慶應スポーツ新聞会

【野球】貧打を解消できず、優勝の可能性消滅 早大①

10月31日(土) 東京六大学野球秋季リーグ 早大1回戦

第5打席で三ゴロに倒れこの試合最後の打者となり、悔しそうに整列に向かう横尾

第5打席で三ゴロに倒れこの試合最後の打者となり、悔しそうに整列に向かう横尾

優勝のためには絶対に負けることが許されない早大1回戦。先発の三宮舜(商4)は6回を2失点にまとめる活躍を見せ、役割を果たす。しかし、打線は序盤のチャンスを逃すと、早大先発小島のピッチングに苦しめられ点を取ることが出来ない。最終回に岩見雅紀(総2)の本塁打で1点を返し、なおも本塁打で逆転サヨナラの場面を作るものの、ものにすることが出来ず。初戦を落とすと同時に、慶大の優勝が消滅した。

 

 

早大:○小島(3勝0敗)、吉野和―道端

慶大:●三宮(2勝2敗)、加藤拓、加嶋―小笠原

◆慶大出場選手

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[6]

山本泰寛(環4・慶應義塾)

[8]

梅野魁土(環4・福岡大大濠)

[5]

横尾俊建(総4・日大三)

[9]

谷田成吾(商4・慶應義塾)

[7]

山口翔大(環3・桐光学園)

 

山本瑛大(商3・South Torrance)

 

加嶋宏毅(商4・慶應志木)

[3]

沓掛祥和(商3・慶應義塾)

 

藤枝政晴(商4・慶應義塾)

 

清水翔太(総2・桐蔭学園)

[2]

小笠原知弘(環4・智辯和歌山)

[4]

北村祐樹(商4・丸亀)

 

加藤拓也(政3・慶應義塾)

 

重田清一(環3・佐賀西)

[1]

三宮舜(商4・慶應義塾)

 

川崎晃佑(環3・智辯和歌山)

 

岩見雅紀(総2・比叡山)

優勝の懸かった早慶戦。24000人の観客が見守る中、運命の1回戦が始まった。

先発した4年生左腕三宮

先発した4年生左腕三宮

慶大の先発マウンドを任されたのは三宮舜(商4)。初回、打ち取ったあたりが内野安打となる不運などもあり、いきなり1死二塁のピンチを迎える。しかし、3番・茂木を投邪飛に打ち取ると、続く4番・丸子に対しては変化球を続けて空振り三振。その後は四球のランナーは許しながらも5回までわずか1安打のピッチングを披露し、試合を作っていく。

三宮を援護したい打線は、制球の定まらない早大先発・小島から四死球をもぎ取り、チャンスを作る。しかし、初回の1死一、二塁、2回の2死満塁のチャンスをつぶしてしまうと、その後は3回から5回まで安打0本、四球2つと抑え込まれてしまう。

5打席すべて出塁した山本泰 1番打者が役割を果たすも、点には結びつかなかった

5打席すべて出塁した山本泰
1番打者が役割を果たすも、点には結びつかなかった

両者得点のないまま、試合は6回へと入る。6回の表、三宮は先頭・茂木を抑えるものの、続く丸子に四球を与えてしまう。そして、次打者の5番・石井がピッチャーへのバントを敢行。捕球した三宮は1塁へと転送したが、送球がそれてしまう痛恨のエラーに。1死一、二塁となってしまい、失点のピンチを迎える。その後満塁としながらも二死となり、迎えるバッターは8番・川原。初球を痛打されると打球はセンター前に弾み、2点を先制されてしまった。

先制を許したものの、6回を2失点と試合を作った三宮のピッチングに応えたい打線であったが、なおも小島を打ち崩せない。6回は二死から小笠原知弘(環4)にこの試合2本目となる安打が飛び出すも、無得点。三宮からマウンドを継いだ加藤拓也(政3)がピンチを抑えて迎えた7回は、1死から山本泰寛(環4)が四球を選ぶものの、後続が倒れ点にはつながらず。コントロールに苦しみボールがばらついていたことが却って災いし、小島の球を捉えきれない。しかし8回、ついにチャンスを作る。先頭の谷田成吾(商4)がショートへの内野安打で出塁すると、1死から沓掛祥和(商3)がレフト前へ打球を放ち、一、二塁の場面を作る。迎える打者はここまで2安打1四球の小笠原。ところが、結果は最悪のダブルプレー。またしても小島に抑えられ、ついに試合は最終回へと入る。

9回裏1死、レフトスタンド上段への今季第2号本塁打を放つ岩見

9回裏1死、レフトスタンド上段への今季第2号本塁打を放つ岩見

最終回のマウンドに上がったのは、加嶋宏毅(商4)。僅か11球で早大の攻撃を終わらせ、反撃のムードを作る。そして9回裏、ついに打線が奮起する。途中出場でセカンドを守っていた川崎晃佑(環3)の代打として岩見雅紀(総2)が打席に立つと、3球目をジャストミート。「内寄りの球を芯で当てることができた」と振り返る一撃は、打った瞬間それと分かる本塁打。この一打で小島をマウンドから降ろすと、続く山本泰が早大2番手・吉野和からセンター前安打を放つ。岩見のホームランをきっかけに閉塞感漂うムードを一掃し、一気に逆転の機運が高まった。その後2死となるものの、迎えるバッターは主砲・横尾俊建(総4)。本塁打が出れば逆転サヨナラの状況に、慶大側スタンドからは今日一番の声援が送られる。しかし、結果はサードゴロ。この瞬間、慶大の優勝可能性が消滅した。

優勝のために1つも負けられない状況で迎えた早慶戦。しかし、1戦目を落としてリーグ制覇の可能性がなくなってしまった。これで明大2回戦から3連敗を喫したことになるが、その間の打線の湿り具合が深刻だ。今季の慶大は打ち勝つチーム。「5点を取ろうと頑張ってきた」(大久保監督)チームである。しかし、現状はチャンスを作るものの、点が入らない。今日の小島のようにコントロールがばらけていて球を絞りにくいことや、「相手がうまく緩急を使い分けている」(大久保監督)こと等原因は何点かあるだろう。しかし、今大事なことはこの苦境をどう打破していくのか、ということである。その際に大事なことは、慶大は打てるチームだということを再確認することであろう。今は点が取れない状況が続いているが、リーグ戦中盤までは1試合に5点以上取ることは珍しくなく、本塁打も量産していたチームである。決して実力がないわけではない。もちろん、チームの実力を再確認し、好調だったときのチームを振り返っても特効薬は見つからないかもしれない。しかし、ヒントは思いがけないところに転がっていたりするものだ。優勝の可能性はなくなってしまったが、まだ早大から勝点を落としたわけではない。再び強打をよみがえらせ、早大を打ち崩してほしい。

記事:布寺智裕

◆打撃成績

 

 

[6]

山本泰

四球

死球

 

 

四球

 

四球

 

中安

[8]

梅野

投犠打

一ゴロ

 

 

投犠打

 

右飛

 

遊ゴロ

[5]

横尾

四球

 

右飛

 

中飛

 

中飛

 

三ゴロ

[9]

谷田

空三振

 

右飛

 

二ゴロ

 

 

遊安

 

[7]

山口

二ゴロ

 

空三振

 

 

一ゴロ

 

 

 

山本瑛

 

 

 

 

 

 

 

二飛

 

加嶋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[3]

沓掛

 

遊ゴロ

 

遊ゴロ

 

空三振

 

左安

 

藤枝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

清水翔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[2]

小笠原

 

二安

 

四球

 

中安

 

三併

 

[4]

北村

 

四球

 

遊飛

 

遊ゴロ

 

 

 

加藤拓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重田

 

 

 

 

 

 

 

 

一ゴロ

[1]

三宮

 

捕ゴロ

 

空三振

 

 

 

 

 

川崎晃

 

 

 

 

 

 

一ゴロ

 

 

岩見

 

 

 

 

 

 

 

 

左本①

 

◆投手成績

 

投球回数

打者数

球数

安打

三振

四死球

失点

自責

●三宮

27

101

加藤拓

10

48

加嶋

11

◆監督・選手コメント

大久保秀昭監督

(優勝がなくなってしまったが、今の率直な気持ちは)残念だし、悔しい。申し訳ない。(今日の試合はどのような一戦だったか)負けられない試合でした。前半、相手のピッチャーがもたついているところで先取点を取っていたら、優位に進められたのかなっていう思いがあります。ミス絡みで失点してしまいましたけど、その後は点数を与えなかったので、ピッチャーはよく頑張りました。野手の方も頑張ったんですけど、あと一本が出ない。これは明大2回戦からそういう形になっちゃっています。岩見の一発で少し流れが変わったように、流れを変える一発が出たのは非常に良かったんですけど、ちょっとタイムリーが少ないのかなと思います。点を多く取る戦い方をしてきたチームなので、点を取れず敗れたという結果について、どこかでは割り切っています。選手は最後まで諦めないと言っています。ただ、最後まで相手にプレッシャーはかけたけど勝ち切れない、いい試合をしているけど勝ち切れないってことがここ何試合か続いています。非常に悔しいですね。勝たしてやれない僕の責任ということになります。(序盤チャンスを作りながらも小島投手にかわされた)かわされたというより、打ち損じた、押し切れなかったという感じです。ピッチャーを援護しなきゃいけない、5点を取ろうと頑張ってきた打線が1点2点じゃちょっとかわいそうですよね。(不調の要因は)相手がうまく緩急を使い分けているというところと、これは不調ではないんですけど、一気に決めようという感じですね。だから、小笠原みたいなつなぎの意識が大事なのかなとは思います。(先発した三宮投手のピッチングは)緊張感のある一戦目を投げてきたピッチャーですから、ランナーを出しながらも粘りの投球でゲームは作りました。でも、先に点数をやっちゃうところはもったいない。今後彼が上のレベルでやっていくには、我慢強くというピッチングが大事。いいものを持っているので、そういうところをしっかり修正していければなとは思います。(岩見選手のホームランを振り返って)彼は出しどころがポイントです。本当はランナーがいるところでとか、今日だったら8回裏の小笠原の次だったりとか(1死一、二塁で小笠原が打席に。しかし、併殺でイニング終了)。ただ、これは野球の流れですし、一打席に集中するという点で結果を出し続けているのはいいことだと思います。(ホームランを期待して送り出したのか)2点差で、一人出ればつながっていくと思いましたので、出塁すればなんでもいいと思ってました。(明日の試合への意気込み)意地を見せるだけです。これで連敗したらあっけないし、成長したところを見せなきゃいけない。勝点をとって早稲田の優勝を阻止する。慶應の使命としては、それ以外ないですね。

横尾俊建主将(総4)

(今日の試合を振り返って)負けてしまったので、悔しかったです。(沓掛や岩見が打席に向かう前にどんなアドバイスをしていたのか)バッティングの技術的なことなので詳しくは言えませんが、その後ヒットを打ってくれたので良かったです。(今日は守備でもナイスプレーが多く出ていた。すごく楽しんでいるように見えたが)はい。今日はすごく楽しかったです。(残り試合もあと僅か)そうですね、本当に1試合1試合楽しんでやってます。試合の中で楽しめているので良い最後に向かってると思います。(打ったあとに声が出ていた?)言ってましたか?無心で気合い入れて振っているので出ていたのかもしれません。(最後のバッターだったが、どんな気持ちで打席に向かったか)せっかくみんなが繋いでくれていたので、打ちたいという気持ちはあったんですけど、残念でした。(最後の早慶戦の初戦を終えてみて)早慶戦ってやっぱり素晴らしいものだなって思います。これが最後なのでしっかりと、残り少しを自分で楽しみたいと思います。(試合後他の選手にはどんな言葉をかけたか)明日は切り替えて勝ちに行こう、と。(明日の第2戦に向けて一言)目の前で胴上げは見たくないので、勝てるように頑張りたいと思います。

山本泰寛副将(環4)

(今の率直な気持ちは)もう悔しすぎます。(今日はチーム全体がとても伸び伸びとプレーしていました)立教戦から本当に楽しもう、とやってきたのでもう一度チームで確認して臨みました。(今日は全打席出塁でした)常に相手投手との勝負なので、特に考えることもなく普段通りやってきました。(最後の打席もなんとか出ようという気迫があった)はい。バッティング練習通りやってやろうと思っていました。(多くの好機をものにできなかったが要因は)実力じゃないですかね。相手投手との勝負で、実力不足かなと思います。(明日以降へ向けて)春負けたので。2勝1敗にして、春に負けたことのリベンジになるようにしっかりやっていきたいと思います。

小笠原知弘(環4)

(今の心境は)悔しいですけど、負けたなという感じです。相手もミスしなかったです。そういう部分が(早稲田は)強いなと思いました。(勝敗を分けたポイントは)キャッチャーだと思います。やっぱり相手のキャッチャーはよく知っていますが(同じ智辯和歌山高出身)、いいキャッチャーだなと思いました。道端の方が3番、4番といった慶大の主軸に対して自分のスイングをさせてなかったのでその部分は見ていてすごい良かったなと思います。僕も相手チームの3番、4番に打たれていないのでそれは良かったと思いますが、(六回のピンチの際)最後2アウト満塁までアウトカウントを取れたのに悔やまれる一球を投げさせてしまったのが僕と道端の差かなと思います。(その川原選手の打席、初球にストレートを選択しましたが)データから左ピッチャーから打っていないというのが出ていて、配球的にまっすぐはどこかで使うのですが、初球にまっすぐを使って他でチェンジアップを使って抑えようという予定でした。ですが川原は初球から振ってきて、その部分がやられたなという感じです。(バッティングでは今日もチャンスメイクしましたが)打球が抜けたのはたまたまですが、8回に一本打てなかったのでまだまだだと思います。 (優勝はなくなりましたが、明日に向けて)優勝はなくなってはしまいましたが、ここから2連勝して明大にだけ負けたという状態を作れば、勝ち点では慶大も明大に並ぶわけですから勝率で負けて優勝ないならしょうがないのでとりあえず早稲田から2連勝して優勝ではないですけど、良い形で終われるようにしたいです。

三宮舜(商4)

(あと一歩及ばなかったが今の気持ちは)悔しいです。(調子が良さそうに見えたが)そうですね、まっすぐも変化球もよくて、序盤から飛ばして投げていました。(守備ではファールフライを自分で取りに行くなど、気迫のあるプレーが見られたが)そうですね、誰も来てないのが見えたので自分で取りに行きました。(それだけに、6回の失点が悔やまれる)また自分のフィールディングのミスから始まって。先制点だけは与えないつもりで投げていたんですけど、失投してしまいました。気持ちが弱かったなと思います。(明日にむけて)春は2連敗しているのでなんとか最後まで食らいつきたいと思います。

谷田 成吾 (商4)

(今の心境は)すごく残念なんですけど、試合前にやろうと話していた、チームの雰囲気づくりとかそういった面は全て出来たと思うので、悔いはないです。(チームとして全てやりきった上での結果ということですか)そうですね、いい雰囲気の中、チームで準備してきたので、これだけやって打てなかったのはしょうがない。それだけです。(小島投手を捉えきれなかった)コントロールとか苦しんでいたと思うんですけど、逆に散らばっていて、勝負どころでは良いところに投げたりしていて、うまく抑えられてしまいました。(ネクストバッターズサークルで、最後の場面、横尾選手の打席をどのような心境で見ていたか)横尾で打てなかったらしょうがないと思っていて、巡ってきたら「自分が決めるんだ」という心境で待っていました。(明日以降に向けて)対抗戦ですので、早稲田を倒したい、その気持ちで頑張りたいと思います。

岩見雅紀(総2)

(今季2号です。1号との違いはありますか)打ってから落ち着いたというところですかね。(感触はどうでしたか)内寄りの球を芯で当てることができました。ただの棒球だったので、反応して振り切ったら飛んでったという感じですね。どちらかといえば向かい風だったので、ホームランはどうかなという感じでしたが、芯を食った分、飛んでいったのだと思います。(フォームがプロ野球西武ライオンズ・中村選手に似ているように思います)ホームランバッターの中で一番いいバッターだと思うので、意識はそれなりにあります。いろいろ試していく中で、一番思いっきり振れて一番当たる打ち方を探していくと、たまたまグリップが低い位置になったということですね。中村選手のフォームの研究もしています。(他に意識していることはありますか)早めに準備することだけですね。(来季以降、主軸を打つこともあるかもしれません)何も考えていないです。自分がその立場になってから考えます。(これからの課題は)今は一試合に一打席しかないので、これまで通りしっかり準備することだけです。今は打てているので。(明日に向けてお願いします)まだ終わったわけではないので、明日も自分のチャンスに向けて準備するだけですね。

 

Comments are closed.