慶應スポーツ新聞会

【テニス(男子)】明大に完全勝利!王座出場に向け弾み 関東学生テニスリーグ 明大戦

完全勝利を決めガッツポーズをする上杉

 初戦から2連勝して臨んだこの試合。前日の亜大戦と同様、幸先よくダブルスで3勝を収めると、シングルス下位も良い流れを受けつぎ3勝を挙げる。最後はシングルス上位3人が締め、単複ともに全勝の9−0で3つ目の勝ち星を挙げた。

関東学生テニスリーグ 明大戦

2017年9月10日@中大多摩キャンパステニスコート

 

慶大

 

明大

D1 ○福田・今村

2{6-1,7-5}0

杉田・本城

D2 ○逸﨑・畠山

2{6-2,6-3}0

鈴木・吉見

D3 ○上杉・山﨑

2{6-3,7-6(6)}0

合戸・安増

S1 ○上杉海斗

2{6-3,6-2}0

本城

S2 ○逸﨑凱人

2{6-4,6-4}0

蓮見

S3 ○今村昌倫

2{6-1,6-2}0

鈴木

S4 ○甲斐直登

2{7-6(6),4-6,6-1}1

市川

S5 ○畠山成冴

2{6-0,6-3}0

田鍋

S6 ○中村進之介

2{6-1,6-3}0

津田

合計 9

 

初戦から2連勝し、良い流れで迎えた3試合目。リーグも中盤となり、王座出場に向けて重要な一戦だ。昨年は敗戦した明大にリベンジを果たすべく、試合に臨んだ。

 

頼もしい2人はチームの中心となる戦力だ

D1は下級生ながらに活躍を続けている福田真大(商2・慶應湘南藤沢高)・今村昌倫(環1・清風高)組。ファーストセット、第2ゲームから6ゲームを連取しあっさりとセットを獲得した。セカンドセット、5ゲーム目でブレークを許すと、勢いに乗った相手に3ゲームを連取され2−5までリードを広げられてしまう。しかし、「そこから応援の人たちがすごく盛り上げてくれた」(今村)と、チームメイトの熱い応援が力になり流れを取り戻した2人。一気に調子を上げて5−5に追いつくと、そのまま逆転し7−5で勝利を収めた。

 

ダブルスを引っ張る存在の逸﨑・畠山

D2の逸﨑凱人(環3・大阪産業大付属高)・畠山成冴(環3・湘南工科大付属高)組は、この日も安定した強さを見せた。互いのサーブでペースを作り、隙間に鋭いショットを打つというスタイルでファーストセットを6−2に抑えると、セットも1ブレークで3−1までリードする。第5ゲームでは相手のナイスプレーもありブレークバックされたが、その後も2人のペースを失うことなく試合を進め、5−3から最後は逸﨑のサービスエースで試合を決めた。

 

この日は山﨑が試合を引っ張りチームワークの良さを見せた

D3を務めたのは明大戦から起用の上杉海斗(環4・清風高)・山崎瑛二(環3・慶應義塾高)組。ファーストセット、序盤から互いにキープが続いたが、第8ゲームでブレークを奪い6−3でセットを獲得。セカンドセットも互角の戦いが続いたが、相手にブレークを許し2−5までリードを広げられてしまう。しかしそこで奮起した2人。「(山﨑)瑛二に引っ張ってもらった」(上杉)とチームワークを発揮し自分たちのプレーを取り戻すと、2つのブレークを奪い6−6に追いつく。タイブレークに入ると、緩急の使い分けで6−2までリード。相手の粘りで同点に追いつかれたものの、そこから2ポイントを連取し8−6で勝利をつかみ取った。

 

2戦連続でダブルス3試合を獲得した慶大。この日もシングルスに良い流れが引き継がれた。

 

粘り強く戦った甲斐

S4の甲斐直登(環2・日出高)は、ファーストセット第1ゲームをブレークすると、勢いに乗り4−1までリードを広げる。しかし、そこからミスが出てしまい、相手にもブレークを奪われスコアは6−6に。タイブレークに突入し、途中まで相手にリードを許したが、力強いサーブをラリーの粘りで8−6とし、セットを獲得する。セカンドセットは攻めの姿勢を見せたもののなかなか決まらず4−6で落としたが、ファイナルセットに入るとコートの隅をつくショットが冴え渡り試合は甲斐のペースへ。終始リードを続け、6−1で勝利を収めた。

 

圧倒的な強さを見せた畠山

S5畠山は、ほぼ完璧とも言える試合展開を見せた。サービスゲームでは持ち味のサーブでペースをつかみ、確実にキープ。相手のサーブに対しても力強いリターンで対応し、畠山のペースで試合を進める。相手に攻撃のチャンスを一切与えず、6−0でファーストセットを終えた。セカンドセットでもサーブ、リターンでペースを作ると、コートの奥まで伸びるショットが光り6−3で試合を決めた。

 

しっかりと自分の役割を果たした中村

この日S6を務めたのは中村進之介(商3・慶應湘南藤沢高)。ファーストセット、好調の入りで第1ゲームからブレークを奪う。持ち味のフットワークを生かし相手のショットに追いつくと、積極的に前に出てボレーを決め6−1でセットを獲得した。セカンドセットに入り、第3ゲームでブレークされたものの、それに動じず思い切りのいいプレーを続けた中村。勢いを失うことなく6−3まで駆け抜け勝利を収めた。

 

ダブルス、シングルス下位を全勝で終え、スコアは6−0。完全に試合の流れをつかみ、シングルス上位の試合に向かう。

 

のびのびとプレーした今村

S3を任されたのは今村。「ダブルスで勢いに乗れて、調子も上がってきていた」と良い状態で試合に入ると、相手がポイントを決めようとしたショットにも追いつき反対に今村が決めるなど、抜群の切れ味を見せ6−1でファーストセットを獲得する。続くセカンドセット、ラリーの中で徐々に相手を奥に追いやると、今村は前に出ていき次々とポイントを決め、6—2とロースコアで相手を抑えた。

 

勢いで相手を圧倒した逸﨑

S2の逸﨑の試合、ファーストセット序盤は逸﨑のサーブに対し相手も力強くリターンをし、互いに譲らない展開が続く。しかし、ラリーの中で相手を動かし切れ味のあるショットを打ち込むと試合の流れは逸﨑へ。6−4でセットを獲得する。セカンドセットもそのままの勢いで攻めリードを作ると、逸﨑のペースで進めたラリーの中で相手のミスを誘い6−4で勝利を収めた。

 

貫禄のあるプレーで試合を締めた上杉

最後の試合となったS1上杉の試合。ここまで全勝とチームメイトが作った最高の流れを受け、「あとは自分が締めるだけ」と意気込んで臨んだ。相手のサーブで始まった試合、力強いリターンを武器に第1ゲームでブレークを奪う。その後ミスもあり1−2とされたものの、サービスゲームで流れを取り戻した上杉。相手がナイスショットを放つ場面でもラリーを通して自分のペースに引き込み、6−3でファーストセットを獲得した。セカンドセットは上杉のサーブから始まり序盤から有利に進める。力強いショットで相手を翻弄し、相手が前に落としてきた球にも追いついて攻めていく。積極的な姿勢で次々とゲームを獲得した上杉は、リードを保ったまま6−2で勝利を収め、この日9個目となる勝ち星でチームの完全勝利を決めた。

 

8−1という前日の成績を上回り、9−0の全勝を収めたこの試合。チームとしての力が日に日に向上していることは誰の目にも明らかであろう。次戦は昨年全国王者に輝き、個人戦でも抜群の成績を収める早大との戦い。厳しい戦いとなるのは必至だが、今一番流れに乗っているのは確実に慶大だ。ここまでの成績でつけた自信と、中2日でためたエネルギーを爆発させ大きな勝利をつかみ取ってほしい。

 

記事 鈴木優子

 

上杉海斗(環4・清風高)

(全勝でしたがいかがですか)素直に、チームがすごく成長した日だったかなと思います。8−1や9−0のスコアで勝つことが久しぶりなことで、自信につながるスコアだと思います。この結果というのを過小評価することなく、しっかりと自信につなげて次もやっていきたいなと思います。(ダブルスでは一時リードされましたが流れを取り戻しました)ダブルスはすごく出だしが良くなくて、その中でなんとか我慢しながら、今日は瑛二にも助けてもらって、引っ張ってもらった部分もあったので、昨日は自分が引っ張って、今日は瑛二が引っ張ってといういいダブルスができているかなと思います。結果としてああいうスコアになってしまうと自分の試合だけではなく横の試合にもつながってしまうし、ああいう隙を見せないことがこれから大事になってくると思うので、あまり離されないようにやっていきたいです。そこが課題かなと思います。(今日はシングルスに入る時点で全勝でしたが)みんなが頑張ってくれて、あとは自分が締めるだけやなと思っていたので、スコア的にもロースコアで抑えられたのが良かったかなと思います。気持ち的にもすごく楽な気持ちで入れたし、そういう風に自分に回してくれる下位の選手や応援に感謝しています。これからも、どんなスコアでも、緊張した場面でも、自分が実力を出してチーム全体を引っ張っていける存在にならないといけないと思うので、スコア関係なく自分のテニスをすることに集中していければいいかなと思います。(リーグ戦前半を折り返しましたが)初戦5−4、今日は9−0と、スコアから見ても日々みんなが成長していると思うので、それをこれからも続けていきたいなと思います。どんなスコアでもタフな1日には変わりないので、そこを全員がエネルギーをためるところはためて、また次の早大戦で爆発できるように準備していきたいなと思います。(次は早大戦で厳しい戦いが予想されますが)こっちがチャレンジャーなので、思い切って自分たちのテニス、戦い方というのを一戦一戦その一日に懸けることがまず大事だと思います。自分たちの実力を出さないと勝てないですが、逆に全員が勢いを持って戦えば勝てるチャンスはあると思うので、僕は楽しみだなと思います。

 

中村進之介(商3・慶應湘南藤沢高)

(どのような気持ちで試合に臨みましたか)色んな人から思いっきりやってこいと言われて、思いっきり自分のプレーだけをやった結果ファーストですごくいい入りができたので、良かったと思います。(チームでの自分の役割をどう考えていますか)これはずっと言われているし思ってもいるんですけど、とにかくチームに元気を持ってこられるような試合を心がけています。(試合内容を振り返って)ファーストはすごくいい入りができて、どんどん自分から攻めていけたんですけど、セカンドの入りでミスが増えて相手にリードされる場面があったので、そこだけ今後修正していきたいなと思います。(ご自身の強みは)元気とフットワークです。(これからの試合に向けて)どうなるかわからないですけど、とにかく任された役割を全うして、試合に出るようであればチームに活気を持ってこられるような試合をしたいと思います。

 

今村昌倫(環1・清風高)

(全勝で試合を決めましたがいかがですか)率直に嬉しいです。前まであまり調子が良くなかったんですけど、調子も上がってきていて良かったです。本番は早大戦からなので、しっかりとそこにピークを合わせていきたいと思います。(今日も単複ともに勝ってチーム内でも役割を果たしていると思いますが)役割は果たしていると思います。でも1年生なので勝ち負けというよりは思い切ってやれと言われているので、それで勝ちを取れたのが良かったと思います。(ダブルスではファーストセットはすぐ取って、セカンドセットでは2−5から逆転しましたが)逆転できたのは応援の人たちのおかげで、そこからすごく盛り上げてくれたので自分たちも上がっていけて、本当にサポートの方々に感謝ですね。(シングルスはロースコアに抑えました)ダブルスで勢いに乗れて、調子も上がってきていて、自信もついていたので良かったです。(早大戦に向けて)僕たちはチャレンジャーなので、しっかりと思い切って2本取れるように頑張ります。

Comments are closed.