慶應スポーツ新聞会

【野球】春季開幕前特集 “Bon Voyage!” ⑦佐藤宏樹投手

新エースはさらなる進化を目指す

 

―期待してもらっている分、プレーで返せたら―

 

2017年秋、7季ぶりの優勝を果たした慶大野球部。”六の王者”が次に掲げる目標は18年ぶりの日本一だ。頂点へ走り始めた2018年・TEAM河合の注目選手に開幕前特集としてお話を伺った。

 

春季開幕前特集・第7回は昨年シンデレラボーイとなった佐藤宏樹(環2=大館鳳鳴)だ。昨季は中盤から投手陣の軸に成長して、最優秀防御率賞に輝くなど慶大の逆転優勝の原動力の1つとなった。今季はエース級の活躍が期待される佐藤選手にお話を伺った。

 

――昨年を振り返って

春は調子が悪かったのですが、最終的に秋に調子を持ってこれたというのは自信になりましたし、タイトルを取れたということや優勝に貢献できたというのがすごく大きかったです。一年間通して、いろんな面で成長できたかなと思いますし、たくさんのことを経験させていただいたなというすごく充実した一年だったなと思います。

 

――昨季、印象に残っている試合は

秋では、明大戦の2回戦です。初先発で勝利したんですけど、緊張もありながらも、自分なりにベストなピッチングができたかなというのは思います。もう1試合挙げるとしたら東大戦なんですけど、球速は出ていたのですが、コントロールが全然悪くて、変化球も全然だめで、その試合をきっかけに空き週で自分で工夫をして明大戦とかに持ってこられたのかなと思ったので、その試合もすごく印象に残っています。

 

――早慶戦にも登板しました

春は投げられなかったです。僕が大学に入る前の目標としては、早慶戦で投げたいという、そういう憧れの意識がありました。すごく投げたかったんですけど、春はベンチ入りすることができずに終わってしまって、悔しい思いをしました。チームとしては優勝できずに2位という結果に終わってしまったので、秋にかける思いというのは強かったです。秋は、2戦とも投げさせてもらったんですけど、投げているからかもしれないですけど思ったより特別な感じというのはしなくて、リーグ戦の1戦、負けられない試合、という風に明大戦とそんなに変わらずに投げることができましたし、特別な感じというのはなかったかなと思います。

 

――改めて、優勝した時を振り返ってみていかがですか

優勝した瞬間ほっとしたというか、肩の荷が下りた感じがしましたし、本当に4年の方々にすごく支えてもらったので、少しでも恩返しができたかなと思います。

 

インタビューに答える佐藤

――最優秀防御率賞というタイトルを獲得しました

獲るまでは全然わからなくて、何回投げて何点以内だったら1位とかっていうのは全然わからなくて、結果的に投球回数も(規定に)到達するかしないか全然わかりませんでした。逆にそれが良かったのかなというのもあると思いますし、獲ってみてまた次の目標に向かうための一つの分岐点というか、それを得てまた更に目標ができるんじゃないかなと思いました。それを超えることは結構難しい目標ではあると思うんですけど、更に自分を高めるという意味でも、獲れて良かったなと思います。

 

――昨季を超える目標とは

(防御率が)1.03だったので、今年はまず0点台。昨年投げた回数が26くらい(26回1/3)だったので、30くらいは投げたいなっていうはすごく思います。昨年よりも上回った投球回数で、昨年よりも良い防御率というのを目標にしています。

 

――登板はありませんでしたが、明治神宮大会については

体の調子が悪くて出られなかったんですけど、申し訳ないというか、リーグ戦で優勝して終わりじゃなくて、日本一に向けてっていう日本一の目標があった中で、自分が戦線離脱してしまったというのは、すごくやりきれない思いでした。リーグ戦は自分で満足のいく結果に終わったんですけど、そこでまだ詰めの甘さが出てしまったなというのはすごく感じて、今年の春は、リーグ戦もそうですけど、シーズン通して投げ通すことを目標にやっているので、全日本大学野球選手権に出場するとなったら、そこまでしっかりもたせたいなと思います。

 

―期待の中で投げるというのは難しい―

 

――新チームの雰囲気は

昨年は4年がほとんどメインで野手で出ていて、守備の面でもバッティングの面でも頼りになる先輩たちで、負けてても全部カバーしてくれるっていう感じだったんでした。今年はちょっとリーグ戦経験者が少なくて、下級生が主体となっているチームです。ピッチャーは昨年もリーグ戦経験して残っているピッチャー陣が多いので、ピッチャーで2点以内に抑えて、野手がエラーをしても、三振などで、自分たちピッチャーでカバーする、そういう投手主体のチームというか、打というよりかは投のチームです。投手中心で、最少失点で切り抜けて守り勝つ野球ですね。

 

――今年活躍を期待する選手は

嶋田(翔=環2・樹徳)ですね。同じ学年ですし、今中軸を打っていて、オープン戦もすごく調子良く打っているので、リーグ戦でも一本に期待したいなと思います。

 

――今季から気を付けていることは

ストレッチはしっかりよくやります。いろいろなところをストレッチしたり、ストレッチの時間を練習前に長めに取ったりしています。

 

――オープン戦、大阪遠征もありましたが、印象的な試合は

関学大戦ですね。リリーフで出たんですが、久しぶりのリリーフという形で、ピンチで登板して、回またぎで投げるって感じでした。無失点に抑えて、結構大きかったし、ピッチングができたんじゃないかなと思いました。ただ投げるだけじゃなくて、自分で考えて投げることができたんじゃないかなと思った試合です。調子は悪かったですが、ベストなパフォーマンスができたんじゃないかなと思います。

 

昨季は圧巻の投球だった

――昨季から成長した点は

先発には慣れて来たかなと思います。

 

――昨年は先発には慣れていなかったということですか

逆にそっちの方が良かったかなというのは最近思い始めています。先発して、短いイニングを投げて、緊張感ある中で目の前のバッターだけを考えて、一球一球全力で投げるっていうことを秋は意識してやっていました。それが結果的に長いイニングに積み重なって、結果として出たと思います。しかし、今は周りの評価も、期待も上がってきて、抑えて当たり前、お前なら大丈夫でしょ、みたいな感じの期待の中で投げるというのは難しくて、それはすごく大変だなというのは最近思っています。

 

――今のご自身の課題は

まずは自分の体のコンディションをしっかりしたいなというのは思います。

 

――開幕に向けての調整は

まずやれることをやろうというか、自分を日々成長させるっていうのは目標にしてやっていきたいなと思います。リーグ戦があるからそれに向けて万全にしていく、というのではなくて、一日ごとに自分がうまくなるという気持ちでやっていって、リーグ戦を迎えられたらベストかなと思います。

 

――今年、エース同等に期待されることになりますが

秋はすごく期待してもらったし、その分恩返しができたんじゃないかなって思います。そういう意味でもまた春、期待してもらっている分、プレーで返せたらなと思ってます。今だったら調子悪い中でも、ベストパフォーマンスができるように練習はしているので、調子が悪かろうと良かろうと、その中でのベストが出せるように頑張りたいなと思います。

 

――今年から背番号11に

(昨年の)4年でもう引退されたんですけど、川端(康司=H30政卒)さんが11番で、川端さんはリーグ戦であまり投げていなくて、明治神宮大会で最後の登板をして、4年の気迫という、すごく伝わってくるものがありましたし、その思いを引き継いで11にしたっていうのもあるので、川端さんのような、気持ちの強い、熱いピッチャーになれたらいいなって思います。

 

――今年から2年になり、後輩もできますが

まだ1年のピッチャーは少ないです。でも練習の姿勢とか態度もそうですけど、伝えられることがあったら、プレーで示していきたいなと思います。1年間経験してみて、リーグ戦がどうだったとか、そんなんじゃだめだ、とかを教えていけたらいいなという風に思います。

 

―投球術というのは僕にはない―

 

――憧れの人は

山本昌投手(元中日)を尊敬しています。40歳を超えても野球を続けられているし、肘が曲げ伸ばしできない状態でも、球速を145㌔くらいは出るのに、抑えて130㌔くらいにして、全部腕の振りを同じにして、変化球を投げ分けていました。その投球術というのは僕にはないもので、一番必要なものではないかなと感じています。ただ真っすぐが速くて伸びがあって抑えているだけでは、この先通用しないし、プロに入ったとしても、そこまでっていう所で終わってしまうと思います。でも投球術だったら、歳を取ってもやっていけるというか、自分の球が遅くなっても、そういう所でやっていけるなと思ったので、自分に足りないものをすごく持っている選手だなっていう風に思いました。

 

――警戒するチームは

法大です。1年間やってみて、データ的にも一番法大に打たれているそうなので、気を付けていきたいです。

 

――対策などは

またこの後昨年どこが打たれてどこが打てなかったか、というのはデータでミーティングしていくので、これから対策していきたいと思います。

 

――昨年印象的だった選手は

早大の三倉選手です。ホームランを2本打たれているので。大学入って、こんなに相性の悪いバッターがいるんだっていうくらい、相性が悪かったと思います。早慶戦でも打たれましたし西条のオール早慶戦の時も、初球でホームラン打たれて、ヒットも打たれたことがありました。通算としてすごく打たれているので、僕は意識したことはないですけど、結果として相性が悪いのかなという感じがあります。

 

――改めて今年の目標を

数字での具体的な目標だと、防御率0点台と5勝が目標なんですけど、あまり数字にはこだわってなくて、とりあえずシーズンを怪我なく投げ切るというのが一番の目標ですね。

 

――チームとしての目標は

もちろん優勝して、昨年成しえなかった日本一を掴みたいなと思います。

 

――今季も初戦は東大戦です

昨年開幕戦に負けて、スタートが悪い状態から入っていきました。今度は逆にそれを想定して、想定内でやっていきたいなと思いますし、良かったらよかったで、そのまま波に乗っていけば良いと思います。ですが、あまりうまくいかないことも多いと思うので、勝つという気持ちは忘れず、悪い場合を予想して、チームの士気を下げないでやっていけたら良いかなと思います。

 

――リーグ戦への意気込みを

昨年を振り返ってみて、すごく自分でも成長したなという一年で、最初下のスタートからいろいろあってそれを乗り越えて上まできたので、また下がってしまいましたが、またリーグ戦になってこれを乗り越えて、上がっていって最終的に優勝に貢献出来たら良いかなと思いますし、まず怪我に気を付けて、シーズンを投げ切れるように頑張りたいなと思います。

投手陣の軸としてフル回転してもらいたい

――ありがとうございました!

この取材は3月26日におこないました。

 

(取材・髙山実子)

 

♠佐藤 宏樹(さとう・ひろき)

大館鳳鳴高を経て、環境情報学部2年。投手。伸びのあるストレートと切れ味鋭いスライダーを駆使し、昨季は六大学の打者を圧倒した。未だ19歳と、更なる飛躍も期待せずにはいられない。1㍍79、73㌔、左投左打

Comments are closed.