慶應スポーツ新聞会

【野球】第4週 伊藤、伊場アベック弾!!打者一巡の集中攻撃で東大に完勝 東大①

今季4本目となる主将の一発

4月30日(土)慶大vs東大 一回戦

立大、法大相手に2カード続けて勝ち点を奪い、勢いに乗る慶大。この日もここまでの5戦で50安打と好調な打線が初回に4番伊藤(環4)の3ランを含む打者一巡の猛攻で一挙4点を先制。投げては竹内大(環3)、菊池(環2)、福谷(理3)の3投手が計10安打されながらも粘り強い投球で一失点に抑え、5-1で東大との初戦を制した。

   
慶大
東大
慶大:○竹内大、菊池、福谷―伊場

東大:●香取―田中

慶大出場選手

  ポジション 選手名(学部学年・出身高校)
[8] 辰巳(文3・郡山)
  [H]7 影山(総3・鎌倉学園)
[4] 金田(政4・土佐)
[5] 山﨑錬(商3・慶應)
[9] 伊藤(環4・中京大中京)
[2] 伊場(政4・慶應)
[7]8 宮本真(政4・慶應)
[3] 鈴木裕(商3・慶應)
[6] 福富(商3・慶應)
[1] 竹内大(環3・中京大中京)
  [H] 田中聡(商4・慶應)
  [R] 川島(政3・岐阜)
  [1] 菊池(環2・盛岡一)
  [1] 福谷(理3・横須賀)
東京六大学制覇のため、何としても連勝で勝ち点を取りたい東大戦。第一回戦は好調な攻撃陣と前カードで復調の兆しを見せた竹内大(環3)ら投手陣がいかにかみ合うかポイントとなる試合となる。

まずは初回、打撃陣が東大先発・香取に襲いかかる。立ち上がりに制球を乱した香取から四死球と牽制悪送球で1死2,3塁のチャンスを作ると打席には4番・伊藤(環4)。2球目の直球を完璧にとらえた打球はライトスタンドへ。今季4本目となる伊藤の一発で慶大が3点を先制する。さらに伊場(政4)がヒットで出塁すると、続く宮本真(政4)のセンターの頭上を越える二塁打で伊場が一塁から一気に生還。結局、打者一巡の猛攻で4点を奪う先制攻撃に成功する。

均衡を破った伊場のダメ押しホームラン

投げては先発・竹内大がランナーを許しながらも要所を締める投球を見せ、3回に4番・高山に打たれたタイムリーの1点に抑える。竹内大は5回1失点でマウンドを降りるが、立大戦でも安定していた菊池(環2)が好リリーフ。直球と変化球のコンビネーションで2回を無失点に抑え味方の追加点を待つ。

2回以降、完全に立ち直った香取の前に追加点を奪えず、思うような試合運びができないでいたが、主砲の一振りが暗いムードを吹き飛ばす。8回表、先頭の伊場の打球はきれいな放物線を描きレフトポールに直撃。貴重な追加点となるこのソロ本塁打で慶大がリードを4点に広げる。

最後はもちろん守護神・福谷

こうなると最後を締めるのは今季守護神として抜群の安定感と奪三振率を誇る福谷(理3)。「調子は良くなかった」と2安打されながらも、2奪三振、2つの併殺打を打たせるなど東大に反撃のチャンスを与えないピッチングで慶大を勝利に導いた。

これで慶大は5連勝。しかし「明日への課題もある」(伊藤主将)と話す通り、2~7回まで2安打に抑え込まれ追加点を取れなかったことや何度かピンチを迎えていたことを考えれば、紙一重の展開であったことは否定できない。修正点をしっかり見直し、更なる進化を果たした先には春連覇という明るい未来が待っているはずだ。

By  Yasuhiro  Namimatsu

選手のコメント

伊藤主将

(今日の試合を振り返って)もう少し楽な試合をしたかったですけど、結果的に勝ったんで明日への課題もありますけど良かった。(先制の3ラン本塁打に関して)結果的にいい先制パンチになったというのは良かった。最低でも犠牲フライという気持ちで打席に入っていた。(球種は)真っ直ぐです。(今季4本目だが、好調の要因は)自分の間で打席に入れていることです。(チームの雰囲気は)全体的にすごくいいので、このままの雰囲気でやっていきたいです。(明日への意気込みは)明日はいい試合して、勝ち点取って優勝に王手かけたらいいと思う。

伊場

(今日の試合を振り返って)疲れた。とにかく疲れた。(8回のホームランについて)ファールになるかと思ったが入ってくれた。追加点が欲しかったので打てて良かった。(リード面で東大打線相手に意識したことは)東大打線はよく振れているので東大だからといってなめずにしっかり警戒してリードした。投手陣は打たれながらもよく踏ん張ってくれた。(連勝中だがチームの雰囲気は)勝つしかない。勝っているので雰囲気は良いが、ゆるむことなく頑張っていきたい

竹内大

(今日のピッチングを振り返って)初回4点取ってもらったその裏にしっかり抑えられたらもっと楽に試合になったと思う。今日こんな苦しい展開になったのは自分に責任があります。(東大打線の印象は)浮いた球はしっかりと打ってくるという印象ですね。(ピンチの場面では相手を抑えこんでいたが)そういうピッチングをいつも心がけています。(明日以降の課題は)点を取ってもらった次の回は3人でしっかり抑えること。今日は全て一回の裏で流れを悪くしてしまったので。

福谷

(今日の投球をふりかえって)調子はよくなかったけど、悪いなりに最低限のことをやった。でも、チームに迷惑かけてしまった。(意識した打者などは)打者というよりも、東大戦ということ自体に苦手意識があった。勝つことはできたけど、投球において苦手な部分が出てしまったと思う。(優勝争いをするために、ますます働きが重要になるが)優勝争いをするということは、チームとして当初の目標なので、チームがこれまで上位にいれるのは嬉しい。先発というよりリリーフでの働きが主となると思うので、これからもチームの勢いに乗れるように頑張る。

菊池

(今日のピッチングを振り返って)球が浮いてしまって、それを打たれてしまったので、2回2安打でちょっと悔いが残る内容になってしまった。(東大のバッターと対戦する際に意識したことは)バッターが振れているというのがわかっていたので、低め低めと思って投げた。(現在の調子は)調子は良いです。(これからの抱負は)リーグ戦が始まってまだ2試合しか投げていないんですけど、どんどん登板して、経験して、結果を残して、長いイニングや試合を任せてもらえるピッチャーに成長したいと思う。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.