慶應スポーツ新聞会

【ソッカー(男子)】小山内、山田の鮮やかな逆転劇で今季初の勝ち点3! 第7節 Vs流通経済大

日川のロングスローが逆転を呼び込んだ

明大戦から4週間の期間を経て再開した関東大学サッカーリーグ。24分に一瞬の隙を突かれ先制を許すも、慶大は中盤にかけて徐々に好機を増やしていった。47分、ロングスローのこぼれ球を受けた小山内慎一郎(総4・青森山田)のシュートがゴールネットを揺らし同点に追いつくと、71分には山田大敬 (総4・京都サンガF.C.U-18)オーバーヘッドで逆転に成功。慶大が待望の今季初勝利を飾った。

2021/05/30(日)11:30ko @駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場

【スコア】

 慶應義塾大学 2ー1 流通経済大学

【得点者】 

0-1 24分 佐藤響(流通経済大学)

1-1 47分 小山内慎一郎(慶應義塾大学)

2-1 71分 山田大敬 (慶應義塾大学)

 

◇慶大出場選手

GK 村上健(政1・國學院久我山)

DF 酒井綜一朗(政4・慶應)

DF 谷本竜一(総4・FCトリプレッタユース)

DF小林誉貴(商4・清水東) 

MF橋本健人(総4・横浜FCユース)

MF日川優太(商4・高崎)

MF 山口紘生(商1・國學院久我山)→HT 田嶋凛太郎(総4・三菱養和SCユース)

MF山本献(商2・國學院久我山)→HT山田大敬(総4・京都サンガF.C.U-18)→90+1分 新津裕也(文4・上田)

MF小山内慎一郎(総4・青森山田)→79分 新津裕也(文4・上田)

MF齊藤滉(商3・FC町田ゼルビアユース)→90+3分  塩貝亮太(商2・暁星)

FW古川紘平(政3・学習院)→HT 宮本稜大(商3・國學院久我山)

やってきたことを出すだけだ

前節の明大戦から4週間の中断期間を経て流経大戦を迎えた慶大。ここまで1分4敗の最下位に沈んでおり、このまま上位戦線から離脱するわけにはいかない。逆襲の6月に向けて、チーム一丸となり今季初勝利をつかむ。

ルーキーながらスタメン出場を続ける村上

キックオフ直後CKを頭で合わせたボールがクロスバーに直撃するなど、序盤は流経大に押され気味の展開に。試合が動いたのは24分、中央の空いたスペースにボールを入れられると、走り込んできた佐藤響(4年・水戸啓明)がワンタッチで合わせたシュートはゴール左隅に吸い込まれ先制を許してしまう。失点はしたものの28分、古川紘平(政3・学習院)のシュートから慶大は徐々に得点の機会を窺っていく。42分には日川優太(商4・高崎)のロングスローを酒井綜一朗(政4・慶應)が頭で落とし、橋本健人(総4・横浜FCユース)がシュート放つも相手GKの好セーブに阻まれる。終了間際には連続CKで好機を演出するなど、ゴールの機運を伺わせながら前半が終了した。

2度の得点機を演出した日川のロングスロー

後半開始早々、日川のロングスローに相手GKが飛び出しはじいたボールを橋本が小山内に頭で流し小山内が右足を一閃。小山内のゴール左隅に突き刺さるシュートで試合を振り出しに戻した。同点直後右サイドから中央に切り込まれ、素早い縦パスをトラップしてシュートを打たれるも村上健(政1・國學院久我山)が好セーブを見せ得点を許さない。両チームともPA内まで攻め込むものの得点シーンが生まれず膠着状態に入りかけた71分。再び日川のロングスローを酒井が落とし、山田のオーバーヘッドがゴール右隅に吸い込まれ鮮やかな逆転劇。その後も攻撃の手を緩めず、上位大相手に慶大が今季初の勝ち点3を獲得した。

待ちに待った瞬間が訪れた

序盤は押し込まれる展開が続き先制を許しながら、少ない好機をものにした今節はまさに狙い通りの展開だったのではないか。決定機という場面は作らせず、相手のミスに付け入る組織力あるサッカーを見せてくれた。文字通り今季初勝利を飾った慶大だが、インカレ出場に食い込むにはまだまだ白星を積み重ねる必要がある。真夏の決戦に向けて、荒鷲軍団の逆襲はまだ始まったばかりだ。

(記事:小林由和 写真提供:慶應義塾體育會ソッカー部)

※当記事は緊急事態宣言発令を受け、オンライン中継を見て執筆しました。そのため監督及び選手へのインタビューは行っておりません。ご了承下さい。

Tagged as: , , , , ,

Comments are closed.