慶應スポーツ新聞会

【ラグビー】【速報】大学選手権第2戦/筑波大戦

国立への切符をかけて茂木組が挑んだのは筑波大。対抗戦1位のチームを撃破しなければ国立の舞台に立てないという、まさに背水の陣となった一戦は、先制トライを奪うなど最高のスタート。しかし、徐々に接点で押し込まれてしまい劣勢に。懸命なディフェンスを見せるも、最後には力の差を見せつけられ28-55でノーサイド。大学日本一の悲願は来年に託されることになった。

12月16日(日)大学選手権第2戦

vs筑波大@秩父宮ラグビー場

慶大28—55筑波大

得点者(慶大のみ)

T=瀧口、森川、山田、川原

G=瀧口4

 

試合は前半から慶大ペース。筑波大のキーマンであるWTB彦坂へ、SH宮澤が猛タックルを決める。先制したのは慶大。開始早々の9分、ラインアウトを起点に敵陣深くまで攻めこむと、CTB高田のキックパスに反応したWTB瀧口がトライ。すぐさま同点に追いつかれるも、20分ラインアウトでのサインプレーからFL森川が飛び込みトライ。しかし、ディフェンスのコミュニケーションが乱れ筑波大の強いランナーに突破を許す。終盤に立て続けに失点し、14-31で前半を折り返した。

風上に立った後半。優位に立ちたかったが、最初に流れをつかんだのは筑波大。慶大はFWの密集サイドでも突破を許す。8分と11分に失点し14-41。ほとんどボールを持てない慶大は苦戦を強いられる。それでも相手の反則から敵陣の深いところまで陣地を挽回。FW戦を制し、最後はLO山田がトライ。その後は慶大の集中力が切れたところに、筑波大が大きくボールを動かす展開。一矢報いたい慶大は、SO宮川のパスを受けたWTB川原が豪快にトライを挙げたところでノーサイド。28-55と敗戦を喫した。これで慶大は3季連続で国立の舞台を逃すことになった。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.