慶應スポーツ新聞会

【ラグビー】【速報】ジュニア選手権決勝・帝京大戦

12月11日(日)秩父宮ラグビー場にて大学ジュニア選手権カテゴリー1決勝対帝京大戦が行われた。ジュニア選手権2連覇がかかっていたこの試合。慶大は厳しいFwd戦にも耐え、87分に及ぶ激闘を見事26-22で締めくくった。

慶大Jr.チームは見事V2を成し遂げた。



慶大26-22帝京大

得点(慶大のみ)

T=南、位田、伊藤悠、中村圭

G=中村圭3

前半5分、柴田浩がハイパントを起点とし、南がトライ。中村圭のゴールも成功し慶大は先制する。18分にも敵陣でのラインアウトから相手ディフェンスの弱点を突いて位田がトライを挙げ、帝京大を突き放す。だがその後は相手のモールを駆使する攻撃に苦しむ。それでも慶大も粘り強いディフェンスを見せ、なんとか14-12とリードのまま前半を終了した。

後半開始からわずか30秒に伊藤が自ら蹴った球を追い、そのままトライをし、慶大ペースの展開になるかと思われた。しかしその後23分は帝京大の大型Fwdを止めきれず、一時は逆転を許してしまう。それでも慶大は27分に中村圭がキックも使って執念のトライを挙げ、再び試合をひっくり返す。しかし慶大は後半33分以降、帝京大に攻め入られ、自陣でのディフェンスに釘付けに。1トライでも許せば優勝を逃すという展開に、慶大選手陣は決して集中を切らすことはなかった。Fwd陣がゴールライン間際で幾度も踏ん張り、ノーサイド。見事に2年連続でジュニア選手権を制した。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.