慶應スポーツ新聞会

【バレーボール】頂点へ向けたスタート 苦しんだものの4回戦進出!全日本インカレ 朝日大戦/愛知学院大戦 

愛知学院大戦

 

ついに開幕した全日本インカレ。慶大が迎えた2回戦、3回戦の相手はともに東海地区の強豪だ。インカレ特有の緊張感や普段とは異なる3セットマッチという形式の中、慶大は苦しんだものの何とか2試合ともにストレート勝ちを収め、4回戦の甲南大戦へと進出した。

得点
慶大
セット
朝日大
25

22
25

12
慶大の全日本インカレ初戦の相手は東海学連1部に所属する朝日大。昨年度の同大会では明大を破る大波乱を起こしたチームであり、また慶大とは毎春行われる練習試合で対戦し、お互いに戦い方を知っているチームでもある。

第1セットは長いラリーと共に始まった。慶大は主将でエースの岡田(商4)にボールを集めるが、相手の粘りのレシーブに阻まれ、1点目は朝日大に。すぐさま丸谷(環3)と柳田(環3)のスパイクによる連続得点で慶大が逆転するものの、「すんなりいかなかった」(星谷・理4)とどこか波に乗り切れない。ミスも重なり3-2から4連続失点を喫すると、ここでたまらず慶大がタイムアウト。その後もなかなか点差を縮められず、リードを奪われたまま終盤へ突入し、嫌な雰囲気が漂う。

試合途中から調子を上げていった岡田

試合途中から調子を上げていった岡田

これが少しでも躓けば追い込まれてしまう、トーナメント戦という一発勝負の怖さなのか。だが、この窮地を救ったのはミドルブロッカーの2人であった。星谷がサービスエースを奪い23-21と、このセット初めて点差を2点以上に広げると、その後は稲田(環3)がクイック、ブロックと連続得点を挙げ、このセットを25-22で何とかものにした。

すると第2セットは岡田が攻撃の中心となり、星谷もまたしてもサービスエースを決めるなど4年生の活躍で相手を圧倒。このセット25-12で取り、ストレート勝ちで3回戦進出を決めた。

 

得点
慶大
セット
愛知学院大
25

22
25

23
トーナメント3回戦の相手は愛知学院大学。東海学連2位と2回戦の相手であった同地区4位の朝日大より手ごわい相手だ。

第1セット、序盤は岡田、柳田のサイドからの攻撃にセンター星谷、稲田のクイック、ブロックなどが小気味良く決まり11-6とリードする展開。しかし、中盤で相手攻撃陣が目覚め、4連続得点を許すと15-15までスコアを戻され試合は一気にシーソーゲームの模様を呈す。そんな中で慶大の悪い流れを断ち切ったのは稲田。苦しいところで相手の勢いを止めるブロックが炸裂する。その得点で得たサーブ権から柳田が連続でサービスエースを奪う活躍を見せ、流れを引き戻すとその後も一進一退の攻防が繰り広げられるも25-22でこのセットを制す。

2試合通じて存在感を見せた稲田⑧

2試合通じて存在感を見せた稲田⑧

第2セットは序盤から愛知学院大学の力強い攻撃と慶大の多彩な攻撃がぶつかり合い一時はリードを許す展開に。しかし、星谷・稲田のブロックや終始存在感を示した柳田の活躍もあり、最後は23-23の場面から岡田が気持ちのこもったスパイクを立て続けに決め4回戦進出を果たした。

「2試合とも結構苦しい展開だった」と柳田が振り返るように、実力的に考えれば、もっと楽な試合展開にすることは出来たであろう。

「ポジティブな気持ちで明日しっかりと臨んでいきたい」(柳田)

「ポジティブな気持ちで明日しっかりと臨んでいきたい」(柳田)

しかし、大会初日で「硬さも出てしまった」(岡田)ことや、3セットマッチという短期決戦の難しさの中で1セットも落とさずに次へと繋げることが出来たことに慶大の日本一への意地を垣間見ることが出来た。

明日以降難しい試合が続いていく前に、集大成ともいえるチーム作りの〝最後の課題〟を洗い出せたことを「ポジティブな気持ち」(柳田)に捉え、ここぞという場面で生かしていきたい。

昨年の忘れ物を取りにいくために――。次戦からも慶大は厳しい戦いに立ち向かっていく。

 

(記事 古尾谷拓真、西野英樹)

 

選手コメント

岡田拓巳 主将

(今日の2試合を振り返って)今日は相手的にも自分たちの力的にも絶対に負けられない試合だったので、そういう部分もあって初戦は硬さも出てしまったのかなと思います。(まだ2試合だが今大会でのご自身の調子は)初戦で硬くなってたにしては、試合の途中で修正してミスが重なってチームをがっかりさせないように出来ていたので、そういう意味では自分の調子を取り戻せているくらいには力を出せているのではないのかと思います。まだまだ大会続くのでどんどん調子を上げていければと思います。(特に第2試合最終セット最後の連続得点にはエースとしての意地が見られたと思いますが)今日でつまづいてしまうとこの後トーナメント戦なので、決勝に向けての自分たちの勢いに影響していってしまうのではないかと思ったので、かなり苦しい展開ではあったんですけど、こっちは関東1部というトップクラスの環境でやっているので、そういう立場としては負けられないなという思いをチームみんなが思った結果がああいう連続得点に繋がったのではないかと思います。(明日の試合に向けて)明日は筑波か早稲田かというところが気になるところではありますが、とにかく第3試合の甲南大に自分たちがすっきりとした形で勝てないと、早稲田・筑波と戦う上でも影響が出てしまうと思うので、とにかく1試合目 を大事にやりたいなと思います。

 

星谷健太朗

(今日の試合を振り返って)すんなりいかなかったのとまだまだ力が足りない部分があったので、明日以降はしっかりいけるようにしないといけないなと思います。(早慶明定期戦からの2週間でどのような調整をされましたか)ブロックとレシーブの関係だったり、サーブも継続していいのが打てるように調整しました。(明日からの試合に向けて)トーナメントで一戦一戦勝っていくのは当然なので、今日はちょっとうまく運べなかったので自分たちのプレーが出せるように心掛けたいと思います。

 

稲田聡典

(今日の2試合を振り返って)結果的に勝てたんですけど、うちの弱いところというか、ちゃんと完璧に勝てたというわけではないので、明日以降そういう試合をしていると早稲田・筑波相手だと勝てないと思うので、そのへんを注意してやりたいと思います。(愛知学院には日向学院の同級生がいらっしゃいましたが、それを含めて相手の印象は)僕としては2本くらいシャットできたのですごく楽しかったのですが、結構全体的に攻撃力のあるチームっていう印象を受けました。(ご自身の調子は)まあまあというか、愛知学院の5番の松山君をシャットできたのでよかったです。(明日以降の試合に向けて)2試合目どこが上がってくるかはわからないのですが、自分たちの100%の力を出せればおのずと結果はついてくると思うので、チーム一丸となって頑張りたいと思います。

 

柳田将洋

(今日の試合を振り返って)2試合とも結構苦しい展開だったので、今日出たのが逆に良かったのかなと思うくらいポジティブな気持ちで明日しっかりと臨んでいきたいと思います。(見つかった課題は)そうですね、結構ブロックとかディグとかブレイク面に関してはあまり良くなかったので、そこを明日以降もっと良いかたちに出来ればより強いチームにも勝っていけるんじゃないかなって思います。(自身のプレーを振り返って)立ち上がりは考えてというか気を付けてプレーしてたんですけど、それでもあまり良いとは言い切れなかったので、明日はもっとしっかりと試合の1点目から力を出していけるようにつくっていきたいと思います。(今日のチームの雰囲気は)そうですね、ブレイクがあんまり良くなかったので連続得点が少ない分、結構のりづらかったというか自分達で首をしめてしまったかなという感じがしたので、そこがまだまだかなって思いました。(明日の試合に向けて)明日は順当に勝っていけば最後センターコートを決められる試合なので、そこでしっかり自分達のバレーを出していけるように明日の1試合目からしっかりと力を出していきたいです。

 

サイド
柳田将洋(環3・東洋高)
セッター
野口剛志郎(環3・東福岡高)
センター
星谷健太朗(理4・渋谷幕張高)
サイド
岡田拓巳(商4・熊谷高)
サイド
丸谷将大(環3・東筑高)
センター
稲田聡典(環3・日向学院高)
リベロ
野瀬将平(環2・東福岡高)
途中出場

 

上田悠貴(総2・生野高)
佐藤凜太郎(環2・東北高)
吉田純(環2・東亜学園高)

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.