慶應スポーツ新聞会

【バレーボール】相手の高さに屈し、完敗 専大戦

終始相手のブロックに苦しめられた

慶大は終始相手のブロックに苦しめられた

今季初戦であった学芸大戦を勝利で飾り、勢いに乗りたい慶大。念願の日本一に向けた2戦目の相手は強敵・専大。終始粘りを見せたものの、専大の高さを生かした攻撃を攻略することは出来ず、悔しい結果となった。

4月14(日)春季関東大学男子1部バレーボールリーグ 第2戦 慶大×専大 @早大戸山記念会堂

 

得点
慶大
セット
専大
20

25
14

25
25

27
 

昨日の学芸大戦と同じスタメンで臨んだ第1セット。開始早々相手に隙をつかれスパイクを決められたものの、今季2度目のスタメン出場となった稲田(環3)がその直後にスパイクを決め、1点差をつける。そのまま流れに乗りたかった慶大だが、宗雲監督が「頑張んなきゃいけない選手がスタートダッシュで良くなかった」と言うようにサーブミスやレシーブミスが続き、岡田(商4)のキレのあるスパイクもことごとくブロックされ、専大に5点のリードを許してしまう。その後は岡田のスパイクも決まるようになり、柳田(環3)も普段の姿を見せ始め、大きく点差が開くことはなかった。しかし強烈なスパイクや鉄壁のブロックを見せる専大を前にして前半の点差は埋まらない。途中出場した佐藤(環2)、上田(総2)、吉田(環2)も本来の力を見せることが出来ず、20-25でこのセットを落とした。

2セット目からスターティングメンバ―に入った丸谷(写真中央)

2セット目からスターティングメンバ―に入った丸谷(写真中央)

続く第2セット。新たに丸谷(環3)を起用し、流れを変えたい慶大であったが、専大の鋭いスパイクやサーブに対応することが出来ず、徐々に点差を広げられてしまう。第1セット序盤と同様に岡田のスパイクはブロックされ続け、得点に結びつけることが出来ない。このまま第2セットを落とすことは何としてでも避けようと、柳田が普段通りの強烈なサーブやスパイクで3連続得点し、他の選手も気迫のあるプレーを見せたものの、ここでもサーブミスやレシーブミスが目立ち、終始専大にリードを許す展開に。そしてこのセットの中盤でも佐藤、吉田が途中出場したが、期待されたプレーを見せることは出来ずに終わり、第2セットは14-25の大差で落としてしまう。

試合終盤に鋭いスパイクを見せた岡田

試合終盤に鋭いスパイクを見せた岡田

後がなくなった第3セット。序盤は相手のミスもあり、リードを奪う場面もあった。それでも専大の鋭いスパイクの威力が衰えることはなく、9-12となりまたリードを奪われてしまう。第2セットまでの流れを考えると、このままずるずるいってしまってもおかしくはなかった。しかし、ここで柳田が悪い雰囲気を変えるスパイクを決めると、「ブロックをあまり意識しないで、自分が悩まないようにプレーした」という岡田が3連続得点。柳田のスパイクや星谷(理4)のブロックも光り、16-14まで追いこむ展開に。その後は一進一退の攻防が続き、ついに24-22となる。フルセットに持ちこめるかと思われたが、ここからスパイクアウトが続くなど連続失点。結局25-27で第3セットが終了し、専大に敗北する結果となった。

「みんな背が高くて攻撃が高く、ブロックも良いチーム」(丸谷)である専大に対し、第1セットから流れを掴むことが出来なかった慶大。監督や選手が口をそろえるように、今回の敗因はサーブレシーブを始めとするレシーブ面の弱さであろう。しかし、新チームが発足してまだまだ日は浅い。「サーブレシーブは急に上手くなるものではない」(宗雲監督)が、一戦一戦を戦い抜く中でチームの成長を見ることが出来るはずだ。次は日体大健志台米本記念体育館で行われる東海大との一戦。昨年はこのリーグ戦でそれまで無敗であった東海大を倒し歓喜に沸いた。次戦までは残り一週間と短いが、「今日だめだった部分のサーブカットをしっかりやって、自分たちのコンビが組めれば東海に勝てる」(丸谷)と、選手も気持ちを新たにしている。悲願のタイトルに向けて――。「いつも通りしっかりと」努力を続けることで、道は開けてくる。

(記事・杉本理沙)

 

宗雲監督                                                                          

(今日の試合を振り返って)今年のチームを象徴しているような内容ですね。波が激しい。自分たちが苦しい状況に陥った時に、それを立て直そうとする雰囲気が出せないといった感じですね。(スタートダッシュが上手くいきませんでしたね)それも想定しているんですけどね。頑張んなきゃいけない選手がスタートダッシュで良くなかったので、次の選手の用意もしていたのですけど、なかなか上手くいかなかったですね。今日は出した選手が皆悪い状況を作り出してしまったので、しょうがないですね。(今日は1つのポジションに益田選手、丸谷選手、佐藤選手を起用しましたが、いかがでしたか)現状の雰囲気を打破してくれるという調子の良い選手がいてくれれば良かったのですけど・・・今日は皆、良くなかったので、それが出ちゃうと難しいですね。3人ともレシーブがあたふたしたので、頑張って欲しいですね。(専大の印象は)大きいですね。それと打ち屋はもともとたくさんいるので。やっぱり藤中君は高校時代から見ていますけど、良いブロックをするなぁ、と思いました。立ち位置も良いし、脇近くまで手も出ていますし。彼のブロックは脅威というか、少し対策を考えなければいけませんね。(試合終盤にはノーマークで打つ場面も増えましたが)それはサーブレシーブが少しずつ良くなっていったのと、向こうのマークがセンターについたりしていたからなので、決してこちらがすべて良かったという訳ではないですね。(今日見つけた課題を1週間で克服するためには)サーブレシーブは急に上手くなるものではないので。選手がサーブレシーブを積極的に取ろうと変わってくれることが第一ですね。これはもう考え方や気持ちの持ちようなので、そういう風になって欲しいですね。難しいけど、チャレンジしてもらいます。(次戦に向けて)特別何かをするわけではないので、いつも通りしっかりとやります。頑張ります。

岡田主将

(今日の試合を振り返って)大きな敗因は、相手のジャンプサーブにやられてしまったことと、エースである僕が全く決められなかったことですね。(自身のプレーについて)相手のブロックにつかまってしまっていたので、最後のセットはブロックをあまり意識しないで、自分が悩まないようにプレーしました。(次の東海戦に向けて)今日は自分たちの弱点であるジャンプサーブに苦手であることが出てしまったので、この一週間でそこを修正して一通り固めてから東海戦に挑みたいです。

丸谷選手

(今日の試合を振り返って)自分たちのバレーが出来なかったことと、個人としてはレシーブ面で期待されて出してもらっているのにそれが出来なかったことが悔しいです。(第2セットは始めから出場したが)最初万太郎さん(益田万太郎選手・政4)があまり調子が良くなくて、ベンチの人にも「第2セットは最初から出ると思う」と言われていたので、アップしていたのですが、思うように動けなくてみんなの足を引っ張ってしまったので申し訳ないです。(専大について)みんな背が高くて攻撃が高く、ブロックも良いチームだったので、それを崩すためにはまず最初にサーブカットをきちんと返して自分たちのコンビが組めないとどうにもならないので、そういったところが専修は強かったと思います。(東海大戦に向けて)一週間しかないので、今日だめだった部分のサーブカットをしっかりやって、自分たちのコンビが組めれば東海に勝てると思うので、最初のレシーブを頑張ればいけると思います。自分が出るかどうかは分かりませんが、出た場合はサーブカットを全部返すくらいの気持ちで向かって勝ちたいと思います。

 

サイド
柳田将洋(環3・東洋高)
セッター
野口剛志郎(環3・東福岡高)
センター
星谷健太朗(理4・渋谷幕張高)
サイド
岡田拓巳(商4・熊谷高)
サイド
益田万太郎(政4・慶應高)
センター
稲田聡典(環3・日向学院高)
リベロ
野瀬将平(環2・東福岡高)
途中出場

 

丸谷将大(環3・東筑高)
佐藤凜太郎(環2・東北高)
上田悠貴(総2・生野高)
吉田純(環2・東亜学園高)

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.