慶應スポーツ新聞会

【野球】ルーキー特集 STARDOM!① 塾高エース&4番 森田晃×正木

KEIO新時代を告げる風雲児たちがやってきた。2018年慶大野球部の門を叩いたルーキーたちは早くもまばゆい光を放っている。そんなルーキーを取り上げるこの新企画では、2人の対談を3回に分けてお送りする。

再びKEIOを背負う日も遠くないだろう

第1回は激戦区神奈川の一角を占める慶應義塾高校出身の2名による対談だ。昨年まで同校でエースを務めた森田晃介(商学部)(以下森田)、4番に座った正木智也(法学部政治学科)(以下正木)。ともに2年次からエース・4番を任され、2年夏の大会では県大会決勝まで勝ち進んだ。そんな高校時代からともに戦ってきた2人に話を伺った。

――まず他己紹介をお願いします

正木:森田はコントロールが良くて、いつもキャッチャーが構えたところに投げていますね。変化球も良いので、コントロールと変化球で相手バッターをかわしていくタイプです。

 

森田:高2の時から僕がエースで正木が4番で、プレーで僕たちが引っ張っていかなきゃいけない感じでした。正木は頼れる4番というか、ここで一本欲しい時に打ってくれて、勝負強さはありましたね。大学に入っても、僕はリーグ戦のベンチに一回しか入ってないですけど正木は試合に出て、ちゃんとヒットも打っててすごいなって思います。でも正木とはそんな一緒に遊びにいくとかはないですね。

 

――では高校の時からあまり二人で行動しないんですか

正木:ちょくちょくありましたけど、最近はそんなにないですね。

 

森田:今は寮も違うので。

 

――今年は慶應義塾高が甲子園に出ていましたが、後輩の姿はどうでしたか

正木:一言でいうと、普通に強いという感じですね。打線の繋がりがあって、スタメンも固定されていなくていろんな選手が出ていて、そういうスタメン争いが強さの秘訣なのかなって思いました。

 

――大学に入ってから高校時代と変わったことは

森田:やっぱり一番大きいのは寮生活になったことですね。あとは自由な時間が増えました。

 

正木:寮からグラウンドも近いので野球できる時間も増えましたね。

 

――今練習していて、高校よりもレベルが上がったと感じますか

正木:感じますね。外野手は1年の若林(将平=環1・履正社)も橋本(典之=環1・出雲)も渡部(遼人=環1・桐光学園)もみんな上手くて、1年生でさえ争いが激しいのに2、3、4年もいるので、レギュラー争いが激しいです。

 

森田:先輩方は本当にみんなすごい方ばかりで、僕の実力がまだまだなのは日々感じます。でも、そういう先輩がいるからこそ追いつこうと思って頑張れますね。

 

――大学生活はどうですか

森田:正直こんなに勉強するとは思ってなかったですね。

 

正木:結構勉強しても難しいです。

 

森田:商学部は経営学がレポートもテストもあって辛かったですね。

 

正木:僕は語学ですね。スペイン語が厳しかったです。

 

和やかなムードで対談は進んだ

――オフの日の過ごし方は

正木:友達と遊ぶか家に帰るかです。友達と遊ぶ時は映画を観たり、カラオケもよくいきます。

 

森田:僕は家に犬が2匹いるので、オフの日は家に帰って犬に会いに行きます。

 

正木:僕も家に犬がいるんで、帰りたくなっちゃうね(笑い)

 

森田:オフはやっぱり癒されないと。犬が癒しです。

 

――趣味はありますか

正木:カラオケですね。

 

森田:正木は歌上手いですよ。

 

正木:そんな上手くないよ(笑い)いろんなジャンルの歌を歌いますね。最近好きな歌手はWANIMAですかね。ウエイトで先輩がよく流している影響です。

 

森田:僕は歌うのあんまり好きじゃないので、高2以来行ってないと思います。趣味は、ピアノですね。家帰ったら弾きます。

 

正木:え!そうなの?

 

森田:あんまり上手くないですけど、小学生の時にやっていて。その時に習った曲を適当に弾く感じです。

 

――1年の雰囲気はどうですか

正木:学年でこの前ご飯に行って、それで結構仲が深まったと思います。でも元々結構仲良い方だよね?

 

森田:そうだね。でも全員でまとまる機会はチームが分かれちゃうとあんまりないので。

 

正木:野手とピッチャーは特に練習だと関わりないですね。でも基本仲良いよね。

 

――仲のいい1年は

正木:渡部遼人ですね。中学時代から一緒なので。高校は違ったんですけど、でも同じ神奈川の高校で。あとは丸谷(浩太郎=総1・國學院久我山)も中学時代から一緒で、大学でまた一緒になってから3人でよく喋ったりしてます。

 

森田:僕は大学に入ってから衞藤晃(商1・慶應志木)と仲が良いですね。部屋に遊びに来たり、僕のベットで寝てたりします。

 

――大学でライバルはいますか

正木:若林です。同じ長距離バッターで、若林のスイングとかを見て僕も負けないようにしないと、と思います。ウエイトでも若林がこの重量上げてるからもっと自分も上げてみようと思えたりとかするので、いい刺激をもらっています。

 

春はフレッシュリーグで研さんを積んだ森田晃

――お互いのポジションに憧れはありますか

正木:僕はピッチャーやりたくないです。(笑い)高校時代からずっと森田のピッチングを見ていると、ピッチャーは初回から9回までずっとしんどいなってイメージがあります。バッターは4、5回しか打席が回ってこないですけど、ピッチャーだとピンチが何回もくるのも嫌ですね(笑い)

 

森田:外野手になりたいとは思わないですけど、ホームラン打ちたいなとは思いますね。ホームランを打ってゆっくりダイヤモンドを回るのは気持ちいいんだろうなと思います。

 

――ピッチャーとしては、正木選手のような打者がくると嫌ですか

森田:嫌ですね。高校時代の練習で打たれた記憶はあんまりないですけど。

 

正木:確かに!10回くらい練習で対戦したんですけど、森田からヒット打った記憶はないですね(笑い)

 

森田:高めの空振りしかイメージないな(笑い)でも怖いですよ。相手に正木がいたら嫌だなと思います。

 

――プレッシャーに打ち勝つにはどうしていますか

正木:僕は春からチャンスで何回も出させていただいていますけど、あんまり考えすぎず、1年らしくしっかりとスイングを入れてフレッシュに思い切りよく行ければいいなと思ってやっていますね。そんなに考え過ぎないようにしています。

 

森田:僕もあんまり考えないですね。

 

正木:考えすぎると力が入っちゃうからね。でも緊張はめちゃくちゃします。

 

――もし自分が野球じゃないスポーツをやるとしたらどのスポーツをしますか

正木:バスケかな。

 

森田:俺はテニスとかがいいかな。なぜか「テニスやってますよね?」ってよく言われるんですよね(笑い)

 

正木は早くもスタメン出場を果たし、虎視眈々とレギュラーを狙う

――憧れている先輩は

正木:僕は郡司さん(裕也=環3・仙台育英)のバッティングが本当にすごいなと思います。右方向にも打つことができています。僕はまだまだそんなことは出来ないので、見習っていければなと思っています。

 

森田:僕は高橋亮吾さん(総3・慶應湘南藤沢)ですね。コントロールが良くていろんな変化球を使っていて、タイプが似ていると思います。見習っていきたいなと思っています。

 

――憧れの野球選手はいますか

森田:ジャイアンツの菅野投手(智之)ですね。コントロールが良くて球も速いのがすごいです。

 

正木:ジャイアンツの坂本選手(勇人)ですね。バッティングの動画をよく観ます。かっこいいので好きです。

 

――2人とも巨人ファンですか

正木:僕はそうです。

 

森田:僕は横浜出身なのでDeNAベイスターズが好きですね。

 

――春のリーグ戦で印象に残ってるプレーはありましたか

正木:立教の1回戦です。9回2アウト一・三塁、3点差で負けていた場面で代打で出させてもらいました。同じ1年生の川端(健斗=コミ1・秀岳館)というピッチャー相手に、センター前タイムリーを打って、その後1点差まで追いつくことができました。結局は負けてしまったんですけど、後に繋げられたこの代打の打席が一番印象に残っていますね。

 

森田:自分のプレーで印象に残るほど良かったのはないですね。フレッシュは最下位で、勝ち切れなかったのはピッチャー陣の責任だと思っています。僕も大事なところで失点してしまったのでトータル的には全然ダメでしたね。リーグ戦は見ていましたが、明治戦での逆転勝ちは印象に残っています。今年は逆転勝ちが多くて、失点しても取り返してくれそうな雰囲気がありましたね。

 

――この夏、意識して取り組んでいることはありますか

正木:チームとして1日800スイングを目標にしていて、スイングスピードを上げたり体力をつけたり、そういう面は意識してやっています。

 

森田:僕は球速を上げることですかね。他大学の法大とか立大とか明大とかみんな同学年で甲子園に出ていて、150㌔投げる人もいるので、負けないようにスピードを求めて練習しています。

 

――秋季リーグの意気込みをお願いします

正木:僕はバッティングが期待されていると思います。とにかくバッティングでチームに貢献できるように、そしてホームランを秋のリーグ戦で打ちたいと思います。

 

森田:オープン戦で結果を出して秋のリーグ戦でベンチに入ります。出れるとしたらリリーフだと思うので、出された時にしっかりと自分のピッチングができるようにレベルを上げて行きたいなと思います。

 

――最後にケイスポの読者に一言お願いします

正木:秋のリーグ戦では僕のバッティングに期待してほしいです。

 

森田:3連覇できるようにチーム全員で頑張っていくので応援よろしくお願いします。

 

――ありがとうございました!

この取材は8月18日に行ないました。

(取材:澤田夏美)

♠森田 晃介(もりた・こうすけ)

慶應義塾高を経て、商学部1年。投手。高校2年夏には背番号1として準々決勝の東海大相模戦で8回2失点。県大会準優勝に貢献した。速球と変化球を丁寧に投げ込む制球力が自慢。1㍍76、78㌔、右投右打

♠正木 智也(まさき・ともや)

慶應義塾高を経て、法学部政治学科1年。外野手。高校2年秋の関東大会、1回戦で翌年夏の選手権大会を制する花咲徳栄高と対戦。綱脇慧(東北福祉大)から場外本塁打を放ち、コールド勝ちの立役者となった。1㍍81、86㌔、右投右打

Comments are closed.