慶應スポーツ新聞会

【バレーボール】相手の勢い止められず、3敗目 東海大戦

DSC_2111_R

 

前日に初勝利を挙げた慶大。連勝して勢いに乗りたいところだったが、この日は東海大相手にストレート負け。秋季リーグ戦3敗目を喫した。

 

 

 

9月14日(日)秋季関東大学男子1部バレーボールリーグ 第4戦 慶大×東海大 @早稲田大学戸山キャンパス記念会堂

 

 

得点
 
 
慶大
セット
東海大
21

25
22

25
19

25
 

 

第1セットでは序盤に4連続で失点。相手のクイック攻撃に面を食らったような形になってしまった。それ以降点差こそ離されることはなかったものの、クイックには対応するすべが見出せないまま終盤へ。19点目、20点目をこの試合初めての連続得点で奪うも、反撃が続かずこのセットを21-25で落とした。

 

糸口をつかめなかった

糸口をつかめなかった

 

 

続く第2セット、序盤は互角の攻防に持ち込む。慶大はこれまでの攻撃パターンにクイックを加え、さらに13点目では相手のクイックに対し初めて稲田(環4)のブロックが決まるなど、反撃の糸口をつかんだように見えた。しかしその後慶大の攻撃は決め手を欠き、相手にクイックと高さを生かしたブロックによる5連続得点を許してしまう。結局ここで離された差を埋められないままこのセットも22-25で落とした。

 

 

 

第3セットに起用された上野㉒

第3セットに起用された上野㉒

 

第3セットも東海大を崩し切ることはできなかった。終盤にはこちらが1得点する間に6失点と、勢いづいた相手を止められなかった。このセットを19-25で落とし、ストレート負けを喫した。

 

この日はクイック攻撃に対応できなかったことに尽きる。第1セットは相手の得点の半分以上がクイックによるものだった。クイックをマークしても他のパターンで失点するというように、守備では東海大に翻弄されてしまった。一方で、上田(総3)、成尾(環4)らのスパイクは十分に通用していたし、全ての面で圧倒されてしまった試合ではない。この敗北を引きずることなく、次の一戦に臨んでほしい。

 

(記事 平島将大)

監督・選手コメント

宗雲監督

 (今日の試合を振り返って)完敗でした。しっかりサーブレシーブを返されて、真ん中を中心に使われて、こちらが何も対応できなかった。相手をたたえるしかないですね。素晴らしいバレーをされたなと思います。(ストレート負けだったが)こちらの武器であるサーブで崩れなかった、3セットともしっかりサーブレシーブを返されたということで、強かったです。外に振れば両センターが高いところから打ってくるので、それに対するブロックが後手後手になってしまって、相手に楽な試合をさせてしまったと思います。(やはりクイックが効いた)相手のサーブレシーブはAパス率が8割くらいあったんじゃないでしょうか。それでセッターも好きなようにクイックが使えて、やられてしまいました。(第3セットで上野選手(文2)を起用した)上田選手(総3)がマッチアップしている選手にうまく対応できなかったというのと、上野選手には速いクイックがあって、高さはないがブロックの読み方がうまいので、そういう面をなんとか生かせればと考えました。(中大戦へ向けて)今日と同じくしっかりしたバレーをしてくると思うので、今日は完敗でしたが、切り替えて夏からやってきていることをしっかりやってほしいと思います。

 

成尾陸

(今日の試合を振り返って)みんなも監督も仰ってたんですけど相手がサーブで全然崩れなくて、こっちが大崩した訳ではないんですけど、向こうの堅さが勝ったなという感じだったと思います。(今日のチームの雰囲気は)良くも悪くもなかったと思うんですけど、僕らは雰囲気が良くないと勝てないと思うので、そういう意味では良くなかったですね。大エースがいるっていうわけではないので、一点を取ったときにもっと喜んだり盛り上がったりしていかないと、それをもう一回意識し直して雰囲気作りに徹していきたいと思います。(ご自身のプレーを振り返って)もう少し何か出来たかなと。今日みたいな試合だとどこかをいつもと変えるようなプレーをしないと勝てないんで、そこで僕が何か出来たかと言われると何も出来なかったので、盛り上げられるような一点とかファインプレーとかをしないといけなかったなと思いますね。(東海大学の印象は)一人の人をサーブで狙うって決めてたんですけど、その人が全然崩れなくてそれでセンター線が強くて抑えられなかったので、すごく良いチームだなと思いました。(明日の中央戦に向けて)今日みたいなもうちょっとだなっていう思いをしたくないので、明日は全力をだして雰囲気もちゃんとつくって僕たちの一番良いプレーを出せるように最初からスイッチ入れて頑張りたいと思います。

 

丸谷将大

 (今日を振り返って)うちのバレーも悪いわけじゃなかったんですが、こっちのサーブが通用せず、全部返されて相手のやりたいようにやられたのでそこをもう少し何とかできたらなと思います。(クイック攻撃への課題)クイック攻撃ばかりやられてるとわかったのでどうにかして2枚行くとかセンターが手をふるとかワンタッチをもう少しとれたらいいのかと思う。(明日へ向けて)今日あったことはすべて忘れてチーム全員一丸となって明日も戦っていく。

 

出場選手



サイド
成尾陸(環4・高松一高)
 
セッター
野口剛志郎(環4・東福岡高)
 
センター
上田悠貴(総3・生野高)
 
サイド
黒田彪斗(環1・富山一高)
 
サイド
丸谷将大(環4・東筑高)
 
センター
稲田聡典(環4・日向学院高)
 
リベロ
野瀬将平(環3・東福岡高)
 
途中出場
林謙次(経4・岡山白陵高)
 
 
佐藤凜太郎(環3・東北高)
 
 
林智之(商3・高知学芸高)
 
 
上野素希(文2・甲陽学院高)
 
尾木将(法政1・修道高)

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.