慶應スポーツ新聞会

【ラグビー】仲宗根組始動特集⑥“小倉のDNA” 小川優輔×児玉健太郎

 

Bksの要として活躍が期待される児玉(左)と小川(右)

仲宗根組始動特集・第6弾は小川優輔(環4)と児玉健太郎(環2)の対談。瓜生靖治選手(環卒・現キヤノン)、山田章仁選手(総卒・現パナソニック)らから続く“小倉のDNA”を受け継ぐ両選手は、今や慶大Bks陣になくてはならない存在だ。昨季からレギュラーを張ったお二人に、昨季の振り返りからラグビースクール時代や小倉高時代の思い出、今季に懸ける意気込みまで様々なことを語っていただいた。

瞬間の強さが足りなかった

 

――去年は悔しい結果に終わったが、チームに何が足りなかったと思うか 

小川 去年、帝京戦とか見ると、Fwdで負けたというのもあるんですけど、Bksがあまり突破できてないというのもあったので、瞬間の強さが足りなかったと思います。

児玉 Fwdがよく言われるんですけど、僕も試合に出て、ペナルティでもタッチキックをミスしたし、タックルミスもしたし、ハイパントをノックオンとかもしたので、やっぱりFwdだけじゃなくてBKsにも責任があるというか負けた原因が大いにあったと思います。

 

――お二人ともBk3だが、最後列から見た昨季のチームの印象は 

児玉 みんな強かったです(笑)

小川 みんな強いし、うまいしっていう感じですね。やっぱり今この新しいチームでやってみても、去年は一人一人の能力も高かったし、ディフェンスとかオフェンスすべてにおいて統率がなっていて、すごかったなと思います。

 

――新体制になって、現在のチームの状況はどう感じているか 

小川 去年は(学年の)1個上の人がいっぱい出て、その人たちが抜けて、本当に新しいチームになって、今までジュニアにいた選手もシニアに上がってきて、すごいフレッシュな感じもあるんですけど、まだバラバラな感じで、まだまとまりがないかなという感じですね。

児玉 シニア、ジュニア、コルツの位置づけみたいなところがまだ固まってないので、みんなすごくどん欲というか必死にアピールしているというかガツガツした感じがあります。

 

――自身の調子は 

小川 そんなに悪くはないですけど、春からフィットネスをやってきて、疲れが結構きてるなという感じですね。

児玉 (リハビリして)パワーアップして帰ってきたいと思います。

 

 

――田中新監督の印象は

小川 「熱い」という感じですね。その一言ですね。練習中もすごい声出してチームを引っ張ってくれる感じがありますね。

 

 

下級生時からスタメンとして活躍してきた小川

――小川選手は
Bksリーダーに就任したが、抱負は 

小川 去年、僕らの代でBksで出てたのが僕だけだったので、Bksのサインとかも一番わかっていると思うので、しっかりそういうところで引っ張っていかなければいけないなと思います。

 

――戦術的には去年みたいなラグビーをBksも目指していくことになるか 

小川 そうですね。チームコンセプトが「超高速ラグビー」というテーマなので、去年みたいにできたらなと思います。

 

――現時点でチームや自身で課題があるとすればどのあたりになるか 

小川 課題は力強さですね。身体が他のチームに比べてあまり大きくないので、BksでもブレイクダウンとかFwdと一緒に結構バチバチ当たる感じがあるので、そういった面では結構身体をでかくするといった点はどんどん強くしていかなければならないと思います。

児玉 僕もあんまり体重がないので、コンタクトも必要だと思いますけど、ただ体重が重いだけじゃ面白くないので、キレありというか、ウイングだし、パワーランナーになりたいとは思ってないので、そういうキレを向上しながら体重をアップさせていきたい。

 

――Bksでこの選手が注目だという選手はいますか 

小川 ジュニアの方は試合の時ぐらいしかあまり見てなかったので、実際間近で見て一緒にやったりすると結構みんなうまかったりするので。設樂(経2)とか3年の鈴木貴裕(経3)なんかもいいですね。

 

――そのあたりの選手がレギュラー争いに絡んできそうか 

小川 そうですね。強さもあり、速さもキレも結構あるかなという感じですね。

 

 自分の置かれた環境の中では慶應しかなかった

 

――両選手とも同じラグビースクールだったが、初対面の印象は 

小川 そんな絡みないもんね。

児玉 全然絡みなかったですね。僕は小川君のイメージは夏に帽子かぶって、めっちゃ足が速いということしか(笑)

小川 みんなかぶってなかった?

児玉 かぶってましたね。赤い帽子かぶって、ウイングでめっちゃ足速いのを見てたイメージがありますね。話しすることとかなかったですね。

 

――小川選手から見た児玉選手は 

小川 僕はあまり1年生を見てなかったので。あまり絡みないよね?

児玉 小川君の代の鞘ヶ谷(ラグビースクール)は結構強くて、みんなタレントでしたね。すごかったです。

 

――ラグビースクールや小倉高校時代に一緒にプレーしたことはあったか 

児玉 スクール時代はないですね。

小川 (小倉高校時は)健太郎がWTBに入ってやっていましたね。

 

――両ウイングみたいな感じだったのか 

小川 いや僕はFBですね。高校の時は。

 

――その時から児玉選手にとって小川選手はすごい存在だったか 

児玉 僕は1年生の時に試合に出るのが怖かったです(苦笑) まったく余裕がなかったんですけど、ほんとに緊張していた気がします。

小川 そんな感じだったの?

児玉 はい。やられてるイメージがでかいですね。小川君は絶対的な選手だったので、強かったですね。

 

――小倉高校の上下関係は 

児玉 慶應に比べたら全然ゆるいと思います。呼び方も「さん」じゃなくて、スクールが一緒だったら「君」だったので。

小川 今も言ってるけど(笑) みんなからしたら結構違和感ありみたいな。

児玉 よく「ジャニーズか!!」って言われますね(笑)

小川 三木さん(経卒)に結構言われてましたね。

児玉 「俺も君で呼んでくれよ」みたいな。

小川 みんな君付けで呼ぼうよって言いよったもんね。

 

――小倉高校の練習は厳しかったか 

小川 そうですね。厳しかった。まずオフがないんですよね。素人の人も多いので。

児玉 (試合の次の日が)ちょっと軽めかな。でも負けたりしたら逆にきついかなという。

小川 大会とかに負けたときは少し休みがあるんですけど、あとは全然練習でみたいな感じです。

児玉 生活がきつかったですね。朝も7時半から授業があるし、練習が4時ぐらいから始まって、7時8時ぐらいまでありますね。で、残ってウエイトする人はするしみたいな感じで生活がハードでした。

 

――小倉高校で名物の練習などはあったか 

児玉 モールとかじゃないですかね。

 

――それはモールを組むという感じか 

小川 そうですね。Bks相手って感じですかね。

児玉 Fwd8人対Bks全員みたいな(笑)

 

――どっちが勝つんですか 

児玉 最初はBksが勝つんですけど、だんだんFwdがまとまっていく感じですね。

 

――大会や練習で思いでは 

児玉 小川君たちの代の東福岡戦ですね。

小川 思いでの試合といえばその東福岡戦ですね。6点差で負けてしまったんですけど、始めてトライ数が同じだったんですよ。

児玉 前半は勝っていましたね。僕は出ていなかったんですけど、外から見ていて良い試合でした。

 

――今年小倉高校の後輩で石橋選手と川原選手が入部したが、児玉選手から見た2人の印象は 

児玉 石橋選手(環1)はFLの選手で、細身なんですけど運動能力が高くて、タックルがピカイチですね。黒黄も狙えるんじゃないかなと思います。川原選手(環1)はすごいひたむきな性格で、一生懸命なんでも取り組むところがすごい良いと思います。身体も大きいし、川原の父親はすごく有名な人で、その息子だけあって、ちょっと人とは違うものを持っているんじゃないかなと思います。

 

――高校時代の慶大のラグビーのイメージは 

児玉 全く無かったですね。

小川 そこまで見る機会が無かったので。

小倉高では1年間同じチームでプレーした2人

――慶大入学のきっかけは 

児玉 慶應に決めるというか慶應しかなかったです。小倉高校では打倒東福岡でずっとラグビーしていました。結局僕は一回も勝ってないんですけど。小倉高校は文武両道の進学校なので推薦であまり体育会系の選手を5人か6人ぐらいしか入れることができないんです。それに対して東福岡は中学校のスクールのほんとに良い選手をかき集めて、指導者もすごく素晴らしくて、すごい人材とラグビーに集中できる環境がある。さらにメディカルがついてとほんとにもう高校じゃありえないくらい選手も環境も揃っている。逆に小倉高校は勉強しないといけないし、練習時間も睡眠時間も限られるし、人材も限られる中で勝負していった。東福岡っていうのは大学でいう早稲田と僕はすごくリンクしてて、逆に慶應が小倉っぽいというか。僕は小倉みたいな文武両道の勉強面ですごく苦労しましたし、そういうラグビーしかしてない環境にあった人たちは、慶應にはやっぱり来れないので、高校時代きつい思いをした意味もあるし、打倒東福岡を打倒早稲田に変えて、大学ラグビーで燃えれるんじゃないかという思いがありました。それに山田章人選手も瓜生選手も小川君も小田君も慶應に来ていて、自分の置かれた環境の中では慶應しかなかったていうのがありました。

小川 山田章仁さんに誘われた、というのがありますね。最初はそんなに行く気もなくて、ラグビーもするか分からないくらいだったんですけど。練習に来た章仁さんとかに誘われた感じです。(他の大学は)ラグビーでは考えなかったですね。

 

――山田二世と呼ばれることに関しては 

児玉 山田さんはスターなので、二世と呼んでいただけることは嬉しいですね。

小川 光栄ですね。でも章仁さんにはなり切れないので、自分のできることをやっていきたいと思います。

 

――今でもお話は良くされるんですか

小川 章仁さんはこの部室にもけっこう来てくださることもあるので、その時には話しますね。

児玉 すごく面倒見が良い方なので、本当に気遣っていただいています。

――小倉高を目指したきっかけは

小川 僕は勉強もできるところがいいなというのがあったので志望しました。

児玉 僕は東福岡に行ったらレギュラーになれないだろうな、というのがあったので(笑)。良い感じのところでラグビーをしようと思った時に小倉と東筑で迷ったんですけど、早稲田の新3年生の河原崎君に電話で「小倉に来ないか」と言われて、推薦で行きました。

――次にお互いのプレーの印象をお願いします

小川 足が速いですね。サイズもけっこうあるので、簡単には倒れない感じはあります。

児玉 ディフェンスが間違いないです。小川君が詰めたら間違いないです。僕がウイングで危なかったら、後ろから詰めてくれるので、助かってます。

――ディフェンスのコツみたいなものはあるんですか

小川 自分でもよくわからないんですけど(笑)

児玉 センスだと思います。

小川 タイミングとかですかね、パサーの動きを見てみたり。

――感覚的なものですか

小川 そうですね。パスがどのくらいで到達するのかとか、どのくらいでタックルに行ったらちょうど入れるのかとか。

ロングキックは児玉の武器の一つ

――児玉選手は昨季タッチキックを任せられていたが、任せられることにプレッシャーなどは

児玉 タッチキックってノータッチを蹴ったらFwdとかチーム全体で空気が冷めるんですよ。その辺の緊張感はありました。でも、1年生だったので、思いっきり蹴っていきました。カメラでも撮られるので(笑)自分がタレントになるには良いチャンスだと思って強気に蹴っていました。

――林前監督からは

児玉 マットさんからは「思いっきり蹴っていいよ」みたいな感じでしたね。そこが僕には良かったです。

小川 軽い感じで。

――昔からキックは飛ぶんですか

児玉 当たったら飛びましたね。外れたら外れました。大学に入って練習をしたので精度はすごく上がった気がします。

――最高何mとかは

児玉 ちょっと分からないですね。22mから22mに飛ぶくらいだと思います

パスの精度を上げていきたい

 

――今季は春の試合数が少ないと思うが不安は

小川 チームが新しいので試合はけっこうやりたいと思いますね。少しは不安もあるんですけど、練習でちゃんとやれているんで大丈夫だと思います。

児玉 僕は春は3週間くらいグルジアに行ってしまうので、春シーズンは怪我もU-20もあってチームに参加できていないので、そこら辺のチームとコミットできるかですね。僕もAチームに入るためのレギュラー争いもしっかりしなければいけませんし、チャレンジしていきたいですね。

――U-20代表選出でチームを離れる時間も増えるが不安は

児玉 チームも去年とかと全然違う、本当に変わり目の年だと思うので、最初の大事な時期に自分がいないというのはすごく不安ですね。

――春シーズンで個人的にフォーカスしている点は

小川 僕のポジションからすると、外を余らせることです。(オフェンスで)2対2になった時に、相手を切って2対1にして、WTBを余らせるという意識は高いですね。

児玉 とにかくトライを取らなければダメだと思っているので、トライを取る強さや技術を身に付けたいです。あと、僕は去年BK3の連携の動きの意識が低かったと思います。逆サイドまで行ってタックルしたり、足は他人より速い自信はあるのでカバーディフェンスしたり、そういった泥臭いプレーの数を増やしていきたいと思います。

――小川選手はトライへの思いは

小川 トライを取りたいという気持ちはあるんですけど、僕が相手を抜いて、相手のフルバックと2対1にしてウイングに取らせる、みたいのが理想ですね。アシスト役ですね。去年も小斉平さん(商卒)と「僕はアシストですね」「お前はアシストだよ」みたいな感じでトライゲッターじゃないよね、って話をしていました。

――昨季の筑波戦のようなトライは目指したいか

小川 あれはサインプレーが綺麗に決まったシーンでしたね。相手の外側が上がってきて、内側が全然僕に追いついていなかったので、トライできました。あれができれば理想ですね。

――スローガンが「for」だが、具体的にどうチームのために行動していきたいか

児玉 僕は自分がグラウンドでパフォーマンスをアップさせて、チームの戦力になることがチームのためだと思うので、毎日どうすればもっとラグビーが上手くなるとか試合中こうすればいいかとかを考えながら日々を送っていきたいですね。自分の強化が最終的にチームのためになると思います。

小川 僕は去年Bksで出ていたのが僕と健太郎くらいしかいないので、僕が引っ張っていかないといけないと思います。「for」をスローガンにした時に僕はラグビー面だけではなくて、挨拶とか後片付けとかの規律の面でもしっかりやっていきたいと言ったのでそういった面でも引っ張っていきたいですね。

――Bks強化のイメージは

小川 パスの精度を上げていきたいですね。去年は増田さん(環卒)とかはすごく上手かったですし、落合さん(経卒)の判断とかも良くてそういうとこを見習って、精度を上げていきたいと思います。

――今季のBks陣のウリは

小川 まだ全然分からないですね。まだどうなっていくかも分からないので。CTB陣は当たっていくイメージが強いですね。仲宗根(総4)とか柚木(商3)は体が強いですし、けっこう突っ込んでいくタイプなので、そこで突破できればいいと思います。

――今季の目標をお願いします

小川 チームが全体的に変わってきて、去年と違ってバラバラな感じはあるんですけど、そういうところをまとめていきたいです。他のチームも変わっていて、そういう点で不利とは感じていないので、個人個人のプレーの精度や士気を上げていけたらなと思います。

児玉 僕はまだ下級生なので周りの選手を気遣うよりも自分を高めたいですね。去年のチームでは僕と小川君しか試合に出ていなかったので、僕も期待していただいている面もあると思うので、そこはプレッシャーに感じず力に変えていきたいです。去年と変わらずに自分がタレントになることだけ考えてやることがチームのためになると思うので、思いきってプレーしたいと思います。

By Daiki Yamamoto

小川 優輔(おがわ・ゆうすけ)

小倉高を経て、現在環境情報学部4年。今季はBksリーダーも務める。1年時の対抗戦初戦からスタメンを務めるなど、安定したディフェンスを武器に下級生時から主にWTBとして活躍。昨季はFBとして対抗戦・大学選手権に全試合スタメン出場を果たした。ポジションはWTB/FB。1㍍77、80㌔

児玉 健太郎(こだま・けんたろう)

小倉高を経て、現在環境情報学部2年。高3時には高校日本代表にも選ばれた。昨季はロングキックや快速を生かした決定力を武器に対抗戦・立大戦からスタメンに定着。U‐20にも選出され、さらなる成長が期待される。ポジションはWTB/FB。1㍍82、75㌔

 



児玉選手がU‐20日本代表に選出!

――先日のU-20強化合宿を振り返って

児玉 僕今軽くケガ人で、足の調子が良くないんですけど、その中で海外に行って他の大学のレベルの高い選手たちと生活できたことはすごく自分にとって貴重な時間だったと思います。

――ケガというのは遠征中に負傷したのか

児玉 U‐20のセレクション合宿があって、2月26日のセレクション合宿でケガをしてしまいました。

――プレーに支障は

児玉 足と相談しつつという感じですね。スコットランドでは一応テーピング巻いてやってたんですけど、今慶應ではしっかり治してからやるということでリハビリさせていただいています。

――先日、U20代表に選出されたが

児玉 今までの強化合宿やセレクション合宿で、ケガしてあんまりアピールできてないので、もしかしたらリザーブでの出場になるかもしれませんけど、やっぱりトライを取って、スタートから試合に出て、もし出れなくてもトライを狙いたいと思います。

――強化合宿で海外の選手と対戦して新たな収穫はあったか

児玉 海外の選手は日本の選手に比べてやっぱり身体は大きいんですけど、すごくプレーが雑なところがあるし、日本には日本の強みというのがすごくあると思います。そういうのが試合を通してしっかり見れたので、外人相手でも日本のラグビーをすれば通用するっていうのはすごく自信になりました。

――合宿の中で、自分が通用すると思った点は

児玉 僕はWTBなので、ボールを持った時のランニングでアピールしていきたいなと思います。あとカバーディフェンスとか、(ボールを)取られて、トライかなと思うところを後ろから相手選手に追いついて、そういう泥臭いところからもしっかりアピールしていけるようにできたらいいなと思います。

――U20の中でライバルになると思う選手は

児玉 筑波大の彦坂選手なんかは去年も大学ラグビーでも活躍しましたし、去年は14番だったんですけど、今年は11番の黒黄を狙っているので、その夢が叶ったら必ず対戦する相手だと思うので、早稲田の中靍選手なんかと一緒に彦坂選手はU-20の中というよりも大学ラグビーのライバルだと強く意識しています。

――自身の中では11番をやりたいという気持ちが強いか

児玉 去年から11番をやりたかったんですけど、やっぱり去年は三木さん(経卒)という絶対的な選手がいて、僕はその中で14番を選択して、試合に出させてもらって、僕は足が左利きなので、走りながら裏にキック蹴るのも左ウイングの方がやりやすいですし、左の方が勝負できるというか、自分の中でやりやすいというのがすごくあるので、去年とまた違うパフォーマンスを見せる自信はあります。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.