慶應スポーツ新聞会

【ラクロス(男子)】早慶戦企画第3弾!MD座談会!(上田×川崎×高橋)

5月21日(日)に日吉陸上競技場で行われる第25回早慶ラクロス定期戦。昨年はラスト1分での劇的な勝利で、会場を大いに盛り上げてくれた。毎回接戦となるこの早慶戦だが、今年はどんな熱いプレーを見せてくれるのだろうか。ケイスポではより早慶戦を楽しむため、選手たちから今シーズンのチームや早慶戦の見どころなどについてうかがった記事を5回にわたって掲載していく。

左から上田、川崎、高橋

第3弾はMDの川崎元照(政3・慶應義塾)、上田隼輔(政3・慶應義塾)、高橋脩人(経3・慶應湘南藤沢)の3選手による座談会。日本一を目指すチームで切磋琢磨し、さらに自身がチームを引っ張ってゆく選手になりたいという強い思いを言葉にしてくれた。

 

 

「慶應だけで一番になってもFALCONSに及ばなければ意味がない」(川崎)

 

――他己紹介をお願いします

上田川崎塾高のラクロス部から上がってきた選手で、去年からAチームのベンチに入っています。同期なんですけど、それだけではなくてプレー面でも尊敬していて、お手本になって同期としてすごくいいライバルだなって思っています。性格面ではすごいリーダーシップを発揮していて学年のまとめ役にもなってくれてすごくいいやつだなと思います。

川崎高橋プレー面では自分に自信がない発言が多いんですけど、練習や自主練をすごくやっていて、だから今もAチームにいられるんだって思ってそこはすごく尊敬しています。性格面では友達思いなので、いい友達です。

高橋上田とりあえず足が速い。結構先輩からは「頭が悪い」って言われているんですけど、僕的には頭をすごい使ってプレーをしている印象です。それが僕はすごいと思っています。1、2年の頃は下のチームにいたんですけど、僕らは大学からラクロスを始めた部員でできたチームの「アーセナル」って所から唯一Aチームに最初からいて残っているメンバーなのですごく尊敬しています。性格面ではあんまりプライベートでは会わないんですけど、かなり真面目です。

 

――昨年はどんなシーズンでしたか

上田高橋からの紹介通り、去年の最初にBチームに入れてもらったんですけど、すぐにCチームに落ちてしまいました。そこからずっと下のチームにいたんですけど、10月に新しいコーチがCチームを見ることになって、そこから目にかけてもらいました。10~12月の3ヶ月がなければ今自分はAどころかBにもいないなと思って、(コーチには)すごく感謝をしています。だからこそ、その人たちのために今季はAチームに残って試合に出たいし、その気持ちがすごくモチベーションになっています。

川崎僕は去年Aチームに初めて入りました。そこでAチームのプレースタイルを感じてたんですけど、上級生と自分の差を感じたり、叱られたりするだけで、自分からアピールができずに1年が終わってしまいました。全日本の決勝でもずっと外で見ることしかできなくてプレーができなかったので、今年からはなるべく自分の力で周りを動かしていきたいです。

高橋:僕は一回も上に上がることができなくてBチームにいたんですけど、 Cに何回か落ちて夏からはずっと Bでした。ただひたすらBで自分の能力をあげようと頑張っていました。唯一良かったのは、Bリーグで日本一を取れたことはすごく良かったなと思っています。

 

――個人的には3年になり、後輩が増えました。部での立ち位置など変わった部分はありますか

高橋僕はあまり変えてなくて自分らしくやっています。

川崎先輩がいなくなったので、その分やっと上級生になって周りを仕切らなければならないなということ。そして来年最上級生で、つまり来年で引退なので、来年どういうプレーをしていくかを後輩と話して、来年に向けたプレーヤー作りを今から考えています。

上田自分もあまり変わってはいないんですけど、今季初めてAチームに入れてもらえて、去年川崎が経験していたことを今自分が経験しているんですけど、それだけでいっぱいいっぱいです。それでも自分を高めていければ後輩に何か残せると思うので、とにかく今は自分のことを必死にやってチームに貢献したいと思っています。

 

――今シーズンの目標を聞かせてください

川崎チームが全日本で優勝するのが目標なんですけど、自分自身はMDとして一番になることが目標だし、 FALCONSにも対抗できるようになりたいです。慶應だけで一番になってもFALCONSに及ばなければ意味がないので、通用できる選手になりたいのと、それを周りに意識させるようにしたいです。

高橋Aチームがどんな感じなのか今年初めてわかって、そして先輩方がこんなに日本一を意識しているんだって分かったんですけど、自分はまだ日本一を上手く意識できていないです。なので、ただひたすら前にあるものだけを意識して、そういう意味で今は早慶戦に出場して得点を決めることを目標にしています。

上田自分にしかできないことが一つ欲しいです。例えば僕だったら人より速く走ることでそれを生かしたプレースタイルを作りたくて、今はいろんな人から基礎や技術的なことを教わっていますが、まだ教わったことしか実行できていないです。これからもっと上手くなって自分にしかできないことを作れば、それは自然とチームが強くなることにつながると思うので、自分の武器を作っている最中です。

 

「(3年は)ラクロスに夢中な奴らが集まった集団」(上田)

 

――上田選手は野球、高橋選手はサッカーと、お二人とも高校時代には別のスポーツをしていた。大学でラクロスを始めようと思ったきっかけは

上田高校3年間でベンチに入っていたわけではないし、下のチームで試合の時はサポートに回っていて、自分もベンチ入りを目指していたけれど入れませんでした。大学生になって何がしたいかってなった時に、自分はスポーツがしたいと思って、人の前に出てプレーがしたい、チームを勝利に導く立場になりたいって思ったんです。その中でラクロスは大学から始める選手も多いし、大学から始めても本気で日本一の舞台までいけるってところに魅力を感じて始めました。

高橋僕はサッカーをやっていたんですけど、とにかく下手でした。最後の1年でベンチに入ったくらいで…。なので部活動に対して全力を尽くしたことがありませんでした。だから体育会っていう厳しい環境に入りたくて、自分の能力が生きる場所を色々考えた結果ラクロス部に入りました。

 

――他の選択肢はあったんですか

高橋水上スキー部と悩んでいました。両方初心者が多くて、体育会だったんで迷ったんですけど、自分はボールが好きなので自然とラクロス部に入りました。それから、高校の先輩がいたっていうのもあって入りやすかったです。

 

――川崎選手がラクロスを始めたきっかけは

川崎高校ではテニス部に入ろうと思っていたんですが、入部説明会に行き忘れて入れなくなってしまったんです。それで友達がラクロス部にいたので入りました。

 

――それまでラクロスという競技は

川崎全く知らなかったです。中学の時に卓球をしていたんですが、日焼けしたいなと思ったんです。それで屋外の競技がやりたいと思ってラクロス部に入りました。

 

――井上主将は、部のムードメーカーとして川崎選手の名前を挙げていた。それぞれご自身の思う「自分は部の○○担当」というのはありますか

上田自分で言うのは恥ずかしいので、他己紹介という形にします(笑)

川崎上田足が速いんですけど、頭が弱くて、よく考えているんですけどイマイチ合っていない(笑)。そういうキャラで生きています。MDとして足が速いのでAにいて、それが今後いい経験になってほしいです。そういう風に怒られると後輩に優しくなるので。

高橋川崎ツッコミですね。ひたすらボケれば最強のツッコミを持っています。とりあえず身体能力がすごいんですけど、しっかり努力して周りにプレーでいい影響をあたえてくれる。ムードメーカーもちゃんとできるいいやつです(笑)

上田高橋大学から始めたアーセナルって中ではチームで一番努力している選手です。そういう選手がトップまで上がるとみんな応援したくなるし、アーセナルとしても出場して得点決めたら嬉しいし、とにかくみんなが応援したくなる選手です。一緒にプレーしていても楽しいし、得点決めると自分のことのように嬉しいです。チームにもプラスになると思います。

川崎→高橋:ラクロスが上手くなることに夢中になっている選手です。自分はふざけたりするんですけど、そういうことせずにラクロスだけに集中しています。

 

――3年という学年について、一言でどんな学年ですか

高橋今4学年いる中で一番良い代だと思います。一番真面目に自主練とかウエイトとかをしている。僕らの代は1年から2日に1回は必ず続けています。しかもみんなプライベートではあまり遊ばなくても仲が良いと思います。

川崎大学3年になって授業数も減ってきて、遊ぶ時間も増えてさらに仲良くなったかなと思います。人数多いので色々な人がいて、静かだったのにいじられ役だったり、うるさいけどいじられ耐性がなかったり…。色々と面白い人がいるのでそれを今後も見つけていきたいです。

上田みんなが同じ方向を向いているイメージ。ラクロスに夢中な奴らが集まった集団。だからこそ自主練もウエイトもするし、仲が良くなったと思う。他の部はわからないですけど、部活はいろんな人がいる中で、部に入った目的が一緒だからこそ、団結してるし、チームとしての力は自分たちが一番強いと思っています。

 

――1日自由に使える日があったら何をして過ごしたいですか

川崎:壁当て、ウエイト、ジムです。あとは(3年の何人かで)温泉に行くこともあります。部活じゃないこともしたくなるので、そういうことをしています。

高橋:家が好きなので、家でyoutube見たりしています。あとは犬と遊んでいます。

上田:やることやったらのんびりしています。あとは車が好きなので、テレビで見たりしてたら1日が終わってます。一回ラクロスは忘れてリフレッシュしているってところではみんな一緒です。

 

「僕にとって早慶戦は夢の舞台です」(高橋)

 

――早大はどのようなチームであると認識していますか

川崎個の力がすごい。ビデオを見ていても早稲田の方がガタイが良くて足が速くて、さらに1対1が上手い。慶應は全体のまとまりを重視しているチームなんですけど、それとは真逆のチームです。

上田みんな運動神経がいいイメージがあります。

高橋足が速いですね。

 

――六大学戦で勝利した時とは違う試合になるのでは

川崎覚悟とかも違うと思います。六大学戦の時に比べてキーマンがいかに試合になれているかだと思います。どちらかと言うと六大学戦は練習試合に近いので。

 

――早慶戦では自分のここを見てくれ!というのを教えてください

上田自分は足が速いので、ピッチの上では誰よりも速く走る自信があります。チャンスをたくさん作るのでそこを見てほしいです。

川崎僕は左利きなので、左手でシュートを打つのが得意です。ランニングシュートを見てほしいです。

高橋僕はキレを見てほしいです。左のランシューを見てほしいです。

 

――早慶戦とはどんな舞台ですか

川崎正直高校入るまでは早慶戦を知らなかったです。野球とかに行くとOBからの期待がすごくかかっているのが分かるので、早慶の間で盛り上がる一大イベントというイメージです。

高橋僕にとって早慶戦は夢の舞台です。高校が慶應湘南藤沢で、早慶戦に出る機会がなかったので、今回出られたらすごく嬉しいです。

上田慶應と早稲田の人だからこそ出れる特別な舞台。普通のリーグ戦と違って早慶戦って名前がつくだけで何千人と人が集まります。それだけ人がいる中でプレーできるのは慶應と早稲田だけだし、それが大学なのにプロ並みの観客が集まるのがすごい魅力だと思います。高校の時にそういう舞台に出れることがなかったので出場したいです。

 

――応援してくれる皆さまへ一言お願いします

上田今回の早慶戦は去年の後半お世話になったコーチの方を含め、いろんな方に恩返しができる貴重な機会だと思うので、そういう方々に自分がここまで成長したんだって姿を見せて勝ちたいと思います。

川崎得点を取るので頑張ります。

高橋僕も恩返しできる場だと思うので。1年の時に教わったコーチに「早慶戦に出場できるレベルまでいけたよ」って報告したいです。それで活躍できたらコーチも嬉しいと思うので、活躍して最高の恩返しをしたいです。

 

――ありがとうございました!

 

(取材・森田悠資/写真・津田侑奈)

 

第25回早慶ラクロス定期戦

5月21日(日)@日吉陸上競技場

〇タイムテーブル〇

9:05 開会宣言

9:30〜10:10 男子高戦

10:30~11:10 女子高戦

11:30~11:50 開会式

12:30~13:40 女子大学戦

14:10~15:50 男子大学戦

16:05~16:30 閉会式

 

Comments are closed.