【バレーボール】早慶戦直前!特別企画 男子主将対談 岩本大吾×小出捺暉

2021年度バレーボール

左から慶大・小出、早大・岩本

第85回早慶バレーボール定期戦まであと1日。今回は早大・岩本大吾主将(スポ3・市尼崎)と慶大・小出捺暉主将(環4・駿台学園)の対談をお送りする。チームの先頭に立つお二人の主将としての今シーズンの振り返りや早慶戦に向けた意気込みなど、たっぷりとお話を伺った。

(※この取材は12月13日(月)に早稲田スポーツ新聞会と合同で行いました。)

 

――さっそく始めたいと思いますが、面識はありましたか?

小出 直接的な面識はないよね。

岩本 ないですね。

小出 知ってはいるんですけど、直接話したことはないです。

 

――高校時代に対戦は?

小出 いや、してないと思います。しましたっけ?

岩本 僕は出てなかったんですけど、捺暉さんも出てなかったかな。春高では何回か。

小出 春高では試合しましたね。

岩本 でも出てなかったです。

小出 一瞬出たな、俺は(笑)。

 

――ではお互いを認識したのは大学に入ってからですか?

岩本 そんな感じですね。

小出 岩本くんが高校3年生の時かな、Twitterか何かで知ったかもしれないです。

 

――お互いのチームにどなたかお知り合いは?

 小出 岩本くんは慶應に知り合いいるんですか?

 岩本 えーと、安達(安達龍一=環3・洲本)が兵庫なので国体で一緒だったので、仲良いくらいで。あとは降(降小雨=商3・慶應)とかは選抜とかでやったことあるんですけど、それくらいですね。

小出 うちの安達くん、どうでした?

 岩本 別の高校から1人選抜されて僕らの所に入ってきて、たぶん緊張してたと思うんですけど、すごいいい子やなっていう印象があります。すごい馴染んでましたし。

小出 ただのいい子ですよね(笑)。

岩本 (笑)。

小出 練習キツかったですか?高校とか。

岩本 国体の期間はどこもそうだと思うんですけど、そこまでっていう感じで。

小出 なるほど。僕は駿台の人はもちろん知ってるんですけど、洛南とかはめっちゃ練習試合してたんで、達宣(大塚達宣=早大3年・洛南)とか、明良(中島明良=早大3年・洛南)はもう辞めたのか分かんないんだけど(笑)。一応、部には所属してるのかな?

岩本 今留学行っていて、5月に帰ってくるって感じです。

小出 あと4年生は大体分かるかな。分かるけどお互い認識あるかは分からない、でも知ってる人は多いです。

 

――そのなかでも小出さんと岩本さんは今日がはじめましてということですか?

小出 そういうことになりますね。

岩本 豪さん(村山豪=早大・令2卒)と仲良いイメージありますね。

小出 豪さんはめっちゃ仲良い。豪さん、休みがほとんどなくて、でも来月1日に遊びにいきます。元旦から豪さんみたいな(笑)。

 

――お互いの第一印象やプレーに関しては?

小出 岩本くんってさっきも言ったんだけど、Twitterのbotみたいなのあったよね?

岩本 それは作られました(笑)。

小出 それが作られてて、盛り上げキャラというか、明るい子なんだなっていうのは思ってました。そういうのを周りがやってるってことはそういうタイプじゃないとやられないじゃないですか。だからそういうキャラなのかなっていうのが第一印象でした。

岩本 明るいっていうのは自分の持ち味でもあって、そこは大事にしてます。

岩本 捺暉さんの印象は…。勝手に捺暉さんって呼ばせてもらってるんですけど。

小出 いや全然嬉しいです(笑)。

岩本 それこそ豪さんたちの代の春高の決勝でのプレーが印象に残っていて、僕が大学入って1年生の時は1部でよく目にしていました。その後は(慶應が)2部に行って直接見ることはなくなったんですけど、リベロしたりとか、サイドしたりとか、すごい器用な選手だなっていうのは印象です。

小出 ありがとうございます(笑)。

 

主将としてチームを1部昇格に導いた小出

――小出さんから見た岩本さんのプレーの印象は?

小出 この前の順天堂との試合(全日本インカレ決勝)を見てたんですけど、ミドルの完成形じゃないですけど、クイックの打ち分けがすごくて、ブロックも常に揃えてしっかり前出してて、早稲田自体みんな上手いですけど、そのなかでも僕の後輩の伊藤くん(伊藤吏玖=早大2年・駿台学園)とかはスパイクのコースとかも結構偏っている所もあるのかなって思ったりするんですけど。岩本くんはそういう所、打ち分けとか上手いなという印象があるので、早慶戦がすごい嫌ですね。

 

――お二人が早大・慶大に進学した理由やきっかけは?

小出 進学した理由か。もうノリですね。

岩本 そうなりますね(笑)。

小出 それでしかない(笑)。何かどういう感じだった?早稲田に決めた時。

岩本 高校からのルートで早稲田はなかったので、早稲田ではないかなって感じではあったんですけど、監督と話しながらという感じでしたね。どうですか?

小出 最初は別の大学に行くみたいな話になってたんですけど、その話がなくなって。じゃあどこにしようかって時に、まあまあ学校の成績が良かったので、監督に「慶應受けてみれば?」って言われたので受けました。監督自身も結構やること多くてめんどくさかったっぽいので、これから駿台から慶應はないかなと思いますね(笑)。

岩本 (笑)。

 

――実際に大学に入ってみて印象は?

小出 慶應だからなのか、大学生だからなのか分からないんですけど、すごい温かいチームというか、何でも許してくれるなと思ってて。1年生の時とか本当に適当で(笑)。1年生なのに練習前の準備もしないでゴロゴロしていたり、練習試合も5セットのうち最初3セット出て、甘やかされてる可能性もあったんですけど、その後に座ってたりしても怒られなかったからこそ、自分自身で感謝するのは大事だなっていうのは気づけました。どうですか、早稲田は?

岩本 それこそ僕たちは高校の時はバーって詰められてやっていたので、大学に入って自分たちで自主的にやるっていうのは、大学生というか、そのカラーに戸惑うこともありました。でもやっぱりそういうのが常にあるから、例えば大会とかで1点2点を争う場面での決断力だったり、コート離れた時の人間力だったり、そういうのは1年生の時からすごい言われてきましたし、僕たちは1年生の時はちゃんと準備しないとあかんかったし、練習試合で座ったら怒られましたし、そんなことできなかったですけど(笑)。まぁでも緩い中にも厳しさを持っている所なので、すごい成長できる場所なのかなとは思ってますね。

小出 早稲田って練習メニューは誰が決めるの?

岩本 練習メニューは自分たちで決めますね。

小出 試合に出る人を決めるのは松井監督?

岩本 いやメンバーとかは基本的に自分たちで決めるんですけど。

小出 そうなんだ。

岩本 でもローテ回すとか、その辺は松井さんがやってくれますね。

小出 練習はどれくらい来るの、松井さん。

岩本 試合前だと来てくれるんですけど、基本的に大学の教授でもあるので、授業とか会議とかがあればそっちを優先してって感じですね。

小出 豪さんから話聞くと、試合での指示は出してくれるみたいな。そこまでやるんだって思って衝撃的だったのは(早稲田が)福山平成大と戦った時に、試合前半から終盤への戦い方で最初ストレート開け続けて、最後に閉めるとか、普通だったらその時のベストをやるのがセオリーかなって思いがちなんですけど、そういうことをしているっていうのを聞いて、前半から中盤、後半の戦い方って大事なんだなって学びました。

岩本 それはあるかもしれないですね。戦術的な所はすごい教えてくれます。その試合はインカレの決勝だったと思うので、たぶん松井さんも選手も気合が入っていて、そういう指示を出してたと思いますし、大事な試合では戦い方とかを色々レクチャーしてくれるって感じではありますね。

小出 順天堂と戦った時は何かあった?

岩本 例えばセッター以外に攻撃する5人がいて、チームによってこの選手がいっぱい打ってくるとか、打数とか偏りっていうのがあると思うんですけど、その中心選手とか、潰すべき所をちゃんと潰すというか、対応する順番とかは結構言われてましたね。

小出 サーブは狙って打ってたよね。

岩本 そんな感じでしたね。めっちゃ見てる(笑)。

小出 ゼミの授業で試合を分析するみたいな授業をやって、教材がバレーボールとラグビーだったんだけど。バレーボールはどの試合出すってなった時に、自分の試合を見られるのは嫌だから、今年の全日本インカレ決勝の1セット目を見せたら、サッカー部の人が「サーブは80%以上特定の選手にいってますね」って言ってて、その人から教えてもらいました(笑)。

岩本 慶應でもそんな感じの授業あるんですね。

小出 ゼミなんで。

岩本 ゼミか。

小出 自分が入ってるのはスポーツ系なので、使わせてもらいました(笑)。

 

――岩本さんから小出さんに何か質問はありますか?

岩本 じゃあこの流れで全日本インカレの話になるんですけど、慶應さんはやっぱり日体大に向けてどれだけできるかが山だったと思うんですけど、最終的にはフルセットで負けるって形になって、本人たちはどういう風に捉えているのかなっていうのが気になります。想像以上にできたのか、できたけど落としたのか、どういう感じだったか聞きたいです。

小出 なるほど。日体大に2回戦で当たるっていうのはもう最初から決まってて、1か月前くらいから分かっていたので、そこは勝ちに行こうってことでやってました。(慶應も)リーグ戦とかも結構いい感じで進んでて、日体大は1部リーグ戦を優勝してたので、そういうチームとできるのは楽しみでもありました。出来としては、意外と戦えたなっていうのはもちろんあったんですけど、日体大さん自体は(状態は)そんなに良くなかったと思いますし、上手くいけばというか、もっと自分たちがやるべきをもっと突き詰めてできていれば勝てた可能性もあったので、悔しさと意外とできたかなっていう感覚が入り混じっている感じですかね。

岩本 ありがとうございます。僕らの横のコートで試合してたんですけど、後衛でベンチ下がった時とか横見ながら、「慶應頑張れ」と思って試合を観てましたね(笑)。

 

――お二人が主将に就任した経緯は?

小出 まあ流れですかね(笑)。去年から副将やってたのも、チームが良くなるからっていうよりも、来年主将やばいから、ちゃんとやっとけみたいな感じで副将になったので。経緯は特にないですね(笑)。でも前の監督が期待してくれていたっていうのはありますね。今年になって星谷監督になったので。それがあってその流れって感じですね。

岩本 僕は秋リーグくらいから本格的にやらしてもらうことになったんですけど、チーム事情もあって、僕がやるって話にはなったんですけど、毎年教育実習を4年生が行っている期間に3年生が回す時があって、その時に僕がキャプテンって形でやっていたので、その流れでやったっていうのがありますね。

小出 今はもう代替わりしてるの?

岩本 そうですね。代替わりして、もう一年継続でという感じです。

小出 え、いつ代替わりするの?全カレ終わってから?

岩本 一応、天皇杯があれば天皇杯終わってからなんですけど、今年はなかったので全カレ終わって、オフ挟んでもう代替わりですね。

 

情熱的なプレーでチームに勢いをもたらす岩本

 

――お互い主将という立場で聞いてみたいことは?あと一年間主将を務める岩本さんに小出さんからアドバイスなどありますか?

小出 ないよ(笑)。

岩本 ぜひ(笑)。ぜひください。

小出 えー。何かどういうチームを作っていきたいとかあるんですか?

岩本 早スポの取材にも書いてもらったんですけど、結果的に5連覇達成できて、来年は6連覇かかった一年になるんですけど、絶対に早稲田に向かってくるチームが今まで以上に増えてくるというか、もっと僕たちに勝とうとするチームが増えてくると思っていて、そういうチームを跳ね返せる力をつけないといけないなとは思っています。プレーでも、それ以外の部分でも、もう一回り全体で成長したいなと思っていて。そのなかでやっぱりキャプテンやっている以上、チームはまとめないといけないですし、そこはひっぱっていかないといけないと思ってます。もうちょっと軽く燃え尽きている所もあって、いきなりなんですけど(笑)。上手く息抜きしながらという感じではありますね。

小出 ちょっとめんどくさいこと質問するんですけど、傍から見てると早稲田って完成されてるバレーだなって感じるんですけど、もう一回り成長する上で、具体的にどういう所を成長させたいなって思ってますか?

岩本 例えばプレーでいうと、今完成していると言われてたんですけど、あれでもまだ全然完成度は100%ではない所があって、プレーの質とか、コースとか、レセプションとか、色んなプレーがあって、その辺のスキルとかはもっと上げられると思います。あと4年生がいなかった分、メンタルっていうのもブレブレなチームではあったので、それはもう一年かけてゆっくり作っていければなと思ってます。

小出 確かに去年の早稲田は「ブレなさ」みたいなのはすごい感じたかもしれない。

 

――岩本さんから小出さんに聞きたいことはありますか?

岩本 そうですね。今までは3年生でキャプテンやっていて、別に負けても完全に自分が責任を取る訳ではないというか。ちょっとそう思っている部分はあったんですけど、これからは自分たちがリーダーで、自分がキャプテンっていうなかで、何をするにしても自分たちに責任がついてくると思うんですけど、その辺の気持ちの持ち方はどう一年間やってきたのかなっていうは聞きたいですね。

小出 言語化できるかわからないですけど(笑)。えーと、自分はまずそんなに気負ってなくて、悪く言えば適当にやっていました。「表面的には自分は何もできない人にみせる」っていうのは大事かなと思っています。上級生が何でもやってしまうと、後輩たちが考えれない選手に育ってしまうと思っていて、逆にキャプテンが何にもできなかったら、みんなで支えていこうってなるんだけど。本当はキャプテンとして裏では色々考えてやるんだけど、表面的には「これ分からないから誰かやって」みたいに、ほかの人にやってもらうことで、その人の責任感を育てられるようにしながら、チーム全体を俯瞰して見ていました。それによって一人一人の役割が明確化されて、チームにとってこういう役割が求められているんだよっていうのは上手く伝えつつ、伝えるだけじゃなくて、それ相応の仕事とかを与えたり、それも「この仕事やって」って言うんじゃなくて、「これ俺できないからやってみてもらってもいい?」とか言い方も大事だと思うんだけど、自分が本当に何もできないから、俺たちもやらなきゃいけないとか、後輩たちにもそれを思わせるっていうのが大事かなと思ってます。大学の学生主体って、もちろんみんな考えるんだけど、やっぱりどうしても4年生の考えに左右されちゃうことが多くて、その考えに対して納得感がないと後輩たちはやる気が出なくなって、結果的にチームが沈んで行っちゃうから。本当に自分もチームの一員なんだって思わせることが大事だなって思います。

小出 あと責任感はまったくないね、俺は(笑)。本当に0。勝っても負けてもどうでもいいって正直思ってる。勝ち負けは自分たちがコントロールできるものじゃなくて、それを不安に思ったりしててもなんか上手くいかないから、本当に自分たちが変えられるもの、練習の質だったりとか、そういう積み重ねが結果につながるから、だからもし負けたとしてもそこまでの積み重ねが悪かったなって割り切って、もちろん6連覇懸かってるって重大な責任あると思うんだけど、それも積み重ねた結果でしかないから、結果出せなかったらどうしようじゃなくて、今できることはなんだろうって考え続けるのがいいことなのかなって思います

岩本 すごい勉強になりますね(笑)。

小出 (笑)。

岩本 記事にもしやすそう(笑)。頑張ります!

小出 頑張ってください!

 

――「うちの副将のここがすごい!」という部分はありますか? 

小出 大塚くんですね。

岩本 慶應って副将は誰ですか?

小出 リベロの子です。

岩本 あ、分かります、分かります!

岩本 大塚はもともとプレーはすごい選手で、早稲田に入っても1年生の時からスタメンでずっと出続けていて。今年は五輪も経験したことも活かして、チームにプレー、声掛け、メンタルの持ち方とか、戦術とか色々なことでチームに貢献しようって気がすごい見えて。副将だけど主将みたいな感じで引っ張ってくれる感じがすごい僕としてもやりやすいし、プレーはもちろん頼れるんで、まあ頼ってますね。

小出 え、キャプテンとかも自分たちで決めるの?

岩本 それは自分たちで決めますね。(決めてから)最終的に松井さんに言いに行くって感じです。

小出 本当に学生主体なんだね。

岩本 そうですね。

小出 キャプテンやりたくないとかなかった?

岩本 いやもうやらざるを得なかったというか、ほかにトビ(重藤トビアス赳=早大3年・荏田)とか案はあったんですけど、色々考えて、僕がやるしかないなと。

小出 でもいいチームになりそう。

岩本 頑張ります!(早慶戦が)新チームの初戦なんで。

小出 (笑)。

岩本 どうですか、慶應は?

小出 すごい頑張ってくれてます。慶應の後輩たちはメンタルがそこまで安定してない子が多くて、サーブカットが返らないとかで落ち込んでいる時に慰めにいったり、チームの誰かがモチベーションとか気持ちが下がっている時にいち早く見つけて声掛けに行くっていうのがすごい上手いですし、試合中もめちゃくちゃ声出して、チームの雰囲気を良くしてくれて、「来年将吾さんいなくて大丈夫かな?」って後輩が言うくらい尊敬されてるんですけど、めちゃくちゃいじられてるっていう。その絶妙なバランスもいいんですけど(笑)。そういう感じですごい頼りにしてますね。

 

――お互いのチームの印象はいかがですか?

小出 早稲田はオーソドックスを極めた感じですね。特にコンビバレーも速い攻撃もしないけど、圧倒的な力で相手をねじ伏せるという印象があります。あと、豪さんとすごく仲が良かったというのもあるんですけど、いちファンとして早稲田自体を応援していますね(笑)。

岩本 ユースの時に松本喜輝(環2・九州産業)と一緒に戦っていたので彼のポテンシャルの高さも結構知っているので、彼を軸としながらもみんなが全体的に打ってくるという印象です。この2年間は2部も経験して、そこから1部に戻ってくるということは相当な力があると思うので、すごくいいチームだなと思っています。

小出 今早稲田は燃え尽きていると思うんですけど、うちはあと1週間で4年生が引退なので頑張ろうと思っています(笑)。

岩本 2年前とか、3年前はフルセットで慶應に苦しめられているので(笑)。

小出 謎のフルセットだよ(笑)。その時は4年生が教育実習に行ってた影響で1セット目から3セット目までは出てなくて上手くいってたんですけど、今年はみんな3年生だし全員いるじゃんみたいな(笑)。もしよければ最初はBチームでスタートしてもらって(笑)。

岩本 (笑)。僕が大学に入ってきてから日吉でやるのは初めてなので、それも楽しみですね。

小出 日吉の体育館は1年前くらいに出来てめっちゃ新しくて。めちゃくちゃやりにくいよ(笑)。

岩本 やりにくいんですか?

小出 早稲田の選手だったらすぐ慣れると思うけど(笑)。中大と練習試合した時もみんな全然サーブ入らなかったし、本当にやりにくいんだと思う。

 

――小出さんにお聞きします。慶大は今年から星谷健太朗監督に代わりましたが、チームに変化はありましたか

小出 ありましたね。特に選手一人一人の役割がはっきりしたと思います。「この子の役割はピンチサーバー」って決まっていたら、たとえポジションがレフトでも相手と点差が大きく開いてからレフトで出すとかではなくて、その人はピンチサーバー。レフトには別にレフトの控え選手としてその役割でベンチに入っている人が出るとか。それによって一人一人が何を練習すればいいか、何を求められているのかがはっきりしているので、目的を持って練習ができますし、自分でどうやれば試合に出られるか聞けば教えてくれます。そういったところは良いのかなと思います。

 

――岩本選手にお聞きします。今シーズンを振り返っていかがですか

岩本 春リーグ(春季関東大学リーグ戦)も東日本インカレ(東日本大学選手権)も中止になって、秋リーグ(秋季関東大学リーグ戦)はAグループとBグループに分かれて順位決定戦があるという形になって。秋は2位という結果に終わって、天皇杯予選(天皇・皇后杯全日本選手権関東ブロックラウンド)も負けて。課題と収穫を毎週出せたシーズンだったと思います。それを平日の練習で修正して次の週に挑むというサイクルが上手くできていたなと思います。秋リーグが終わって全日本インカレに向けてさらに課題と収穫を得ながら修正して、最後は優勝して終われたので、自分たちで考えて最終的に勝てるチームを作れたことは非常に良かったです。

 

――次は早慶戦の話に移ります。お互いのチームでキーマンになりそうな選手を挙げてください。

小出 キーマンか。どうですか?

岩本 やっぱりオポジットの松本喜輝選手と、最後この試合で終わりっていう力を持っている4年生全員が怖いなと思いますね(笑)。最後やり切って終わろうという気持ちで来ると思うので。

小出 早稲田のキーマンはやっぱり達宣と、さっき話した授業でもキープレイヤーとしてあげられていた佐藤玲(早大3年・早実)ですね。達宣は全日本インカレ決勝の1セット目で11-17からの大逆転で最後の方にトスが集まっていたので、それを全部決め切っていてすごいなと思いましたね。もし接戦の試合ができたら達宣にトスが集まるのかなと思います。

 

――最後に早慶戦への意気込みをお願いします

小出 慶應はここで代替わりになりますし、後輩たちもその後オフなので(笑)。ここで頑張ろうという気持ちはより一層あります。今年は結構仲が良いチームなので、最後は自分たちがやってきたことを出し切って終われたらいいかなと思います。

岩本 会場は慶應のホームですが応援部も来てくれるという話なので、その雰囲気を楽しみたいです。またそれぞれ4年生が最後の試合になりますし、僕たちも向かってくる慶應に負けないようにしっかり攻めて、いい結果で本年度最後の試合を終えられるようにともに頑張りたいなと思います。

小出 頑張りましょう!

 

――ありがとうございました!

 

(記事:慶應スポーツ新聞会・持丸嘉昭、早稲田スポーツ新聞会・西山綾乃)

 

 

◇プロフィール◇

岩本大吾(いわもと・だいご)

2001年2月10日生まれ/早稲田大学スポーツ科学部3年/市立尼崎高/身長191センチ/最高到達点340センチ/副将・MB/背番号8

 

小出捺暉(こいで・なつき)

1999年4月6日生まれ/慶應義塾大学総合政策学部4年/駿台学園高/身長184センチ/最高到達点327センチ/副将・OH/背番号1

タイトルとURLをコピーしました