慶應スポーツ新聞会

【アメフト】早慶戦前インタビュー ③柴田源太副将

豊富な経験を生かしたプレーにも注目だ

インタビュー企画第3弾は、井本と共に副将を務める柴田源太(商4)。

WRとしてプレーでも圧倒的な存在感を放つ柴田は、4年連続の早慶戦出場となる。その集大成として迎える今回の早慶戦に懸ける思いを伺った。

 

__昨シーズンを振り返って

早大、日大といった強豪校に勝ったなかで最後の法大戦の、あと1勝で甲子園ボウルという場面で負けたというか、そういった空気に飲まれてしまって。大事な勝負所で勝負強さ、自分たちのフットボールを発揮できなかったなと思います。

 

__そんな昨シーズンから得たものは

去年の卓さん(李卓)を筆頭とした幹部の方々が今までのユニコーンズを変えてくれて、新しいことをやって姿勢で示してくれたので、何をすれば強豪校に勝てるのかというのかという道標を教わりました。甲子園ボウルに行ければベストだったんですけど、関東で2位になれたから最後立命大と試合ができたので。最後に西の強さを実感できたことによって、去年は関東の強豪校を意識してやっていたのが、今年は今の時点で関西を意識できているなというのは感じます。

 

副将としてチーム全体を引っ張る

__関学大との試合で活かせたことはありましたか

去年西の強豪校に負けて、だからこそ勝ちたいと強く思いました。でも、そこでも個の力の差を感じましたし、改めて西の強さを実感したので、その差を詰めないといけないなと全員が感じたと思います。

 

__オフシーズン中はどんな練習をしましたか

オフシーズンは基本的にずっとメットやショルダーをつけずに、基礎練とウエイトトレーニングをしていました。4部練といって1時間ごとにアジリティー、ラントレ、ポジションごとの練習、ウエイトトレーニングをやっていました。

 

__今のオフェンス陣の状態は

卓さんと田邊さん(田邊翔一)といったこれまでのオフェンスを支えていたエース級の人たちが抜けてしまったけれど、だからこそ全員がやろうという気持ちを持っています。

 

__副将というポジションでどういった役割があると思いますか

去年は副将兼オフェンスリーダーと、ディフェンスリーダーといって役割が決まっていたんですけど、今年は“副将は副将”という役割になっています。なので、チーム全体を見て主将を支えてチームを引っ張っていけたらなと思います。

 

__去年はサイドラインワークが自慢のチームでした。今年はいかがでしょう

関東の中でも部員数は一番なので、そこは武器にしたいです。去年ほどのレベルにはまだ達していないかなと思うので、今年もサイドラインワークが

を長所にできるように、武器にできるようにしていきたいです。

 

早慶戦に懸ける思いを語る

__高校からアメフトをやっていて良かったことはありますか

高校より前の小学生の頃からNFLは見ていました。あとは、フラッグフットボールのチームに入っていて、それの早慶戦にも出ていました。なのでかなり小さい時から見ていた舞台で、経験値にはすごく自信を持っています。フットボールと触れてきた期間は周りより長いと思うので。

 

__自身にとって、そんな早慶戦のイメージは

春の学生アメフトの中でもっとも華やかで、人の集まる試合だと思います。すごく気持ちも高ぶるし、その中で自分が良いプレーをしたりチームが勝ったりしたときの気持ちの良さは特別です。

 

__早大に対するイメージは

早大もとても部員数が多いんですけど、関東1位に2年連続なっているのですごく基礎が徹底されているな、と思います。

 

__来たる早慶戦。どういったところに注目して観戦してほしいですか

ハイテンポなオフェンスとアグレッシブなディフェンスに注目をしてほしいです。

 

__最後に早慶戦への意気込みをお願いします

幸せなことに、1年生のときから試合に出させてもらっていて、この早慶戦も4回目です。1年生のときに勝って以来勝てていないし、個人としても2、3年生のときはけがが多くて結果を残せていなかったので、最後の早慶戦で集大成を見せたいです。

 

取材 千綿加華 写真 鈴木優子

Comments are closed.