慶應スポーツ新聞会

【バレーボール】苦戦強いられるも、1敗守りきる 学芸大戦

苦戦を強いられたものの、何とか勝利を収めた

苦戦を強いられたものの、何とか勝利を収めた

 

秋季リーグも後半にさしかかり、未だ1敗と好調の慶大。この日の相手は攻めのサーブと高さのある学芸大だ。粘り強い相手に対して予想外の苦戦を強いられたものの、フルセットの末見事に勝利した。

9月22日(日)秋季関東大学男子1部バレーボールリーグ 第6戦 慶大×学芸大 @専修大学生田キャンパス総合体育館

得点
 
慶大
セット
学芸大
25

17
23

25
25

22
18

25
15

12
 

この試合でも活躍を見せたエース柳田

この試合でも活躍を見せたエース柳田

第1セット、幸先よく1点目を先取するものの序盤は一進一退の攻防となる。しかし、エース・柳田(環3)のサービスエースで流れをつかんだ慶大は、岡田(商4)のスパイクやブロックが決まり4連続得点し、学芸大を突き放す。その後も相手のミスを誘い、5連続得点をあげる。終盤には丸谷(環3)が強烈なスパイクを決め、相手に連続得点を許すことなく25-17と大差でこのセットを取る。

続く第2セット、序盤からミスが目立つ慶大であったが3-6から星谷(理4)のクイックやサービスエースなどが決まり一時は逆転する。しかしリードを守りきることができず、15-20と劣勢の状態から岡田が2連続でシャットアウトされてしまい、流れは完全に学芸大に。その後も相手のリズムを崩すことが出来ず、23-25でこのセットを落としてしまう。

第3セット、序盤は第1セット同様に一進一退の試合展開となるが、15-16としたところでピンチサーバーとして投入された吉田(環2)のサーブにより、相手のレセプションが崩れそこから3連続得点をあげる。その後も相手にリードを許さず、終盤に入ってからも柳田を中心としたサイドからの攻撃で得点を重ねていく。最後は岡田が相手を1枚でシャットアウトし、25-22でこのセットを奪った。

安定したプレーでチームに貢献する、リベロ野瀬(右)と途中出場の佐藤(左)

安定したプレーでチームに貢献する、リベロ野瀬(右)と途中出場の佐藤(左)

このまま勢いに乗りたい第4セットであったが、序盤から学芸大のサイド攻撃に苦しめられ6-13まで点差がひろがってしまう。「学芸大学さんが思いきったサーブを打ってサーブレシーブが乱れた」(宗雲監督)というように、相手のサーブに上手く対応しきれないまま終盤へ。その後も岡田のスパイクや柳田のサービスエースなど要所では好プレーがあるものの、18-25でこのセットを落としてしまい、勝敗はフルセットまでもつれ込む。

運命の第5セット、慶大は星谷のクイックから3連続得点をあげ、そのまま慶大のペースで試合を展開していく。13-10としたところでは「リベロとしていいプレーができたのかなと思います」という野瀬(環2)のナイスブロックカバーも見られた。最後は柳田のバックアタックが決まり15-12でこのセットをとり、セットカウント3-2で勝利した。

これで通算成績は5勝1敗となり3位に浮上した慶大。次戦の相手は現在全勝中で勢いに乗る明大だ。監督や選手も語るように、優勝へ向けひとつの山場となる試合になることは間違いないだろう。残りの試合も慶大の攻めと粘りのバレーに期待したい。

 (記事 奥平琴音)

監督・選手コメント

宗雲監督

(今日の試合を振り返って)まずとにかく負けなくて良かったですね。(フルセットでの試合展開になりましたが)そうですね、学芸大学さんが思いきったサーブを打ってサーブレシーブが乱れたところを2枚3枚の高いブロックで仕留めにいくというオーソドックスなスタイルが2セット目で岡田にはまってしまってそこからちょっと歯車が狂ってしまったと思います。(今日一番活躍した選手は)今日は柳田がすごく良かったですね。ここのところ調子が上がってきていて、岡田と学芸大学のブロックがマッチしていて逆に柳田の打球の速さには全くマッチしてなかったのでセッターの野口にも柳田の方に多くボールを集めろという話をしていたのですが、それを最後までしっかり打ちきってくれたのでよく頑張ったと思います。(次の明治戦にむけて)そうですね、明治さんは今日勝って全勝しているので、ここをなんとかうちが撃破して混戦にしたいと思います。

柳田将洋

(今日を振り返ってどう思われますか)まず自分達のバレーが出来なかったことが感想というか。そのなかでも試合中に修正することが何も出来なかったので、それを含めてたくさん反省が残った試合になりました。(今日の試合で良かったなと思ったところはどこでしたか)唯一良かったなと思えるのは、負けなかったというところぐらいで、それも勝つことも出来なかったら何も起こらないことなので、とりあえず勝てたことっていうのは唯一良かったところです。(次の明治戦は重要な試合だと思うのですが、次の試合に向けてどう思われますか)明治全勝できていて、勢いもあると思うので、僕たちもその勢いに負けないように今日より全然違うバレーというか自分達のバレーをしっかり出来るように頑張っていきたいです。

佐藤凛太郎

(今日の試合を振り返って)途中から出たのですけれど、サーブカットも乱れて、あまり自分的には貢献できてないなと思っています。(監督からどのような言葉をかけられて出場したのですか)盛り上げてこいと言われたのと、あとはサーブカットが乱れていたので、ある程度セッターにまとめてセンターの攻撃を使えるようにと思っていたのですけれど、狙った通りにはいかなかったので、それは反省材料です。(チームとしてギリギリの勝利になった要因は)レシーブが返っていても攻撃が決め切れなかったし、そのうちにリズムも悪くなって、守備も乱れて攻撃がダメになっていくという感じだったので、決め切れる所で決められなかったというのが良くなかったです。(佐藤選手の声が良く響いていましたが、チームを鼓舞するという面はいかがでしたか)そうですね、声ではちょっとはチームに貢献できたかなと思うのですが、まだまだチームに貢献できてないとは自分でも思っているし、上から見ている人もそう思っているはずなので、次は頑張りたいです。(1敗を守り抜きましたね)前半戦は1敗でいけたのは良かったですけど、後半戦はまだまだ強いチームがあるので、しっかり気を引き締めたいです。(次はホームでの明大戦ですね)そうですね、明治は首位で、自分達が優勝するためには絶対勝たなきゃならない相手なので、頑張って勝ちたいです。

野瀬将平

(今日の試合を振り返って)油断はしていなかったのですが、向こうの勢いにのまれたというかこちらのバレーができなかったので反省する点は多かったと思いますが、勝てたことは良かったです。(自身のプレーを振り返って)相手の独特のコースがあったので、そこをもっとリベロとして早く見極めて指示を出してとることができたらもっと良かったのと、サーブレシーブが安定すれば楽に勝てたのかなと思います。(5セット目のブロックカバーはチームを救うナイスプレーでしたが)とっさだったのであまり覚えていないのですが、リベロとしていいプレーができたのかなと思います。(次戦の明治戦に向けて)向こうは全勝でこちらが一敗で優勝するには相手に土をつけなくてはいけないので絶対に勝って優勝したいと思います。

サイド
柳田将洋(環3・東洋高)
セッター
野口剛志郎(環3・東福岡高)
センター
星谷健太朗(理4・渋谷幕張高)
サイド
岡田拓巳(商4・熊谷高)
サイド
丸谷将大(環3・東筑高)
センター
稲田聡典(環3・日向学院高)
リベロ
野瀬将平(環2・東福岡高)
途中出場
佐藤凜太郎(環2・東北高)
 
吉田純(環2・東亜学園高)
 
上野素希(文1・甲陽学院高)

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.