慶應スポーツ新聞会

【野球】総力戦で全勝対決を制す 法大②

10月15日(火)東京六大学野球秋季リーグ戦 法大2回戦 @神宮球場

先制の適時打を放った主将・郡司

 

ここまで全勝同士の対決に先勝し迎えた法大2回戦。序盤に郡司裕也(環4・仙台育英)の中前適時打で先制するも7回に法大に同点とされる。しかし最終回打線が粘りを見せ1死満塁の好機を演出すると、ルーキー・下山悠介(商1・慶應)の適時打と郡司の押し出し四球で2点を勝ち越し。投手陣も6人の継投で法大打線を1点に抑え、3ー1で接戦を制した。

 123456789
慶大0010000023
法大0000001001

慶大バッテリー:森田晃、増居、生井、高橋亮、○石井、津留﨑-郡司

法大バッテリー:高田孝、鈴木、●三浦、新井-伊藤

◆慶大出場選手

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)
1[9]中村健人(環4・中京大中京)
2[5]下山悠介(商1・慶應)
3[8]7柳町達(商4・慶應)
4[2]郡司裕也(環4・仙台育英)
5[7]正木智也(政2・慶應)
1石井雄也(商4・慶應志木)
H3福井章吾(環2・大阪桐蔭)
6[4]小原和樹(環4・盛岡三)
7[3]嶋田翔(環3・樹徳)
宮尾将(商1・慶應)
1津留﨑大成(商4・慶應)
8[6]瀬戸西純(政3・慶應)
9[1]森田晃介(商2・慶應)
1増居翔太(総1・彦根東)
若林将平(環2・履正社)
水久保佳幸(総3・慶應)
1生井惇己(総1・慶應)
1髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)
8渡部遼人(環2・桐光学園)

昨日の勢いに乗って連勝したい慶大だが、法大は昨秋3回戦にもつれ込み、4時間45分にわたる死闘を繰り広げた因縁の相手。厳しい試合が予想される中、先制したのは慶大だった。3回表に先頭・森田晃介(商2・慶應)が中前安打で出塁すると中村健人(環4・中京大中京)の犠打と柳町達(商4・慶應)の左前安打で好機を広げる。4番・郡司がフルカウントから粘った末の13球目を中堅手の前に運び、主将の一打で貴重な先制点を奪う。

慶大先発は立大戦で完封勝利をあげた森田晃。1回2死から連打で一、二塁とされるも後続を打ち取り得点は許さない。先制してからは3回、4回と安定した投球で三者凡退に抑える。 6回裏からは増居翔太(総1・彦根東)が登板。三塁まで進まれるが無失点で切り抜ける。3番手・生井惇己(総1・慶應)が先頭打者に左翼への二塁打を打たれ1死三塁でマウンドを降りると、代わった髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)が三ゴロで1死を取るも続く打者に二塁打を浴び、試合を振り出しに戻されてしまう。なおも2死二塁から右前安打を放たれ逆転かと思われたが、中村健の好返球で本塁刺殺。試合の流れを変える好守でピンチをしのぐ。

5回無失点に抑え、今季失点のない森田晃

一方追加点をあげたい打線は4回以降得点できない。7回表に代打・若林将平(環2・履正社)の右翼線への二塁打、8回表には郡司の右翼フェンス直撃の二塁打でそれぞれ1死二塁とするが後続が倒れ得点は叶わなかった。

同点で迎えた最終回、慶大が意地を見せる。先頭打者・嶋田翔(環3・樹徳)が相手の失策で出塁し瀬戸西純(政3・慶應)が犠打を決めると、途中から出場した渡部遼人(環2・桐光学園)が内野安打、中村健の死球で1死満塁となり、ここで打席に立つのは今季からスタメンに定着した下山。今日2本目となる安打を放ち、勝ち越しに成功する。なおも満塁の場面は続き、郡司が四球を選び、押し出しでさらに1点を追加。試合後に大久保監督が「みんなの気持ちが1つになって良い結果になった」と話したように、全員で勝ち取った2点だった。 その裏今年度失点のない津留﨑大成(商4・慶應)が法大打線を3人で切って取り、苦しい試合展開が予想された法大戦を連勝という形で飾り勝ち点とした。

決勝点となる勝ち越しの適時打を放った下山

山場の法大戦を二連勝で飾り、慶大は開幕から6戦無敗で単独首位に躍り出た。最終回見事な「つなぎの野球」で勝ち越しに成功した打撃陣。ここまで防御率0.00の森田晃をはじめとした頼れる投手陣。投打ともに好調で今後への期待が高まる。しかし残塁数は11と好機を生かしきれない場面もあった。ここで気を緩めるわけにはいかない。これからも優勝のために負けられない試合が続く。「すぐ準備して頑張ります」という大久保監督の言葉のように、4日後の明大戦に向けて万全の状態で臨んでほしい。

(記事:小嶋華、写真:川下侑美、左近美月、小林歩)

◆打撃成績

   123456789
1[9] 中村健四球三犠打三ゴロ見三振死球
2[5]下山二ゴロ空三振右安遊ゴロ右安①
3[8]7柳町空三振左安空三振二ゴロ遊直
4[2]郡司四球中安①右飛右2四球①
5[7]正木四球見三振一邪飛右飛
1石井
H3福井見三振
6[4]小原中安死球右飛中飛
7[3]嶋田空三振中飛空三振遊失
宮尾
1津留﨑
8[6]瀬戸西三直空三振左飛一犠打
9[1]森田晃中安中飛
若林右2
水久保
1生井
1髙橋亮
8渡部遼遊安

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
森田晃7186945000
増居14910000
生井1/32810011
髙橋亮2/33620000
石井131101000
津留﨑131200000

◆監督・選手コメント

大久保秀昭監督

――今日の試合を振り返って

よく粘って、昨日に続いてしんどい試合をものにしたなと思います。

 

――森田投手は今日も安定していました

序盤からかなり飛ばしていて、今日は早めに交代したのですが、次はもう少し長く頑張って欲しいです。

 

――郡司選手が2安打と好調でした

素晴らしいね。あの粘りと相手に対するプレッシャーのかけ方と。郡司1人じゃなくてその前後、柳町や正木、中村といった選手がいるから相手も勝負せざるを得なくて、本当にバランスの良い攻撃ができていると思います。

 

――9回に勝ち越しました

みんなの気持ちが1つになって良い結果になった、それだけです。

 

――次の試合に向けて一言お願いします

まだ大きな山があと2カード残っているので、すぐ準備して頑張ります。

 

郡司裕也主将(環4・仙台育英)

――勝ち点3獲得おめでとうございます。率直な感想は

いやぁ大きいですね。こういう厳しい戦いになることは分かっていたので、辛かったですけど乗り越えられてよかったです。

 

――先制適時打を放ちました

めちゃくちゃ集中しました。もうここしか見えていないっていうくらいかなり集中しました。

 

――同点に追いつかれた場面もありましたがチームで話したことはありますか

想定内だったので、法政戦はこうなるものだから、ここで勝ちきったら優勝が見えて来るぞという話をしていました。

 

――投手陣はいかがでしたか

一点は取られましたけどピッチャー陣に支えられているので、言うことはないです。

 

――森田投手の調子はいかがでしたか

最後は足がつってしまったんですけど、最後までよく粘ってくれました。

 

――明後日にはドラフト会議が控えています

ドラフトでどうこうっていうことはないですけど、森下が一位で呼ばれて、土曜日は世間が森下に注目する試合になると思うので、そこで僕たちが打ったら慶應やるな、と思われるので、彼から打ちたいですね。

 

――明治戦に向けて意気込みを

日程がかなり厳しいところもあるんですけど、連勝できた勢いもあると思うので、この勢いのまま明治もしっかりと倒していきたいなと思います。

 

石井雄也(商4・慶應志木)

――試合を振り返って

昨日もそうなのですが、投手陣としてはロースコアに抑えることができたのでとてもいい試合ができたと思います。

 

――法大との全勝対決のカードを制しました

「負けたら終わり」という強い覚悟を持って試合に臨んだので、勝つことができてよかったです。

 

――どのような心構えで登板されましたか

同点の場面だったので、本当は投げたくなかったのですが…(笑)。監督から「行け」と言っていただいたので、あそこまでゲームを作ってくれたみんなのためにも一生懸命投げようと思いました。

 

――本日の勝利投手です

1イニングしか投げていないのですが、野手のおかげでついた勝ち星なのでチームのみんなに感謝しています。

 

――次の明大戦に向けて意気込みを

春は明治に負けて優勝できなかったので、秋こそは勝って優勝したいと思います。

 

渡部遼人(環2・桐光学園)

――今日の試合を振り返って

最初から厳しい戦いになるとは分かっていたんですけど、結果として全員が出て総力戦で勝てたというのが一番良かったと思います。

 

――今日までしてきた準備は

代走や代打でしっかりつなぐというのが仕事なので、試合前に改めて、どういう場面で出されるか、その場面にどう自分が合わせられるかというのかということをしっかり考えて準備しました。

 

――9回表に安打を打ちました

監督が9番に自分を入れたのは、つないでほしい思いからだったと思うので、その思いに応えて自分が点につなげられたのは自分にとって一番良かったです。

 

――どのような気持ちで打席に立ちましたか

意気込みすぎると結果が良くないのが自分でわかったので、できるだけ落ち着かせて打席に立ちました。

 

――その後、盗塁もしました

盗塁は自分の役割なので、いけるときにいくと決めているので、そこでチャンスを広げられて良かったです。

 

――次の明大戦に向けて

良いピッチャーがいるので、そこをどう打ち崩していくかがスタメンの選手にかかっていると思いますし、二枚目の選手がどれだけ仕事できるかで点数の取り方の幅が広がっていくと思うので、そういう一枚目の選手も二枚目の選手もしっかり自分の役割を果たせるように準備することが大事だと思います。

 

森田晃介(商2・慶應)

――先発投手としてどんな意気込みで試合に臨みましたか

法政打線一人一人力があって、今日はストレートを中心にしていこうという話だったので、強いストレートを投げることを意識しました。

 

――郡司選手とは試合前にどのような話をされていましたか

法政打線今シーズンはあんまり当たっていなくて一人一人斬っていけば大量得点になることはないだろうということで、しっかりとコースに投げることを意識しようと話していました。

 

――今季は無失点です。自信を持てていることの表れでもありますか

夏のオープン戦から自分の思ったような投球が出来ているので、それを維持して自分の投球が出来ているなと思います。

 

――法大戦を振り返って

本当に野手がしっかり守って、粘って粘って最後勝ち越してチーム全員で勝利するというチームとしてやりたいことが出来ていて、自分のやるべきことが出来ました。

 

――明大戦に向けて

春に連敗していますし、あと3日しかないので、しっかり準備して臨もうと思います。

 

若林将平(環2・履正社)

ーー今季初安打でした

代打として出たのは4回目で、そこまで3回のチャンスを無駄にしてきました。今日の法大戦は優勝がかかっていて、そこに向けて準備してきたのでより気持ちも入っていたので、あたりは良くなかったのですが気持ちで打ちました。

 

ーーガッツポーズも見られました

自分的にはいい当たりではなかったのですが、ベンチを見たら大喜びしてくれていたのが嬉しくて(ガッツポーズが)でました。

 

ーー交代が告げられた時の気持は

その前の回から投手に回ってきたら代打、と言われていました。準備はずっとしてきたので、絶対打ってやるという気持ちで臨みました。

 

ーー因縁の相手に二連勝

昨日は和樹さんがヒーローでしたし、4年生の力がすごいなと思っていて、その中で監督が今日は下級生の力も使わないと、と言っていたので少しは貢献できたのかなと思いました。

ーー次の試合に向けて

ここまで無敗で6連勝していますが、すぐに明大戦があるのでここですぐに切り替えて結束して頑張ろうと思います。

 

下山悠介(商1・慶應)

――今日の試合を振り返って

なかなか次の一点が取れなくて、次の一点がキーになる試合だったと思います。

 

――9回には1死満塁の場面、どんな気持ちで打席に立ちましたか

前のチャンスで凡退してしまったので、次こそ打ってやろうという気持ちで打席に立ちましたか。

 

――初球から行こうと決めていましたか

三浦さん良いピッチャーなので、追い込まれる前に打とうと思っていました。

 

――昨日2安打、今日も2安打と好調を維持しています。好調の原因は何でしょうか

打席の中で強いスイングが出来ているからだと思います。

 

――打率もチームでもっとも高い.391を記録しています

打率はあんまり気にしていなくて、一打席一打席集中して自分の役割を果たせるようにという気持ちでやっていますし、これからもその気持ちでやっていこうと思っています。

 

――天王山とも言える法大戦を制しました。次は明大戦です。どんな対策をしていきますか

明治の映像とかまだ全然見ていなくて、帰って見て、明治には万全な状態で臨めるように準備していきます。

 

――今後の意気込みをお願いします

勝ち点5で4年生たちと優勝したいですし、自分の役割をしっかりと果たせるように頑張りたいと思います。

Tagged as: , , , , ,

Comments are closed.