慶應スポーツ新聞会

【テニス(女子)】快進撃の平田、ベスト4入り決定!/全日本学生テニス選手権大会7日目

初の大舞台でも実力を遺憾なく発揮している

迎えた本戦7日目、女子部で唯一勝ち残る平田歩(総1・岡山学芸館)はベスト4の壁に挑んだ。サーブレシーブで圧倒し第1セットを先取するも、第2セットはキープが続く苦しい展開に。緊張の第12ゲーム、デュースの末ブレークした平田がこのセットを制し、準決勝進出を果たした。

全日本学生テニス選手権大会 シングルスQF

2018年8月19日@岐阜メモリアルセンター

 

◇女子シングルスQF

 

○平田歩(総1)

2{6-4,7-5}0

小池風紀(園田女大)

立ち上がり調子の上がらない相手選手をよそに、平田は安定したサーブレシーブを見せゲームを優位に進めていく。甘く浮いたボールを鋭いコースに強打するなどしてポイントを重ね、2度のブレイクに成功。一時、挽回を図る相手にサービスゲームを奪われる場面も見受けられたが、ミスを少なく抑えた平田が第1セットを先取する。勢いそのままに奪いたい第2セットだったが、相手も調子を上げ、試合は互いにサービスゲームをキープするシーソーゲームとなる。6-5の相手サーブで迎えた緊張の第12ゲームは、両者強気のラリーを続けデュースへと突入する。手に汗握るこの展開で、相手のサーブミスからチャンスを得た平田が勢いに乗りポイントを連取。大接戦の第2セットを勝ちきり、見事ベスト4進出を果たした。平田は次戦、今大会第4シードの牛島里咲(筑波大)と対戦する。自身初となる学生タイトル獲得までは、あと一歩だ。

 

(記事・写真:堀口綾乃)

Comments are closed.