慶應スポーツ新聞会

【ラグビー】【速報】大学選手権第2戦/明大戦

立命館大に勝利し、目標に掲げた大学選手権ベスト4に向け白星発進した慶大。次なる相手は対抗戦でも接戦を演じたライバル・明大だ。慶大は序盤にペースを握り先制トライを挙げる。その後は逆転を許すも、前半ラストプレーのトライで再び逆転するシーソーゲームの展開に。しかし後半、明大に再度逆転を許すとそのリードを広げられてしまう。最後の最後まで必死の反撃に出るも、あと1点が遠く1920で敗れた。

 

大学選手権セカンドステージ vs明大

1215日(日)14:15K.O.@秩父宮ラグビー場

慶大19—20明大

得点者(慶大のみ)

T=服部2、青木

G=慶田、佐藤

 

最初にチャンスを作ったのは慶大。敵陣でボールを支配し、ラインアウトを起点にアタックを仕掛けていく。11分、パスで左サイドへ展開していくと、PR三谷が相手ディフェンスを引きつけ、外側で余ったWTB服部にボールをつなぎトライ。先制に成功する。勢いに乗りたいところだったが、その後は明大のFwdを中心とした攻撃に苦戦。ペナルティを犯しPGを許すと、ゴール際の密集でも押し込まれて被トライ。5—10と逆転される。しかし前半ラストプレー、ラインアウトからFwd戦でトライを狙った慶大は、PR青木が強引にインゴールへと突っ込み逆転トライ。12—10とリードし前半を終えた。

 

後半20分までスコアは動かず、両校ともに我慢をする時間が続いた。しかし慶大は次第にミスが目立ち始める。21分にPGを献上し再度逆転を許すと、30分にもFwdが踏ん張りきれずトライを奪われる。12—20とされ絶体絶命の慶大は、38分に素早いパス回しで一気に展開。最後は服部が快足をとばしトライを決め、19—20と1点差まで追い上げた。その後もラストワンプレーまで諦めずにゴールに迫った慶大だったが、相手のディフェンスを打ち破ることはできず反撃もここまで。1点差で惜敗した。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.