慶應スポーツ新聞会

【バレーボール】早慶戦直前!特別企画第1弾 男子セッター対談 小林光輝×吉田祝太郎

左から、慶大・吉田選手、早大・小林選手

第82回早慶バレーボール定期戦まであと6日。本日から5日間にわたって早慶対談をお送りする。初回の本日は、男子セッター対談。早大・小林光輝選手(スポ4・創造学園(現・松本国際))と慶大・吉田祝太郎選手(政2・慶應)のおふたりに、トスワークやゲームメーク、そして早慶戦に向けた意気込みなど、たっぷりとお話を伺った。

 

 

(※この取材は4月14日(土)に早稲田スポーツ新聞会と合同で行いました。)

 

 

――面識は

小林 ないですね。

吉田 ないです。

 

――それぞれの大学に知り合いは

小林 彪斗さん(黒田彪斗=H30環卒・現FC東京)とかは高校から面識があって、よく試合とかしていました。よく絡んでいただきました(笑)。

 

――伊藤祥樹主将(総4・清風)とはお知り合いですか

小林 知り合いです!でも、僕もシャイなのであまり挨拶できなくて…(笑)すみません。

吉田 すみませんなんですか(笑)。

 

――吉田選手は早大に知り合いはいますか

吉田 サレジオ中の人が結構いますね。

小林 いっぱいいると思いますよ!

吉田 鉄也くん(武藤鉄也=スポ3・東亜学園)とか、諒大くん(宮下諒大=教4・早稲田実業)、幸也くん(鵜野幸也=スポ4・早稲田実業)とか。あと豪(村山豪=スポ2・駿台学園)とか、東京出身の人は割と知り合いです。

 

――先ほども中村駿介選手(スポ2・大塚)と楽しそうに喋っていました

吉田 駿介はまあまあです(笑)。

 

 

――お互いの印象をお聞かせください

小林 普段のことを知らないので、バレーのプレーを見てのことになるんですけど。僕と違って身長があって高いところでトスをあげていて、僕にないものを持っている選手なので、全く違うタイプのセッターだと思います。羨ましいところもあります。あとは、この前の早慶明(全早慶明定期戦)ではスパイカーでしたよね。なんか、「天才」って言われてるらしくて、すごそうです。

吉田 2つ上ですし、もう本当に雲の上の存在です。神様です。もう何にしても、こんなこと言うのもおこがましいですが、超うまい!みたいな。それしかないです。

小林 これ文章にしたら大変ですよね!(笑)勘弁してくださいマジで!(笑)

吉田 (笑)

 

――今印象を聞かれていかがですか

小林 いやー自分はただの凡人です。初めてだから先輩上げてる感ありますよ。

吉田 そんなことないです!本心です!

 

 

――今日の試合(4月14日)を振り返って

小林 (慶大は)ただただ大きいです。全員が全員大きくて、攻撃的なチームだと思いました。

吉田 (早大は)昨年とそんなにチームも変わっていなくて、昨年同様に強くて。ミスも本当に少なくて、勝てる気がしません。

小林 先輩立ててくれてるなって(笑)。昨年は慶大と早慶戦やリーグ戦(秋季関東大学リーグ戦)以外でも何だかんだかなり対戦して。今年もいっぱい対戦するんじゃないかなと思っています。

吉田 (慶大は)良くいえば攻撃的ですが、悪くいえば守備ができないという感じです。それがめっちゃ悩みですね。

 

――セッターとして注意したい選手は

小林 誰というわけじゃないですが、慶大はサーブを攻めてきていると感じました。サーブがコンスタントに全部入ってきて、攻め込まれて自分たちが崩れていくというのが1番脅威かなとは思います。

吉田 早大の人はみんな怖いのですが…これはスパイカー限定ですか?

 

――誰でも結構です。もちろんセッターでも(笑)

小林 いやいやいやいやそこ上げなくていいですって!(笑)勘弁してください(笑)。

吉田 光輝さんが怖いなっていうのはやっぱりありますね〜(笑)。こっち(慶大)のブロックシステムで苦手な方、嫌な方にトスを上げてきます。めっちゃ見られてて。本当にやめてほしいです(笑)。

小林 ありがとうございます(笑)。

 

――今後のチームの修正点や課題は

小林 まずはリーグ戦(春季関東大学リーグ戦)までで「個」を大きくしようということをテーマにやってきました。まだまだチームが完成していない状況なので、どうチームを作っていくかという方向性を4年生が示していくのが大事だなと思っています。

吉田 慶大は経験が無い人が多くて。大きな大会に出場したことのある人もあまりいないので、今日の2セット目とか見たらわかると思うのですが、チームが崩れてわけがわからなくなっちゃうところがあります。チームの形にすらなれていなくて。技術的なところを言うと、サーブカット(サーブレシーブ)をしっかり返すこと、まずそこからやらないとチームとして成り立たないと思っているので、そこを頑張っていきたいなと個人的には思っています。

 

 

――今年からまたボールが変わりましたが、トスを上げる時に何か変わりますか

小林 僕はめちゃめちゃ変わりますね。感覚が全く違うので、MIKASA製に変わった時は結構苦労しました。ボール、トスの伸びが全然違って。やっと慣れてきたかなという感じです。

吉田 僕はMIKASA製のほうが少し上げやすくて。MIKASAからmoltenに変わる時がなぜか分からないけど上がらなくなります。

小林 僕はmoltenのほうが上げやすいですね。あ、でも僕に聞かない方がいいっすよ、人と違うので(笑)。

 

――おふたりとも強いジャンプサーブですが、コントロールと威力どちらを大切にしていますか

小林 僕はどっちでもないというか、相手によってサーブを変えています。そんな威力があるわけでもないので…。相手に合わせてやっている感じです。チームに迷惑かけないようにしています(笑)。

吉田 まだ2年生ですし、思いっきり打っていこうという考えですね。右か左かくらいのコントロールだけつけて、あとはそこまでチームのこと考えてないかもしれません(笑)

 

――トスを上げる時に1番気をつけていることは

小林 はい、きた(笑)。これは難しい!

吉田 考えてることっすか?

 

――意識していることなど、何でも結構です

小林 ドリブルしないように!!
吉田 高さを生かす

 小林 僕は『ドリブルをしない』です。ふざけてるわけでもなんでもないですよ!

吉田 (笑)

小林 結構ガチです。本当にドリブルしがちなので、気を付けています。去年の春リーグとかも、2段トスでかなりドリブル取られてしまって。これだけは譲れないです。

 

――吉田選手は?

吉田 『高さを生かす』です。僕はあまりトスがうまくないんですよ。だから、ある程度高いところまでトスを上げて、速さであったり、相手のブロックがつきにくいようなトスを上げたいなと思っています。高さというのは自分自身の高さもそうですし、スパイカーの高さも生かしていけるようにできたらと思っています。

 

――ラリー中でのトスを誰に上げるかはどのように決めているのでしょうか

小林 僕は上がってきたボールによって全然変えるタイプです。誰に上げるかもゲーム展開によっては大事ですが、1番はボールの返球状況を見てケースによりけり、という感じですかね。

吉田 状況は色々ありますが、苦しい状況では1番しっかり助走が取れている人に上げます。できるだけ体勢が整っているなと判断した人に上げたいと思っていますが、なかなかそこまで周りが見れないことも多いです。

 

――迷いなどはありますか

小林 迷ったらドリブルしちゃうので、迷わず上げます(笑)。

 

――ミスをしたスパイカーにもう1度トスを上げるか、少し間を空けるかどちらのタイプでしょうか

小林 基本的に自分はもう1本同じ人に上げたいタイプです。自分もスパイカー経験があるので、スパイカーの気持ちがよく分かります。ミスしたら絶対もう1回トスを上げてもらいたいと思うんじゃないかなと思うので。セッターとしてももう1回打ってもらいたいと思っています。

吉田 スパイカーが呼んだら、もう1回上げます。僕はあまり打ってほしくはないですね(笑)。ミスったらもうやめて~みたいな(笑)。もう1回って言われたら上げますけど。

 

――ツーアタックは常に頭にあるのでしょうか

小林 僕はツーアタックが苦手なので、正直打ちたくないです。なるべくスパイカーにトスを上げたいと思っているのですが、近いボールとか、相手のブロックに当てて出すというのはおいしいのでやります。あれ気持ちいいよな?(笑)

吉田 おいしいおいしい(笑)。あれは最高です。

小林 近いボールは、あ、きた!と思ってたまに打つことはありますが、それ以外は基本的にはしたくないと思っています。

吉田 状況にもよりますが、(トスを)あげてもあげても決まらない時は自分が打ちたくなってしまいます。若さゆえの、ってやつですね(笑)。

小林 ケアしておきます(笑)。

 

――自分がそれぞれのチームのセッターだとしたら、誰にトスをあげてみたいでしょうか

小林 樫村選手
吉田 村山選手

小林 自分は樫村大仁選手(環2・茨城高専)です。実はこの前のユニバの合宿で一緒にやったんですが、プレー面でも高さがあって、しっかり叩ける選手なのでトスを上げていて気持ちがいいです。っていうのと、人間的に好きです(笑)。試合でぜひ上げてみたいですね。

吉田 僕は村山豪ですね。豪は同い年なんですが、面白いです(笑)。実は中学の時の東京選抜で豪がセンターでトスを上げていました。普通に強くて。面白いので上げてみたいです。

 

――小林選手は実際に村山選手にいつもトスを上げられていますが

小林 豪っすか?めちゃめちゃ強いです(笑)。とりあえず強いです。しかもすごく速くて。意外に器用な選手で、パワーだけじゃなくて色々なトスにしっかりと対応してくれるので助かっています。

 

――吉田選手は樫村選手の印象についていかがですか

吉田 とりあえず高いですね(笑)。トス上げるのが怖いぐらいで、レフトへのトスとあまり変わらないぐらいの高さなので。

 

――23-24で相手にセットポイントを握られた時、次に攻撃では誰にトスをあげますか

小林 これ、バレちゃうじゃん!(笑)

吉田 これ大変ですね、手の内が(笑)。

小林 鵜野選手
吉田 富澤選手

 小林 自分なら鵜野です。自分のチームのエースなので。ミドルで、ってかっこいいこと言いたいんですが、彼に託しますね。

吉田 富澤選手(富澤太凱=経3・慶應)です。うちのエースです…(笑)。まあ最上級生としてコートに入っていて、高校からずっと一緒なので、信頼してるっちゃしてます。

小林 それ、してないやつ(笑)。

 

――おふたりが目標にしているセッターはいらっしゃいますか

小林 俺の名前書くなよ?よいしょしなくていいから(笑)。

吉田 (笑)まじめにいきます。

小林 壬生裕之コーチ
吉田 藤井選手

小林 この人は高校のコーチです。(吉田に向かって)いつからセッター始めた?

吉田 中学生からです。

小林 そうなんですね。僕、高校の途中からセッターに変わったので。途中まではスパイカーとしてばんばん打って活躍するというポジションでした。セッターに転向して、何もかも分からない状況の時に1から教えてくれたのがコーチです。筑波大出身なのですが、このコーチのプレーを見てよく真似をしてセッターとしてプレーしていったので、やっぱりこの人を抜かしたり、褒められたりする時がやっとセッターになれたんじゃないかな、と思えると思うので、1度はちょっと言わせてみたいです。

吉田 自分は藤井直伸選手(東レアローズ)です。ずっと目標です。日本代表でセッターをやっていますし、テレビで見ていてもすごく上手で。トスを上げるときのフォームが同じなので、どこに上げるかわからないのがすごいなと思います。こうやってあげたいなと思うので、藤井選手を挙げさせてもらいました。

 

――セッターとして何かお互いに質問したいことはありますか

吉田 ライトへのトスはどうやって上げてますか?気を付けていることとかありますか?

小林 色々な人にライトのこと聞かれるんですが、僕、多分人と違うんですよ。何を意識してるかな…。人と違うので何とも言えないですが、え、ガチな感じで答えます?(笑)

吉田 はい、もうぜひ教えてください。

小林 ライトは実際見えていないから、ほとんど感覚だと思います。それと、ボールにバック回転っていうんですかね、順回転と逆のほうの回転をかけるイメージでトスを上げています。そうするとトスが垂れなくなる気がします。感覚でやっている部分が大きいのであんまりわからないですが、コーチのおかげです。

吉田 ありがとうございます。

 

――小林選手は何かありますか

小林 どうしたら身長伸びますか?(笑)

吉田 (笑)寝ることですかね…

小林 なるほど、寝ます。睡眠時間短くないと思うんですけど…。いっぱい食べて寝たいと思います。あともう1個良いですか?慶大って、勉強との両立みたいな、大変なイメージがありますが、オフって結構遊びます?

吉田 人によるけど、僕はあんまり遊ばないですね。

小林 僕ばんばん遊ぶので(笑)。みんな遊んでるのかなって思って。

 

――昨年の早慶戦を振り返って

小林 例年通り教育実習で4年生が抜けていて。自分たちの代が中心になってやることになっていたのですが、やっぱり不安なことも多かったです。その中で戦っていたので、正直がむしゃらにやっていただけなのであんまり覚えていないです。「中心になってやる」ということがどういうことかまだあまり分かっていなかったので、ひたすらもう頑張る、って感じで試合のことはあまり覚えていないです。

吉田 2部から1部に上がってからすぐの対戦でした。1部と2部の差をとても強く感じました。調子が良くて1部に上がったという感じだったので。

小林 いやいや、実力でしょ(笑)。

吉田 どうなんですかね…(笑)。でも、1部でしかも上位の早大と試合をさせてもらえる機会で、洗礼を受けるじゃないですが、どのくらいの強さなんだろうって思っていました。案の定ぼこぼこにされて、1部の壁は高いんだ、ととてもわくわくしたのを覚えています。

 

 

――今年の早慶戦の見どころは

吉田 普通の感じでいけば、早大がばんといくと思いますが、そこをうちの慶大がおっ!って思わせられるようにしたいです。特にサーブですかね。うちの富澤のサーブで攻めたいです。サーブで早稲田を倒したいです!

小林 見どころは、プレーはお互いハイレベルな戦いになると思っています。厳しい中でのチームの雰囲気というところを見てほしいと思っています。フレッシュさ、じゃないですけど。スターティングメンバ―もリザーブのメンバーも、全員で戦うので。そういう雰囲気を楽しんでほしいと思います!

 

――意気込みをお願いします

小林 早慶戦が1番早稲田を背負うことを実感できるというか、誇りに思える試合です。最後の早慶戦ですし、思い出に残るように楽しみたいと思います。

吉田 大々的に開催されるので、企画ばっかりが先行しないよう、僕らが早大に負けないようにこれからしっかり練習を積んでいきたいです。

小林 謙虚…(笑)。

吉田 (笑)よろしくお願いします!

 

――ありがとうございました!

 

 

(取材:早稲田スポーツ新聞会 松谷果林/慶應スポーツ新聞会 藤澤薫)

 

 

第82回早慶バレーボール定期戦は6月10日(日)とどろきアリーナにて開催されます。

 

 

◇プロフィール◇

 

小林光輝 (こばやし・みつき)

1996年5月10日生まれ/早稲田大学スポーツ科学部4年/創造学園高(現・松本国際高)/身長173センチ/最高到達点328センチ/セッター

 

吉田祝太郎 (よしだ・しゅうたろう)

1998年9月24日生まれ/慶應義塾大学法学部政治学科2年/慶應義塾高/身長184センチ/最高到達点321センチ/セッター

Comments are closed.