慶應スポーツ新聞会

【ソッカー男子】開幕前取材、第3弾 武藤嘉紀編

1年生ながら開幕スタメンが有力視される武藤

 

慶大に脅威の新人が加入した。圧倒的なスピードとフィジカルで相手を切り裂くアタッカー、武藤嘉紀(経1)だ。名門・FC東京U-18出身で、高3時にはエースとしてチームを2度の全国大会準優勝に導いた。大学サッカー1年目の目標を新人王と語る、超新星・武藤が、関東の猛者たちを相手に旋風を巻き起こす!

   

「(プレースタイルは)ドリブルで仕掛けて打開していく。

仲間も上手く使いながら、常にゴールを狙う」

――まず、これまでのサッカー経歴を教えてもらえますか

サッカーを始めたのは幼稚園の時で、小学生の時は地元のクラブチームでやってて、中学から高校までFC東京のユースでやっていました。

――ポジションは

ミッドフィールダーです。フォワードも出来ます。あと、高2の時にずっとサイドバックをやっていました。

――自身のプレースタイルを教えてください

自分でドリブルで仕掛けて打開していく。仲間も上手く使いながら、常にゴールを狙う、攻撃の糸口になれるようなプレーが、自分のプレースタイルだと思います。

――得意なプレーはなんですか

ドリブルですね。

――それは大学でも通用していますか

そうですね。でもまだ公式戦が始まってないので、公式戦で自分がどれぐらい出来るか確かめたいです。

――逆に通用していないと感じる所はありますか

慶應大学はユースの時とは違って、ポゼッションサッカーをやっていて、やることが違ってくるので、まずチームのやりたいことをしっかり理解して、チームに合わせたプレーをしつつ、自分のプレーを上手く出せていけたらと思います。

「(FC東京ユースでは)努力した分だけ結果が出てくることを学んだ。

(フィジカルは)大学生にも全然当たり負けない、圧倒出来るくらいまで鍛えたい」

――FC東京のユースでの3年間で学んだことはなんですか

僕は1年の時はあんまり試合に絡めてなくて、2年の途中から少しずつ試合に出られるようになってきて、それはフィジカルとかを鍛えた結果だと思うんですけど、やっぱり努力することで試合に出られるんだなというのを学んだので、努力した分だけ結果が出てくるんだなということがわかりました。

――フィジカルの強化は意識して取り組んでいますか

どこのポジションをやるにしても、フィジカルは必要だと思います。あって損するはないですし。フィジカルを鍛えることでスピードとかも出てくるし、大学生はそういう所が強いと思うので、もう少し鍛え直して、大学サッカーで活躍したいと思ってます。

――まだ大学でプレーするには足りないと感じていますか

いや、足りると言えば足りるんですけど、やっぱりそれ以上を目指さないといけないので。大学生にも全然当たり負けない、むしろ圧倒出来るくらいまでには鍛えたいですね。

――ちなみに目標としている選手はいますか

ユースの時の先輩で、今福岡のトップにいる、重松健太郎君にずっと憧れていました。

――どういった所に憧れていましたか

ゴールに対する貪欲さとか、陰ですごく努力している所とかをずっと見ていたので、彼のように活躍して点を取れるようになりたいです。

「(将来)J1のチームでしっかりスタメンとしてプレー出来るように、

大学でレベルアップしていけたら」



――少し話は変わりますが、将来的にJリーグでプレーすることに興味はありますか

はい。もうそれしかありません。

――行ってみたいチームはありますか

J1のチームにまずは入りたいです、そこで大学卒業したと同時にしっかりスタメンとしてプレー出来るように、大学でレベルアップしていけたらと思います。

――海外でのプレーにも興味はありますか

そうですね。でも海外に渡るにはまず日本で結果を残さないといけないので、Jリーグに入って活躍して、代表にも選ばれてそこから海外、という風になればいいと思います。

――J1でプレーしたいということですが、高校卒業時にFC東京からトップチーム昇格のオファーがあったと聞いていますが、その中で、あえて慶大進学を選んだ理由はなんですか

その時は自分がトップチームでやるなんて考えてなかったし、まだ自分に自信が持てなくて、観ている人から通用すると言われても、自分の心の中ではまだまだ足りないと感じている所もあったし、これでトップにいってもまず1年目、2年目では試合に出れないなということがわかっていたので、それなら大学で4年間しっかりと経験を積んで、さらにレベルアップしてからトップに出ていきたいなと思ってました。

――具体的に何が足りないと感じていたのですか

もう本当に全部が足りないなと感じていて、まあ通用すると言えば通用するんですけど、そこから先が見えないというか。通用して終わってしまうような気がして、そこから自分がレベルアップするというよりも、そこで成長が止まってしまって、さらに上を目指せないかなと感じました。なので、もっと自由にサッカーを楽しんで、お仕事という意識もなく、純粋に自分のレベルアップ出来る場所を選ぶなら、大学が1番適しているかなと思って選びました。

「自分は点を取れる選手だと自負している。

全試合に出場して新人王を狙いたい」

――実際に慶大の練習に参加してみて、印象はどうですか

1部の大学なので1人1人のレベルも高いし、先輩方も親切で本当に楽しくやれていて、しかも実力は自分より上の選手達なので、そういう中でやれてるのはいいなと思ってます。

――須田監督の印象はどうでしょうか

須田監督は選手に自由を与えてくれる人で、でもそれは逆に言えば、任せられているということだから責任もありますけど、監督の期待にしっかり応えられれば、おのずと結果は見えてくると思います。

――今監督から求められていることはなんですか

自分は昔から低い位置からでもどんどん仕掛けてしまうんですけど、そうではなくて、中盤や低いポジションでは仲間を使いつつ簡単にプレーして、ゴール前やバイタルエリアでどんどん仕掛けろと言われてます。

――FC東京ユースの時のサッカーと慶大のサッカーを比較すると、どんな印象ですか

ユースでは、ポゼッションのような型にはまったプレーというよりも、好きなように展開していって、自分達の思うようにプレーしていたんですけど、慶應ではしっかりポゼッションしてボールを回しつつ、上手く相手の守備を崩すというサッカーなので、最初は抵抗はありましたけど、だいぶ慣れてきたので、しっかりとその型にはめられるように自分のプレーも作っていきたいと思います。

――慶大のサッカーで自分の持ち味をどういう風に生かしていこうと考えていますか

自分は点を取れる選手だと自負しているので、得点もアシストもして、チームの攻撃のバリエーションを増やしていけたらなと思います。

――ありがとうございます。それでは、最後に今季の目標をお願いします

全試合にスタメン出場して、新人王を狙いたいです。

By Yosuke Okada

Tagged as:

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.