慶應スポーツ新聞会

【野球】慶大から4選手が出場! 東日本大震災復興支援親善試合

 8月18、19日の二日間にわたり、仙台の日本製紙クリネックススタジアム宮城にて、東日本大震災復興支援親善試合が行われた。東京六大学選抜チームが南東北大学選抜、北東北大学選抜、仙台六大学選抜と三試合を行い、慶大からは山﨑錬主将(商4)、竹内大助(環4)、福谷浩司(理4)、福富裕(商4)の4選手が出場した。秋季リーグ開幕を直前に控え、普段は対戦相手となる東京六大学の他大学の選手とともに復興支援試合を盛り上げた。

 

8月18日(土)東京六大学選抜‐南東北大学選抜

東京
南東北
 

 一試合目は南東北大学選抜との対戦。慶大からは福富が二番ショートで先発出場し、竹内大が先発投手を務めた。

 一回裏、竹内は先頭打者に内野安打で出塁を許すと、次打者の犠打で一塁走者が一気に三塁を狙う。これを刺そうとしたセカンドの松本(立大)が三塁に悪送球し、不運な形で先制点を与えてしまう。しかしその後は安定した投球を見せ、二回はふたつの三振を奪うなど三者凡退、三回もランナーは出したが併殺打に打ち取り、3回自責点0で降板した。

 東京六大学選抜は三回表、ヒットと四球に相手の失策も絡み、一死満塁と同点のチャンスを迎える。ここで福富がセンターにきっちりと犠牲フライを放ち同点に追いついた。

 五回裏、四回から竹内に代わってマウンドに上がっていた香取(東大)が一死満塁とピンチを背負ったところで降板。山﨑福(明大)が登板するが、押し出し死球を与えてしまい、再び南東北大学選抜にリードを許した。

 しかし東京六大学選抜はすぐさま反撃に出る。六回表、二死満塁と攻め立てると九番の田中(明大)がレフト線に2点タイムリー二塁打を放ち逆転。続く建部(法大)にもタイムリーが飛び出し、この回3点を奪った。

 その後は両チームの投手が好投を見せ、互いに得点を奪えないまま九回裏を迎える。九回裏のマウンドには有原(早大)が上がるが、二本のヒットで一死二、三塁とされると、八番打者にタイムリーを浴び1点差に迫られ、なお一、三塁とピンチは続く。しかし後続を抑え、辛くも1点差で逃げ切った。

なお福富は、左飛、中犠飛、中飛、死球、三失の3打数0安打1打点。

  竹内大は、3回を投げ被安打3、奪三振3、1失点(自責点0)。

 

8月18日(土)東京六大学選抜‐北東北大学選抜

東京
北東北 ×
 

 二試合目は北東北大学選抜との対戦。慶大からは山﨑錬が三番指名打者で先発出場し、福富が九回に代走で出場した。

 初回、東京六大学選抜は一死から永井(東大)がヒットで出塁するが、続く山﨑錬が併殺打に倒れ、チャンスを広げられない。二回にも二死から小室和(明大)が三塁打を放ちチャンスをつくるが、地引(早大)が凡退し、先制点とはならなかった。

 東京六大学選抜の先発は吉永(早大)。その吉永は春季リーグ最優秀防御率を獲得した実力を遺憾なく発揮し、3回を投げ無失点。5つの三振を奪う好投で相手を寄せ付けなかった。

 試合は四回裏に動く。この回から登板した三嶋(法大)が先頭打者に二塁打を浴びるなどして一死三塁とされると、内野ゴロの間に先制点を奪われてしまう。

 六回表には一死二塁で山﨑錬に打席が回るが一塁ゴロに倒れ、同点には追いつけない。その後も北東北大学選抜の投手を打ちあぐね、なかなか得点が奪えない。

 1-0のまま迎えた九回表。ふたつの四死球で無死一、二塁と東京六大学選抜は一打同点のチャンスをつくる。しかし、四、五、六番が期待に応えられずゲームセット。北東北大学選抜に完封負けを喫した。

なお山﨑錬は、遊ゴロ併殺打、中飛、一ゴロ、四球の3打数0安打。

 

8月19日(日)東京六大学選抜‐仙台六大学選抜

東京
仙台
 

 二日目に行われた三試合目は仙台六大学選抜との対戦。慶大からは福富が二番ショート、山﨑錬が三番セカンドで先発出場し、福谷が八回から登板した。

 東京六大学選抜は初回から大きなチャンスを迎える。福富のバント安打や山﨑錬の四球などで無死満塁といきなり仙台六大学選抜に襲いかかる。しかし杉山(早大)、石川(明大)が空振り三振に倒れるなどして無得点。東北学院大の好左腕・伊藤裕から先制点とはならなかった。

 三回にも山﨑錬がヒットを放つなどして同じく無死満塁とすると、一死後、暴投により先制点をあげる。さらに続くチャンスで小室和(明大)がセンターに鋭い当たりの犠牲フライを放ちさらに1点。この回2点をあげた。

 投げては先発の小室正(立大)が3回を投げ、被安打1奪三振3で無失点と抜群の投球を見せる。その後も有原(早大)、石田(法大)、岡(明大)とつなぎ、それぞれが無失点と役割を果たす。

 八回表、東京六大学選抜は途中出場の平原(立大)がレフト線にタイムリー二塁打を放ち追加点。さらにチャンスは続き一死満塁から西浦(法大)が押し出し四球を選び、さらに1点を加えた。

 八回裏からは満を持して福谷が登板。力強い投球でこの回を3人で退ける。最終回のマウンドにも福谷が上がると、2本のヒットを浴びるも最後の打者を空振り三振に切り試合終了。仙台六大学選抜打線を相手に継投で完封勝ちを収めた。

なお福富は三塁内野安打、三塁野選、中飛の3打数1安打。

  山﨑錬は四球、右安、三振の2打数1安打。

  福谷は2回を投げ被安打2、奪三振2、無失点。

 

 各大学がキャンプを終えたばかりで、実戦が少ない中での試合だったこともあって2勝1敗と本来の力を発揮できない場面も見られたが、東京六大学選抜に恥じないプレーを随所に見せてくれた。東京六大学野球秋季リーグは9月8日(土)に開幕を迎える。慶大は昨季苦しんだ立大と開幕カードで対戦するだけにこのカードの勝敗が慶大のリーグ戦の結果を左右するといっても過言ではない。今から開幕が待ち遠しい。

 

                                                    (記事 古屋 雄斐)

 

山﨑 錬主将(商4)

(復興支援試合を振り返って)六大学のオールスター選抜で参加して、いい選手も多いですけどその中でも慶應は自分たちらしくプレーできたのかなと思います。

 

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.