタビュー企画のラストを飾るのは、熱に心でチームを導く主将・染矢優生(商4)だ。昨季はLBとして数々のプレーを止め、勝利に貢献した。そんな染矢に、早慶戦への思い、そして彼らの目指すユニコーンズフットボールについて語っていただいた。

 

__昨季を振り返って

チームとして良くなった部分も多いですが、最後は詰めが甘くて負けたと思うので、悔しい結果になりました。

 

__昨年のチームの良かった点、改善すべき点は

良かった点は、全員で一体となって頑張れるようになったことです。改善すべき点は、やると決めたことを最後までやりきることができなかった点です。

 

__トーキョーボウルで関西2位と戦って刺激を受けましたか

刺激を受けたというか、フィジカルやテクニックなど全てにおいて関西との差を感じました。そのときの悔しい気持ちから、僕らの代は始まっています。

 

主将は「俺しかいない」

__主将には立候補されたのですか

はい、そうです。

 

__立候補した理由は

去年、3年生の途中からもう俺しかいないと思っていたので、立候補しました。理由としては、日本代表の経験があり日本のトップレベルを体感してきたので、チームにそのレベルを求めることができるからというのと、去年良くなったからといって慢心せずに、ユニコーンズはもっともっと良いチームになると確信していたので、自分がやってやろうと思いました。

 

__副将2人はどんな存在ですか

高校からずっと一緒に戦ってきたので、プレー面でもマインド面でも信頼できるのは当たり前なんですけど、常に僕と同じような意志を持って、同じような考えをしているので、もし仮に僕がいなくても、彼らがいれば大丈夫かなという、分身みたいな存在ですね。

 

__昨季はディフェンスの要として活躍されましたが、ご自身で振り返っていかがですか

色々なテクニックに挑戦して、かなり思い切り良くプレーができたので、良い結果を残せたと思います。

 

__チームとして、冬の練習で意識した点は

とにかく大きく、速く、強くなることと、ファンダメンタル、フィジカルと基礎のテクニックを磨くことを徹底的に取り組んできました。

 

__その成果は表れてきていますか

ファンダメンタルを重視するという空気はチームに根付いてきているんですけど、フィジカルの部分では関学大相手にまだ差を感じたので、もっと必死になって取り組まなければいけないなと思っています。

 

__経験スポーツにラグビー、アメフトとありますが、それぞれのスポーツをされていたのはいつですか

中学でラグビーをしていて、高校でアメフトを始めました。

 

__アメフトに転向したきっかけは

元々父がアメフトをやっていて、小さい頃から早慶戦に連れて行ってもらって見ていたりしたので、元々楕円のボールへの憧れがありました。中学ではアメフト部がなかったのでラグビーをやっていて、高校ではアメフト部があったので自然な流れでアメフトを始めました。

 

__ラグビーとアメフトで大きく違うと思う点は

ラグビーの方が、実際に選手が動きながら考えて自分たちでプレーを作り上げていく感じがして、アメフトは与えられた戦術の中で役割を遂行してどのように暴れまわるかという感じがします。

 

__今までに主将の経験はありますか

中学では新聞研究会のキャプテンをしていました。ラグビー部と兼部していたので。

 

__アメフトではオフェンスとディフェンスに分かれて行動することが多いと思うのですが、チームをまとめる難しさはありますか

オフェンスとディフェンスで分かれるからまとめられないということはないです。確かにやっている戦術や練習メニューは違いますが、その根っこの部分で統一された意志があって、目指すところも変わらないので、そこに難しさは感じないです。ただ、人数が多過ぎるので全員を見るのはなかなか大変だなとは思っています。

 

穏やかな口調の中にも熱い思いが読み取れる

__今年度のスローガン”Play like a unicorn”に込められた思いは

ユニコーンズは5年前にデイビッドコーチが来てから着実に強くなってきているので、やってきたことや取り組みの方向性、コーチから教わっていることであるユニコーンズフットボールは絶対に間違っていないと思っています。でも、どこかで信じてやりきれなかったり、詰めが甘かったりするから日本一という結果に達していないのです。なので、やっていることは間違っていないんだから、ユニコーンズフットボールを最後まで追求し続けよう、という意味が込められています。

 

__今年度目指しているチーム像は

1つは、熱くて激しいフットボールをできるチームですね。もう1つは、応援に値するチームです。謙虚で、真摯にフットボールに向き合っていて、なおかつ一体感のある熱いプレーをしているチームがファンに愛されると思うので、そういうチームにしたいです。

 

__関学大戦ではどんな収穫がありましたか

今年フィジカルに取り組んできて、良くなってきていると思っていたけれど、やっぱりまだ差を実感させられて。まだまだだな、と気づけたことですね。あとはファンダメンタルテクニックについても、相手の方がもっとこだわってやり抜いていたので、僕らももっとやらなければいけないと気づかされました。それが収穫です。

 

__ユニコーンズの中で期待している選手は誰ですか

まずはSB松岡拓希(政3)です。フィジカル面でもマインドの面でも本当に努力家で、チームに欠かせない存在です。あとはDL有藤直哉(政4)です。誰よりも体を大きくしてきたので、絶対に結果を出せると思います。期待して見ていてほしいです。

 

__昨季のリーグ戦では早大に勝利しました。そのときの印象はいかがでしたか

めちゃくちゃ嬉しかったです。特に、相手の最後のプレーを自分が止めることができたので、自分がチームを勝利に導くことができたなという感覚があって、嬉しさもひとしおでした。

 

__早大オフェンス陣の印象は

RBにアスリートが揃っていて、そのランを止めないと相手の思うつぼだったので、ランを止めようと頑張っていました。あとはQBがすごく落ち着いていて、ゲームを作るのが上手い選手だったので、プレッシャーをかけるようにしていました。

 

__今回の早慶戦に向けて特に警戒している選手はいますか

QB坂梨陽木くんですかね。キャプテンでもあるんですけど。彼も下級生の頃から試合に出ていて、とにかく落ち着いていてどんな状況でもゲームを作れる選手だと思うので、絶対に止めたいです。

 

__早慶戦では早大オフェンス陣に対してどのようなディフェンスをしたいですか

まずは、自分たちがやりたいベーシックなプレーにこだわって、それをぶつけたいです。と同時に、やっぱり早慶戦は僕らの気持ちも激しく昂るので、アグレッシブなディフェンスをしたいです。

 

__最後に、早慶戦への意気込みをお願いします

早慶戦に勝った代になりたいので、絶対に勝ちます。熱い試合をします。

取材 鈴木優子 写真 千綿加華

Comments are closed.